野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    1: あずささん ★ 2016/11/18(金) 17:11:30.81 ID:CAP_USER9
    maxresdefault地球に残された時間はあと1000年。人類はそれまでに地球を離れ、他の惑星にコロニーを建設して移住しない限り、生き延びることはできない――。英理論物理学者のスティーブン・ホーキング氏がこのほど行った講演で、そんな未来を描いて見せた。

    地球を壊滅させる要因は気候変動や核兵器、ロボットなど。米紙クリスチャン・サイエンス・モニターによると、ホーキング氏は英オックスフォード大学組合で行った講演で、「地球という惑星が壊滅する確率は当面は極めて低いかもしれないが、時が経つにつれて可能性は高まり、1000年あるいは1万年たてばほぼ確実になる」と予想。「その時までに我々は宇宙やほかの星に散らばっていなければならない。地球の壊滅を人類の終わりにしないために」と語った。

    実際に宇宙探査計画は加速しているようだ。米航空宇宙局(NASA)は人類が生存可能な地球外惑星の探査に力を入れ、米宇宙開発企業スペースXのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は火星にコロニーを建設する構想を披露している。

    ただしホーキング氏が描くのは暗い未来ばかりではない。英紙インディペンデントによると、講演ではこう結んでいる。

    「足元ばかり見ていないで星空を見上げよう。自分が見たものの意味を考え、何が宇宙を存在させているのか考えてほしい」「好奇心を持つこと。人生がどれだけ困難に見えても、自分にできること、成功できることは必ずある。大切なのはあきらめないことだ」

    ソース/CNN
    http://www.cnn.co.jp/fringe/35092416.html

    【【ナ、ナンダッテー!】あと千年で地球壊滅、惑星コロニーへ移住を・・・ホーキング氏】の続きを読む

    1:  2016/11/18(金) 10:47:37.91 ID:CAP_USER
    http://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20161118/Recordchina_20161118010.html

    2016年11月16日、韓国・朝鮮ビズによると、バッテリーの爆発問題でサムスンの最新スマートフォン「Galaxy Note7」の交換・払い戻しが行われる中、一部の代理店が製品購入時にプレゼントした景品を未開封のままで返品、もしくは同等の金額を支払わなければ、交換・払い戻しに応じていないことが分かり、消費者らから不満の声が相次いでいる。

    ICT消費者政策研究院は15日、公正取引委員会と消費者団体が運営する消費者相談センターに寄せられた事例を分析した結果、Galaxy Note7の交換・払い戻しが始まった10月13日から1カ月間で、Galaxy Note7に関する相談は223件寄せられ、そのうち景品に関する苦情が最も多かったと明らかにした。内容は「購入時に提供したラーメンやティッシュなどの景品を未開封の状態で返品、もしくは現金で支払わなければ交換・払い戻しに応じないと言われた」というもので、苦情を寄せた消費者の多くがiPhone7など他社製品への交換を希望していた。

    これについて、代理店関係者は「サムスンの製品との交換なら販売手数料を失わずに済むが、iPhoneの場合は販売手数料がほとんどないため特に損失が大きい」とし、「景品の返品などを条件にしてでも離脱を防ぐしかない状況」と説明した。

    このニュースを見た韓国のネットユーザーからは、サムスンに対する批判的なコメントが多く寄せられた。

    「サムスンを捨てれば韓国が生きる。今後、サムスンのロゴが付いた製品は絶対に買わない!」
    「ラーメンやティッシュくらいあげればいいのに」
    「景品はおまけだろ?本当におかしな国だ…」

    「サムスンらしいセコさ」
    「朴大統領の友人女性には10億でも20億でも簡単にあげるのに?」
    「それなら、交換しにいく時間と費用はサムスンが支払えばいい。製品を使用中に感じた不安も賠償するべきでは?」

    「米国でも同じことが言えるのか?」
    「やっぱりサムスンは金の亡者。携帯を使えず不便な思いをしたことはどうなる?」
    「サムスンの不買運動を始めるべき」
    「携帯ケースと画面保護シールを買ったお金は返してくれるの?」

    【【韓国】景品のラーメンも未開封で返品?サムスン「Note7」の交換条件に苦情殺到】の続きを読む

    1: リキラリアット(愛知県) 2016/11/17(木) 21:29:15.02 
    元気な鳥取に遊びに来て…地震の風評被害払拭へ PRキャラバンが本社訪問

    10月に起きた鳥取県中部地震による風評被害を払拭(ふっしょく)しようと、県職員や旅館組合などで結成した
    PRキャラバンが17日、大阪市浪速区の産経新聞大阪本社を訪れ、「鳥取は元気。遊びに来ていただくのが一番の応援」と呼びかけた。

     鳥取県によると、県内では地震後、旅館やホテルのキャンセルが相次ぎ、今月1日時点で延べ2万件を超えるなど、観光業を中心に大きな影響が出ている。

    http://www.sankei.com/west/news/161117/wst1611170063-n1.html

    【【そうだ鳥取に行こう!】そんなこと言われても鳥取に何を見に行けばいいんだよ・・・(´・ω・`)】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2016/11/18(金) 11:31:43.83 ID:CAP_USER
    http://autoc-one.jp/news/3006473/
    no titleno title

    ホンダは、2016年ロサンゼルスオートショーにて、北米向けの新型シビックシリーズの
    スポーティモデルであるシビック Siのプロトタイプを世界初公開した。

    シビック Siプロトタイプは2017年に発売予定のシビック クーペ Siとシビック セダン Siの
    デザインの方向性を示すモデルで、エアロパーツを随所に採用し、多角形型エキゾーストパイプフィニッシャー
    が特徴的なセンターマフラーや19インチハイパフォーマンスタイヤを装着するなど、シビックシリーズのスポーティーさを、
    より一層際立たせる仕様になっている。


    no titleデュアルVTCを備えた1.5L直噴DOHCターボエンジンにショートストロークの6速MTを組み合わせたほか、
    アクティブダンパーやアクティブステアリングシステム、LSD(リミテッド・スリップ・ディファレンシャル)などの適用により、
    スポーティな運動性能をさらに強化している。

    ホンダブースでは、シビック Siプロトタイプのほかに、セダン、クーペ、ハッチバック、そして今年9月にパリモーターショー
    で公開された「シビック TYPE R(タイプアール)」プロトタイプなど、10代目シビックシリーズの全ラインアップを展示する。

    【【ホンダ】新型シビックのスポーティモデル、シビックSiを世界初公開】の続きを読む

    このページのトップヘ