野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    芸能スポーツの話題

    1:  2016/10/02(日) 17:06:17.86 ID:CAP_USER9
    スポーツ報知 10月2日 15時14分配信

     9月28日に女優の藤原紀香(45)と披露宴を行ったばかりの歌舞伎俳優・片岡愛之助
    (44)が2日、自身のブログを更新。披露宴の引き出物で注目を集めた水素発生器
    「マルーン」について、一部で報道された「在庫整理」を否定した。

     「引き出物」のタイトルでブログを更新した愛之助は「マルーン 水素グッズは家で
    いろいろ使っていますが、このマルーンは、簡単操作なので僕でも使えて、毎日お風呂に入れて
    水素入浴を楽しんでいます」と絵文字付きでつづり、
    「妻は、野菜やお米を洗うときに台所でこれを愛用しています!!!!農薬を除去できる!?!?!?
    と聞いて驚きました」と自宅で愛用する様子を語った。

     続けて「小型サイズなので、巡業や地方のロケなどにも持って行けて重宝するので、
    ご招待した皆様にも喜んでいただけると思い、思いきって、、、引き出物に選んだ次第で
    御座います」とし、「また一部の報道で、マルーンが売れてないから在庫整理で調達した・・・・
    などの心無い報道もあるようですが、本当に悲しいことだなあと」と泣き顔の絵文字を使って、
    残念な気持ちを表現した。

     「これは元からとても売れているものだと聞いていますし、皆様にもお配りしたものは、
    今回の披露宴のためにアイデア凝らし、オリジナルで作製したものです」と、
    “在庫整理”疑惑を強く否定した。

     さらに、マルーンを桐箱に入れ、熨斗(のし)をかけている写真をアップし、
    「水引は日本の水引き職人さんに松でオーダーして、ひとつひとつ手作りしてもらいました」
    「中には自分たちが毛筆で、書いたメッセージに手作りの落款を入れて、マルーン本体の色は
    松嶋屋の松の緑ですし、文字は、定式幕の3色にして、家紋も入れてもらうという
    どこにもないオリジナルのマルーンです」とそのこだわりを熱くつづった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161002-00000128-sph-ent

    【愛之助、引き出物の「水素発生器」は在庫整理じゃない】の続きを読む

    1: 2016/10/01(土) 07:38:10.31 
     ロックバンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音(27)との交際が発覚した
    タレント・ほのかりん(19)が、レギュラー出演中のNHK・Eテレ「Rの法則」の
    今後の出演を見合わせることが30日決まった。NHKによると、この日、ほのかの事務所側と
    協議。復帰のめどは定めていないという。

     また、出演予定だった舞台「Luna Rossa」(13~18日)も降板することが、
    舞台を主催するアリー・エンターテイメントのホームページ上で発表された。ほのかは
    週刊誌に未成年飲酒を報じられていた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161001-00000001-spnannex-ent

    【【ゲスの極み】川谷絵音と交際発覚した19歳タレント、TV出演&舞台、降板】の続きを読む

    1:  2016/09/28(水) 19:51:28.60 
    no title27日に大阪市天王寺区の路上で乗用車にはねられ、65歳で亡くなったお笑い芸人・テント
    (本名・三浦得生=とくお)さん(享年65)の師匠だった元タレント・上岡龍太郎さん(74)が
    28日夕、大阪府内の自宅前に姿を見せた。

     待ち構えた報道陣がコメントを求めたが「いろいろ思いがあり過ぎます」と沈痛な表情。
    「立ち話で話すのは、僕にはもったいないぐらい。明日、通夜があるので、そこでお話ししま
    す」と語り、29日に営まれるとみられる通夜で、取材に応じる考えを明かした。

     テントさんは1970年に腹話術師の川上のぼるさん(故人)の門下に入り、71年に大阪・
    新世界で初舞台。81年に上岡さんに弟子入りし、実家がテント商を営んでいたことから
    「テント」と命名された。上岡さんは芸能生活40周年を迎えた2000年4月に芸能界を引退。
    生前に親交のあった漫才師・喜味こいしさん、落語家・桂米朝さんらの葬儀に参列すること
    はあったが、公の場にはほとんど姿を見せていない。

    http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160928-OHT1T50129.html
    http://www.hochi.co.jp/photo/20160928/20160928-OHT1I50086-L.jpg

    【上岡龍太郎さん、弟子の死で公の場に姿を現す】の続きを読む

    1: 2016/09/28(水) 01:14:50.08 
    一世を風靡しながらも“あの人は今?”状態になる一発屋芸能人は後を立ちません。一方、消えることはなくても、気が付くと全盛期の勢いはなくなっている、
    なんて芸能人もいますよね。

    そこで今回『VenusTap』では、男女500名に「正直、全盛期は過ぎたと思う芸能人は?」というアンケート調査を実施。気になる結果を
    ランキング形式でご紹介します。

    ■話題になるのは離婚騒動と劣化……1位浜崎あゆみ
    <全盛期は過ぎたと思う芸能人ランキング>

    1位・・・浜崎あゆみ(72票)

    2位・・・AKB48(54票)

