野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    2017年03月

    1: 2017/03/28(火) 18:36:26.69 ID:CAP_USER9
    コンビニ店員にプロレス技を掛けたとして、兵庫県警尼崎南署は27日、傷害の疑いで、尼崎市内の無職少年(19)を現行犯逮捕した。
    同署の調べに「暴行したかもしれないが、けがを負わせるようなことはしていないはずだ」などと供述しているという。

    逮捕容疑は、27日午後11時20分ごろ、同市内のコンビニに客として入店。アルバイトの男性店員(35)に、腕で相手の頭を抱えるプロレス技「ヘッドロック」を掛け、店外に引きずり出した疑い。

    店員は、顔や首などに軽傷。同署によると、少年は酒に酔っていたといい、レジカウンターで販売しているコーヒーをめぐって店員とやり取りしていたという。

    (全文はソース元でご覧ください)

    神戸新聞 2017/3/28 08:48
    https://www.kobe-np.co.jp/news/jiken/201703/0010042419.shtml

    【【ヨハネスブルク】コンビニ店員にプロレス技 容疑で少年逮捕 尼崎市】の続きを読む

    1:  2017/03/28(火) 12:44:04.56 ID:CAP_USER9
    破産手続きに入った格安旅行会社てるみくらぶ(東京)の海外ツアー客が、現地で追加のホテル代を請求されるトラブルが起きていることが観光庁への取材でわかった。同社で購入した航空券で出国した旅行者は約2500人いるとされ、同様のトラブルが各地で相次ぐ可能性もある。

    観光庁によると、ハワイ・ホノルルに滞在している旅行者から「てるみくらぶを通して支払い済みのホテル代を請求された」との相談が現地の日本総領事館に計3件あった。てるみくらぶからホテル側に代金が支払われていないとみられ、観光庁は安全の確保を理由に追加の支払いに応じることを勧めている。お金が足りない場合は、日本からの送金方法を現地の日本大使館や領事館に聞くよう呼びかけている。

    政府は、日本旅行業協会に加入する旅行会社の倒産時に旅行代金を弁済する制度を設けている。ただし、弁済額には上限があり、てるみくらぶは計1億2千万円。同社が受けている旅行申し込みは約3万6千件(約99億円)あり、全額が弁済されるかは不透明だ。

    山田千賀子社長は27日の破産申請後の記者会見で、海外のホテルやバス会社への支払いが滞っていると明かし、「お約束していることを現地がやってくれる保証ができない」と説明。同社で発券済みの航空券を使った出国は、控えるよう訴えている。

    http://www.asahi.com/articles/photo/AS20170327001820.html

    http://www.asahi.com/articles/ASK3X36QKK3XULFA006.html?iref=comtop_8_05

    【【破産】ハワイでホテル代請求トラブル てるみくらぶツアー客 】の続きを読む

    1:  2017/03/28(火) 09:22:14.05 ID:CAP_USER
    http://newswitch.jp/p/8459
    no title


    ライフロボティクス(東京都江東区、尹祐根〈ゆん・うぐん〉社長)は27日、吉野家の食器洗浄工程に自社製多関節型ロボット「CORO=写真」を納入したと発表した。1日当たり2.3時間かかっていた食器の浸漬・洗浄から格納までの工程が0.5時間と大幅削減を見込む。従業員の腰・肩への負担や、食器の破損によるけが・手荒れなども大幅に軽減できる。

     吉野家では現在、1店舗当たり1日約1300個の食器を洗浄している。COROは食器洗浄機からぬれた状態で出てきた食器を、カメラによる画像処理で識別。食器格納場所に搬送し、種類ごとに積み重ねる。ある程度食器が積み重ねられると、従業員に通知し、人が近づくとセンサーが検知して一時停止するほか、離れると元の動作に復帰する。

     COROは狭小空間で人と一緒に安全に働くことを目的に開発。肘回転関節をなくしたのが特徴で、アームのシンプルな動作で人の専有面積より狭い範囲での動作を可能にした。飲食店の生産性向上に加え、接客時間確保による顧客満足度の向上につながる。

    【【さらに速く】吉野家、食器洗いにロボットを導入へ 2時間かけていた工程を30分に短縮】の続きを読む

    1: 2017/03/27(月) 17:48:48.85 ID:CAP_USER
    ホン・ムンピョ「日帝残滓である桜祭りを廃止、花祭りと呼べ」

    27日、報道資料「桜祭り、昌慶宮の桜に始まった悲運の歴史」
    「大韓国民の誇りと自負心であるムクゲを愛し、普及しなければ」

    「桜祭りの名称を変えなければならない。桜は日本の国花である。桜祭りの類が日本植民地時代、日本が昌慶宮に植えた桜を1924年から国民に強制的に夜(夜景)に見物させることで、私たちの民族の解放に対する関心を桜に向かわせるための文化統治の手段として始まったからである。」

    ホン・ムンピョ正しい政党議員が27日、桜祭りの名称を花祭りに変えなければならないと主張した。

    ホン議員はこの日、報道資料で「現在、全国で開催される代表的な桜祭りは22で、この中で桜祭りの名称を使用している祭りは17に達している。各地域別に開催される小規模な桜祭りは、数百以上のに達している」、「代表的な桜祭りであった汝矣島桜祭りは、国会(ホン・ムンピョ議員)と永登浦区庁の努力によって、2007年からその名称が「花祭り」に変更になった」と明らかにした。

