野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    2016年09月

    1:  2016/09/28(水) 09:03:26.92 
    53万5000人―――。

    これは過去1年以内に自殺未遂を経験した人の数である(推計)。

    no title「自殺未遂者は、自殺者数の10倍程度」というのが、これまでの定説だった。ところが日本財団が行った調査で、20倍近くもいることが明らかになったのである。
    しかも、そのうち、女性の49%、男性の37.1%が、「4回以上、自殺未遂を経験した」と回答したのだ(「日本財団 自殺意識調査2016(速報)」)。

    このショッキングな結果の内訳を見ると、性別では男性26万4000人、女性27万1000人と若干女性が多く、年代別では20代が最も多くて、
    次いで30代と若い世代ほど多かった。

    http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/opinion/15/200475/092300070/1-graph1.JPG


    さらに、「本気で自殺したいと考えたことがある」人は25.4%と、4人に1人。そのうちの6.2%は「現在も自殺を考えている」と回答した。

    「自殺(自死)は『追い詰められた末の死』であり、『避けることの出来る死(avoidable death)』。つまり、個人の問題ではなく、社会的な問題である」

    これは世界保健機関(WHO)が、2003年に国際自殺予防学会(IASP)と共同で開催した世界自殺防止会議において出した、メッセージである。

    これを受け自殺率が高かった海外の諸国では様々な自殺対策を講じ、積極的に国家プロジェクトとして取り組んだフィンランドでは、
    10年間で自殺率を3割減少させた。

    日本でも年間の自殺者数が3万人を超えた「98年ショック」以降、自殺の原因となり得る失業や多重債務などへの対策や自殺防止の啓発が進み、
    中高年の自殺者は減少した。

    ところが、それに替わるように「若者問題」が浮上。日本の自殺率は先進国で最も高く、米国の約2倍、英国の約3倍で、全世代を通じて
    1日70人近くが追いつめられた末に亡くなっているのである。

    なぜ、若者たちは、生きる力を失うのか? 日本社会の何が、追いつめるのか?

    http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/opinion/15/200475/092300070/?rt=nocnt

    【若者の自殺未遂50万人の衝撃・・ 4回以上も】の続きを読む

    1: 2016/09/27(火) 18:28:00.27 
    http://www.knn.co.jp/whm/match/img/match_01.jpg

     no titleマッチ最大手の兼松日産農林は27日、マッチの製造販売事業から2017年3月末で
    撤退すると発表した。使い捨てライターなどの普及でマッチ需要は右肩下がりで、
    唯一の国内工場では設備の老朽化で安定供給が難しくなった。

     製品の商標権と製造設備の一部を、マッチやライター、紙おしぼりが主力の
    日東社(兵庫県姫路市)に譲渡する。譲渡金額は非開示だが、マッチ事業撤退の
    連結業績への影響は軽微という。

     兼松日産農林は今後は住宅の地盤補強や木材の防腐事業などに注力する。
    「桃」や「燕(ツバメ)」などの商標で知られるマッチの製造販売は日東社が
    引き継ぐ。

     兼松日産農林は1939年にマッチ事業に参入。戦後の復興期には国内で
    10カ所以上の工場を運営していた。自動点火コンロや使い捨てライターなどの
    普及でマッチ需要は縮小を続け、現在は淡路工場(兵庫県淡路市)の1ライン
    のみで生産している。

     マッチ事業の売上高は2016年3月期に1億8500万円だったが、現在でも
    国内で4割のシェアを誇る。日経新聞
    http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ27HO0_X20C16A9000000/

    【マッチ最大手が事業撤退】の続きを読む

    1:  2016/09/26(月) 17:44:34.12 
    民進・野田幹事長「自民憲法草案、撤回を」 二階幹事長は反論
    2016/9/25 19:58

     民進党の野田佳彦幹事長は25日のNHK番組で、臨時国会での憲法改正論議について「自民党の憲法改正草案を撤回するところから始めるべきだ」と述べた。

    自民党の二階俊博幹事長は「すぐさま撤回するつもりはない。各党の意見を聞いてこれで審議していきたい」と反論した。

     自民党が2012年に発表した草案は9条を改正して国防軍の保持を盛り込む方針などを盛り込んでいる。

    公明党の井上義久幹事長は「自民党の話を聞くと、草案をたたき台にして憲法審査会で議論するとは決してなっていない」との認識を示した。

    http://mw.nikkei.com/sp/#!/article/DGXLASFS25H1K_V20C16A9PE8000/

    【ようやく実現した政権交代を鳩山が一瞬で台無しにした時どう思った?】の続きを読む

    1:  2016/09/28(水) 14:35:40.16 
    http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS22H25_Y6A920C1MM0000/