    3位・・・木村拓哉(53票)

    同率4位・・・ダウンタウン(31票)

    同率4位・・・ローラ(31票)

    ■1位はかつて大ヒット曲『Vogue』で、“美しく咲き誇ったら、あとは静かに散ってゆくだけ……”という意味にもとれる歌詞を歌っていた浜崎あゆみ。

    ■2位は、本来の“秋葉原のアイドル”に戻りつつあるAKB48
    大ヒット曲『ヘビーローテーション』が大流行した2010年前後は、まさに国民的人気アイドルと言っても過言ではなかったAKB48。

    ■SMAP解散後は脇に回れるのか? 3位は木村拓哉

    かつては、“抱かれたい男ランキング”の1位を獲得しまくっていたイケメンの代名詞のような“キムタク”こと木村拓哉。

    国民的アイドルグループ・SMAPの中でも、顔よし・歌よし・ドラマ主演は高視聴率とナンバーワン人気を誇っていました。

    http://www.news-postseven.com/archives/20160927_452304.html

    【「全盛期は過ぎたと思う芸能人」オワコン1位は】の続きを読む

    1:  2016/09/28(水) 05:33:03.25 
    http://www.gizmodo.jp/images/2016/09/160915jurassic_park_top.jpg

    ミスリードってほどじゃないけど気になる…。

    no title原題と比べて邦題がとんでもない映画はよくありますが、原題すら映画の内容と食い違っていたり、語呂が良かったからそのタイトルになったという映画も多々あります。

    今回は、海外の映画やテレビをとりあげているサイトLooperが選んだ、そんな「実はタイトルが大嘘な映画」を16作品、お届けします。

    「ローン・レンジャー」(2013)
    ローンじゃない。常に相棒がいる。

    「88ミニッツ」(2007)
    実際は108ミニッツ。

    「ファーゴ」(1996)
    タイトルとなったノースダコタ州のファーゴが出てくるのは一部で、大部分はミネソタ州。

    「ラスト・エクソシズム」(2010)
    ラストじゃない。続編まで作られてるし…。

    「This Film is Not Yet Rated」(2006)
    タイトルを直訳するなら「この映画、未審査につき」というような感じ。ところがこの映画、全て審査済みである。

    「ハピネス」(1998)
    これがハピネスなら、かなり皮肉。

    「バットマン フォーエヴァー」(1995)
    全然フォーエバーじゃない。しかも、そのあとのシリーズが傑作。

    「13日の金曜日 完結編」(1984)
    完結していない。

    「クリーチャーズ 異次元からの侵略者」(2012)
    原題は「JOHN DIES AT THE END(ジョンは最後に死ぬ)」。ジョン、途中で死亡。

    「ベスト・キッド」(2010)
    原題は「ザ・カラテ・キッド」。 しかしやっているのは、カラテじゃなくてカンフー。

    http://www.gizmodo.jp/2016/09/movie-titles-lying.html

    【実はタイトルが大嘘な映画16選】の続きを読む

    1:  2016/09/24(土) 05:52:53.38 
    そこで今回は、パピマミ読者の皆さんに「過去にイラッとした謝罪会見」について聞いてみました!

    ●イラッとした謝罪会見は?

    ・1位:舛添要一……29%(84人)
    ・2位:野々村竜太郎元議員……22%(65人)
    ・3位:ベッキー……19%(54人)
    ・4位:小保方晴子……6%(17人)
    ・5位:ファンキー加藤……6%(16人)
    ・6位:中村橋之助……5%(14人)
    ・7位:蓮舫……4%(12人)
    ・8位:宮崎謙介元議員……3%(8人)
    ・同率9位:三遊亭円楽……2%(7人)
    ・同率9位:高畑淳子……2%(7人)

    >>11位以下は省略
    ※有効回答者数:290人/集計期間:2016年9月20日?2016年9月21日(パピマミ調べ)

    ●1位:舛添要一
    『これはダントツで舛添。あんだけ不正の証拠が揃っていながら、まともに謝罪せずに言い訳ばっかでめちゃめちゃ腹が立った』(30代男性/営業)

    http://news.ameba.jp/20160923-842/

    【イラッとした有名人の謝罪会見 TOP10】の続きを読む

    1: 2016/09/20(火) 12:05:22.00 
    宿泊していた群馬県前橋市内のビジネスホテルの女性従業員に対する強姦致傷容疑で8月23日に逮捕され、女性と示談が成立して不起訴になり9月9日に釈放された、
    女優の高畑淳子の息子・高畑裕太の現状と今後について、発売中の「女性自身」(光文社)と「週刊女性」(主婦と生活社)がそれぞれ報じている。

    裕太は同県前橋署から保釈後、そのまま車で埼玉県内の心療内科の専門病院に入院。
    入院初日、高畑が布団を運び入れ、釈放された息子と同じ病室に泊まり込んだことが報じられていた。
    「女性自身」によると、その病院は病室でなくゲストルームと呼ぶが、全60室がすべて完全個室。

