野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    1: ジャンピングカラテキック(千葉県) 2016/08/20(土) 15:11:42.46 
    no titleホンダ(米国ではアキュラ)が5月下旬から、米国市場での納車を開始した新型『NSX』。北米では早くも、長期間の納車待ちが発生していることが分かった。

    これは8月上旬、ホンダオーストラリアのステファン・コリンズ ディレクターが明らかにしたもの。同氏は、「新型NSXは北米で、すでに2年の納車待ち状態」と公表している。

    新型NSXの生産は、米国オハイオ州メアリズビルに設立された専用工場、「パフォーマンス・マニュファクチュアリング・センター」のみで行われている。多くの工程を手作業で行うため、生産台数が限られる。

    例えば、技術者が14時間かけて、パワートレイン、サスペンション、電装部品、内装部品、ボディパネルを組み付け。主要なボルトの取り付けはエキスパートによる手締めから始まり、その後ワイヤレス通信が可能なデジタルトルクレンチで締め付ける。

    そのため北米では、新型NSXを注文した顧客に対して、最大で2年という納車待ちが発生。ステファン・コリンズ ディレクターは、「世界市場への供給台数に限りがあるため、新型NSXも初代同様、オーストラリアでは希少な車になるだろう」とコメントしている。

    http://response.jp/article/2016/08/20/280375.html
    http://response.jp/imgs/thumb_h2/1087062.jpg


    【新型NSX、すでに納車2年待ちきたーーーーーー】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2016/08/20(土) 15:22:34.71 ID:CAP_USER
    http://toyokeizai.net/articles/-/131895
    http://tk.ismcdn.jp/mwimgs/7/3/1140/img_7393dafd0ed3f60505d4e0eb15c3f028692930.png


    no title「一晩の駐車料金を7500円も請求された。おかしいのでは」――。金曜夜?土曜朝、繁華街のコインパーキングを利用した読者から、
    こんな相談が寄せられた。高額請求の裏側を調べた。
    ある土曜の午前9時すぎ、北九州市小倉北区中心部のコインパーキング。マイカーを出そうとした会社員男性(28)は、精算機の「7500円」の表示に絶句した。

    管理会社「間違いありません」
    前日の夜8時すぎ、急な飲み会に誘われて車で駆けつけ、この駐車場に入庫。看板の料金表を見て「翌朝に出庫すれば1000円程度で済むだろう」と思った。
    納得できず、管理会社に電話したが「間違いありません」と返されたという。
    問題の駐車場を訪ねてみた。看板を見ると「最大料金」は、大きな赤文字で「900円」と「300円」。それぞれの金額の上には
    「月?金8時?24時」「月?金24時?8時」と表示されている。
    その下に、青地に白抜きで「上記最大料金は土・日・祝・祭日は除く」。さらにその下に「通常料金」が書かれ、25分間で「平日200円」「土日祝日300円」とある。

    条件を元に、金曜夜?土曜朝に駐車した男性の料金を計算してみた。日付が変わった土曜の午前0?9時(540分間)は、
    単位料金(25分ごとに300円)が計22回課金されることになる。

    つまり、「金曜夜の駐車代」が900円▽「土曜未明?午前分」が「300円×22回」で6600円で、総額7500円。請求額に間違いはない。
    料金表示を巡る“認識のズレ”、なかなか埋まらず…
    管理会社は「料金の仕組みは分かりやすいように示しており、問題はない」。男性に説明すると「“花の金曜夜”の楽しい気分が台無し。
    近くには実際、一晩1000円ほどで駐車できるところがたくさんあるのに」と納得しきれぬ様子だった。

    飲酒運転の取り締まりが強化される中、街中の空き地を転用して激増したコインパーキング。国民生活センター(東京)によると、
    コインパーキングの料金表示関連の相談は2008年に108件だったのが、2013年には313件に増加。その後2年も300件近いペースで
    、「最大料金○○○円」をうたう看板に関する苦情が最も多いという。

    センターは、業界団体「日本パーキングビジネス協会」に利用者に分かりやすく掲示するように要望。協会側は2014年
    、「文字の大きさを30ミリ以上とする」ことなどを盛り込んだガイドラインをつくった。それでもトラブルが相次ぐ現状は、
    料金表示を巡る事業者と利用者間の“認識のズレ”を埋めるのが、容易ではないことを示しているのか……。
    ともかく、“花金明け”の高額請求を避けるには、「できる限り条件を確認してから駐車する」(国民生活センター)姿勢が、欠かせないようだ。

    【【国内】1晩で7500円!駐車場「料金トラブル」の実態】の続きを読む

    1: ニールキック(東日本) 2016/08/19(金) 16:03:55.06 
    政府が2日まとめた2016年度の経済財政白書は、60歳代前半の無職世帯と並んで、世帯主が39歳以下の子育て世代が、
    将来への不安から所得が増えても消費に抑制的だと指摘した。39歳以下の世帯の可処分所得は、緩やかに増加傾向にある。

    http://biz-journal.jp/sankeibiz/?page=fbi20160817500
    http://biz-journal.jp/sankeibiz/imgs/fbi20160817500-resize-300x210.jpgno title

    【ワイ大卒40代歳無職、もう取り返しがつかないと夜中に泣くwwwwwwww】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2016/08/18(木) 14:17:09.03 ID:CAP_USER
    http://www.sankei.com/economy/news/160818/ecn1608180018-n1.html


    61 日本郵便がインターネット通販事業者向けの決済子会社「日本郵便ファイナンス」を、9月をめどに
    IT大手のGMOインターネットに売却することが18日、分かった。加盟店が少なく赤字が続いていたため、撤退を決めた。

     日本郵便ファイナンスは2014年の設立で、クレジットカードなどの代金決済業務を手掛けている。
    日本郵便が85・1%、三井住友信託銀行が14・9%を出資している。従業員は両社のグループで引き受ける見通し。

     当初クレジットカード決済に対応していない通販事業者にサービスを売り込み、手数料収入を確保しようとした。
    だが、日本郵便ファイナンスの加盟店は数百社にとどまっている状況だ。アマゾンジャパンや楽天といった大手通販サイトの決済サービスを既に使っているケースが多く、黒字化の見通しが立たなかった。

    【【郵政】日本郵便がネット決済から撤退 担当子会社をGMOに売却へ】の続きを読む

    このページのトップヘ