野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    社会ニュース

    1: 田杉山脈 ★ 2019/01/17(木) 20:24:44.44 ID:CAP_USER
    自分の代わりに退職の意思を伝えてくれる退職代行サービスが広がっている。人材紹介会社や弁護士事務所も参入し、サービス内容も多彩になってきた。価格は3万円程度からと安くはないが利用者は後を絶たない。人手不足やブラック企業など日本の労働市場の問題が透けて見える。

    ■上司と会わずに退職

    「月に300件ほどの依頼があります」。退職代行サービス大手、EXIT(東京・新宿)を運営する岡崎雄一郎共同代表は話す。E…

    (続きはソース元でご確認ください)
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO40056340W9A110C1XQD000/
    a0001_016661

    【【労働】「仕事辞めます」に3万円、退職代行サービス広がる 】の続きを読む

    1: アッキーの猫 ★ 2019/01/17(木) 14:46:39.37 ID:4G9+c8oJ9
    ザックリにいうと

    ・気象庁の花粉飛散予想では、例年に比べて「多め」 東北から近畿、中国・九州地方で多くなる傾向
    ・去年の猛暑により、今年は6年ぶりの大量飛散の恐れ
    ・スギ花粉は、東日本から西日本の広い範囲で2月下旬から3月中旬がピークの予想 早めの対策を

    記事の全文はソースページを見てね
    https://www.fnn.jp/posts/00412760HDK
    a0001_004085

    【【花粉症】今年はスギ花粉“大量飛散”?昨年比“最大9倍”と予想される地域も 】の続きを読む

    1: ◆mZB81pkM/el0 (庭) [US] 2019/01/13(日) 08:25:40.11 ID:EEJCIZmo0
    14日の成人の日を前に、新成人が高さおよそ100メートルのつり橋から、バンジージャンプをして決意を新たにする催しが、茨城県常陸太田市で開かれました。

    この催しは、新成人たちに、恐怖に打ち勝って大人への一歩を踏み出してもらおうと、茨城県常陸太田市にある「竜神大吊橋」で毎年、開かれています。

    水面からの高さはおよそ100メートルと、バンジージャンプとしては日本一だということで、12日は地元の新成人の男女10人が振り袖やアニメのキャラクターの仮装など思い思いの格好をして、バンジージャンプに挑みました。

    参加者たちは、はじめは不安な表情を見せながらも、「立派な社会人になります」とか「何事もめげずに頑張ります」などと決意のことばを叫びながらジャンプしていきました。

    催しに参加した八木瞳美さんは、「恐怖で声が出ませんでしたが、しっかりとやり遂げたことで今後は何事にもめげずに取り組めそうです」と話していました。

    (詳しくはソース元でご確認ください)
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190112/k10011775951000.html
    no title

    【イバラキの奥地で成人の儀 バンジージャンプ 】の続きを読む

    1: みつを ★ 2019/01/10(木) 18:38:57.00 ID:NusWEqBM9
    https://twitter.com/tocho_suido/status/1083296460588777472?s=21
    http://www.waterworks.metro.tokyo.jp/kurashi/influenza/

    インフルエンザが流行っていますね。水道水でこまめに手を洗い、感染症を予防しましょう。一般的に、インフルエンザウイルスは、塩素消毒によって速やかに感染性を失います。水道水を原因として、インフルエンザに感染することはありません。

    a1180_003483



    【【水道局】「水道水はインフルエンザに対して安全です!」水道水が原因でインフルエンザに感染しません 】の続きを読む

    1: 孤高の旅人 ★ 2019/01/11(金) 12:17:49.25 ID:5V91E5Dy9
    姿消す「滑らない砂」…発がん性指摘で配布中止相次ぐ 「過剰反応では」の声も
    1/11(金) 10:07配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190111-00010000-nishinpc-soci

     受験シーズンが本格化する中、鉄道各社が合格祈願グッズとして配布し、受験生にも好評だった「滑らない砂」が姿を消している。砂に発がん性物質「結晶質シリカ」が含まれていると指摘され、JR九州や熊本市交通局などが相次いで配布を取りやめた。健康上の問題はなく「過剰反応では」との見方もあるが、一部の社は別のグッズを用意して受験生を応援する。

