野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    社会ニュース

    1: ラ・パーマ(東京都) [DK] 2019/09/19(木) 11:04:34.46 ID:H2Bd63rQ0
    JR東が高架下に学生向け住宅建設、ここまで来た遊休資産活用
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190919-58745862-business-ind
    JR東日本は2020年春、東京都小金井市の中央線の高架下に学生向け賃貸住宅を開設する。遊休地活用の一環としてJR東をはじめ鉄道各社も行ってきた高架下の開発。これまで店舗や保育所、オフィスなどはあったものの、賃貸住宅はJR東としては初めてだという。

    【関連画像】JR東が開業を予定する高架下の学生向け賃貸住宅(画像:JR東日本提供)

     賃貸住宅は中央線東小金井駅と武蔵小金井駅の間にある東京農工大学小金井キャンパス近くの高架下に建設する。これまでは一部を駐車場として使用していた。109室を設け、食堂やカフェテリアなど共用スペースも備える。部屋は10.44~15.94m2と狭めだが、賃料は5万円台(共益費は別)からと周辺の賃貸マンションと比べると低めに設定する。

     気になるのは、電車が走る高架下にあるがゆえの騒音や振動だ。JR東によると、住宅の天井部分は高架と接しておらず、生活に支障がないよう対策も講じるというが、それでも多少なりとも早朝から深夜まで列車の通過音と付き合うことになる。JR東の広報担当者は「通過音に加え、日当たりの悪さなど難しい面もあるが、賃料や立地も考慮して選んでいただければ」と話す。
    (以下ソース元で)


    PAK86_kasenjikinonomiya1299_TP_V
    【「金のない奴は煩い高架下に住みゃいいんだよ」JR東が高架下に学生向け住宅建設】の続きを読む

    1: 記憶たどり。 ★ 2019/09/12(木) 20:47:16.52 ID:3cLCTRIM9
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190912/k10012079061000.html

    噴火活動で面積が拡大した小笠原諸島の西之島を環境省などが3年ぶりに上陸調査した結果、噴火後初めて「オナガミズナギドリ」の繁殖が確認されました。

    小笠原諸島の父島の西、およそ130キロにある西之島では、6年前に活発な噴火活動が始まって溶岩が流れ出し、海上保安庁などによりますと、島の面積はことし5月の時点で、もとのおよそ10倍に広がっています。

    噴火活動が低下していることから、環境省と動植物や地質の専門家は、今月3日から5日にかけて3年ぶりに上陸調査を行いました。

    その結果、土の中に巣を作る「オナガミズナギドリ」について、巣穴の中にヒナや卵が見つかり、噴火後初めて繁殖が確認されたということです。

    また、噴火前には確認されていなかったカニや貝類などが生息していたということです。

    環境省などは今後も定期的に調査を行い、西之島の生態系の変化を観察していくことにしています。

    調査に参加した森林総合研究所の川上和人主任研究員は「考えていたよりも速いスピードで海鳥の繁殖が始まっていた。調査を続けることで島の生物学を解明できるのではないかと期待している」と話していました。
    (以下ソース元で)

    no title

    【【環境】西之島、3年ぶりに上陸調査。噴火後初めて「オナガミズナギドリ」の繁殖を確認。面積はもとのおよそ10倍に 】の続きを読む

    1: アムールヤマネコ(栃木県) [ニダ] 2019/09/06(金) 16:25:08.21 ID:GNUUk57w0
    段差スロープは、ホームセンターをはじめさまざまな場所で購入できる屋外用品で、乗用車の重量にも耐える設計の製品も存在します。

     しかし、段差スロープを車道と歩道の段差を埋めるために道路で使用する行為は、道路法第43条2号で禁止されている「みだりに道路に土石、竹木等の物件をたい積し、その他道路の構造又は交通に支障を及ぼす虞(おそれ)のある行為をすること」に該当することから、違法です。

