野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    社会ニュース

    1: イセモル ★ 2017/04/19(水) 16:11:27.08 ID:CAP_USER9
    暑くなる前に「クール」な髪形はいかが――。全国理容生活衛生同業組合連合会は19日、地球温暖化対策にもつながるおしゃれな「クールビズヘア」をお披露目した。

    2007年から続く企画。「髪を1センチ切って体感温度を1度下げる」を合言葉に、カジュアルすぎず、落ち着いた中にも大胆な動きがある大人のおしゃれを目指した髪形だという。この日は東京都内で、計156点の応募から選ばれた今年の最優秀賞が発表され、カット、スタイリングの実演もあった。

    今年の特徴はすそまわりを短くし、風のとおりをよくしたこと。効果について担当者は「科学的根拠はないですが」としつつ、「涼しさを感じてもらえれば」と話す。

    気象庁によると、5月半ばごろまで、全国的に暖かい空気が流れ込みやすく、気温は高いとみられるという。(戸田政考)

    http://www.asahi.com/sp/articles/ASK4L61VZK4LULBJ00V.html
    no title

    【【地球にやさしい】合言葉は「髪を1センチ切って体感温度を1度下げる」今年のクールビズヘアがお披露目に/理容業界団体】の続きを読む

    1: 2017/04/19(水) 08:39:57.31 
    18日夜、沖縄県西原町の西原運動公園の上空で、米軍ヘリと見られる航空機が火花を散らして飛行しているとの目撃情報が沖縄タイムス社に寄せられた。

    同公園を散歩していた男性によると、同日午後7時半ごろ「ビリビリ」という音が上空から聞こえ、見上げたところ、ヘリの2機編隊の先頭の機体から大きな火花が飛び散ったという。

    火花は2度確認されたが、ヘリはそのまま宜野湾・中城方面に飛行していったという。
    男性は「整備不良のまま飛んでいるのではないか。低空飛行もしており、事故が起きてからでは遅い。米側に対応を急がせるべきだ」と指摘した。

    http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/93860

    【【沖縄】火花散らして飛行する謎のヘリコプター】の続きを読む

    1: ばーど ★ 2017/04/17(月) 19:31:56.95 ID:CAP_USER9
    高齢者に多くの種類の薬が処方され、副作用で体調が悪化するケースが少なくないことから、厚生労働省は、薬の処方を適正化するためのガイドライン(指針)を策定する方針を固めた。

    医療ビッグデータを活用して全国規模で実態を分析し、副作用を招きやすい危ない薬の飲み合わせなどを調べる。17日夕、有識者検討会の初会合を開く。

    高齢者は薬を分解する機能が低下しており、副作用が出やすい。複数の持病を抱えることが多く、薬の種類が増えがちだ。高齢者が6種類以上の薬を併用すると、一層副作用が出やすくなり、転倒などを招く恐れが高まるというデータがある。

    医療機関からは副作用が原因で入院した高齢患者の報告が相次いでいるが、実態は明らかではない。

    配信 2017年04月17日 15時20分

    YOMIURI ONLINE 
    http://www.yomiuri.co.jp/national/20170417-OYT1T50045.html?from=ycont_top_txt

    【【医療】高齢者「多過ぎる薬」で副作用…防止へのガイドライン策定】の続きを読む

    1:  2017/04/19(水) 22:30:44.86 
    天理教の発祥地で知られる奈良県天理市に4月1日、古墳をモチーフにした新たな観光拠点施設がオープンした。
    その名も、「天理駅前広場コフフン(CoFuFun)」。
    「『フ』一つ多いんちゃうの?」と突っ込まれそうな独特のネーミングに加え、平板ブロックが敷かれていただけの駅前に突如出現した巨大な円状の構造物は、強烈なインパクトを放つ。
    14億円もの費用を投じて整備された「コフフン」とは一体、どんな施設なのか-。
    様変わりした宗教都市の玄関口を取材した。

