野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    1:  2016/09/24(土) 16:34:35.78 
    http://www.chunichi.co.jp/article/column/editorial/CK2016092402000111.html

    安倍晋三首相が掲げる「介護離職ゼロ」という目標に逆行している。政府がさらなる介護保険サービスの縮小を検討している。
    これでは家族の介護を理由に離職する人は増えるばかりだ。
     「月五万四千円負担が増えた。貯金を取り崩さなければならなくなった。
    『金のないやつは早く死ね』ということなのか」「『介護離職ゼロ』というが現状では無理。高齢者虐待や介護殺人も人ごととは思えない」
     社団法人「認知症の人と家族の会」が昨年末に行ったアンケートには、介護の場の悲痛な声が並ぶ。
     一定以上の所得者の利用者負担を二割に引き上げ▽介護施設に入所する低所得者への補助を縮小
    ▽軽度の要支援1、2向けの訪問・通所介護を市町村事業に移す-など介護保険サービスを大幅にカットする
    見直しは昨春から順次実施されている。
     しかし、見直しによる影響の検証もないうちに、さらなる給付カットが検討されている。
    膨張する費用を抑制するためだが、あまりに乱暴ではないか。

     議論の柱は、介護の必要度が低い要介護1、2の「軽度者」が利用するサービスの縮小だ。

    (以下略)

    【「金のないやつは早く死ねということか」 安倍政権がさらなる介護保険サービスの縮小を検討】の続きを読む

    1:  2016/09/24(土) 17:43:27.17 
     no title北朝鮮の咸鏡北道(ハムギョンプクト)で発生した最悪の水害による
    国境警備隊の兵士数百人が行方不明や死亡したことがわかった。

     23日、北朝鮮専門メディア「デイリーNK」は咸鏡北道のある消息筋を引用して
    「今回の水害で一般住民はもちろん、豆満江(トゥマンガン)沿岸の数百人の国境警備隊の兵士が死亡したり
    行方不明となった」とし「特に豆満江の岸ごとに位置する小隊の兵室が急流で崩れ、室内で寝ていた兵士人らが全滅した」と伝えた。

     また消息筋は「小隊ごとに2人の歩哨兵のみ残しておき、30人の兵士すべてが兵室で睡眠中、
    突然急流に巻き込まれ死亡した」と述べた。

     消息筋は、このように大きな被害が起きると人民武力省の責任幹部らまで事態把握のために現場を訪れたうえ、
    警備隊軍人や軍内企業所、共同農場教導隊まで総動員した捜索作戦が広げられていると述べた。

     その一方で消息筋は「幹部は行方不明の兵士より、
    行方不明となった武器弾薬を探すのによりあくせくしている」とし
    「住民らは『武器探しに最善を尽くせ』という指令に対して『死亡者と行方不明者に対する対策は眼中にもない』
    と不満を表している」と伝えた。

    http://www.wowkorea.jp/news/korea/2016/0923/10174512.html

    http://www.wowkorea.jp/upload/news/174512/20160923_sui_b.jpg

    【北朝鮮軍、洪水により壊滅】の続きを読む

    1:  2016/09/24(土) 12:39:14.72 
    「手洗ったら水弾いた」、駒ケ根 水道水に灯油、市長陳謝
    2016年9月24日

    no title安心安全な水道水に灯油が混じる衝撃の事態に見舞われた駒ケ根市。
    杉本幸治市長は二十三日、市役所で記者会見し、「多くの市民にご迷惑をお掛けし、申し訳なく思う。
    復旧に全力を挙げる」と陳謝した。

    この日の朝、記者がいれたコーヒーは妙な味だった。
    薬と一緒に飲んだ水道水はのどに引っ掛かり、顔を洗ってもせっけんの泡立ちが悪い。

    市役所は、苦情が入ってから原因や影響の範囲をとりまとめ、市民への周知は二時間半後になった。
    この間、市役所内で「手を洗ったら水を弾いた」と驚く職員もいた。

    昭和伊南総合病院では、受水槽があるため午後一時ごろ油臭い水が出た。
    すぐ使用禁止にして市に給水車の手配を要請。
    それでも、約三十分は医療職が手洗いできない状況だったという。

    被害の範囲は天竜川の西側一帯の九千八百世帯。
    このうち、東側は県上伊那広域水道用水企業団からの配水に切り替えて汚染の影響を抑えた。

    だが、切石浄水場のタンクなどの洗浄が間に合わず、西側の三千世帯八千人は二十四日も被害が続く見込みだ。

    杉本市長は原因施設の具体名を明らかにせず、「大雨の影響で灯油流出に気付くのが遅れ、
    故意ではなかったと聞いている」とし、賠償請求などは今後検討するとした。
    (小沢伸介)

    中日新聞 http://www.chunichi.co.jp/article/nagano/20160924/CK2016092402000012.html
    給水用の水を消火栓から採る市職員ら=駒ケ根市で
    http://www.chunichi.co.jp/article/nagano/20160924/images/PK2016092302100268_size0.jpg



    市が調べたところ、同市菅の台の宿泊施設から灯油が漏れ、近くの切石浄水場に流入したことが判明。
    一時は市の人口の7割以上に当たる2万4400人が住む範囲に影響が出た。

    http://www.nagano-np.co.jp/articles/8436

    【「手を洗ったら水が弾いた」 駒ケ根市で水道水に灯油が混入 長野】の続きを読む

    1: 2016/09/24(土) 11:41:32.67 
     点滴に異物が混入されて入院患者の男性(88)が中毒死する事件が発覚した大口病院(横浜市神奈川区)では最近、トラブルが相次いでいた。病院は8月に神奈川県警神奈川署に相談していたという。

     横浜市医療安全課によると、同市監査課に7月5日、「看護師のエプロンが切り裂かれていた」「患者のカルテがなくなった」という内容のメールが届いた。8月12日には同じ人物から「病院のスタッフが、漂白剤のようなものが混入した飲み物を飲んで唇がただれた」という趣旨の情報提供がメールであったという。捜査関係者によると、エプロンの切り裂きがあったのは今春だという。


    以下ソース
    http://www.asahi.com/articles/ASJ9S2T0DJ9SULOB003.html?iref=comtop_8_01

    【点滴殺人の病院でエプロン切り裂き、飲料に異物も 神奈川】の続きを読む

    このページのトップヘ