野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    健康の話題

    1:  2017/05/23(火) 15:39:46.58
    no title


    ストレスの増加でホルモンバランスが乱れやすい環境にある

    女性の社会進出の増加によって、昔よりも若い年代の方がストレスにさらされる頻度が増えています。
    また労働環境の面でも個人にかかる負担が重くなりがちであるということもあります。

    この点はまた別の問題になりますが、現在の日本の雇用制度では多めの人員を雇って効率的に事業を進めるよりも、少ない人員に止めて必要があれば残業させたり休日出勤させるなどの雇用の仕方の方が企業の負担が少ないからです。

    このようにして従業員個人の負担が持続的なストレスとなって、女性の場合は体内でホルモンのバランスが乱れてしまう原因となります。

    通常であれば女性ホルモンの作用によって女性は様々な悪影響から守られています。
    育毛の分野であれば女性ホルモンは抜け毛を抑制し豊かな毛髪を維持する効果があります。
    ストレスによってホルモンバランスが乱れて女性ホルモンの分泌が減ると、男性ホルモンが優位になって薄毛症状を呈することもあります。

    http://ikumouzai-ladies.com/hairtrouble/mukasi-ima.html

    【【笑えない】なぜ、ハゲで悩む女性が急増しているの?】の続きを読む

    1:  2017/05/22(月) 16:08:05.28 
    高齢者に多い帯状 疱疹ほうしん の患者が2015年以降、兵庫県内で増えていることがわかった。国の集計はないが、専門家は全国的な増加を懸念している。
    同じウイルスの感染による水ぼうそう患者が減少したことが、帯状疱疹が増えた一因との推測もある。


     同県皮膚科医会が、1987年から県内30弱の定点医療機関で調査を実施。サーベイランス担当委員長の倉本賢医師によると、2015年の患者は1定点1か月あたり12・56人だった。
    前年比1・41人増で、過去最大の伸び。16年も12・30人と多かった。

     一方、同じウイルスが原因で、子供に多い水ぼうそうは、14年10月に乳幼児への定期予防接種が始まって以降、患者が減少していた。

     水ぼうそうが減ると、帯状疱疹が増える傾向については、国立感染症研究所が厚生労働省の審議会小委員会に提出した資料でも指摘されている。
    感染症には、免疫を持つ人がウイルスにさらされ、さらに免疫が強くなる「追加免疫効果」がある。
    水ぼうそう患者が少なくなることでウイルスにさらされる機会が減り、追加免疫効果が得られなかった中高年に帯状疱疹が増えたとも考えられる。

     東京慈恵会医科大客員教授の本田まりこ医師は「米国には、水ぼうそうワクチンの接種率が上がり、帯状疱疹が増えたとの報告がある。日本でも患者が増える可能性がある」と懸念する。

     厚労省は昨年、50歳以上に対する帯状疱疹のワクチン接種を承認。定期接種化も検討中だ。患者の増加を防ぐため、本田医師は「中高年への予防接種を推進すべきだ」と話している。

      【 帯状疱疹 】  過去に水ぼうそうにかかった人の神経節に潜むウイルスが、加齢や疲労などで免疫力が低下した時に再活性化し発症する。
    通常はかゆみや痛みの後に発疹が出る。中高年に多く、80歳までに3人に1人が経験すると推定されている。

    帯状疱疹、増える恐れ…定点調査の兵庫で急増
    https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20170522-OYTET50030/

    【【注意】帯状疱疹にかかる人が急増中! 水ぼうそうの感染数が減ったことが原因か?】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。2017/05/19(金) 16:55:36.73 0
    一時間待って診察5分の医療費1000円。
    言われるがまま帰りのドラッグストアでライオンのオクトってのを買った。
    ネットの情報そのまま鵜呑みにしとけばよかっただけだった、行く意味なし。

