野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    1: 稲妻レッグラリアット(東日本) 2016/10/06(木) 07:56:17.30 
    http://c6.staticflickr.com/5/4078/4737653069_e1fff41985_z.jpg


    no title紅しょうがは根ショウガの塊を梅酢に漬けたもの。スライスして細かく切って、料理の付け合わせとして供される。牛丼店の付け合わせと登場する紅しょうがは、
    今、もっともポピュラーな使用法だろう。牛丼店の多くは、紅しょうがを入れた容器をカウンターに常備している。客は自由に好きなだけ牛丼の上にトッピングできる。

    なかには、牛丼以上に紅しょうがを好む「紅しょうがフェチ」もいるという。紅しょうがを食べたいがために、牛丼を注文する、そんな人も......?

    また関西では、とくに紅しょうが好まれていると聞く。お好み焼き、タコ焼き、焼きそばなど、紅しょうが必須な料理は多い。
    なにしろ「紅しょうがの天ぷら」という料理もあるくらいだ。牛丼にもたっぷりと紅しょうがをのせるのが、普通なのだろうか?

    Jタウン研究所では、「牛丼に紅しょうが、のせる?」、また地域によってどんな違いがあるのかについて、調査を試みたい。

    そこで読者の皆様に質問。


    牛丼に紅しょうが、のせる?


    以下の選択肢から、お答えいただきたい。結果は、Jタウンネットのシステムで都道府県別に集計する。

    牛丼に紅しょうが、のせる?【東京】
    たっぷりのせる
    ちょっとのせる
    のせない


    http://j-town.net/tokyo/research/votes/233131.html

    【牛丼に紅しょうが、のせる?】の続きを読む

    1: 2016/09/29(木) 23:26:17.18 
    http://img.recordchina.co.jp/thumbs/m720/201609/20160928-03561705.jpg

    no title写真はグアムの米軍基地。

    2016年9月28日、米誌ナショナル・インタレストは「米軍のアジア・太平洋基地は非常に危険だ。中国がいつでも消し去る可能性がある」とする記事を掲載した。環球時報(電子版)が伝えた。

    中国やロシアの海軍が最近、米海軍がいる近海のいわゆる「介入拒否区域」に入るケースが増えている。太平洋西部地域の「デッドライン」を米空母が越えようとした場合、相当危険な状況になることは間違いない。

    しかし、アジア・太平洋地域の軍事拠点として機能している空母は、絶えず移動しており外部からの攻撃を受けやすい。同じことはグアムにもいえる。米国は一貫してグアムに軍事力を集中させてきた。太平洋地域の軍事コントロールが用意で、中国も見通せる距離にある。しかし、中国がグアムへの軍事行動を始めれば、大きな代価を支払うことなく、すぐに破壊されるに違いない。中国政府が決定すれば、米軍のアジア・太平洋地域で軍事拠点は、一瞬にして消え去る可能性が高いのだ。(翻訳・編集/大宮)

    http://www.recordchina.co.jp/a151575.html

    【米軍のアジア・太平洋軍事拠点、中国が攻めれば消される可能性―米誌】の続きを読む

    1:  2016/10/02(日) 09:26:52.96 
    sssp://img.2ch.net/premium/3755621.gif
    徳島市で全盲の視覚障害者の男性と盲導犬が、警報音を鳴らさずに後退してきたダンプカーにひかれて死亡した事故から、3日で1年になる。
    警報音は、世界各国で「騒音」として苦情が多く普及が課題となっており、国連で義務化に向けた協議が始まった。
    視覚障害者団体は「音は命を守るための重要な情報源」と理解を求めている。

     スイス・ジュネーブの国連欧州本部で9月、国連の自動車基準調和世界フォーラム「騒音に関する専門家会議」が開かれた。
    出席した国土交通省の担当者によると、会議ではドイツが「車両の後退時の警報装置について統一的な基準を作りたい」と提案した。
    各国から異論はなく、大型車が後退する際の警報音を義務付けるため、音量や音色などの基準について協議に入る。
    ドイツやフランス、イタリア、日本、韓国など約50の国・地域の統一的な基準になる見通しだ。
    「警報音を騒音と捉える国民が多く、普及が遅れている」(独自動車メーカー)という事情が背景にある。

    「騒音」苦情、後絶たず

     徳島市の事故でも、ダンプの運転手が以前の取引先から「うるさい」と注意され、警報音が鳴らないよう設定していた。
    全日本トラック協会は「業界への調査を通じ、警報音に対する苦情は少なくないと把握している」と話す。
    事故を機に徳島県は昨年12月、車の接近や後退を周囲に知らせる装置を備えた車両に、その使用を義務付ける全国初の条例を制定した。

    警察庁によると、2015年に視覚障害者が巻き込まれた交通事故は全国で44件。
    徳島市での事故を含め3人が死亡し、12人が重傷を負った。うち14件が後退中の自動車による。

    ダンプ後退、男性死亡から1年 盲人の命、警報音で守れ 義務化へ国連で協議
    http://mainichi.jp/articles/20161002/ddm/041/040/054000c

    【「ピーピーピー、バックします。『うるせぇ!切れや!』ピッ...」→視覚障害者が轢かれ死亡】の続きを読む

    1:  2016/08/17(水) 12:27:23.08 
    帽子を被ると薄毛になるのは本当?科学的に実証してみて分かったコト (ニュースイッチ) - Yahoo!ニュース
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160817-00010001-newswitch-sctch
    http://amd.c.yimg.jp/amd/20160817-00010001-newswitch-000-1-view.jpg



    運動後、細菌数など増加。専門家は洗髪を推奨

     no title真夏の運動や外出時の必需品の一つに帽子がある。夏に帽子をかぶる最大の目的は頭を直射日光から守り、熱中症や日焼けを防ぐことにある。一方、帽子の中が蒸れることで頭皮や髪に悪影響があるのでは、との懸念も根強い。こうした中、帽子が頭皮や髪に与える影響を科学的に検証する動きが出てきた。業務上、帽子やヘルメットを着用する製造現場などにも研究成果の波及が期待される。

    都市伝説を暴く

     

    【帽子を被ると薄毛になるのは本当?科学的に実証してみて分かったコト】の続きを読む

    このページのトップヘ