野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    1:  2016/10/07(金) 17:29:01.28 
    「豊洲移転の白紙撤回も辞さない覚悟で臨む」
    小池都知事が立ち上げた市場問題プロジェクトチームのメンバーの中にはこう嘯(うそぶ)く
    ものもいるという。この発言自体、豊洲の土壌汚染への不安を一層駆り立てそうだが、一方で
    築地市場こそ不衛生極まりないという事実は「週刊新潮」9月29日号でお伝えした通りだ。
    しかも場内には、人々の記憶から忘れ去られた“負の遺産”が潜んでいる。場内の地中どこかに
    眠る「原爆マグロ」の存在だ。


    ソース/デイリー新潮
    http://www.dailyshincho.jp/article/2016/10070901/?all=1

    【負の遺産 3本の“原爆マグロ”が築地市場のどこかに・・・】の続きを読む

    1: 2016/10/05(水) 06:45:05.20 
    JNNのカメラが珍しいイルカの群れを捉えました。

    松江市の海に現れたのは、およそ10頭のイルカ。
    白いおなかを見せながら泳ぐ姿も・・・。
     
    「イルカでしょ。ここはよく入ってきますよ」(イルカを見た人)

    *+*+ TBS News i +*+*
    http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2883947.html 

    【島根沖にイルカ10頭の群れがあらわれた】の続きを読む

    1:  2016/10/07(金) 08:38:58.25 
     【ワシントン共同】米太平洋軍は今月3、4日、米軍佐世保基地(長崎県)を母港とする強襲揚陸艦「ボノム・リシャール」が
    南シナ海で駆逐艦2隻と共に潜水艦を探知、攻撃する演習を実施したと、6日までに発表した。
    南シナ海で人工島を造成、軍事拠点化を進める中国をけん制する狙いだ。

     太平洋艦隊のスウィフト司令官は声明で、海兵隊向け最新鋭ステルス戦闘機F35を運用する揚陸艦配備への準備だと説明した。
    揚陸艦は輸送機オスプレイや車両も搭載し上陸作戦を遂行する。

     演習では防空作戦や隊員輸送、実弾発射訓練も実施。

    http://this.kiji.is/156872932249944065

    強襲揚陸艦ボノム・リシャール
    https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/e/e8/USS_Bonhomme_Richard_LHD-6.jpg
    no title

    【日本防衛に必要なのは空母? 強襲揚陸艦?】の続きを読む

    1:  2016/10/04(火) 22:27:41.71 
    不況のベネズエラで捨て犬激増、ペットフードは「高級品」
    http://www.cnn.co.jp/fringe/35089992.html
    http://www.cnn.co.jp/storage/2016/10/04/495810c64827dfcecd197abada31003e/venezuela-starving-pets.jpg


    no titleやせ細った犬たちが餌を求めてごみの中からわずかな食べ残しをあさる。汚れてあばら骨や骨盤が浮き出たみすぼらしい姿。
    そんな捨て犬の群れが、南米ベネズエラの首都カラカスをはじめ、全土で増え続けている。

    不況が続いて経済が制御不能に陥ったベネズエラでは、自分たちの生計さえ苦しくなって、ペットを手放す人が後を絶たない。
    ドッグフードは最も安いものでさえ、1袋の値段が最低賃金の3分の1にもなる。
    極端なインフラの影響でペットフードはぜいたく品になり、購入できる人は減る一方だ。

    保護団体によると、この1年で捨てられたペットは50%増え、その多くは野良犬になった。施設に保護された犬の多くは飢えてやせ細り、「容器をどれだけ餌で満たしてもまだ足りない」と職員は話す。

    国民は食料や医薬品の極端な品薄に見舞われ、犯罪は激増、マドゥロ大統領の辞任を求める大規模デモが続く。食品を買うために長時間行列に並んでも、何も手に入らないこともある。

    国内産のドッグフードやキャットフードは店頭から姿を消し、外国産のフードは極端に値段が高い。
    1.5キロ入りのドッグフード1袋の値段は約1万5000~2万ボリバル(約15万~20万円)と、ベネズエラの月額最低賃金にほぼ等しい。
    (略)

    【【1.5kg 20万円】 餌を買えないので犬を捨てる ベネズエラ】の続きを読む

    このページのトップヘ