野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    1: 名無しさん@涙目です。 2017/08/19(土) 12:39:31.78
    栃木や群馬、埼玉県などの高校で、硬式野球部のボールが、あわせて8,000個以上盗まれる事件が相次いでいるが、神奈川県と福島県でも、ボールが盗まれる事件が起きていたことがわかった。

    神奈川県では、川崎市にある高校のグラウンドの小屋から、7月4日夜から6日の夕方にかけて、使用済みの硬球120個が盗まれていたという。小屋にかかっていた南京錠が壊されていて、警察は窃盗事件として捜査している。

    一方、福島県の県立いわき総合高校では、8月5日に野球部の練習用具を保管しているコンテナの鍵が壊され、ボールがなくなっているのに部員が気づいた。盗まれたボールは、およそ400個で、3日から5日にかけての犯行とみられている。 (福島テレビ)

    http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00367705.html

    【高校の硬式野球部のボール盗まれる事件相次ぐ あわせて8000個以上】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。 2017/08/18(金) 16:50:46.78 
    沖縄県名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブの工事車両用ゲート前で18日午前、福島瑞穂参院議員を含む社民党全国自治体議員研修会のメンバー約70人が新基地建設に反対し、座り込み抗議活動をした。機動隊員が座り込む議員らを強制排除し、資材を積んだ工事車両16台が基地内に入った。

    午前9時40分ごろ、機動隊員が「道交法に違反しています」と座り込む議員らに警告をくり返し、議員の両脇や足を抱えて排除した。

    機動隊員による強制排除を初めて受けた福島参院議員は「強制排除には、怒りが込み上げた。県民の民意を無視して進める工事は適法なのか国会でも議論したい」。同研修会のリーダーで、社民党香川県連合代表の髙田良德議員は「沖縄県民の意志を各議員が持ち帰って、全国に発信したい」と話した。

    (詳しくはソース元でご確認ください)
    http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/129507
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    【【激おこ】社民党の福島みずほ参院議員 「怒りが込み上げた!」 道交法違反で警察に強制排除される】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(庭) 2017/08/20(日) 17:24:08.68
    恵まれない子供達に寄付された128億ウォン(約12億8000万円)をオフィスの運営費と自らのお小遣いとして懐に入れ横領した寄付団体の会長と幹部が逮捕された。

    ソウル地方警察庁は常習詐欺・寄付金品の使用に関する法律違反容疑で寄付団体の会長(54)と女性(37)に対して逮捕令状を出したと11日発表。また同団体の関係者も書類送検した。

    警察によると、2014年から現在まで寄付団体や教育コンテンツ販売を一緒に運営し、4万9000人から寄付金128億ウォンを受け取っていた。

    この団体はソウルや仁川など首都圏に21の支店やコールセンターを構えて運営し、4年の間に実際に寄付されたのは128億ウォンの内、1.7%のみだった。またその1.7%の2億ウォン(約2000万円)は現金での寄付では無く、インターネットの英語の講義が見ることができる会員IDがセットアップされている格安タブレットPCを購入したもの。

    寄付者を受けた人は1人に対して最小で5000ウォン(500円)、多い人で1600万ウォン(160万円)になっていた。

    会長は「家庭環境が厳しい若者や体に障害のある児童への教育支援する」として、無作為にいろんな人に電話をかけて支援を要請し、更にクレジットカードの分割払いでの寄付もさせていた。

    また、寄付をしていたかのように見せるために自分達が寄付の一部を渡した福祉施設からの寄付の偽の
    領収書を発行しようと試みていた。幹部らはこの多額の寄付で外車を買い、海外旅行など豪華な生活を送り、従業員らはヨットでパーティーまでしていた。

    ■慰安婦像の寄付金も横領?

    (続きはソース元でご覧ください)
    http://gogotsu.com/archives/32473
    no titleno title

    【【キタ━(゚∀゚)━!】 貧しい子供に寄付した12億円を横領し豪華パーティー 寄付団体幹部らを逮捕 実際の寄付額は1.7%】の続きを読む

    1: 2017/08/20(日) 19:33:26.29 
    昔は高校卒業後、もしくは大学在学中に「とりあえず普通自動車免許取得」という風潮が強かったもの。しかし、今の20代、30代の間では、「持っているけどペーパー」を通り越し、「そもそも持っていない」「取ろうとも思わなかった」という人が増えているようだ。

     実際、特に東京都においてその傾向は顕著。「国土交通白書 2013」によると、20代では1991年に74.2%であった免許保有率が2011年には63.5%まで減少。10代及び20代で免許保有率の明らかな低下が見られるという。またソニー損保「2017年 新成人のカーライフ意識調査」によれば、今年の新成人の免許保有率は56%となっている。

     車離れどころか、もはや免許離れ。免許を取っていないという、都内在住の男性会社員・Aさん(31)はこう話す。

    「免許を取るお金と時間が正直バカにならないし、使わないかもしれないものに対して、先にお金をかけることの意味がわかりません。仕事で使うとか、ドライブが趣味という人ならともかく、周囲の友人たちは、免許を持っていても乗らない人ばかりで、“身分証明書”としての機能しか果たしていません。それに僕はお酒が好き。平日は車に乗らないし、休日に車で出かけるとなると飲めない。僕にとって電車のほうが便利でコスパが良いんです」(Aさん、以下同)大きな買い物はネットで買って配達してもらえば十分

    (詳しくはソース元でご確認ください)
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170820-00000003-moneypost-bus_all

    【【若者の免許離れ】クルマに一切興味無く自動車免許を取らない若者が激増!】の続きを読む

    このページのトップヘ