    【頭からフケが大量に出るので皮膚科に行ったら市販のシャンプー勧められてそのまま帰らされた (´・ω・`)】の続きを読む

    1: らむちゃん ★ 2017/05/18(木) 21:24:06.96 ID:CAP_USER9
    ソース元、ロイター 5/18(木) 14:36
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170518-00000060-reut-int

    シカゴ 17日 ロイター] - 米国の研究チームが、週に57グラム以上のナッツを食べた結腸ガン経験者の再発率とガンによる死亡率が、食べなかった人よりはるかに低いとの研究結果を発表した。この量は、アーモンドなら48粒、カシューナッツなら36粒の量となる。

    研究は、ボストンのダナ・ハーバー・ガン研究所の博士らが実施。ステージ3(リンパ節まで拡散した段階)の結腸ガン患者826人に食事に関する質問に答えてもらった。全員が手術と化学療法を受けていたという。

    その結果、回答者の19%が週に57グラム以上のナッツを食べており、その全員が、食べていなかった人に比べて再発率が42%、死亡率は57%低かった。ナッツには、マメ科のピーナツとピーナツバターは含まれない。
    a1600_000045

    【【食と健康】ナッツ摂取でガンの再発と死亡率が大きく低下、米研究】の続きを読む

    1: あずささん ★ 2017/05/16(火) 17:16:22.89 ID:CAP_USER9
    新入生を迎え、小中学校や高校では学校健診の季節を迎えていますが、気がつくと、定番だった「座高測定」や「ぎょう虫検査」などが健康診断のメニューから姿を消しているようです。一体、何故なのでしょうか。

    座高測定・寄生虫卵検査が必須化したのは約60年前

    座高測定と、ぎゅう虫検査および検便による寄生虫卵検査は、学校の健康診断の内容などを定めた学校保健安全法施行規則が2014年4月の改正により、健診における「必須項目」から外れました。

    文科省によると、座高測定と寄生虫卵検査は1958(昭和33)年、当時の学校保健法(現在の学校保健安全法)の制定にともない、必須項目となりました。


    座高測定は戦前から。そもそも目的は……

    では、このうち、座高測定はどういった目的で導入されてきたのでしょうか。実は歴史は古く、戦前より内臓の発育を見るために行われてきたそうです。

    しかし、2013年に文科省が設置した「健康診断のあり方検討会」で議論の結果、「座高は発育の評価に有用な側面もあるものの、現状ではほとんど活用されていない」、「子どもの成長を評価する上では身長や体重の方がより重要」との指摘がありました。学校現場からも不要との声も多く、必須項目からの削除が決まったそうです。

    寄生虫は検出率が激減 55年前の約22%から近年は0.1%に
    no title


    同検討会では、寄生虫卵検査についても話し合われた結果、「衛生状態の良い現代に、学校で寄生虫卵の検査をする意義はかなり乏しい」、「寄生虫の検出率は極めて低く、ここ10年間、1%以下で推移している」などの指摘がありました。

    文科省による2014年度の学校保健統計調査では、寄生虫卵を保有する小学生が0.13%で、55年前の祖父母世代(1959年度同調査)の21.80%、30年前の父母世代(1984年度同調査)の3.36%に対し、大幅に減少したとの結果が出ています(グラフ)。学校現場からも不要ではないかとの声もあり、削除が決まりました。

    (\(全文はソース元でご覧ください)

    ソース/THE PAGE
    https://thepage.jp/detail/20170516-00000003-wordleaf

    【【健康診断】 座高測定、ぎょう虫検査 ─ おなじみの項目なぜ学校健診から消えた?】の続きを読む

    1: 精霊使い ★ 2017/05/15(月) 15:52:30.43 ID:CAP_USER9
    インフルエンザやノロウイルスなどのウイルス感染のリスクは、冬場だけでなく、一年を通じて身の回りに潜んでいる。靴メーカーとして知られるアキレスは、多くの人が触れる手すりやエレベーターのボタンに貼り付けることで、付着したウイルスの活動を素早く抑制するフィルムシートを開発した。あす16日に発売する。

