野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    健康の話題

    1:  2017/04/16(日) 15:34:29.35 ID:XC9VAI2B0 BE:837857943-PLT(16930) ポイント特典
    西川史子、不眠に悩む…180万円のベッド購入も「悪夢ばかり見る」

    女医でタレントの西川史子(46)が16日、TBS系「サンデー・ジャポン」(日曜・前9時54分)に生出演し、高級ベッドでの不眠を明かし、スタジオを笑わせた。

    「快眠グッズ」の話題を取り上げ、MCの「爆笑問題」田中裕二(52)から「最近、眠れていますか?」と振られた西川は、「180万(円)のベッド買ったのに全然眠れていない。悪夢ばかり見る。ナイフが刺さる夢」といい、首元にナイフを突き刺されている夢の様子を説明した。

    http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170416-OHT1T50069.html
    http://e-fccj.com/wp-content/uploads/2013/01/28ace39873fb86b1af43e1c2f57b136a.jpg

    【ふとん派はベッド派に負けを認めろよ (´・ω・`)】の続きを読む

    1: ばーど ★ 2017/04/17(月) 19:31:56.95 ID:CAP_USER9
    高齢者に多くの種類の薬が処方され、副作用で体調が悪化するケースが少なくないことから、厚生労働省は、薬の処方を適正化するためのガイドライン(指針)を策定する方針を固めた。

    医療ビッグデータを活用して全国規模で実態を分析し、副作用を招きやすい危ない薬の飲み合わせなどを調べる。17日夕、有識者検討会の初会合を開く。

    高齢者は薬を分解する機能が低下しており、副作用が出やすい。複数の持病を抱えることが多く、薬の種類が増えがちだ。高齢者が6種類以上の薬を併用すると、一層副作用が出やすくなり、転倒などを招く恐れが高まるというデータがある。

    医療機関からは副作用が原因で入院した高齢患者の報告が相次いでいるが、実態は明らかではない。

    配信 2017年04月17日 15時20分

    YOMIURI ONLINE 
    http://www.yomiuri.co.jp/national/20170417-OYT1T50045.html?from=ycont_top_txt

    【【医療】高齢者「多過ぎる薬」で副作用…防止へのガイドライン策定】の続きを読む

    1:  2017/04/19(水) 10:01:30.77
    心が折れそうな時は…トイレやデスクでできる「ずぼらヨガ」
    https://joshi-spa.jp/686475

    【お前らってつらい状況でも明るさを見いだせるの? (´・ω・`)】の続きを読む

    1: 2017/04/17(月) 10:11:18.94 
    http://news.livedoor.com/article/detail/12942401/

    お風呂には最高何日入らなくて平気? 「2週間」「ひとり暮らしで引きこもってた頃に5日」という人も

    4月中旬を迎え、汗ばむ季節となった。気象庁が発表した14日の17時時点の予報では、16日(日)には、東京の最高気温が25度になる見込みだ。

    暖かくなると気になるのがお風呂に入る頻度だ。キャリコネニュースでは3月に「お風呂に1週間入らない」という記事を掲載し、大きな反響を得た。お風呂に何日入らなくても平気なのか、ネットの書き込みを見てみた。

    「2日入らないだけでヤバいぞ……」「毎日入るでしょ、普通」

    「最長で10日。人に会わないし、引きこもってて」

    だが、ガールズちゃんねるに2015年4月に立ったスレッドでは、「2週間」をはじめ、入浴しない期間はもはや数日どころではないというツワモノも存在する。

    (詳しくはソース元で)
    【風呂って昔から3日に一回ぐらいだけど毎日入る奴とか本当に居るのけ? (´・ω・`)】の続きを読む

    1:2017/04/12(水) 14:12:06.75 
    男性のみなさんは今、頭皮に関するどんな悩みをお持ちだろうか。加齢とともに頭皮の悩みを抱える人は増えてくる。男性用スカルプケアブランド「アデノゲン」を展開する資生堂が昨年、国の20~40代の男性を対象に実施した「男性の頭皮マッサージに関する実態調査」によると、頭皮の悩みランキング1位は「抜け毛」だった。

    20代後半~40代の男性10,000人のうち、頭皮に関して最も気になるのは「抜け毛(30.4%)」だった。そのうち過去に手や器具で頭皮マッサージを行ったことがあると回答した人は55.3%と、半数以上が抜け毛対策として頭皮マッサージを取り入れたことがあることがわかった。一方、現在も頭皮マッサージをしている人は36.7%と減少し、頭皮マッサージを始めても、習慣化までできるのは一部の人のみであるという結果となった。