    宗教都市「天理」のイメージを変える? 14億円投じた駅前広場「コフフン」のインパクト
    http://www.sankei.com/west/news/170419/wst1704190001-n1.html
    no title

    no title

    【奈良県天理市「宗教都市「天理」のイメージを変える?」】の続きを読む

    1: 2017/04/19(水) 20:42:40.76 ID:wjXOtXx20 BE:738128771-PLT(13333) ポイント特典
    全国的にイカの不漁が続いている影響でそばなどのトッピングの定番でイカのゲソを揚げた天ぷら「ゲソ天」を値上げする店も出ています。

    全漁連=全国漁業協同組合連合会によりますと、全国のスルメイカの漁獲量は、去年はおよそ6万4000トンで20年前の6分の1以下となっています。水産庁は、ここ数年、産卵場所と見られる東シナ海で水温が低下し、イカの産卵に適さない環境になっていることなどが影響しているのではないかとしています。

    こうしたイカの不漁で庶民の味にも影響が出ています。千葉県市川市のJR市川駅前で、およそ40年営業を続けているそば屋ではトッピングの「ゲソ天」が人気で、毎日60個ほどの注文を受けていますが160円だったゲソ天を今月から200円に値上げしました。
    去年秋ごろからゲソ天の原料となるムラサキイカの仕入れ値が上がり始め、店によりますと12キロから14キロの冷凍のゲソのブロックがこの半年で6500円から7800円に値上がりしたということです。


    (詳しくはソース元で)
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170419/k10010954311000.html

    【イカの不漁でそば屋のゲソ天が160円→200円に (´・ω・`)】の続きを読む

    1: ばーど ★ 2017/04/18(火) 12:30:56.44 ID:CAP_USER9
    <3月以降、都内で6件>

    東京都内で3月以降、電車内での痴漢を疑われた男がホームから線路に飛び降りて逃走する事件が相次いでいる。電車の運行がストップして大勢の乗客に迷惑をかけるだけでなく、電車にはねられる危険もあり、鉄道会社は「絶対にやめてほしい」と呼びかけている。法律の専門家も「逃走は最もやってはいけない行為」と指摘している。 

    (中略)

    <冤罪なら冷静に対処>

    線路に逃走した男たちの行方は分からず、痴漢をしたかどうかは判明していないが、身に覚えがないのに痴漢を疑われた場合はどう対処すべきなのか。

    元裁判官で全国痴漢冤罪(えんざい)合同弁護団長を務めた秋山賢三弁護士は「実際に痴漢をしたのなら、正直に話すべきだ」としたうえで「逃げることは最もやってはいけない行為」と話す。
    秋山弁護士は「逃げる際に被害を訴える女性や駅員、周囲の人にぶつかって転倒させると傷害罪に問われる可能性がある」と指摘し「冤罪なら、名刺を渡すなど連絡先を伝え、その場を立ち去ること。
    悠然とした振る舞いが望ましい」とアドバイスする。そうすることで相手が冷静になり、記憶が整理されることもあるという。

    (全文はソース元でご覧ください)

    3月以降に東京都内であった痴漢を疑われた人物の線路立ち入り事件
    no title


    配信 2017年4月18日 10時45分(最終更新 4月18日 12時15分)

    毎日新聞 
    https://mainichi.jp/articles/20170418/k00/00e/040/188000c

    【【鉄道】痴漢疑われ、相次ぐ線路逃走 過去に死者、多額賠償も-3月以降、都内で6件発生】の続きを読む

    1: 2017/04/18(火) 22:02:20.74 
    鳩山由紀夫‏ @hatoyamayukio

    日本のメディアには政府にとって面白くないから書かないのでしょうが、
    トランプと習近平の首脳会談でトランプはアジアインフラ投資銀行(AIIB)について前向きな発言をしたとのこと。
    日本はアメリカの後塵を拝してはいけません。今こそ日本はAIIBに入るべきです。

