野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    社会ニュース

    1: 名無しさん@涙目です。(東日本) [US] 2018/01/25(木) 09:04:23.58 ID:MPdk9WCA0
    no title


    国民的アニメの一つである『サザエさん』だが、東芝のスポンサー撤退から打ち切りの話も出ているという。

    そこでしらべぇ編集部では、全国20?60代の男女1,328名に「テレビ放送について」の調査を実施。

    「アニメ『サザエさん』はもう終了してもいいと思う」と答えた人は全体で37.7%と、やはり一定数いるようだ。

    ■終わっても別に困らない

    男女別では、男性のほうが多い結果になっている。

    no title

    (詳しくはソース元でご確認ください)
    https://sirabee.com/2018/01/24/20161462074/

    【【アニメ】『サザエさん』は終了してもいい? 「時代錯誤な内容」と批判の声も 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(東日本) [CH] 2018/01/25(木) 19:30:41.01 ID:P52DFf4P0
    取り締まり年100万件

    改正法案は、携帯電話などを操作して交通の危険を生じさせた場合の罰則について、現状の「3月以下の懲役または5万円以下の罰金」から「1年以下の懲役または30万円以下の罰金」に引き上げる。また、軽微な交通違反を犯した際に、反則金を納付すれば刑事訴追されない交通反則通告制度の対象から除外する。

    さらに、直接交通の危険を生じない場合でも、現状の「5万円以下の罰金」から「6月以下の懲役または10万円以下の罰金」に厳罰化する方向だ。

    政府が「ながら運転」の厳罰化に乗り出したのは、スマートフォンの普及に伴い、メールやゲームなどの画面に目をやりつつ運転することで起きる事故が、大きく増加しているためだ。携帯電話使用などが原因の交通事故件数は23年は1557件だったが、28年には2628件を数えた。

    (詳しくはソース元でご確認ください)
    http://www.sankei.com/politics/news/180114/plt1801140005-n2.html
    「ポケモンGO」をしながらの運転が原因で追突事故が起きた現場付近=滋賀県大津市
    no title

    【【道路交通法】スマホ「ながら運転」厳罰化へ 懲役6月以下 10万円以下の罰金へ 】の続きを読む

    1: (埼玉県) [US] 2018/01/25(木) 12:51:07.25
    過疎地の高齢者世帯への雪掘り支援
    「2018年雪おろし体験ボランティアin奥会津」へのお誘い

    参加費
    27,000円 (1泊2日の場合は14,000円)
    (※ ボランティア保険に加入希望される方は加入料300円が追加となります)
    参加費に含まれるもの
    郡山駅からの往復交通費
    (1日目、金曜日)昼食・夕食・交流会費・宿泊費
    (2日目、土曜日)朝食・昼食・夕食・交流会費・宿泊費
    (3日目、日曜日)朝食・昼食
    ※ 2日目、土曜日からの途中参加の方は、2日目(土曜日)の昼食からの4食と交流会費・宿泊費です。

    http://park12.wakwak.com/~heart/saigai/snow/snow.html
    a0006_003257

    【【朗報】福島奥会津での雪下ろしがなんと27,000円 で体験できるぞ (1泊2日の場合は14,000円) 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(東日本) [US] 2018/01/20(土) 12:02:03.93 ID:pziXeetN0 
    鹿野道彦農相も感染の疑いで入院した食中毒の「ノロウイルス」。この冬も各地で集団発症が相次いだが、「その名前は使わないで」と全国の野呂さんが改称を訴えている。野呂姓の子どもが学校などでからかいやいじめの対象になったり、その心配があるためだ。一般化してしまったウイルス名を改める妙案はあるのか。 

    「野呂という姓は、ただでさえ、のろまとかノロノロとからかわれやすい。さらにノロウイルスとは…。これ以上、野呂姓の人間に重圧を加えないでというのが正直な気持ち」。「ノロウイルス」改称を訴える会の会長を務める杉井(旧姓・野呂)ゆうきさん(40)=横浜市=はこう訴える。

    ノロウイルスの由来は何か。厚生労働省の資料などによれば、1968年、米国中西部のオハイオ州ノーウォーク市の小学校で集団発生した嘔吐(おうと)や下痢の症状が出る急性胃腸炎の病原体として検出。72年、小型球形ウイルスが特定され、地名から「ノーウォーク(Norwalk)ウイルス」「ノーウォーク様(よう)ウイルス」と呼ばれるようになり、国際ウイルス学会は2002年、ウイルスの属名としてノロウイルスを正式に採用した。

    「ノロ」とは「ノーウォーク」の一部に発音しやすく「O(オー)」を補ったもの。この結果、全国で約2万人とされる「野呂さん」は嫌な思いをするハメになった。

    (詳しくはソース元でご確認ください)
    http://iryou.chunichi.co.jp/article/detail/20120316141431217
    a0002_008023

