野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    社会ニュース

    1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2019/02/22(金) 13:55:54.78 ID:CAP_USER
    国の中央環境審議会の専門委員会は22日、レジ袋の有料化の義務付けを含む使い捨てプラスチックの削減戦略案を決定した。使い捨てプラスチックの排出削減へ、2030年までに25%減らす目標を定めた。レジ袋有料化はスーパーやコンビニエンスストアなどの小売業を対象に、20年度以降に義務化する方針だ。

    プラスチックによる海洋汚染が深刻になっており、数値目標を設けて対策を急ぐ。レジ…

    [有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

    2019/2/22 13:33
    日本経済新聞 電子版
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO41605590S9A220C1X90000/
    a1180_006916

    【【環境問題】レジ袋有料化正式決定 使い捨てプラ30年までに25%減 】の続きを読む

    1: 孤高の旅人 ★ 2019/02/11(月) 14:15:11.48 ID:q1ECvAVo9
    葬式はなくなる? 通夜なし、式なしの「直葬」選ぶ時代に

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190208-00000014-sasahi-life

    「こういう弔いの形もありなんだなと思いました」

     東京都在住の田中一也さん(仮名・59歳)。おととし、11歳年上のいとこをがんで亡くした際に、通夜や葬儀・告別式をしない“お別れ”を経験した。あっさりした性格だったいとこは生前から、「死んだときは、一切何もしなくていい」と意思表示していた。

     都内の病院で田中さんや家族がいとこをみとった翌日、遺体は病院からいとこが住んでいた千葉市の火葬場へ直行。田中さんを含む近親者7人が火葬場に集まり、火葬を終えた後、近くの葬祭会館で軽く食事をして解散した。ものの1時間半で全てが終わった。

     九州出身の田中さんにとって葬儀といえば、通夜から多くの親戚や知人が集まって、1泊2日で行うイメージ。だからいとこの弔い方には驚いたという。

    「読経も戒名もなし。すしは“竹”。ビール中瓶1本でお別れだった。その後、出勤できたぐらいあっさりとしていた」

     一抹の寂しさはあったものの、いとこの闘病生活は1年強におよび、心の準備はできていた。近親者でみとったので、故人と向き合えたという感覚もあった。

    「これぐらいシンプルでいいのかもしれない。(通夜、葬儀・告別式をやる一般的な)葬儀で若い僧侶の説法に感動することもないし、通夜の食事もおいしいわけではないし。僕が死んだときも直葬にしてもらおうかと思うこともあります」(田中さん)

     形式的な儀式を極力省いた葬儀のかたち「直葬」がいま、都市部を中心に増えている。直葬とは、故人が亡くなった後、安置所か自宅に遺体を運んで安置し、その後、直接火葬場に移し、荼毘に付すという方法。近親者のみで行う。会葬者を呼んで通夜や告別式を営み、それから火葬する一般的な葬式に比べて、お金もかからない。

    「ここ15年ほどで“葬儀はシンプルにしたい”という明確なポリシーを持った人が増加傾向にあります」

     こう話すのは、終活や葬式の相談・施行などを行う「葬儀を考えるNPO東京」代表の高橋進さんだ。かつて直葬は、故人が身寄りのない人や困窮者の場合に、自治体が葬儀費用を賄って行われる方法だった。

    以下はソース元で

    a1370_000432



    【【直葬】葬式はなくなる? 通夜なし、式なしの「直葬」選ぶ時代に】の続きを読む

    1: 記憶たどり。 ★ 2019/02/10(日) 09:51:22.44 ID:adeqceSi9
    くら寿司守口店における不適切行為をとった従業員2名について ※PDF注意
    http://www.kura-corpo.co.jp/release/pdf/20190208_01.pdf

    http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1902/09/news015.html
    回転寿司チェーン「くら寿司」を展開するくらコーポレーションは2月8日、インターネット上で話題になった“不適切動画”を投稿した従業員2人に対する処遇を発表。2月8日時点で退職処分にしたのと同時に、刑事、民事での法的措置の準備に入ったことを明かしました。

    問題となった動画では、くら寿司の従業員が切った魚をごみ箱に投げ入れ、すぐに拾ってまな板の上に起き直している様子が収められていました。くら寿司によると食材はその場で廃棄処分しており、お客には提供されていないとのこと(関連記事)。    