     「滑らない砂」は、列車が雨天時や坂道を走行する際、車輪が空転しないようにするためレールに散布。「試験で滑らない」という験担ぎで、数年前から受験シーズンに各地の駅などで配られるようになった。
     2017年、JR西日本金沢支社(金沢市)が配っていた「滑らない砂」の原料から結晶質シリカを検出。同支社は昨年初めに急きょ、配布を中止した。九州4県の9駅で配っていたJR九州も同調し、今シーズンの配布を断念した。1週間で千個がなくなる人気ぶりだったという熊本市交通局も「受験生を不安にさせるわけにはいかない」として、今年から配布を取りやめている。

     ただ、結晶質シリカは自然界に存在し「お守り程度の微量ならば健康上の問題はない」(独立行政法人労働安全衛生総合研究所)。炭鉱電車のレールに散布する砂を使ったグッズ「スベラナヰス(すべらないす)」にも含まれている可能性があるとして、販売元の福岡県大牟田市などの協議会は生産を取りやめたが、在庫分は引き続き店頭に並べるという。
     昨年まで「滑らない砂」を受験生に配っていたJR長崎駅では、「置くとパス(合格)」と同音の英語「オクトパス」に掛けてタコのキャラクターを描いたカードを受験生に配布。鹿児島市交通局も降車口の滑り止めシートを使ったグッズを配る
    (続きはソース元でご確認ください)


    donou
    【【受験】姿消す「滑らない砂」】の続きを読む

    1: ◆mZB81pkM/el0 (庭) [MK] 2019/01/02(水) 19:08:55.37 ID:rco9H7JA0
    ペットショップの「ペットボックス」を県内2カ所で運営するオム・ファム(北谷町、中村毅社長)は4月以降、ペットの販売をやめ、ペットフードや関連商品の販売に特化する。動物愛護管理センターで殺処分を待つ犬や猫を新たな飼い主が迎え入れ、育てる文化を沖縄に根付かせたいとの思いから、中村社長が決断した。

    オム・ファムは現在、那覇市と北谷町の「ペットボックス」で犬と猫を販売している。両店の敷地内入居する別会社のペットショップは生体販売は続けるが、北谷店で2010年度以降に予定している全面改装後は、販売をやめる方針だ。

    オム・ファムは「不幸な犬や猫を産まない社会をつくる」を企業理念に掲げる。これまでも飼い主に対する啓発イベントや、犬や猫の新たな飼い主を探す譲渡会を開催してきた。センターから犬猫を引き取って飼育する保護団体への寄付も率先してきた。

    販売の際は、飼い主の適性を確認するほか、子犬を繁殖させてペットショップに卸すブリーダーにも面接を課すなど、「健全販売に務めてきた自負がある。

    (続きはソース元でご確認ください)
    https://ryukyushimpo.jp/news/entry-856194.html
    no title

    【ペットショップ「犬猫の販売止めます。新たに飼いたければ愛護センターから迎え入れて」 】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2018/12/31(月) 18:45:30.87 ID:CAP_USER
    いまや家に居ながら世界中からほしいものを取り寄せられ、職場や家庭では人工知能(AI)が活躍する。だが旧態依然とした手続きや仕事のための仕事はまだ多い。平成から新しい元号を迎える今年、思い切ってこんな「お役所仕事」を見直してはいかがだろう。

    役所への届け出や住宅の購入などの際には、押印が当たり前のように求められる。

    (続きはソース元でご確認ください)
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO39460290X21C18A2SHA000/
    a0001_013324

    【そのハンコ、必要ですか? 】の続きを読む

    1: プティフランスパン ★ 2018/12/29(土) 18:58:19.84 ID:CAP_USER9

    「あけましておめでとう」と言いながら内心は… 正月嫌いの人の憂鬱な新年の過ごし方
    https://sirabee.com/2018/12/29/20161929911/
    正月には新年のあいさつやお年玉など、面倒なことも多い。正月が嫌いだと思っている人は、どれほどいるのか?

    no title

    (mitchii/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
    正月はめでたいものだと昔から決まっている。「おめでとうございます」とのあいさつが行き交う中で、内心では正月を嫌っている人もいるかもしれない。

    ■正月が嫌いな人は少ない

    しらべぇ編集部では全国20~60代の男女1,664名を対象に、「正月について」の調査を実施した。
    no title

    正月が嫌いだグラフ

    「正月が嫌いだ」と答えた人は、全体で17.9%。なんだかんだあってもめでたい日なので、嫌いな人は少ないようだ。

    ■高年齢層では男女間で意識差

    性年代別で見ると、50代と60代で男女差が激しいことがわかる。
    no title

    正月が嫌いだ性年代別グラフ

    年代が高い人ほど、正月の慣習を大切にしている人が多いだろう。さらに、正月の準備は女性がする風潮が強い年代でもある。

    「年賀状やおせちなど、正月前に準備しておくことがたくさんありすぎる。夫は年末の仕事が忙しいので手伝う暇はないみたいだし、毎年、一人で大変な思いをしている」(50代・女性)
    「田舎に住んでいて、正月は親戚全員で集まるのが恒例行事。女性たちは料理やお酒の準備で忙しくしているのに、男性たちはひたすら飲んで酔っ払っているだけ。正月くらい、ゆっくり休ませてほしい」(50代・女性)

