野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    1:  2016/09/12(月) 00:07:23.60 
    no title米海軍は11日までに、敵レーダー網を回避出来るステルス機能を持つ最新鋭の駆逐艦「ズムウォルト」が正式就役へ向けた初の本格的な海洋航行を開始したと発表した。

    初の海洋航行では米メーン州バスから母港となるカリフォルニア州サンディエゴへ向かった。この後、メリーランド州ボルティモアで今年10月15日に催される正式就役の式典に参加する。

    全長610フィート(約186メートル)のズムウォルトの建造費は約30億ドル(約3090億円)。レーダー探知をくぐり抜けるため船体は角張った形状になっている。

    搭載兵器は、最長で63マイル(約101キロ)離れた標的に届く砲撃システムなどを含む。

    また、運航システムは自動化されているため、通常型の駆逐艦と比べ乗員数は少なくなっている。

    http://www.cnn.co.jp/storage/2016/09/11/4dc193a39e139903e59b1903f9b8be67/uss-zumwalt.jpg

    http://www.cnn.co.jp/usa/35088889.html

    【米軍のステルス駆逐艦、初の本格航行 来月就役】の続きを読む

    1:  2016/09/10(土) 07:03:01.23 

    なに?

    【地獄ってなに】の続きを読む

    1:  2016/09/10(土) 10:57:31.57 
    2017年度の税制改正で、ビール類の酒税の見直しが議論されることになった。ビールを減税、発泡酒や第3のビールは増税し、統一しようというのだ。
    財務省にとっては長年の悲願といえるテーマだが、ビールメーカーや消費者の反発も根強い。

    現行の税額は、350ミリリットル当たり、ビール77円、発泡酒47円、第三のビール28円。税額の差は小売価格に直結し、
    ビールは第三のビールの約1.5倍程度とされる。

    財務省が税率の格差是正を狙うのは、似たような飲料なのに税額が異なることで市場に生じているひずみを是正したいから。端的に言えば、
    「税額の安いビール類の開発競争ばかり進み、税収減にもつながっている」という不満だ。

    これに対し、メーカーは、決められたルールの中で税額の低い第三のビールなどの技術開発に力を注いできただけに、「財務省の都合で後から
    『土俵』を変えられるようなもの」との思いがある。

    財務省が現在考えているのは、税額を350ミリリットル当たり55円に一本化するというもの。他の酒類も含め酒税の税収約1.3兆円の総額を変えないのが前提だ。
    この案通りなら、減税になるビールの小売価格は安く、増税になる発泡酒・第三のビールは高くなる見込み。

    年末の2017年度税制改正大綱をまとめるまでにはメーカー側の巻き返しも予想され、スンナリ決まるかはまだ見通せない。


    http://www.j-cast.com/2016/09/10277018.html

    【ビールメーカーVS財務省 「発泡酒など増税」めぐるバトル】の続きを読む

    1:  2016/09/10(土) 17:42:56.36
    国民の8割が支持する死刑制度と被害者感情について

    わが国は先進国でも珍しく死刑制度を維持している。国民の支持も高い。なぜなのか。死刑制度反対論者のコラムニスト・オバタカズユキ氏が考える。


    自分の妻子が何の罪もなく誰かに殺されたらどうするか。凶悪事件や無差別殺人事件がおきたとき、よくそんなことを考える。

    妻子を殺した殺人犯は逮捕された。裁判で死刑がくだされた。実際に刑も執行された。さて、それで自分の暴れる感情はおさまるだろうか……。

    先日、日本弁護士連合会(日弁連)が死刑制度の廃止を掲げることを決めた。10月の「人権擁護大会」にて、「死刑制度の廃止を含む
    刑罰制度全体の改革を求める宣言案」を提出する。日弁連はかねてより死刑制度に批判的だったが、明確に廃止を打ち出すのは初めてのことらしい。

    私は死刑廃止論者だ。けれども、日弁連の動きには唐突を感じる。相次ぐ冤罪や世界的潮流を受けて、ということだが、冤罪はそんなに増えている?
    世界的にそうだから自分たちもそうする?

    もっと分からないのは、宣言案の勝算をどう見積もっているかだ。死刑制度存続の声がまったく減っていない日本で、どう説得的に廃止の同意を得ようというのか。
    日弁連だけが国民の中で浮いてやしないか。

    死刑制度の是非について、大規模に行われた調査に、平成26年度の「基本的法制度に関する世論調査」(内閣府)がある。それによると、
    「死刑もやむを得ない」と答えた者の割合が80.3%、「死刑は廃止すべきである」は9.7%。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160910-00000012-pseven-soci

    【国民の8割が死刑制度賛成】の続きを読む

    このページのトップヘ