野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    ITニュース

    1: 名無しさん@涙目です。(北海道) [EU] 2018/10/23(火) 13:37:19.29 ID:Yn+NvKgH0 
     ASRockから、Z390チップセットを搭載するゲーマー向けマザーボード「Phantom Gaming」シリーズのハイエンドモデル「Z390 Phantom Gaming 9」と「Z390 Phantom Gaming 6」が発売された。

     従来「Fatal1ty Gaming」シリーズで展開していたASRock製マザーボードのゲーマー向けモデル。
    Realtek製コントローラーによる2.5ギガビットLANやデジタル12電源フェーズ設計、高耐久「PCI-E Steel Slot」、Creative Sound Blasterなどを備える。

    no title


    http://ascii.jp/elem/000/001/760/1760529/

    【もしも「ファザーボード」って基板があったらどんな感じだろう? 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(大阪府) [US] 2018/10/17(水) 16:38:52.62 ID:j8fMaij10
    ドコモが4Gケータイとして世界最薄・最軽量をうたう「カードケータイ」を発表しました。価格は実質1万円(税込)で、11月下旬発売予定。

    「カードケータイは」、薄さ5.3mm・重さ47gという、携帯電話としては異次元のコンパクトさが特徴。実機に触ってみると、厚みはそこそこあるものの、縦横の大きさは名刺とほぼ同じで、ポケットやカードケース、手帳などにもすっと収まります。

    ディスプレイはE-Inkで、2.8インチの600 x 480解像度。タッチ入力に対応するものの、E-Inkのため応答速度は液晶などに大きく劣ります。フロントライトは非搭載のため、暗闇では光源が別途必要です。

    機能的にも妥協はありません。高音質な通話が楽しめる「VoLTE」に対応するほか、「SMS」や「Wi-Fiテザリング」、「WEBブラウジング」にも対応。また、フリック入力にも対応し、SMSやWEBブラウジング中にもサクッと文字入力できます。連続通話時間は2時間です。

    特筆すべきはその価格でしょうか。税込実質1万円で、フィーチャーフォンと同じ料金プランが利用可能。メインスマホとは別の、サブケータイとしての需要は大きそうです。

    (続きはソース元でご確認ください)
    no title


    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15457020/

    【【携帯】名刺サイズ「カードケータイ」をドコモが発表、画面は電子ペーパーを採用 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(東日本) [US] 2018/10/04(木) 13:55:56.05 ID:pYCt2wH+0 
    1. メールをセンター問い合わせ
    メールの返事が遅いと何度もメールセンターに「新着メールの問い合わせ」をしていたものです。

    2. メールの件名に「Re:」が増えていく
    やり取りが続くほど「Re: Re: Re: Re: Re: Re:」と「Re:」が増え、仲の良い人とのやり取りは件名がカオス状態になったものです。

    3. ガラケーをデコる、電池パックの裏にプリクラ
    ガラケーの外側に直接シールやスワロフスキーなどを貼り付け、オリジナルでデコレーションするのが女子の間で大流行。

    4. 着メロへのこだわり
    携帯電話が普及し始めた頃は着メロを自作するのが当たり前でした。手打ちで楽譜を入力していくようなイメージで、
    自作着メロのための本も出ていたくらいです。

    5. 赤外線でのアドレス交換
    メールアドレスを交換する時は赤外線機能を使っていました。本体についている赤外線通信の装置を近づけ合い、データの送受信を行うのです。

    6. パカパカが折れる
    ガラケーといえばパカパカと呼ばれる折りたたみタイプのイメージが強い人も多いでしょう。親指でパカっと開いたり閉じたりを繰り返すクセがあった人もいたはず。
    たまに開いたままのガラケーを踏みつけてしまったり、恋人とケンカしてガラケーを逆方向に折られてしまったりする人がいました。

    7. 頻繁にメアドを変える人がいた

    8. アンテナを伸ばして振る
    初期のガラケーにはアンテナがあり、電波が悪い時にはアンテナを立てて振って電波を探していました。

    9. チェーンメールが回ってくる
    ガラケー時代は頻繁にチェーンメールが送られてきました。「このメールを見たら不幸になります」という不幸の手紙のようなものも多かったですが、
    特に流行ったのは当時の人気テレビ番組『学校へ行こう!』の企画を謳って転送を煽る内容のもの。

    10. 知らない人とメル友になれた
    昨今では婚活サイトや婚活アプリなどを使って出会ったことのない異性とのメッセージのやり取りをする人が多いですが、ガラケー時代は適当なメールアドレスや電話番号にメールを送り、そのままメール交換を楽しむメル友の関係になることが行われていました。

    (続きはソース元でご確認ください)

    http://news.livedoor.com/article/detail/15391625/
    a0001_003116

    【ガラケーの思い出 (`・ω・´) 】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2018/09/16(日) 23:05:27.15 ID:CAP_USER
    市場予測会社のTrendForceは、IntelのCPU出荷量が需要に対して十分ではなく、ノートPCにおけるCPU不足を引き起こしており、その結果、2018年のノートPCの出荷台数が前年比0.2%減のマイナス成長となるとの予測結果を発表した。