     経済産業省が店員のいない「無人コンビニ」の実現に向け、ICチップとアンテナを内蔵した
    「電子タグ」の導入実験を始める。決済や商品管理の作業がバーコードより簡単に済むとみられ、
    年明けからコンビニエンスストア大手ローソンと盛り込む機能や情報などを点検する。3年以内に実用化し、2020年の東京五輪開幕に間に合わせる考えだ。

     経産省はこのほど、電子タグの機能を検討する有識者会議を立ち上げた。
    コンビニ各社のほか、NECや大日本印刷などレジやタグのメーカーも参加。コンビニでの導入を検討し、いずれスーパーなどに広げる。

    (以下略)

    【経産省が店員のいない「無人コンビニ」実現へ実験開始 】の続きを読む

    1:  2016/09/27(火) 20:45:54.56 
    NHK「あさイチ」で紹介された“イノシシの刺身”「保健所が許可している」発言に波紋 保健所とNHKに話を聞いた


    9月27日に放送されたNHKの番組「あさイチ」で紹介された、西表島(沖縄県)の“イノシシの刺身”が
    物議をかもしています。番組内で「イノシシの生食は保健所が申請を受け付けた店でだけ提供ができる」
    と紹介されたのですが、野生獣の生食を保健所が許可することはありえないだろうとネット上で指摘が
    相次ぎました。

    (中略)
    ●沖縄県保健医療部・生活衛生課の返答

     まず、イノシシの肉について、基本的に生食の許可を出すことは沖縄県に限らず全国的にありえないとのこと。
    NHKで“イノシシの刺身”が紹介されたことについては把握していたそうですが、提供している店名については
    取材時点ではまだ分かっていないそうです。

    同課ではNHKの「イノシシの生食は保健所が申請を受け付けた店でだけ提供ができる」という発言については、
    何か手違いや事実誤認などがあったのではないかとしています。
    提供している店舗が分かり次第指導が入る可能性が高く、また、イノシシの生食は食中毒などの健康被害を
    引き起こす危険性が高いため、決して食べないようにと呼びかけています。

    同件について、NHKにも以下の2点を質問してみました。

    ・八重山福祉保健所の「イノシシの生食は保健所が申請を受け付けた店でだけ提供ができる」という説明は
    どのようないきさつで得られたものだったのか
    ・公式サイトの“イノシシの刺身”の写真が別のものに差し替えられたのはなぜなのか

     現在この質問については、NHKからの返答待ちとなっています。返答があり次第、追ってご報告いたします。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160927-00000084-it_nlab-life

    【NHK「野生イノシシの刺し身旨いぞ!保健所も許可してるから」 ネット上で物議】の続きを読む

    1:  2016/09/27(火) 10:21:59.25 
    http://diamond.jp/articles/-/102981

    9月20、21日に開催された金融政策決定会合で日銀は、これまでの“お金の量”を重視する政策から、
    金利(イールドカーブ)を重視した政策に軸を移した。それが“長短金利操作付き量的・質的金融緩和”の導入だ。
     今回の日銀の決定は、ある意味では画期的といってよいだろう。
    これまで、「お金の量を増やしさえすれば、物価は上昇し経済は回復する」としてきた、金融政策の基本的な考え方を大きく変えたからだ。
     日銀の積極的な量的緩和策にもかかわらず、わが国経済の状況が期待したほど回復していない状況を見て、
    ようやく日銀も目を覚まし、政策転換をせざるを得なくなったのだろう。それは歓迎すべき転換だ。
     
    (以下略)

    【日銀がようやく間違いを認め政策転換】の続きを読む

    1:  2016/09/25(日) 23:00:50.81 
    「ピカチュウ」おった! 高齢者もポケモンGO 連日ファンでにぎわう
    http://www.isenp.co.jp/news/20160925/news01.htm

     津市あのつ台の公園「中勢グリーンパーク」が、人気スマホゲーム「ポケモンGO」のファンで異様なにぎわいを見せている。ファンの間では人気キャラクター「ピカチュウ」が多発するスポットとして知られているからだ。県外から訪れるファンも多いほか、高齢者の姿も少なくない。市は園内に看板を立てるなどして「歩きスマホ」をしないよう呼び掛けている。

     中勢グリーンパークは工業団地「中勢北部サイエンスシティ」の敷地にあり、オープンから十五年がたつ。約十一ヘクタールの敷地に芝生が広がり、遊具もある。フリスビードッグの全国大会やサッカー教室などが開かれ、秋は幼稚園や小学校の遠足でにぎわう。