    ホン議員は特に「大韓民国の国花であるムクゲと関連された祭りの行事は全国でわずか6つのみが開催されており、私たちの民族の魂が込められている国花ムクゲの価値と大切さを知らせ、教育するのに非常に不足だ」と批判した。

    (全文はソース元でご覧ください)

    ソース:イーデイリー 2017.03.27 10:30(機械翻訳)
    http://www.edaily.co.kr/news/NewsRead.edy?SCD=JF31&DCD=A00602&newsid=02309126615867584

    【【韓国】ホン・ムンピョ議員「日帝残滓の桜祭りを廃止、花祭りと呼べ。大韓国民の誇りと自負心、ムクゲを普及しなければ」】の続きを読む

    1: 2017/03/27(月) 20:47:48.93 ID:CAP_USER
    http://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20170327/Recordchina_20170327036.html

    2017年3月27日、韓国の旅客船セウォル号の船体引き揚げ作業中に流出した油が近隣のワカメ養殖場などに被害を及ぼしたことを受け、韓国海洋水産部と引き揚げ作業を担当した中国企業・上海サルベージが補償の意向を固めた。韓国・ニュース1などが伝えた。

    被害が最初に確認されたのは、セウォル号の引き揚げ作業が本格化して間もない24日午前。引き揚げ現場から1キロほど離れたワカメ養殖場で、セウォル号から流れ出たとみられる黒色の油が帯状に広がっているのが見つかった。3年前の沈没事故の際にも流出油の被害を受けた東巨次(トンゴチャ)島など付近の住民らは、漁船を使ってオイルフェンスを設置するなど対策を取ったがあまり効果はなかったという。

    27日、全羅南道(チョルラナムド)珍島(チンド)郡などによると、潮の流れに乗った油の帯は引き揚げ地点から10キロほど離れた島にも到達している。直接・間接的な被害はワカメや昆布、ひじきなどの養殖場72カ所、525ヘクタールに及び、郡は被害額について「100億ウォン(約10億円)をはるかに超える可能性がある」としている。

    実はセウォル号からの油漏れは引き揚げ前から予想されていたといい、海洋水産部と上海サルベージの契約書には「残存油の回収」に関する内容も含まれていた。しかし契約上、回収すべきは「合理的に接近可能な残存油」に限られ、そもそも水中ですべての残存油を回収するのは不可能とみた上での引き揚げだった。

    報道を受け、韓国のネットユーザーからは「油が漏れるのに防御フェンスもしなかったの?」「無能ぶりに終わりがないな」「なぜこんなことに?3年もあったのに、体系的・計画的・専門的に準備していたわけじゃなかったのか」「10キロも広がるまで海洋水産部は何をしてたんだ?」と、適切な準備や対応を取らない政府などに批判の声が多数寄せられている。

    また、「韓国はまったく災難続きだな」「沈んだ船を引き揚げるのに金を使い、漁師の被害補償にまた金を使い…残念だよ」と嘆く声のほか、「何でも中国人に任せるとうまくいかないね」「中国人は自分たちの海じゃないからって適当にやったんだろう」「メード・イン・チャイナはまだまだだ」と、引き揚げを請け負った中国企業に矛先を向けるコメントもあった。

    【【サルベージ】セウォル号引き揚げで「想定通り」油が流出、養殖ワカメなどに被害=韓国ネット「中国人に任せるとうまくいかないね」】の続きを読む

    1: 記憶たどり。 ★ 2017/03/27(月) 05:48:48.38 ID:CAP_USER9
    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20170327-00000004-ann-soci

    長野県駒ケ根市のホテルで半年以上の宿泊費約135万円を
    支払わなかったとして、無職の男が逮捕されました。

    詐欺の疑いで逮捕された住所不定・無職の宮下貴光容疑者(49)は、
    去年7月上旬から1月下旬までの約200日間、駒ケ根市の
    ビジネスホテルに宿泊し、代金約135万円を請求されました。
    宮下容疑者は「後日、支払う」と言って支払わずに姿を消して
    いましたが、25日に山梨県内の警察署に出頭しました。宮下容疑者は
    警察の調べに対し、容疑を認めているということです。

    【【長野県】宿泊費を払わずに半年以上ホテルに泊まり続けた男を逮捕】の続きを読む

    1:  2017/03/27(月) 14:08:30.72 ID:CAP_USER9
    京都府舞鶴市の舞鶴市民病院で、寝たきりの入院患者2人について、口の中にビー玉が入れられていたり、体にあざが残ったりしていたことが、舞鶴市関係者への取材でわかった。市は虐待の疑いがあるとみて調査。通報を受けた府警舞鶴署も捜査を始めた。

    市関係者によると、今年3月、60代の男性患者の口の中にビー玉1個が入れられているのが見つかった。この患者は3月下旬に死亡したが、市は虐待との関係は薄いとみられるとしている。
    2月には、同じ病棟にいる別の60代の男性患者の腹部や爪、わきの下などにあざや変色が見つかった。

    2人はいずれも長期入院しており、意思の疎通も困難という。市は患者を担当した看護師らから事情を聴くとともに、舞鶴署にも通報したという。

    http://www.asahi.com/articles/ASK3W3RG2K3WPLZB00B.html
    http://www.yomiuri.co.jp/national/20170327-OYT1T50092.html

    【【医療の闇】口の中にビー玉、体にあざ…入院患者虐待か 市立舞鶴市民病院】の続きを読む

    このページのトップヘ