    【【とばっちり】ノロウイルスに野呂さん苦しむ 国や学会に「名称変えて」 】の続きを読む

    1: ノチラ ★ 2018/01/18(木) 19:52:47.95 ID:CAP_USER
    2018年は放送・映像機器いずれの業界にとっても大きなイベントとして、12月1日に「4K/8K実用放送の開始」が待ち構えている。ところが実用放送開始まで1年を切った現在も解決していない問題がある。

    昨年7月にも記事「B-CASカードは4K/8Kになると"悪質化"する」で伝えた「CAS(コンディショナルアクセスシステム)」の問題が解決していないからだ。

    CASとは契約状況に応じて放送視聴の可否を制御する仕組みで、有料放送の契約者識別に使用する。NHKの受信料納付を求めるメッセージ表示も、この仕組みを用いて実現している。現在使われているB-CASカードには、さらにコンテンツを保護する暗号化機能も有しているが、B-CASカードはすでに暗号化を破られていることもあり、4K/8Kにおける新しい仕組みとして有料放送事業者で組織した「新CAS協議会」が次世代のCASとしてACASチップを開発した。

    目的は「NHK受信料の徴収」しかない

    問題はこのACASチップを全受信機へ“内蔵させる”ことを前提にしていることだ。なぜなら、ACASチップ内蔵の実効性が“NHK受信料の徴収”にしかないからである。加えて言及するならば、世界中、どこを探しても「CAS機能を内蔵するテレビ」は日本以外に存在しない。

    受信料徴収を促すために、消費者のコスト負担や不利益を伴う機能をテレビに“必須要件”として入れることは、どう説明しても正当化できない。順を追って説明しよう。

    “CASに関する議論”で必ず出てくるのが「4K/8Kコンテンツを適切な価格で調達するためにも著作権保護の観点からも、新たに強度を高めた暗号化の仕組みが必要」という話である。ACASチップの暗号化仕様に関しては、テレビメーカーなども参加する情報通信審議会で話し合って決められているのは事実だ。

    しかし、“暗号化の仕組み”と“コンディショナルアクセス”が一体化している必要はない。つまりACASチップ(あるいはカード)がなくとも、暗号化は行うことができる。

    (詳しくはソース元でご確認ください)
    http://toyokeizai.net/articles/-/205142
    20171207-00078964-roupeiro-000-17-view

    【【暴挙】NHK受信料の為に「徴収督促チップ」を全テレビに搭載か? 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(チベット自治区) [ニダ] 2018/01/14(日) 11:42:01.38 ID:Sd597rd50 
     認知症と診断されて運転免許が取り消されたにもかかわらず、車を運転したとして、神奈川県警は12日、無職の男(76)=川崎市宮前区=を道路交通法違反(無免許運転)の容疑で逮捕し、発表した。容疑を認めているという。

     宮前署によると、男は10日午後1時5分ごろ、同区の市道で無免許で車を運転した疑いがある。男が路線バスと接触する事故を起こし、発覚したという。
    昨年9月の免許更新の際、改正道路交通法で義務づけられた認知機能検査で認知症の診断が出たため、同12月に県公安委員会が免許を取り消していた。

    https://www.asahi.com/articles/ASL1D6GW9L1DULOB01S.html
    kourei_jiko_car

    【「運転免許取り消し」事故防止効果なし 認知症老人、無免許で車を運転し事故 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(東日本) [NL] 2018/01/14(日) 10:32:46.40 ID:Joi5Sry10
    政府が「ながら運転」の厳罰化に乗り出したのは、スマートフォンの普及に伴い、メールやゲームなどの画面に目をやりつつ運転することで起きる事故が、大きく増加しているためだ。携帯電話使用などが原因の交通事故件数は23年は1557件だったが、28年には2628件を数えた。

    運転中の携帯電話使用の取り締まり件数は毎年約100万件規模で推移し、28年は全体の交通取り締まり件数の約14%に上った。内閣府が昨年8~9月に実施した調査でも、「ながら運転」の経験がある人は13%に上る。

    同調査で使用防止の対策(複数回答可)を尋ねたところ、「厳罰化や違反点数の引き上げ」と「警察の取り締まり強化」が50%以上となっていた。

    (詳しくはソース元でご確認ください)

    http://www.sankei.com/politics/news/180114/plt1801140005-n1.html
    a0002_002424

    【【自動車】スマホ「ながら運転」厳罰化へ 事故なくても懲役6月以下 】の続きを読む

    1: ◆mZB81pkM/el0 (茨城県) [DE] 2018/01/04(木) 22:52:18.78 ID:l9/mdfS50
    埼玉県は、山で遭難した人たちを県の防災ヘリコプターで救助した際にかかる費用を徴収する制度を全国の自治体で初めて今月1日から始めました。
    この制度は救助に危険が伴う山に限定したもので、県は、十分な準備をせずに遭難する事故を抑止するためのものだとして、注意を呼びかけています。

