野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    1: 名無しさん@涙目です。(東京都) [VN] 2018/04/11(水) 00:06:01.71 ID:/L8UHI/F0
    日本だけでなく世界中で大ヒットしたゲームボーイ。子供のころによく遊んだ、という読者もいるだろう。そうした、ゲームボーイにノスタルジーを感じる人に今回紹介したいのがiPhoneをゲームボーイ化するケース「Wanle Gamers Console For iPhone」。iPhoneの背面を使っていつでもテトリスやタンクで遊べる。
    Wanleは通常のケースと同じように、端末の背面を覆うように装着する。すると、iPhoneの背面がゲームボーイ化する。
    Wanleにはおなじみの十字キーやABボタン、そしてモノクロLCDディスプレイがついていて、ゲームがしたくなったらiPhoneをひっくり返し、電源を入れるとゲーム機になる。
    サイズ的にも手にきっちりと収まり、使いやすそうだ。
    テトリスをはじめ、いくつかのゲームあらかじめインストールされていて、開発元によるとトータルで2000種類ものゲームが楽しめるとのこと。
    また、WanleはiPhone 6~Xに対応。ボタン電池で作動するので、iPhoneのバッテリーの減りを心配する必要がないのも嬉しい。あえて外付けデバイスに頼らなくてもiPhoneでは無数のゲームが楽しめるが、Wanleは「ゲームボーイが原点」という人のためのもの。
    Wanleの正規小売価格は79.95ドル(約8600円)だが、現在サイトでは24.95ドル(約2700円)で、米国アマゾンでは11.55ドル(約1200円)で販売されている。

    (詳しくはソース元でご確認ください)
    https://techable.jp/archives/75130
    no title

    no title

    no title


    サイト
    https://wanlecases.com/collections/frontpage/products/eightmaze-gamers-console-for-iphone


    【iPhoneを強引にゲームボーイにするスマホケース登場】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(空) [FR] 2018/04/11(水) 21:30:06.56 ID:iX2jetg80
    なぜ駅ナカで鼻毛を抜こうと思ったのか 「3分 1000円」の世界 (1/5)

    http://www.itmedia.co.jp/business/spv/1804/11/news008.html

    駅ナカで鼻毛脱毛を行っている店が、ちょっと話題になっている。店名は「ekibana(エキバナ)」。3分1000円で鼻毛を抜いてくれるこの店は、どのような特徴があるのか。話を聞いた。


     少し前の話になるが、パナソニックがちょっと気になる調査を行っている。異性や他人の身だしなみに関して、どのような場面でドン引きするかを聞いたところ「髪の毛のフケ」(86.3%)や「歯のたべかす」(82.7%)を抑えて、最も多かったのは「鼻毛が飛び出ていた」(88.0%)だった。

     ドン引きするのは男性よりも女性のほうが多く、鼻毛が出ている人は思わずその場で抜きたくなるデータも出ている。例えば、鼻毛が出ている人は「仕事ができなさそう」(50.0%)、「年収が低そう」(32.7%)といったイメージがあるそうだ。

     このような調査結果を見ても、「鼻毛を抜くのは痛いので、できれば抜きたくない」「切るのは面倒。気がついたら飛び出ている」といったオジサンも多いのでは。そんな人にとって、ちょっと気になる店が登場している。駅ナカで鼻毛を抜いてくれる「ekibana(エキバナ)」(1000円、税込)だ。

    (詳しくはソース元でご確認ください)
    no title


    【鼻毛が出ている人は「仕事ができなさそう」】の続きを読む

    1: あられお菓子 ★ 2018/04/05(木) 06:39:22.74 ID:CAP_USER9
    産経ニュース 2018.4.4 21:23
    https://www.sankei.com/life/news/180404/lif1804040030-n1.html


     山梨県内で家庭菜園などで育てたニラと間違え、一緒に栽培していたスイセンを誤食し、食中毒の症状を訴える患者が相次いだ。

     山梨県によると、4日までに、山梨市と甲府市の病院から管轄の保健所に「スイセンが混入した料理を食べた人が食中毒を起こした」との連絡を受けた。

     患者は山梨市1人、甲府市4人で、嘔(おう)吐(と)を訴えたが、全員快方に向かっているという。

     県衛生薬務課によると、山梨市の50代の女性が2日昼、知人にもらったニラで調理した「ニラ玉」を食べたが、ニラにスイセンが混ざっていた。

     甲府市では、30代の父親と10歳未満の男児3人が2日夕、家庭菜園のニラを具に入れたみそ汁を
    調理して食べたが、ニラの近くで栽培していたスイセンが混入した。

     保健所の調べで、いずれも病因物質はスイセンによる植物性自然毒と判明した。

     同課によると、スイセンは摂取すると嘔吐する有毒植物。県内では昨年も5人がニラと間違えて食べて食中毒の症状を訴えた。

     同課は調理前の材料の再確認などを呼びかけている。 

    (詳しくはソース元でご確認ください)

    a0002_000113

    【【山梨県】「ニラと間違えた」スイセンで食中毒相次ぐ 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(dion軍) [CN] 2018/04/10(火) 11:59:04.14 ID:9b3PljQJ0 
    10日午前7時56分ごろ、神奈川県小田原市飯泉の「吉野家 小田原飯泉店」に大型ダンプカーが突っ込んだと、通行人から110番通報があった。小田原署によると、ダンプカーは前輪と運転席部分が店内に突っ込むかたちで止まり、運転手の男性(69)が搬送された。現場は交差点で、同署が原因を調べている。
     事故当時、店内は開店準備中で、客はいなかった。開店準備をしていた男性店員1人にけがはなかったという。

    (詳しくはソース元でご確認ください)
    https://www.asahi.com/articles/ASL4B3CQ0L4BULOB005.html

    【吉野家に大型ダンプカーで入店】の続きを読む

    このページのトップヘ