野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    1: 名無しさん@おーぷん 2016/11/09(水)18:22:27 ID:fc9
    「イラクへ兵士を派遣して油田を占領しろ」
    「日本にキャロライン・ケネディを送ったのは金とオバマのコネがあるというだけの馬鹿な人事」
    「韓国をタダで守る必要はない」
    「日本人と韓国人は似た者同士のくせにケンカしやがる」
    「中国、日本、メキシコ人どもから米国の雇用を取り戻す」
    「メキシコ人は麻薬や犯罪を持ち込む」
    「中国や日本のイメージはよく分からないが、米国の富を奪っていくチビ連中」
    「世の中に信じられる者はいないと思え。この私でさえも信じるなよ」
    「日本は卑怯な国だ」
    「俺はヅラじゃない。触ってみろ」

    【【USA】トランプ氏が大統領選挙で勝利!それではここで過去の発言を振り返りましょう】の続きを読む

    1: 2016/11/09(水) 20:22:02.25 
    日本アビオニクス<6946>は急伸。米大統領選挙ではトランプ氏が優勢となっており、防衛関連銘柄の一角として関心が高まる展開に。
    トランプ氏は日米の安全保障問題に絡んで、日本の負担増大や在日米軍の撤退の可能性なども示唆とされている。
    トランプ氏大統領実現の可能性が高まるなかで、同社など防衛関連に関心が向かう状況となった。

    日本アビオニクス—急伸、防衛関連として関心が向かう
    https://zuuonline.com/archives/127300

    【【防衛】トランプ大統領が誕生したし日本は核武装の"議論"だけはするべきだよな】の続きを読む

    1:  2016/11/09(水) 07:18:46.73 ID:CAP_USER
    no title 11月1日から6日にかけて行われた中国国際航空宇宙博覧会(珠海航展)において、中国のステルス戦闘機「J-20(殲-20)」が初めて一般に向けて公開された。そのJ-20について、中国メディアの環球網は7日、米メディアが「J-20には致命的な弱点がある」と報じたことを伝えている。

     中国の各メディアはこれまで、J-20は生産量が500-700機に達する可能性があり、米国のF-22が試験用の8機を含め、187機しか生産されないのに比べて「数」で圧倒できると伝えていた。つまり、J-20がF-22と比べて「戦闘能力」で一定程度劣っていても、「数で品質の差を補充することができる」という主張だ。

     だが、環球網は米メディアのフォーリン・ポリシーがJ-20のステルス性能について、「戦闘機の前方部のステルス性は非常に高いが、後方部には問題があり、エンジン排気口のステルス性能は低い」と指摘したことを紹介。

     さらにフォーリン・ポリシーが「J-20は極めて容易に敵のレーダーに発見される可能性がある」と伝えたことについて、環球網は「J-20はF-22に簡単に発見されてしまうということか」と懸念を示した。

     一方で記事は、フォーリン・ポリシーが「J-20の存在は中国の航空産業と軍事力の大きな飛躍を意味する」と伝え、西側諸国はJ-20と中国の軍事産業に真剣に向き合う必要があると警戒感を示したことを伝えた。(編集担当:村山健二)

    http://news.searchina.net/id/1622633?page=1

    【【軍事】中国のステルス戦闘機「殲-20」には「致命的な弱点?」 中国メディアが報じる】の続きを読む

    1: ぷらにゃん ★ 2016/11/07(月) 20:36:31.75 ID:CAP_USER9
    カナダのフュアリー・ヘクラ海峡の海底から正体不明のビーコン音が発生しており、それが原因で付近から野生動物の姿が消えてしまったとCBC Newsが報じている。

    ビーコン音が発生している場所は、狩猟や漁業が行なわれている地域だが、ビーコン音を嫌い、野生動物が近寄らなくなってしまったという。
    CBC Newsによると、原因の1つとして、鉱山採掘を行なうBaffinland Iron Minesがソナー調査用の機器を設置したのではとの憶測もあったが、
    同社は件の場所にはそのような機器を設置しておらず、水中用の機器も所有していないと否定しているという。

    別の憶測としては、捕鯨に反対するグリーンピースがイヌイットによる捕鯨を邪魔する目的で、鯨を驚かすためのソナーを設置したのではとの噂もあるが、
    確証はなく、グリーンピースも否定しているという。

    この報告を受けたカナダ軍も調査を開始しているほか、この音がカナダ軍の潜水艦によるものではないとしている。

    http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/yajiuma/1028630.html

    【【ミステリー】カナダの海底から正体不明のビーコン音。軍の調査も開始】の続きを読む

    このページのトップヘ