    埼玉県では山岳での遭難事故が去年は63件で、この10年で1.5倍に増加していて、十分な準備をせずに遭難する事故を抑止するため、山で遭難した人たちを県の防災ヘリコプターで救助した場合、燃料費に相当する手数料を徴収する制度を今月1日から始めました。

    徴収する金額は5分で5000円で、例えば救助に1時間かかった場合は6万円となります。

    対象は小鹿野町にある二子山や日高市の日和田山など、6つの山の埼玉県側にかかる頂上付近や岩場など、救助に危険が伴う山に限定しています。

    自治体の防災ヘリでの救助が有料化されるのは全国で初めてで、埼玉県は新たな制度の周知を進め、準備を十分に整えて登山するよう呼びかけています。
    埼玉県消防防災課の市川善一課長は「登山をする際は綿密に計画を立てて、天候が悪い場合はやめる勇気をもってほしい」と話しています。

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180104/k10011279041000.html
    no title

    【【埼玉県】「ヘリで救助するの有料にします。5分で5000円です」 】の続きを読む

    1:  ◆mZB81pkM/el0 (茨城県) [US] 2018/01/04(木) 09:29:32.17 ID:3zkzT9so0 
    沖縄県が観光収入を過大発表 基地の恩恵少なく見せ、反米に利用か

    沖縄県が県民経済計算の参考資料で、観光収入を過大計上していることが3日、分かった。異なる基準で計算して基地収入と比較し、結果的に「反基地」「脱基地」の県政に沿う形で、観光収入を大きく見せかけていた。
    県民経済計算は売上高などから経費を除いたいわゆる利益部分を公表するが、同県の観光収入は売上高をそのまま公表。
    統計上欠陥がある状態で米軍基地反対運動の材料にも利用されている。

    沖縄県は翁長雄志知事が講演や記者会見で、観光収入を引用して経済の基地依存の低下を強調し、「沖縄経済の最大の阻害要因は米軍基地」との主張を展開。
    地元2紙や基地反対派による「沖縄経済が基地に依存しているというのは誤り」とするキャンペーンや、運動の材料になっている。

    (詳しくはソース元でご確認ください)
    http://www.sankei.com/politics/news/180104/plt1801040003-n1.html
    沖縄県の米軍普天間飛行場(上)と沖縄美ら海水族館。沖縄県の経済は「基地」に依存し、「観光」にも支えられている
    no title



    【【反米】沖縄県、観光収入を過大発表していた 基地収入を少なく見せることで反基地に利用 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(神奈川県) [CN] 2018/01/03(水) 22:50:38.58 ID:eZoaS0+f0
    配水管詰まり修理、55万円請求…トラブル増加
    読売2018年01月01日 09時56分
    http://www.yomiuri.co.jp/national/20171231-OYT1T50011.html

     神戸市消費生活センターで、台所や風呂など水回りの工事に関する相談が増えている。

     2017年度上半期(4~9月)の件数は前年度同期比10・7%増の124件で、4年前(61件)の2倍を超えた。水漏れなどが生じた際に、慌てて業者を呼び高額の費用を請求されるケースが相次いでおり、同センターは「あらかじめ料金を確認するなど、慎重に契約を結んでほしい」と呼びかけている。

     同センターによると、突然の訪問による契約はクーリングオフが適用され、8日以内に書面を送れば契約を解除できるが、業者を呼んで修理を依頼した場合は適用外となるため注意が必要だ。

     センターへ寄せられた相談では、水回りの工事に関する件数だけでなく、契約金額(相談者からの聞き取りベース)の総額も、2380万円と前年度同期比で約1・5倍に増えた。

     目立つのが「作業料金3000円~」などと表示するマグネット広告や電話帳、ネット広告などを見て修理を依頼した場合、「簡単に直らない」と次々作業を勧められ、最終的に高額な料金を請求される例だ。

     60歳代の女性は、風呂の排水管が詰まったために電話で業者を呼んだところ、16万円で修理すると言われ、作業をしてもらった。ただ、作業後、「このままだと、また詰まる」と言われ、追加工事も含めて計55万円を示された。女性は見積書がないまま、その場で半額を請求され、27万円を支払ったという。

     この女性のケースでは、追加工事は最初の依頼と別契約のため、クーリングオフの適用対象となるが、同センターは「身近な水回りのトラブルは緊急を要するため、慌てることが多いが、複数業者の見積もりを比較するなど、慎重に契約を結んでほしい」としている。

     市は市管工事業協同組合に委託し、24時間年中無休で水回りの工事を受け付ける水道修繕受付センター(0120・記事電話番号はリンク先)を設置している。

    (詳しくはソース元でご確認ください)

    a1180_003483
    【【注意】水道トラブル55万 】の続きを読む

    このページのトップヘ