野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    1:  2016/09/05(月) 13:59:14.10 
     【ソウル=井上宗典】韓国軍合同参謀本部によると、北朝鮮が5日午後0時14分頃、南西部の黄海北道(ファンヘプクト)・黄州(ファンジュ)一帯から、日本海に向けて弾道ミサイル3発を発射した。

     韓国軍がミサイルの種類や落下地

    以下ソース
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160905-00050041-yom-int

    【北朝鮮、日本海に向けて弾道ミサイル3発を発射】の続きを読む

    1:  2016/09/05(月) 12:17:56.63
    5日午前、東京・江東区の江東区役所で、生活保護申請窓口に来ていた女が、刃物を持って暴れ、警視庁が、女の身柄を確保した。
    江東区東陽の江東区役所から、5日午前11時前、「女が、窓口で包丁を持って騒いでいる」と110番通報があった。
    警察官が駆けつけたところ、女が、刃物を持って暴れているのを見つけ、身柄を確保した。
    当時、現場には、来訪者や職員がいて、一時騒然としたが、けが人はいなかった。
    女は、生活保護の申請窓口に来ていたということで、警視庁は、生活保護をめぐる、何らかのトラブルの
    可能性もあるとみて、女から、くわしい事情を聴いている。

    http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00335291.html

    【生活保護羨ましいってどうかしてる】の続きを読む

    1: 2016/09/04(日) 19:36:02.70
    小林よしのり氏、同期の秋本治氏の『こち亀』終了の苦渋思いやる


     no title漫画家の小林よしのり氏が4日、連載終了を発表した『こちら葛飾区亀有公園前派出所』の
    連載終了を発表した“同期”の作者・秋本治氏が連載終了に「ペンを持てなくなるまで描くかと
    思っていた」「お互い、頑張ろうじゃないか」とエールを送った。
     「秋本くん(二人で呼ぶときは「くん」だ)はデビューが同じ年で、担当編集者も同じだった」と、
    1976年のデビュー以来、切磋琢磨し合ってきた仲。「わしが兎で秋本くんが亀と思っていたが
    、どうやら二人とも長距離マラソンのタイプだったようだ」と感慨深そうに振り返った。小林氏が1
    976年に少年ジャンプで『東大一直線』の連載を開始し、数カ月遅れで秋本氏の『こち亀』がス
    タート。以来、交流は続き、何度か合作したこともある。
     『こち亀』の40年200巻という長期連載に「わしのような飽きっぽい者からすれば、人間技では
    ない」と感嘆。その上で「自分の意欲と人気投票、どちらかが崩れたら連載は続かない」とたたえ
    た。また「『こち亀』はもはや国民漫画とまで言われるようになったから、終わらせるのも、作家・編
    集者の双方でジレンマがあっただろう」と作家と編集側双方の連載終了の苦渋も思いやった。
     一方で「秋本くんが60歳過ぎて新作に挑戦するのは、楽しみだ」と新作に期待。「まだ過去を振
    り返るのは早い。レースの途中だ。わしはようやく折り返し地点を回ったと思っている。お互い、頑
    張ろうじゃないか」と互いのさらなる飛躍を誓っていた。
    http://www.daily.co.jp/gossip/2016/09/04/0009456261.shtml
    http://daily.c.yimg.jp/gossip/2016/09/04/Images/09456262.jpg


    【小林よしのり「お互い頑張ろうじゃないか」 同期の秋本治に】の続きを読む

    1:  2016/09/01(木) 22:54:34.26 
    ダイヤモンドの次に硬いセラミックを使用したフライパンなどと、テレビショッピング番組で過大な内容の映像を放送したとして、
    消費者庁は1日、通販ブランド「ショップジャパン」を運営する名古屋市の会社に景品表示法違反(優良誤認)で、
    消費者への周知徹底と再発防止を求める措置命令を出した。

     消費者庁によると、会社は「オークローンマーケティング」(同市東区)。2014年5月から15年11月までに、
    テレビや自社のウェブサイトで、「セラフィット」というフライパンの表面がダイヤモンドの次に硬い物質で加工され、
    金属製品で50万回擦っても傷がつかないかのような表示をした。だが、同庁のテストでは、ステンレス製のフライ返しで5千回で傷がついたという。

     番組などでは、「ダイヤモンドの次に硬いセラミックを使用」「コインで擦っても傷がつかず、コーティングははがれない」
    「クギを炒めても傷がつかない」などしていた。期間中にフライパン約76万セット、127億円を売り上げた。
    製品は、ドイツの会社が企画し、中国の会社が製造したという。

     オークローンマーケティング広報部は「指摘を真摯(しんし)に受け止めて改善に取り組む」とし、コールセンターで対応するという。
    信用調査会社によると、同社は1993年に設立され、売り上げは16年3月期で666億円。

    http://www.asahi.com/articles/ASJ91647WJ91OIPE027.html

    【「ダイヤの次に硬い」と過大映像 通販会社に措置命令 】の続きを読む

    このページのトップヘ