     実際に販売されている段差スロープにおいても、道路での使用は違反行為であるためおこなわないよう、注意書きがされている場合もあります。

     川崎市・建設緑政局道路管理部路政課は、道路からの段差スロープ撤去を呼びかける理由について次のように説明します。

    「段差スロープを道路で使用することによって、自転車やバイクの転倒事故の原因となるおそれがあるほか、道路の排水機能が低下する原因となることも考えられます。

     そういったこともあり、段差スロープや、同じ目的で設置される鉄板などについて、自宅前の段差をはじめとした道路上に設置することはやめていただくようお願いしています」

     川崎市をはじめ、各地方自治体は段差スロープを公道に設置しないよう呼びかけています。

    (以下ソース元で)


    https://kuruma-news.jp/post/174867

    no title

    【自宅の敷地の入り口に置くスロープ、実は違法だった。 】の続きを読む

    1: みなみ ★ 2019/09/01(日) 10:15:17.98 ID:wJLrZrzm9

    https://news.livedoor.com/article/detail/17013609/

    サンマ漁の深刻な不振がメディアで報じられている。秋サンマ漁は8月上旬に解禁されたが、26日まで近海ものの水揚げは“ほぼゼロ”だった。20日に大型船による公海上の漁が解禁され、26日、根室港に戻った大型船団が473トンを水揚げし、ようやくホッと一息ついた格好だ。

     サンマは北太平洋に広く生息する回遊魚で、以前までは毎年夏にオホーツク海や北海道東方沖で成長した群れが、9月頃から親潮にのって北海道近海に南下してきた。気候変動や海外需要の高まりなどもあって近年の漁獲量は減少傾向にあるが、今年は特に深刻だ。東海大学海洋学部の山田吉彦教授が解説する。

    「今年は北海道近海の水温が例年より3℃から5℃も高い状態が続いているため、サンマの群れが日本に寄りつかないのです。冷凍設備をもつ大型船で2~3昼夜かけて根室から500km以上離れた公海まで出ないと、サンマの群れに出会えなくなっている。

     しかも、それで獲れる公海サンマは、日本近海の豊富なプランクトンを食べていないので、小ぶりで脂がのっておらず、市場で高値がつかないのです」

     小型船で近海のサンマ漁をしていた漁業者は、すでにほとんどがイワシ漁に転換しているという。

    「近海で獲れる脂ののった200グラム以上のサンマは、1尾1000円以上で取引されるようになるでしょう。こういうサンマは高級料亭などに卸され、スーパーなどで目にすることはありません

    以下ソースで
    9096878f3033a245b751c9124d206b34

    【【秋刀魚】もはやサンマは高級魚 「日本近海に戻らない恐れ」指摘も 】の続きを読む

    1: マンチカン(茸) [FR] 2019/09/03(火) 15:44:01.28 ID:+/aE4JAG0
    自治会・マンション・企業など全国各地巡業する話題の出張餅つき「江戸餅つき屋」が2019年度ご予約開始!無料サービスも実施

    「江戸餅つき屋」の専門サービス事業を展開するゼネラルパーソンカンパニー株式会社(所在地:東京都足立区、代表取締役:榊原 良太)は、今年も例年通り年末年始に向けて出張お餅つきのご予約を開始いたしました。
     毎年好評をいただき、ご予約件数が全て埋まる人気のサービスです。今までも各メディア媒体で紹介され人気を集めております

    「江戸餅つき屋」の使命とサービスの目的

    本来、お餅つきは団地や集合住宅、マンションイベントなどでは自分たちでやるのが通例でした。しかし、高齢化に伴いお餅つきのイベントできなくなってきた地域がたくさんあります。「やりたいけど、面倒臭い。」「やりたいけどできない。」という状態です。現在も進行形です。
    そこで当社では日本の古き良き伝統文化をなくしてはいけない。地域の子供達と一緒に、お年寄りの方を始め、親子三世代で楽しめるイベントをなくしてはいけないと立ち上がらせていただきました。今では年間3万人規模の方々がお餅つきを体験しております。
    (以下ソース元で)

    https://www.jiji.com/jc/article?k=000000005.000041160&g=prt


    mochitsuki

    【お年寄りにつきたてのお餅を 出張餅つきサービスが話題 】の続きを読む

    1: ばーど ★ 2019/08/23(金) 23:51:28.06 ID:rz8TxM/g9
    札幌市内の住宅などにNHKの職員をかたる不審な電話が相次いでいます。詐欺グループが家族構成や資産状況などを聞き出すいわゆる「アポ電」の可能性がありますから、このような電話には決して応じないで下さい。