    (詳しくはソース元で)

    no title


    no title


    no title


    http://www.excite.co.jp/News/product/20170411/Dime_370288.html

    【【聞くなw】男性1万人に聞いた「頭皮の悩み」ランキング 1位はハゲ 2位頭皮のかゆみ】の続きを読む

    1:  2017/04/17(月) 17:25:31.18 ID:CAP_USER9
    フジテレビ系(FNN) 4/17(月) 16:08配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20170417-00000566-fnn-bus_all
    イワシなどに含まれる「ビタミンD」をとることで、インフルエンザなどの発症リスクが2割減ることがわかった。
    東京慈恵会医大などの国際共同研究グループが、世界11カ国、1万1,000人のデータを解析したところ、
    ビタミンDを摂取し続けた人は、摂取していない人に比べ、インフルエンザや肺炎など呼吸器の感染症を発症した人が、およそ2割少なかったという。
    ビタミンDは、日光に当たると、体内で作られるほか、イワシやサバ、サケなどに多く含まれている。
    東京慈恵会医大の浦島充佳教授は、ビタミンDが不足すると、免疫力の一部が低下することから、ビタミンDが、インフルエンザなどの予防につながると分析している。

    【【健康】「ビタミンD」摂取でインフル発症が2割減 イワシやサバ、サケなどに多く含まれる】の続きを読む

    1: 曙光 ★ 2017/04/14(金) 21:25:45.20 ID:CAP_USER9
    「歩数自慢」に意味はない

    60過ぎたら健康のため「一日一万歩」歩かなければと思い込み、一生懸命、毎日実践している人も多い。
    だが、『やってはいけないウォーキング』(SB新書)の著者で、東京都健康長寿医療センター研究所の青柳幸利氏は「それは大きな間違いだ」と語る。
    「私たちは、17年間、群馬県の中之条町に住む65歳以上の方、5000人を対象に調査し、その内500人には24時間活動量計をつけてもらい、モニタリングしてきました(現在も調査は続行中)。
    その結果、一日8000歩が健康効果の最大値で、それ以上は頭打ちになることが分かったのです。頑張って一万歩以上歩いたとしても、ほとんどすべての病気において効果が見られませんでした。
    それどころか60歳を過ぎてのウォーキングのし過ぎは、身体に弊害すらもたらすことが分かってきました」
    弊害の代表的なものが、膝や腰などの「関節痛」だ。高齢者の中には過度なウォーキングによって膝の軟骨が擦り減ってしまい、関節を痛め、人工関節手術を受けざるを得なくなった人もいるという。

    (詳しくはソース元で)

    http://gendai.ismedia.jp/articles/-/51423

    【Σ(゚Д゚) 運動するほど老化や認知症が進む!? 「1日1万歩」ウォーキングは危険】の続きを読む

    1: 2017/04/13(木) 18:13:12.40 ID:CAP_USER9
    アロエの消炎作用や頭皮改善効果により、発毛・育毛効果が期待されています。

    アロエの有効成分「アロイン」が発毛に効く?

    抜け毛の原因の一つとして、頭皮の炎症があります。医学的な根拠はまだないのですが、アロエに含まれる「アロイン」には炎症を抑える作用があるため、頭皮の炎症から起きる抜け毛についてアロエが効果を発揮してくれるといわれています。また、頭皮の余分な皮脂が毛根をふさいでしまい、発毛を妨げることも抜け毛・薄毛の原因といわれています。この点についても、アロエの持つ余分な皮脂の分泌を抑える働きが、育毛・発毛を助ける可能性があると考えられています。

    アロエには嬉しい美髪効果も!

    アロエの効果が期待されているのは、発毛・育毛だけではありません。加齢とともに増える髪の悩みには、白髪もあります。白髪は頭皮のメラニン色素が減少することで起こるといわれています。アロエに含まれるアミノ酸類は、頭皮の新陳代謝を活性化し、メラニン色素の合成を活発にするため、白髪の進行を遅らせる効果も期待されています。

    (詳しくはソース元で)

    ソース スキンケア大学
    https://woman.infoseek.co.jp/news/bodycare/skincareuniv_15474
    a0002_007275

    【【薄毛に朗報】アロエに発毛・育毛効果か】の続きを読む

    1: 曙光 ★ 2017/04/09(日) 16:51:45.54 ID:CAP_USER9
    オウムやインコなど鳥のふんを介して感染する「オウム病」に感染した妊婦が死亡していたことが9日までの厚生労働省への取材で分かった。オウム病は高齢者などで数年に一度、死亡例が報告されるが、妊婦の死亡例は初めてとみられる。厚労省は日本医師会を通じて、産婦人科医らに情報提供した。

     オウム病は人と動物が感染する人獣共通感染症の一つ。「クラミジア・シッタシ」という細菌に感染した鳥のふんなどを吸い込むことで人に感染する。鳥が感染しても症状が出ないことが多く、気がつかないうちに感染する恐れがある。
    1~2週間の潜伏期間の後、急な発熱や頭痛、せきなど風邪やインフルエンザに似た症状が出て、気管支炎や肺炎を発症。重症化して死亡することもある。厚労省によると、毎年数十人ほどの感染報告があるという。

    今回感染が確認された女性は、妊娠24週に発熱のため入院。意識障害などがみられ、その後死亡した。妊婦の感染症を研究する研究班が女性の死後、体内からオウム病の原因となる細菌を検出し、厚労省に報告した。

    (続きはソース元でご覧ください)
    http://www.sankei.com/life/news/170409/lif1704090032-n1.html

    【【感染症】鳥のふんなどを吸い込むことで感染する「オウム病」、妊婦で日本初の死亡例】の続きを読む

    このページのトップヘ