    同社は厳しい態度に出た理由として、「お客様、株主様、お取引先様に対し上場企業としての責任を果たし、全国で共に働く約3万3000人の従業員の信用回復のため」と、「多発する飲食店での不適切行動とその様子を撮影したSNS投稿に対し、一石を投じるため」としています。

    (詳しくはソース元でご確認ください)


    20190206115436174
    【【Twitter】くら寿司、従業員2名を退職処分とした上、刑事・民事での法的措置へ「多発する不適切投稿に当社が一石を投じたい」 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(茨城県) [ニダ] 2019/01/29(火) 10:24:02.90 ID:tcpUuv7H0
    若者の「献血離れ」深刻 日赤が献血呼びかけ

    若い世代の「献血離れ」が深刻だ。県内で30代以下の献血者数は、25年前の3割に減った。県赤十字血液センターは「将来、必要な血液量を確保できなくなる可能性がある」として、若者の間で献血の輪を広げようと懸命だ。

    「16歳からご協力頂けます」。足を止める人はなかなかいない。

    30分後、30代男性が呼びかけに応じ、駅前の献血ルームに足を運んだ。約40分かけて400ミリリットルの献血に協力した。職員は「若い人の理解はありがたい」と話した。

    (詳しくはソース元でご確認ください)
    https://www.asahi.com/sp/articles/ASL2D32VQL2DUGTB001.html

    no title

    【【悲報】若者の献血離れが深刻な模様 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(四国地方) [US] 2019/01/20(日) 10:38:28.30 ID:x9FZhWo/0
     海上で発生した事件・事故を通報する「118番」で、第3管区海上保安本部(横浜市)に昨年寄せられた電話のうち、99・6%が間違い電話やいたずら電話だった。
     118番は2000年に導入されたが、110番や119番と間違えてかけてくるケースがいまだに多く、同保安本部は「間違い電話などに対応していると、本当に救助を求めている人を救えない場合があるので、正しくかけてほしい」と呼びかけている。

     同保安本部によると、2018年に受け付けた118番は17万766件(前年比1万7779件増)で、全国の11管区中で最も多かった。このうち17万122件(同1万7724件増)が間違い電話やいたずら電話などだった。

     魚が釣れるポイントを尋ねてきたり、電話の最後に「ウソだよ」などとからかいの言葉をかけてきたりする電話もあった。過去には、航空機や巡視船を出動させた後に虚偽だと判明したケースもあり、通報者を偽計業務妨害容疑で摘発したという。

    (続きはソース元でご確認ください)
    https://www.yomiuri.co.jp/national/20190120-OYT1T50019.html
    a1620_000076

    【【海上】「118番」の99・6%が間違いやいたずら 】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2019/01/17(木) 20:24:44.44 ID:CAP_USER
    自分の代わりに退職の意思を伝えてくれる退職代行サービスが広がっている。人材紹介会社や弁護士事務所も参入し、サービス内容も多彩になってきた。価格は3万円程度からと安くはないが利用者は後を絶たない。人手不足やブラック企業など日本の労働市場の問題が透けて見える。

    ■上司と会わずに退職

    「月に300件ほどの依頼があります」。退職代行サービス大手、EXIT(東京・新宿)を運営する岡崎雄一郎共同代表は話す。E…

    (続きはソース元でご確認ください)
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO40056340W9A110C1XQD000/
    a0001_016661

    【【労働】「仕事辞めます」に3万円、退職代行サービス広がる 】の続きを読む

    1: アッキーの猫 ★ 2019/01/17(木) 14:46:39.37 ID:4G9+c8oJ9
    ザックリにいうと

    ・気象庁の花粉飛散予想では、例年に比べて「多め」 東北から近畿、中国・九州地方で多くなる傾向
    ・去年の猛暑により、今年は6年ぶりの大量飛散の恐れ
    ・スギ花粉は、東日本から西日本の広い範囲で2月下旬から3月中旬がピークの予想 早めの対策を