     実はこの公園、七月下旬に国内配信が始まった「ポケモンGO」のファンにとって注目の場所となっている。通常はほとんど出現しないピカチュウが、公園内に多く「生息」していることが理由。インターネット上では「ピカチュウの巣」と呼ばれている。

     

    【「ピカチュウ」おった! 高齢者もポケモンGO】の続きを読む

    1: 2016/09/25(日) 20:08:34.53 
    http://www.excite.co.jp/News/it_lf/20160925/R25_00052928.html

    ■部下が告白!自分の上司が足りない能力TOP10
    (14の項目から1~3位を選んでもらい、1位を3pt、2位を2pt、3位を1ptとして集計。R25調べ。協力/アイリサーチ)

    1位 部下へのフォローが不足している 202pt
    2位 部下のモチベーションを上げるのが下手 142pt
    3位 仕事の教え方が下手 137pt
    4位 部下を褒めることができない 103pt
    5位 部下への指示の出し方が下手 88pt
    6位 部下に仕事を任せることができない 84pt
    7位 部下を厳しく叱ることができない 72pt
    8位 職場の雰囲気を良くするのが下手 70pt
    9位 会社の上層部との交渉が下手 63pt
    10位 部下への仕事の割り振りが下手 57pt

    ※番外
    11位 突発的なトラブルに弱い 56pt
    12位 業務の効率化を図るのが下手 45pt

    【自分の上司が足りない能力TOP10】の続きを読む

    1:  2016/09/26(月) 21:16:32.65 
    NHKニュース
    ----------
    韓国 沈没したセウォル号引き揚げ また延期

    韓国南部の沖合でおととし4月に旅客船セウォル号が沈没した事故では、修
    学旅行中の高校生など295人が死亡したほか、依然として9人の行方がわ
    かっていません。

    韓国海洋水産省は、今月中に船体をクレーンで引き揚げようと、長さ28メ
    ートル、幅1.8メートルの金属製の板を船体の下にさし込む作業を進めて
    いて、必要な26枚のうちこれまでに18枚を差し込むことができました。

    しかし、海底に岩が多く、それを取り除くのに予想以上に時間がかかってい
    ることなどから、残りの8枚をさし込む作業は難航していて、海洋水産省は
    26日、引き揚げの目標時期を来月末に延ばすと発表しました。

    セウォル号の船体の引き揚げ時期が延ばされるのはこれで3回目で、行方不
    明者の家族などの反発が強まりそうです。
    ----------
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160926/k10010707461000.html

    【セウォル号引き揚げ再延期 韓国】の続きを読む

    1:  2016/09/27(火) 15:14:04.34 
    サンマと並び、秋を代表する魚とされるサケ。スーパーの鮮魚売り場では見事なピンク色の身をした秋サケが姿を見せている。ムニエル、ちゃんちゃん焼き……とおいしい想像が膨らむが、なぜか刺身や寿司という発想は出てこない。

    生食されているのは、サケとは別種のアトランティックサーモンなどだからだ。

    中国メディア・青網は23日、「どうして日本人はサーモンを食べなくなっているのに、われわれはまだ食べているのか」とする記事を掲載した。記事全体の内容は、昨今出回っている「養殖サーモンは有害で危険」という論調に乗せられた感がある。

    「ノルウェーやカナダのサーモンは1年間に4回以上食べない方がいい」、「チリ産は6回食べても大丈夫」、「天然もののほうが汚染が少なく、養殖ものは汚染を受けやすい」といった、にわかには真偽を判断しかねる記述が並んでいる。

    ただ、その中で「正統な日本の店ではサーモンの刺身は提供しない。サケには寄生虫が多く、塩漬けにして焼いて食べるしかないことを、とうの昔から知っているからである」として、現在日本人が食べているサーモンの刺身は国産のサケではなく、ノルウェーなどからやってきたアトランティックサーモンであると説明しているのだ。

    そして「日本の刺身において、サーモンは決して主要な食材ではないのに、中国人は『シンボル』だと思っている」と指摘している。この指摘は当を得ているものと言える。

    脂の乗ったアトランティックサーモンが有害か否かについての判断は、専門家に委ねるべきである。それはさておき、アトランティックサーモンは今や、欠くべからざる大衆的な寿司ネタとしての地位を確保しているのも事実だ。

    中国人はともかく、日本の若い世代ももはや「昔は、サーモンの刺身や寿司などほとんどなかった」という事実を知らないのではないかと思うほどである。

    サーチナ(編集担当:今関忠馬)
    http://news.searchina.net/id/1619568?page=1

    【えっ、ウソ!? 日本人はサケを刺身や寿司で食べない 中国人には驚きの事実】の続きを読む

    このページのトップヘ