    (続きはソース元でご確認ください)

    【【話題】正月嫌いの人の憂鬱な新年の過ごし方…「正月が嫌い」と答えた人は全体の17.9% 】の続きを読む

    1: 孤高の旅人 ★ 2018/12/29(土) 10:12:05.20 ID:CAP_USER9
    「僧衣で運転」に青切符、法事行けぬと宗派反発

    https://www.yomiuri.co.jp/national/20181228-OYT1T50118.html?from=y10

     福井県内の40歳代の男性僧侶が9月、僧衣を着て車を運転したことを理由に、同県警に交通反則切符(青切符)を切られていたことがわかった。県の規則が「運転操作に支障がある衣服」での運転を禁じているためだが、僧侶の多くは日常的に僧衣で運転しており、男性は「法事に行けない」と反則金の支払いを拒否。所属する宗派も反発する異例の事態になっている。

     県警や男性の説明によると、9月16日午前10時過ぎ、福井市内の県道で、男性が軽乗用車を運転していたところ、取り締まり中の警察官に制止された。警察官は「その着物はだめです」と告げ、青切符を交付。違反内容は「運転に支障のある和服での運転」と記され、反則金6000円を納付するよう求められた。男性は法事に行く途中で、裾がひざ下までの僧衣を着ていた。20年前から僧衣で運転しているが、摘発は初めて。
     男性に適用されたのは、福井県道路交通法施行細則にある「運転操作に支障を及ぼすおそれのある衣服を着用して車両を運転しないこと」との規定だ。
     警察官は、男性が着ていた僧衣の袖や裾が運転に支障があると判断したとみられるが、県警交通指導課は「僧衣がすべて違反ではなく、状況による」と説明。基準は明確ではない。 

    (続きはソース元でご確認ください)
    【【福井】「僧衣で運転」に青切符、法事行けぬと宗派反発】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2018/12/04(火) 14:57:11.41 ID:CAP_USER
    スペースマーケットはこのほど、「職場の忘年会に関する調査」の結果を明らかにした。同調査は11月16日~19日、社会人男女1,585名を対象にインターネットで実施したもの。
    no title


    職場の忘年会は「仕事」の一環だと感じるか尋ねたところ、71.3%が「感じる」と答えた。職場の忘年会は勤務時間内に実施してほしいと思うかという問いに対しては、48.8%が「はい」と答えている。

    職場の忘年会への参加意欲を調査したところ、60.4%が「参加したい」、39.6%が「参加したくない」と答えた。その理由としては、「プライベートを優先したい」(24.1%)、「上司の対応が面倒くさい」(18.5%)といったものが多かった。

    職場の飲み会における上司の対応は面倒くさいと感じるか聞くと、49.7%が「感じる」と答えた。理由を聞くと、「わざわざ並んで乾杯しにいかなければならない」「ずっと同じ自慢話を繰り返してくる」などのコメントが挙がった。

    普段、職場の上司とは本音で話せているか聞くと、約4割が「思わない」「あまり思わない」と答えた。同様に、職場の部下と本音で話せているか尋ねると、こちらも約4割弱が「思わない」「あまり思わない」と回答している。

    職場の上司ともっとフランクに話したいと思うか聞くと、約6割が「とてもそう思う」「少しそう思う」と回答した。部下ともっとフランクに話したいと思うかという問いに対しては、約7割が「とてもそう思う」「少しそう思う」と答えている。

    職場の忘年会に求めることを尋ねたところ、最も多い回答は「美味しい食事を楽しみたい」(55.5%)だった。そのほか、上位には「人間関係を深めたい」「色々な人と話してみたい」「仕事以外の話をしたい」「普段とは違う空気を楽しみたい」など、コミュニケーションを求める回答が並んでいる。

    (続きはソース元でご確認ください)
    https://news.mynavi.jp/article/20181128-732057/

    【【社会】職場の忘年会に4割が「参加したくない」】の続きを読む

    このページのトップヘ