    一般の消費者にとってはシューズメーカーとしてのイメージが強いが、ゴムやプラスチック素材の開発から防災救命製品までアキレスが専門とする製品の種類は広い。アキレスはマスクや感染防御用ガウンなどの医療分野で使われているNBCメッシュテック社のウイルス細菌抑制技術を採用したフィルム製品「アキレス ウイルセーフ」を開発。

    抗ウイルス効果を試すテストでは、フィルムの表面にインフルエンザやノロウイルスなどが付着した15分後、ウイルスの活動が99.9%低減できることが確認された。人体に触れても安全な原材料を使っているため、乳幼児の保育施設や医療機関などの手すりやトイレットペーパーホルダー、エレベーターのボタンなどに貼り付けて使うことが推奨される。

    フィルムの剥離紙には10ミリ四方でガイドラインが印刷されていて、貼りたいものに合わせてカットして使えるうえ、一度貼った後でも剥がして再び貼ることができる。完全受注生産で1平方メートルあたり5600円(上代)の希望小売価格で販売される予定。

    (詳しくはソース元でご覧ください)

    no title

    http://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/2/0/20175.html

    【【新発売】貼るだけでウイルス活動を99%抑制できるフィルム アキレスが開発】の続きを読む

    1:  2017/05/10(水) 17:25:27.22 ID:CAP_USER
     ひと頃の勢いはなくなったとはいえ、いまも銀座や秋葉原では買い物をする多くの中国人観光客の姿を見かける。今、彼らの間でブームになっているのが、「日本の漢方薬」だ。

    top_img01 なかでも、〈長年悩まされてきた問題が日本によって解決された〉と中国メディアが賛辞を贈っていて中国人がこぞって買っているのが、「タバコや排気ガスなどによる気管支の炎症を改善」「せき・たんをやわらげる」作用を持つ漢方薬、小林製薬『清肺湯ダスモック』だ。

     桔梗や陳皮など16種類の生薬が含まれ、「有効成分がなるべく多く抽出できるように、エキス製造工程を工夫しました」(公式HPより)という。

     なぜ中国でダスモックが注目されているのか。別の中国メディアが「日本の漢方薬がPM2.5対策になる!? 中国人の新たな爆買い対象に」と紹介しているように、大気汚染による健康被害が深刻な問題となっている中国で、新たな救世主として扱われているのが理由だ。小林製薬はダスモックの効能に「PM2.5に効く」とは一切謳っていないが……。

     本当にそんなに売れているのか。新宿と上野のドラッグストア前で、中国人観光客に話を聞いた。

    「中国にも『PM2.5に効く』という中医薬(漢方薬)がありますが、効果のほどはよくわかりません。でも、『ダスモックは効く』とよく聞いていて、友人や親戚からお土産に頼まれました」(上海市の40代男性)

    「ダスモックがPM2.5に効く」というのはどこで得た情報かを聞いてみると、ネットメディアやSNSで“神薬”として紹介されていたからだと皆が口をそろえる。

    「ダスモックはすごく売れていますね。今では月に100個以上は売れます。以前は(大気汚染が深刻な)北京から来た人が買っていくケースが多かったですが、いまは地域に関係なく買っていかれます」(新宿のドラッグストア店員)

     この店では店頭に、中国語で大気汚染対策を謳ったポップとともにダスモックが陳列されていた。小林製薬も、効能を謳っていない「PM2.5」を理由に売れていることに驚きを隠さない。

    「『ダスモック』がインバウンド需要で売れているという話は把握しています。2015年頃から売り上げが伸び、2016年の前年比売り上げは約140%になりました」(同社広報総務部)

    (詳しくはソース元でご覧ください)

    https://www.news-postseven.com/archives/20170510_530340.html
    https://www.news-postseven.com/archives/20170510_530340.html?PAGE=2
    2017.05/10.11:00

