野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    1: 2016/09/24(土) 11:41:32.67 
     点滴に異物が混入されて入院患者の男性(88)が中毒死する事件が発覚した大口病院(横浜市神奈川区)では最近、トラブルが相次いでいた。病院は8月に神奈川県警神奈川署に相談していたという。

     横浜市医療安全課によると、同市監査課に7月5日、「看護師のエプロンが切り裂かれていた」「患者のカルテがなくなった」という内容のメールが届いた。8月12日には同じ人物から「病院のスタッフが、漂白剤のようなものが混入した飲み物を飲んで唇がただれた」という趣旨の情報提供がメールであったという。捜査関係者によると、エプロンの切り裂きがあったのは今春だという。


    以下ソース
    http://www.asahi.com/articles/ASJ9S2T0DJ9SULOB003.html?iref=comtop_8_01

    【点滴殺人の病院でエプロン切り裂き、飲料に異物も 神奈川】の続きを読む

    1: 2016/09/24(土) 07:29:40.74
    点滴に異物、患者中毒死 同階で男女3人死亡

    カナロコ by 神奈川新聞 9月24日 0時6分配信

     横浜市神奈川区大口通の「大口病院」で入院患者の男性(88)が死亡し、司法解剖の結果、死因は中毒死だったことが23日、分かった。

    県警は点滴への異物混入による殺人事件と断定、神奈川署に特別捜査本部を設置した。同病院では18日以降、他に80~90代の男女3人が死亡しており、県警は死因に不審な点がないか調べている。

     特捜本部によると、中毒死したのは同市港北区新吉田東3丁目、無職男性で、20日午前4時55分に死亡が確認された。
    同日午前4時ごろ、心拍数の急激な低下を告げるアラームに30代の女性看護師が気付き、駆け付けた医師が救命措置を行ったが死亡した。

     点滴は19日午後10時に同看護師が交換。容態急変後、袋に異常が見つかった。20日午前10時45分ごろ、男性事務員が「亡くなった人の点滴に異物が混入された疑いがある」と同署に通報した。

     男性は14日から入院しており、寝たきり状態だった。病室は4階の8人部屋で、当時男性を含む6人が入院していた。他に死亡した男女3人も同じフロアの入院患者で、いずれも病死と診断されていた。

     同病院の当直体制は4階に看護師2人が配置されているほか、2、3階にそれぞれ1人の看護師、ヘルパーと警備員各1人の計6人が勤務。防犯カメラは設置されていないという。


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160924-00012177-kana-l14

    【点滴に異物 患者がみんな死亡 神奈川県】の続きを読む

    1:  2016/09/21(水) 22:24:06.72 
    ボヤッキーは女子高生が好き

    【タイムボカンシリーズについて知ってる知識】の続きを読む

    1: 2016/09/23(金) 09:42:20.42
    sssp://img.2ch.net/premium/3755621.gif
    車のタイヤがパンクし、日本自動車連盟(JAF)に救援を求めた件数が昨年度は全国で36万件超に上り、過去最多となったことが分かった。
    客が自分でガソリンを入れるセルフ式ガソリンスタンド(GS)の増加などから、点検がおろそかになっていることが背景にあるとみられる。
    死亡事故につながることもあり、業界団体「日本自動車タイヤ協会」(東京)は、警察と連携し啓発運動に取り組んでいる。

     JAFによると、全国でパンクにより救援に出動した件数(二輪車含む)は昨年度、36万1942件に上り、業務を開始した1963年以降で最も多く、10年前の2005年度より約17%増えた。
    全体の救援件数は10年前の約299万件から昨年度は約233万件に減っており、パンクによる救援が占める割合は05年度の約10%から昨年度は約15%まで増加した。

     JAFは原因の一つとして、セルフ式GSの増加を挙げる。
    石油情報センター(東京)によると、セルフ式GSは00年ごろから急増し、15年度は9728店で10年前の4956店からほぼ倍増した。
    JAF広報部は「セルフ式の増加により、専門知識を持ったGSの店員にタイヤの空気圧などを点検してもらう機会が減っているのではないか」と話す。

     JAFによると、タイヤは空気圧が低いと、表面がたわみ路面との摩擦で熱を持ちやすく、破裂に至ることもある。
    JAFが14年に実施した会員アンケートでは、タイヤ協会が推奨する月に1度の空気圧チェックをしている人は約14%にとどまっていた。

    <JAF>パンク救援、最多36万件 セルフGSで点検減り
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160923-00000013-mai-soci

    【車のパンク救援が過去最多  JAF】の続きを読む

    このページのトップヘ