    Intelは、8月末に発表した第8世代CoreプロセッサのUシリーズ(開発コードネーム:Whiskey Lake)の量産出荷を、ノートPC市場が繁忙期を迎える2018年第3四半期に開始するとしていたが、PCメーカーの多くが、Whiskey Lakeの供給不足から、調達が難しくなっているほか、先行して供給がなされているCoffee Lake(開発コードネーム)も不足気味となっており、2018年下半期の出荷計画を見直す必要に迫られているという。

    (続きはソース元でご確認ください)
    https://news.mynavi.jp/article/20180914-693195/
    a0002_002880

    【【Intel】CPUの供給不足によりメモリ価格が下落する可能性が浮上 】の続きを読む

    1: アーモンドクッキー ★ 2018/08/28(火) 20:57:33.48 ID:CAP_USER9
    Appleが創業最初期に製造・販売したコンピューターである「Apple I」の動作品が、2018年9月に行われるオークションに出品されることが明らかになりました。
    Apple Iの動作品はしばしばオークションに登場することがありますが、2012年のオークション時は63万ドル(約7000万円)もの高値で落札されており、今回もかなりの高額になることが予想されています。

    (詳しくはソース元でご確認ください)
    https://gigazine.net/news/20180828-historic-apple-1-auction/

    オークションに登場した「Apple I」
    no title

    【【海外】最初期のコンピューター「Apple I」がオークションに登場、予想落札価格は3000万円以上 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(空) [US] 2018/08/18(土) 08:14:44.18 ID:G3ZQXdzQ0
    増やせば増やすほど音質向上! iFi audioの電源エンハンサー「iPurifier AC」を複数使った効果を試す

    https://www.phileweb.com/sp/review/article/201808/17/3131.html

    昨年iFi audioから登場したアクティブ電源ノイズキャンセラー「iPurifier AC」。コンセントや電源タップの空き口に差し込むだけの手軽な使用感ながら音質にもたらす効果は絶大で、発売より大きな注目を集めている。
    今回は、その手頃な価格設定から簡単に行うことができる複数での導入についての効果を検証。岩井 喬氏に解説いただいた。


    iFi audioのアクティブ電源ノイズキャンセラー「iPurifier AC」(¥16,000/税別)。今回は、導入する数によって音質にどのような変化が見られるか検証した。no title



    i(詳しくはソース元でご確認ください)
    no title

    【【音質】電源プラグに挿すだけ!超ハイコストパフォーマンス簡単導入!増やせば増やすほど音質向上!】の続きを読む

    1: ニライカナイφ ★ 2018/06/06(水) 21:52:12.72 ID:CAP_USER9
    ◆「フリック入力」はもう古い? 「音声入力」派がじわり

    「Google Home」や「Amazon Echo」、「Clova WAVE」など、AIスピーカーを利用する人が増えてきている昨今。話しかけるだけで音楽を再生したり、家電を操作したり、情報を検索したりできるAIスピーカーはとても便利だが、日常生活のなかでも徐々に音声入力を取り入れる人が増えてきているようだ。

    実際、音声入力の精度は上がってきているようで、Twitterには、“出来心でGoogle音声入力使ってみたんだけど、精度高すぎてビビった(笑)”“知らん間に音声入力の精度が格段にアップしててビビった。 一昔前は誤変換だらけでまともに使い物にならなかったのに。”と、以前の音声入力からの進化に驚くユーザーが散見される。

    また、入力方法には音声以外にも多くの人が慣れ親しんでいるであろうタイピングやフリック入力などもあるが、“少なくとも僕がフリック入力するよりは音声入力した方が入力が速いと言うことはわかった。”“やっぱり音声入力便利だわあー。おっさんのフリック入力より、はるかに速い。”
    “フリック入力面倒だなぁ。フリック入力<タイピング<音声入力の順番で速いし簡単。”
    “音声入力に慣れるとフリック入力すら疲れてくるな”と、「慣れてしまえば音声入力が断然ラク」との声も多く見受けられる。

    街中で「何かブツブツ話している人がいる」と思ったら、音声入力だった…という経験も増えてきた感があるが、それだけ音声入力が浸透しているということなのかもしれない。
    少し前までは、フリック入力ができる・できないと話題になることがあったが、「昔はフリック入力っていうのをしてたんだって~~」という時代も、そう遠くない?