    【【小林製薬】日本の漢方薬「PM2.5に効く」と中国人観光客の間でブーム】の続きを読む

    1:  2017/05/01(月) 16:51:41.26 ID:CAP_USER9
    images耳鳴り、聴神経の機能低下一因か
    客観的診断に期待

     多くの人が悩まされている慢性的で不快な耳鳴り。
     自然科学研究機構生理学研究所(愛知県岡崎市)などの研究チームは、患者の脳活動を調べ、必要な音を聞き分ける聴神経の機能低下が一因とみられるとの研究結果を明らかにした。

     耳鳴りの患者は国内に約2千万人いると考えられているが、多くの場合、耳鳴りがしているかどうかは、本人の訴えによって知るしかないという。
     チームは「耳鳴りの客観的な診断法や、治療法の開発につながる」と期待している。

    共同通信 2017/5/1 16:46
    https://this.kiji.is/231683250463442422

    【【医学】耳鳴り、必要な音を聞き分ける聴神経の機能低下一因か…患者2千万人?客観的診断に期待 生理研など 】の続きを読む

    1: みつを ★ 2017/05/05(金) 02:51:09.83 ID:CAP_USER9
    http://www.cnn.co.jp/m/fringe/35100706.html

    (CNN) 1日おきに摂取カロリーを厳しく制限するダイエットと、通常のカロリー制限による減量の効果を比較した研究の結果がこのほど発表された。

    「1日おき断食」は、摂取カロリーの標準値を大きく下回る日と上回る日を交互に設けるダイエット。米国や英国で近年、注目を集めている。

    米イリノイ大学の栄養学者、クリスタ・バラディ教授らが2011~15年、肥満状態の成人100人を無作為に「1日おき断食」「通常のカロリー制限」「制限なし」の3グループに分け、1年間観察を続ける研究を実施。その結果を米医師会が発行する専門誌「JAMA内科学」の最新号に発表した。

    米政府の食生活指針によると、1日に摂取するべきカロリーは活動レベルによって幅があるものの、男性が2000~3000キロカロリー、女性が1600~2400キロカロリーとされている。

    研究では、「通常制限」グループが毎日の摂取量をその約75%に抑えたのに対し、「1日おき」グループは約25%しか摂取しない日と、約125%まで摂取できる日を交互に設けた。

    最初の3カ月間は食事を提供し、残る9カ月間は各自で制限を続けるよう指導。1年を通して、カロリーの目安や栄養成分表示の見方に関する相談にも乗った。

    1年後の体重の変化を調べたところ、「1日おき」グループは平均6%、「通常制限」グループは平均5.3%の減量効果がみられた。

    「どちらの方法にもほぼ同じ効果があることが分かった」と、バラディ教授は指摘する。

    ただ、参加者のうち途中で挫折した人の割合は「1日おき」グループが38%と、「通常制限」グループの29%を大幅に上回った。研究チームのメンバーは「どうすれば続けられるかというのはダイエットの最大のポイント。当初は1日おきのほうが簡単にできるのではないかと予想していたが、この挫折率には要注意だ」と語った。

    バラディ教授は今後、さまざまなダイエット法をさらに長期にわたって追跡する研究も実施したい構え。「1日おきか、通常制限かを対象者に選ばせるようにすると、結果が変わってくるかもしれない」との見方を示す。

    同教授は「万人に最適のダイエット法などない」と強調。「1日おき断食」は、2時間ごとに何か食べなければ気が済まないタイプの人には向かない可能性が高いと指摘する。

    また、糖尿病のような持病がある人にとって断食は危険な場合があるとして、食生活を大きく変える時はまず医師に相談するよう呼び掛けている。

    (詳しくはソース元でご覧ください)

    2017.05.04 Thu posted at 19:05 JS

    【【米研究】流行の「1日おき断食」ダイエット、効果を検証 】の続きを読む

    このページのトップヘ