    視聴者からNHKに寄せられた連絡によりますと、22日から23日にかけてNHKの職員を装った男から1人暮らしかどうかを聞かれたり、「アンケートに答えてほしい」などと言われたりする不審な電話が札幌市内で相次いでいます。

    電話がかかっているのは札幌市の東区や手稲区、厚別区など広い範囲に及んでいて、電話を受けた人が「家族と住んでいる」と答えたり相手の氏名を確認しようとしたりすると一方的に切られたということです。

    NHKではこうした内容の電話アンケートは行っていません。

    (以下ソース元で)
    https://www3.nhk.or.jp/sapporo-news/20190823/7000013016.html
    a0006_001024

    【【みなさまの】NHKかたる不審電話に注意を 】の続きを読む

    1: みつを ★ 2019/08/15(木) 13:49:09.90 ID:ZEvuHcqZ9
    https://www.bbc.com/japanese/video-49260327
    (リンク先に動画ニュースあり)

    手を伸ばせばなんでも届く……広さ9平米、東京の若者向け物件
    2019年08月14日

    巨大都市・東京は世界でも人口が集中する都市のひとつだ。人口の高齢化は急速に進むものの都心の過密状態は続く。若い社会人にとって、職場にそこそこ近くて家賃もそれなら払えるという家の確保は、かなりの難題だ。家賃8万円未満という適度な物件が、そもそもあまり市場に出回っていない。

    そのため、中には部屋というよりはや納戸のように見える極小物件を選ぶ若者もいる。

    極小アパートを展開する会社は、予算の限られた20代や30代の社会人をターゲットに、広さ約9平方メートルの物件を提供している。

    9平米を狭いと感じるか、便利と感じるか。それこそ都心なだけに、住めば都なのだろうか。


    (以下ソース元で)
    a1400_000226

    【手を伸ばせばなんでも届く 広さ9平米、東京の若者向け物件】の続きを読む

    1: エメラルドフロウジョン(東京都) [MZ] 2019/07/24(水) 06:53:39.98 ID:mXTPqFl70
    認知症の男性が免許返納後に2件の事故 書類送検
    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20190723-00000016-ann-soci

    4年前に免許を返納した認知症の85歳の男性が車を運転して事故を起こしたなどとして、書類送検されていたことが分かりました。

     東京・大田区に住む85歳の男性は5月14日に無免許で車を運転して物損事故を2件起こしたうえ、届け出をせずに立ち去ったとして書類送検されました。この事故でけがをした人はいませんでした。
    警視庁によりますと、この男性は認知症で、事故の約1時間半後に横浜市内で警察に発見されましたが、「何も覚えていません」と混乱した様子だったということです。男性は4年前に運転免許を返納していました。
     認知症に詳しいメモリークリニックお茶の水・朝田隆理事長:「(認知症の影響で)予想もしなかった想定外のことを突然することは割とある」
     認知症の患者は症状が軽くても免許を返納したことを忘れて運転してしまう例もあり、専門家は患者を抱える家族に注意を呼び掛けています。
    car_menkyo_hennou_man

    【【東京】認知症の男性が免許返納後に2件の事故 書類送検】の続きを読む

    1: ジュノー(ジパング) [US] 2019/08/11(日) 20:01:46.71 ID:K5ZjJjJv0
    今年もお盆の季節が巡ってきた。帰郷してお墓参りをする人も多いだろう。ただ、この風習はいつまで続くだろうか。

