野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    1:  2016/09/14(水) 21:07:44.55 
    音楽の著作権を管理するJASRAC=日本音楽著作権協会は、放送局と結んでいる契約方法がほかの事業者の新規参入を妨げているとして、公正取引委員会が7年前に出した排除措置命令を取り消すよう審判で求めていましたが、14日ま
    でに請求を取り下げ、命令が確定しました。

    JASRACは、著作権を管理している音楽の利用料金について、テレビ局やラジオ局との間で放送回数にかかわらず一定の金額で何回でも放送を認める契約を結んでいます。
    公正取引委員会は、平成21年に、こうした包括的な契約方法は同じような事業者の新規参入を阻むものだとして排除措置命令を出しましたが、JASRACが不服として審判を請求していました。
    この審判でいったん命令は取り消されましたが、別の事業者が起こした裁判で、最高裁判所が去年、「ほかの事業者の参入を著しく困難にしている」とする判決を出したため、審判がやり直されていました。
    これについて、JASRACは14日までに請求を取り下げ、7年前の排除措置命令が確定しました。
    命令では、JASRACの契約方法は、放送局側が追加の負担金を伴うほかの事業者との契約に慎重になることから、改善するよう求めています。
    公正取引委員会は14日の会見で、「JASRACは7年間に改善策を行ったとしているが、それで十分か今後、確認していく」と述べました。
    JASRACは「排除措置命令の取り消しを求めて争い続けるのではなく、請求を取り下げて本来業務に全力を尽くすことが音楽著作権の管理事業分野全体にとって有益と判断した」と説明しています。
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160914/k10010686131000.html

    【JASRAC 日本音楽著作権協会 排除措置命令】の続きを読む

    1:  2016/09/15(木) 00:15:27.09 
    あわらの演奏家ら名曲披露 クラシックコンサート

    あわら市内外の演奏家らによるクラシックコンサートが11日、市文化会館で開かれた。

     地元のアマチュアや県外の大学生らのほか、指揮を担当した京都市在住のバイオリニスト、鈴木博嗣さんの教え子ら約30人が出演。
    フルートの達川なつみさん、マリンバの宮崎美葉さん、ピアノの高橋則枝さんら地元出身のプロ奏者らも参加した。

    http://www.chunichi.co.jp/article/fukui/20160913/CK2016091302000016.html

    【地球終了の時に流したい音楽】の続きを読む

    1: 2016/09/16(金) 09:36:1

    不安になるよね 
    【手術中に医者が、「あっ...やべっ.....」って】の続きを読む

    1:  2016/09/15(木) 15:33:56.64
    第3位は「そうでんがな(~でんがな・まんがな)」。これには「おじいちゃん、おばあちゃんが使うぐらい」「やっぱりさんまさんの影響が大きいんじゃない?
    テレビ用」「あんまり使わない。そうちゃう? とかやと思うんで。そこがエセ関西弁っぽいですわ」といった街の声に加え、
    イラつく理由として「コテコテすぎる関西弁」「最近では使われていない」が挙げられた。

    続く第2位は「ほんまかいな」。これには「わざとらしく言ってきたら、ちゃうし!みたいな」「関西出身からしたら『何事!?』みたいな」
    「絶対バカにしてる!使う奴は」「ほんまかいなって何弁や」といった街の声に加え、イラつく理由として「わざとらしくこれみよがしな発音」
    「なんちゃって感が強く関西人でもあまり使わない」が挙げられた。

    そして第1位に輝いたのは「なんでやねん」。これには「テンポも違うし、間が大事なんですよ! その間が違って『えっ!?』なることがある」
    「わざと使おうとしてくるのが腹立ちます」「『なんでやねん↑』とか言わはる人、めっちゃ気になる。簡単には使って欲しくない」などの街の声が寄せられた。

    http://www.narinari.com/Nd/20160939761.html

    【関西人をイラつかせるエセ関西弁 1位「なんでやねん」】の続きを読む

    このページのトップヘ