    https://twitter.com/hatoyamayukio/status/854307322998308869

    【( ゚д゚)ポカーン 鳩山由紀夫氏「今こそ日本もAIIBに入るべきです」】の続きを読む

    1:  2017/04/17(月) 22:20:43.34 0
    <宅配再配達>業者装う事件で居留守も 不在票確認後に依頼
     荷物の再配達が宅配便のドライバーを苦しめている。背景を取材すると、1人暮らしの女性や高齢者を中心に本当に宅配かどうか疑って居留守を使い、不在連絡票で荷物を確認してから再配達で受け取るケースが浮かんだ。宅配業者を装う強盗事件も現実に起きている。居留守が是か非か、悩ましい問題だ。

     横浜市内のマンションに1人で暮らす幼稚園教諭の女性(39)は、在宅中にインターホンが鳴ってもほとんど応対しない。「誰か分からないと怖くて出たくない。特に夜は絶対に出ません」。ポストに入った不在連絡票を確認した上で、再配達を依頼するという。
     取材を進めると、親が留守番の中学生の子供に宅配でも応対しないよう指示するケースもあった。ツイッターでも「ほんと家の電話とか宅配便とか怖いから基本居留守」「宅配便だろうが郵便配達だろうが、記憶にない場合は居留守を使う。モニターがないアパートだからしょうがない。配達のお兄さんには申し訳ないけど」などの投稿がある。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170417-00000055-mai-soci

    【一人暮らし女性「宅配便が来ても居留守使って再配達させる。恐いもん」】の続きを読む

    1: 2017/04/14(金) 12:22:08.43 ID:CAP_USER9
    郵便ポストの中にアイスバーを捨てて年賀状を汚したとして、19歳の少年が書類送検されました。

     専門学生の少年は去年12月22日、東京・北区の郵便ポストに食べかけのアイスバーを捨て、中にあった年賀状などの郵便物を汚した疑いが持たれています。捜査関係者によりますと、汚れた年賀状は60枚以上に上るということです。郵便局は年賀状の差出人と受取人に謝罪したということです。

    取り調べに対して、少年は「寒くてアイスを全部、食べられず、面白半分でポストに入れた」などと容疑を認めています。

    http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000098637.html

    【【これはひどい】郵便ポストの中にアイス捨てる 「面白半分に」19歳の少年】の続きを読む

    1: nita ★ 2017/04/15(土) 14:48:19.95 ID:CAP_USER9
    4/15(土) 13:20配信

     沖縄県名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブ沖で、新基地建設に抗議するカヌーに乗った市民が14日、弱り切った子どものアオウミガメを助け、本部町の沖縄美ら島財団の動物管理チームに引き渡した。第一発見者は、カメが衰弱していた理由を「国が工事で海を壊したから」と推察した。

     同日午後3時すぎ、11艇のカヌーに乗った一人、同市の島袋正さん(56)がオイルフェンスそばに漂うカメを見つけた。甲羅の長さ約40センチで推定2、3歳。泳ぐそぶりも見せないほど衰弱していたため、海水を掛けながら船で連れ帰り、動物管理チームに連絡した。

     同チームによると海水温が低い冬から春、子ガメが弱って漂流する例は多いという。ただ、島袋さんは辺野古の海の変容にこそ理由があるとみる。

     国が新基地工事を始め、沖で白波が立ってもフェンスなどで区切る内側はべたなぎの状態。「見た目以上に生物の『ふるさと』は壊されている。工事の船が急増し、水面下も汚濁防止膜がカーテン状に広がり、自由な往来を断つ」と語る。

     市民から「頑張れ」と送り出された子ガメは同日夕、無事に保護施設に着き、手当てを受けた。放流して海に返すことを目指す。

    http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/93307
    no title

    【【沖縄基地問題】衰弱したアオウミガメを保護 辺野古のカヌー市民「国の工事のせい」】の続きを読む

    このページのトップヘ