    (詳しくはソース元でご確認ください)
    http://www.standby-media.jp/case-file/173445

    a0002_004980

    【【スマホ】「フリック入力」はもう古い?「音声入力」派がじわり 】の続きを読む

    1: ばーど ★ 2018/04/30(月) 19:56:25.18 ID:CAP_USER9
    スマートフォンなどIT(情報技術)機器の長時間利用で目の疲れや頭痛、不眠などが起きる「IT眼症」が問題になっている。

     小中学生がなるケースも多く、専門家はスマホなどの適切な利用を呼びかけている。(岩浅憲史)
    .
    ■「ブルーライト」発する液晶画面、至近距離で凝視すると…

     東京都内の小学5年男児(10)は帰宅後、目から20センチほどの至近距離でスマホを持って友人とオンラインゲームを楽しむ。2時間近く熱中することもある。男児の母親(44)は「学校の授業でもタブレット端末を使う。目を酷使して健康に影響がないか心配」と話す。

     兵庫県姫路市のツカザキ病院小児眼科外来では最近、目の疲れや痛みを訴える小中学生らが増えている。同病院の小児眼科医で、川崎医療福祉大名誉教授の田淵昭雄さんによると、大半がスマホや携帯ゲーム機などの長時間使用によるIT眼症だという。

     IT眼症とは、至近距離でIT機器の明るい液晶画面を長時間凝視することで、目の疲れや頭痛、首や肩のこり、不眠などの症状が出ること。イライラなど心身のストレスを抱えることもある。

     IT機器の画面の光源はLEDが主流で、目を刺激する「ブルーライト(青色光)」を発している。画面との距離が近いほど、夜間や暗い場所ほど影響が大きいとされる。
    .
    ■幅広い世代で深刻化

     小中学生や高校生のインターネットの利用率は年々増加傾向にある。内閣府が2月に発表したネット利用環境の調査では、平日の1日に5時間以上利用する小学生は5・1%、中学生11・6%、高校生は26・1%だった。

    (全文はソース元でご覧ください) 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180430-00010000-yomidr-sctch&p=1
    a0002_005914

    【【注意】長時間スマホで「IT眼症」…目の疲れ・頭痛・不眠、小中学生も多く】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(禿) [US] 2018/05/04(金) 17:25:30.68 ID:q/aGhk1q0 
    Win10の4月末更新でChromeがフリーズする不具合、5月8日の更新で対応。MSは一時対処法も紹介

    マイクロソフトが4月末にリリースした、Windows 10の大型アップデート『Windows 10 April 2018 Update』。今回同社が、アップデート後にGoogle Chromeや音声アシスタントCortanaなど、特定のアプリケーションを使用している際に、一部の端末がフリーズないしハングアップする問題を認識していると明らかにしました。

    この問題の対応は、5月8日(米国時間)に予定している次期アップデートで解消すべく、取り組んでいるとのこと。また、現時点で端末がフリーズした場合に、再起動することなくWindowsを復旧する手順を公開。『Win+Ctrl+Shift+B』という、興味深いショートカットキーに関しても触れられています。

    Chromeなどがフリーズする現象については、米インターネット掲示板のRedditなどで報告が確認できます。同掲示板の投稿者によると、Ctrl+Alt+Delも動作せず、電源ボタンを押してスリープさせ、さらにスリープ解除するしか解決方法がないとのことで、相応に深刻なもの。

    これに対してマイクロソフトは、トラブルシューティング手順を公開。
    フリーズが生じた際には以下の手順を実行してほしいと指示しています。

    1.画面をスリープ状態にして、キーボードが接続されている場合は「Windows+Ctrl+Shift+B」キーを押す。タブレットの場合は、2秒以内に3回、ボリュームアップとダウン両方のボタンを同時押し。Windowsが応答すると、短いビープ音が鳴り、画面が点滅ないし暗くなります
    2.ラップトップを使用している場合は、蓋を閉じて開けます

    1.のWin+Ctrl+Shift+Bはほとんど馴染みのないキー操作ですが、先のRedditツリーによると「グラフィックドライバーをリセットするコマンド」と解説されています。
    歴戦のEngadget読者ならばピンと来たと思いますが、このキーコンビネーションは本件以外の画面回りのトラブルでも応用範囲が広そうです。


    (詳しくはソース元でご確認ください)
    https://japanese.engadget.com/2018/05/04/win10-4-chrome-5-8-ms/

    【Windows10 4月末更新でフリーズ マイクロソフトが一時対処法「Win+Ctrl+Shift+B」を指示 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(空) [MX] 2018/04/28(土) 11:57:55.28 ID:oZTv7maO0
    自動でついてくる つくば中央図書館で実証実験、ロボット「サウザー」が本運搬
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180428-00000010-ibaraki-l08


    人の後をついてくるロボットが、図書館をお手伝い-。つくば市は、人や台車の後を自動追従し、荷物の運搬作業を補助する4輪台車型ロボット「サウザー」を同市吾妻の市立中央図書館に導入している。
    荷台に荷物を載せ、人の後ろをついていくことができるロボットで、同図書館の本を運ぶ仕事に貢献している。同市産業振興課によると、同ロボットの図書館への導入は国内初の試みだという。

    サウザーは、本体の幅60センチ、長さ94センチ。バッテリーの充電で動く。ロボット開発のDoog(ドーグ、同市吾妻、大島章社長)が開発した。本体の緑色のボタンを押すと、台車内に搭載されているレーザーセンサーを使って、前方で動く人や物を感知し、自動で追っていく。

    (続きはソース元でご確認ください)


    tosyokan_book_tana
    【【つくば】図書館で働くサウザー、退かぬ媚びぬ省みぬな態度で人気 】の続きを読む

    このページのトップヘ