    診察時には、ほかの患者といっさい顔を合わせることがなく、診察室に行けるにもかかわらず、費用は良心的。
    同じグループの病院が儲かっているため、赤字でも構わないという経営方針で、入院は紹介制のみ。
    日本中を探しても同じような好環境の病院はないという。

    「まったく報道陣を寄せ付けない雰囲気で、院内にはコンシェルジュがおり、見知らぬ顔を発見するとすぐに駆け寄ってくる。
    裕太の様子を取材しようと思ってもお手上げ」(週刊誌記者)

    一方、「週刊女性」によると、裕太が晴れて無罪放免となったため、高畑は裕太の芸能界復帰を強く望んでいるというのだ。
    最終的には、自分が所属している青年座で仕事をさせようと考えているそうで、その前に、騒動を起こしたこと、
    スポンサーやテレビ、映画の関係者に迷惑をかけたことに対して反省している姿勢を見せるため、
    受け入れてくれる禅寺を探したり、四国八十八か所巡りなども考えているというのだが…。

    「一部報道で、示談交渉の背後に暴力団関係者が絡んでいることがすっぱ抜かれてしまった。
    そのため、裕太を起用したところに、その関係者からのクレームが入ることが危惧されるので、
    そういうリスクを犯してまで仕事で使うところはないだろう。もはや芸能界復帰は絶望的」(芸能記者)

    高畑の“親バカ”ぶりにはつける薬がなさそうだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1198828/
    2016.09.20 11:30 リアルライブ

    【風向きが変わって芸能界復帰が絶望的になった高畑裕太】の続きを読む

    1:  2016/09/18(日) 11:19:16.65 
    一時“干されていた”説があると聞いて意外に感じる芸能人ランキング

    >>30代男女200人に聞きました。(複数回答)

    8位 石田純一 8.0%

    7位 倖田來未 9.0%

    6位 のん(能年玲奈) 11.5%

    5位 板尾創路 17.5%

    4位 郷ひろみ 18.0%

    ◆3位 爆笑問題 18.0%
    1990年、太田プロから一方的に独立したということで怒りを買い、2~3年間ほとんど仕事がなくなったことは有名な話。

    ◆2位 水野美紀 21.0%
    2005年、大手芸能事務所から独立したことがきっかけで、各メディアが水野美紀の起用に足踏み。

    ◆1位 内村光良 28.0%
    干された理由は諸説ありますが、2002年頃、当時既婚者であった徳永有美との不倫がスクープされたのが大きな要因と言われています。

    http://www.excite.co.jp/News/woman_clm/20160918/Joshispa_20160918_00583911.html

    【あの有名芸人も…“干された期”から、復活した意外な芸能人】の続きを読む

    1:  2016/09/18(日) 06:03:39.24 
    ■「LOVE注入」で一世を風靡した楽しんごが1位

    <最近見ないけどその後が気になる男性芸能人ランキング5>

    1位・・・楽しんご(65票)

    2位・・・せんだみつお(45票)

    3位・・・松方弘樹(43票)

    4位・・・加勢大周(41票)

    5位・・・高島忠夫(40票)

    1位は芸人の楽しんご。
    芸能活動はしているようで、地域の花火大会や祭りにMCとして参加していたり、出張マッサージやセミナーなど整体師の仕事も続けたりしているようです。

    「ナハナハッ」が大流行! せんだみつおが2位
    ちゃんと生きて活躍されています。現在は主にイベントの司会者として全国を飛び回っているとのこと。

    いまは何処へ……“昭和の大スター”松方弘樹が3位
    現在、抗がん剤の投薬治療をしながら自宅療養中とのことです。

    http://venustap.jp/archives/1765269

    【今、何してるか気になる芸能人】の続きを読む

    1:  2016/09/15(木) 17:08:30.22
    2016年09月15日 12時14分 マイナビニュース

    『週刊文春』が新たな不倫スクープを予告「日曜日の人気番組に出ている人」

    写真提供:マイナビニュース

    週刊誌『週刊文春』が、15日に放送されたフジテレビ系情報番組『ノンストップ!』(毎週月~金9:50~11:25)を通じ、新たな「下半期の不倫スクープ」を予告した。

    歌舞伎俳優・中村橋之助(51)と30代の芸妓の不倫疑惑を報じた同誌(15日発売)。今年6月30日に放送された同番組で取材に応じ、マークしている人物として名前こそ明かさなかったが「歌舞伎俳優」と予告していた。

    ただし、橋之助の密会は8月。予告していた人物が橋之助だったのかを同番組が編集部に確認したところ、「肯定も否定もしなかった」という。今後、別の歌舞伎俳優のスクープが報じられる可能性もある。

    そこで同番組は、さらなる追加予告をリクエスト。同誌は、今回も名前を伏せ「日曜日の人気番組に出ている人」と年内注目すべき人物のヒントを明かした。司会の設楽統から「誰ですか?」と求められた博多大吉は苦し紛れに「ノリスケじゃないですかね?」と答え、スタジオの笑いを誘っていた。

    https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12158-20160915064/

    【週刊文春が新たな不倫スクープを予告「日曜日の人気番組に出ている人」】の続きを読む

    このページのトップヘ