    記事の全文はソースページを見てね
    https://www.fnn.jp/posts/00412760HDK
    a0001_004085

    【【花粉症】今年はスギ花粉“大量飛散”?昨年比“最大9倍”と予想される地域も 】の続きを読む

    1: ◆mZB81pkM/el0 (庭) [US] 2019/01/13(日) 08:25:40.11 ID:EEJCIZmo0
    14日の成人の日を前に、新成人が高さおよそ100メートルのつり橋から、バンジージャンプをして決意を新たにする催しが、茨城県常陸太田市で開かれました。

    この催しは、新成人たちに、恐怖に打ち勝って大人への一歩を踏み出してもらおうと、茨城県常陸太田市にある「竜神大吊橋」で毎年、開かれています。

    水面からの高さはおよそ100メートルと、バンジージャンプとしては日本一だということで、12日は地元の新成人の男女10人が振り袖やアニメのキャラクターの仮装など思い思いの格好をして、バンジージャンプに挑みました。

    参加者たちは、はじめは不安な表情を見せながらも、「立派な社会人になります」とか「何事もめげずに頑張ります」などと決意のことばを叫びながらジャンプしていきました。

    催しに参加した八木瞳美さんは、「恐怖で声が出ませんでしたが、しっかりとやり遂げたことで今後は何事にもめげずに取り組めそうです」と話していました。

    (詳しくはソース元でご確認ください)
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190112/k10011775951000.html
    no title

    【イバラキの奥地で成人の儀 バンジージャンプ 】の続きを読む

    1: みつを ★ 2019/01/10(木) 18:38:57.00 ID:NusWEqBM9
    https://twitter.com/tocho_suido/status/1083296460588777472?s=21
    http://www.waterworks.metro.tokyo.jp/kurashi/influenza/

    インフルエンザが流行っていますね。水道水でこまめに手を洗い、感染症を予防しましょう。一般的に、インフルエンザウイルスは、塩素消毒によって速やかに感染性を失います。水道水を原因として、インフルエンザに感染することはありません。

    a1180_003483



    【【水道局】「水道水はインフルエンザに対して安全です!」水道水が原因でインフルエンザに感染しません 】の続きを読む

    1: 孤高の旅人 ★ 2019/01/11(金) 12:17:49.25 ID:5V91E5Dy9
    姿消す「滑らない砂」…発がん性指摘で配布中止相次ぐ 「過剰反応では」の声も
    1/11(金) 10:07配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190111-00010000-nishinpc-soci

     受験シーズンが本格化する中、鉄道各社が合格祈願グッズとして配布し、受験生にも好評だった「滑らない砂」が姿を消している。砂に発がん性物質「結晶質シリカ」が含まれていると指摘され、JR九州や熊本市交通局などが相次いで配布を取りやめた。健康上の問題はなく「過剰反応では」との見方もあるが、一部の社は別のグッズを用意して受験生を応援する。

     「滑らない砂」は、列車が雨天時や坂道を走行する際、車輪が空転しないようにするためレールに散布。「試験で滑らない」という験担ぎで、数年前から受験シーズンに各地の駅などで配られるようになった。
     2017年、JR西日本金沢支社(金沢市)が配っていた「滑らない砂」の原料から結晶質シリカを検出。同支社は昨年初めに急きょ、配布を中止した。九州4県の9駅で配っていたJR九州も同調し、今シーズンの配布を断念した。1週間で千個がなくなる人気ぶりだったという熊本市交通局も「受験生を不安にさせるわけにはいかない」として、今年から配布を取りやめている。

     ただ、結晶質シリカは自然界に存在し「お守り程度の微量ならば健康上の問題はない」(独立行政法人労働安全衛生総合研究所)。炭鉱電車のレールに散布する砂を使ったグッズ「スベラナヰス(すべらないす)」にも含まれている可能性があるとして、販売元の福岡県大牟田市などの協議会は生産を取りやめたが、在庫分は引き続き店頭に並べるという。
     昨年まで「滑らない砂」を受験生に配っていたJR長崎駅では、「置くとパス(合格)」と同音の英語「オクトパス」に掛けてタコのキャラクターを描いたカードを受験生に配布。鹿児島市交通局も降車口の滑り止めシートを使ったグッズを配る
    (続きはソース元でご確認ください)


    donou
    【【受験】姿消す「滑らない砂」】の続きを読む

    このページのトップヘ