     先祖代々の墓を撤去して更地に戻す墓じまいが増えている。墓を守る後継ぎがいないことや、将来的に、子や孫に墓守をさせるのはしのびないといった親の気遣いがうかがえる。

     遺骨を地方から都市部の居住地近くに移す改葬も目立つ。件数は今や、年間10万件を数える。都市部に暮らす人にとって、遠方の墓を訪ねる時間的、経済的余裕がないという事情が背景にある。

     全日本仏教会の調査では、自宅から菩提ぼだい寺まで1時間以上かかる人のうち、約5割が「これからは(寺との)付き合いは減少する」と答えた。2時間以上かかる人の約4割は「近い将来全く縁がなくなる」と回答した。

     家族が先祖代々の墓を守る伝統は、もはや当たり前のことではなくなるのではないか。

     墓の形態も多様化している。宗派を問わずに永代供養する合葬墓や、骨つぼに入れた遺骨を屋内に並べる納骨堂が近年、人気を集めている。遺骨を桜の木などの下に埋める樹木葬の墓も見られる。

     遺骨を合葬墓などに移して、祖先の墓の無縁墓化を防ぎたいという人は多い。維持管理に負担がかからないことも、多様化の理由だろう。各自の事情に合わせた供養の広がりは自然な流れだ。

     自治体が墓の管理を支援する動きもある。兵庫県加西市は、墓参りに来られない人のために、ふるさと納税の返礼として、墓の現状確認や掃除の代行をしている。

     少子化に伴い、墓を世話する人は今後ますます減少する。自治体には、時代に即した細やかなサービスが求められよう。

     墓の変容で影響を受けるのが、寺の運営だ。墓じまいや改葬は、寺にとっては檀家だんか離れにつながり、寺の存続基盤を弱める。

     近年は、火葬だけで済ませる直葬といった葬儀の簡素化も拡大し、仏教式の葬儀を担ってきた寺の経営を苦しくしている。全国に約7万7000ある寺のうち、2万の寺は住職のいない寺になっているとの指摘もある。

     江戸時代に檀家制度が確立して以来、地域にとって、寺は欠かせない存在となってきた。そうした寺を巡る風景も変化を余儀なくされるかもしれない。

    (以下ソース元で)

    https://www.yomiuri.co.jp/editorial/20190810-OYT1T50406/
    a0009_000154

    【【文化】墓の多様化 若者の檀家離れ 寺存続の危機 】の続きを読む

    1: パルサー(SB-Android) [US] 2019/08/09(金) 09:54:29.31 ID:smpbJxRD0 
    万引事件の容疑者を手続きせず無断で釈放 愛知県警
    [2019年8月8日20時28分]

    愛知県警は8日、万引事件で男を現行犯逮捕したのに刑事訴訟法で定められた手続きを怠った上、署長らに報告せず無断で釈放したとして、犯人隠避の疑いで稲沢署刑事課長の男性警部(58)と同係長の男性警部補(43)を書類送検し、課長を停職3カ月の懲戒処分、係長ら2人を本部長注意などとした。課長は同日、依願退職した。

    県警によると、逮捕直後に相次いだ110番への対応を優先して人員を割くため、課長が係長に指示して釈放した。

    同署は6月4日午後1時ごろ、同県稲沢市のホームセンターで約1300円相当の園芸用品3点を万引したとして、窃盗容疑で70代の男を現行犯逮捕した。

    だが約25分後と約40分後、市内で「遺体が見つかった」などの110番が2件あった。課長は殺人事件の可能性があると考え、係長に釈放を指示。容疑の認否などを確認する弁解録取などの手続きをしていなかった。

    課長は万引事件の発生を署長ら上司に知らせたが逮捕は伝えていなかった。110番はいずれも殺人事件ではなかった。

    6月5日に県警監察官室に情報提供があった。松田英視首席監察官は「県民におわびする。再発防止に努める」とコメントした。(共同)

    (以下ソース元で)
    https://www.nikkansports.com/general/news/201908080000968.html
    a1590_000028

    【万引事件の容疑者を手続きせず無断で釈放 愛知県警】の続きを読む

    このページのトップヘ