野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    経済ニュース

    1: アソビン(東京都) [JP] 2019/10/26(土) 12:50:24.59 ID:o46zeYAZ0
     年間1億3000万本の雨傘が消費される世界最大の傘消費国日本。このうち約8000万本を占めるビニール傘は、二酸化炭素の排出量で試算した環境負荷が1本当たりストロー200~300本に相当するとされる。メーカーやベンチャー企業は、大量消費の歯止めがビジネスチャンスになるとみて、新たな取り組みを始めている。

     傘ブランド「ウォーターフロント」を手掛けるシューズセレクション(東京)は、2017年にビニール傘の減産に踏み切った。19年の生産量は17年比で68%減となる4万ダースにとどめ、減産分を穴埋めするため、折り畳み傘など持ち歩きやすい傘の品ぞろえを充実させている。

     東京・自由が丘の直営店では、100グラムを切る超軽量の折り畳み傘など約1500種類を販売。
    「まずは傘を持ち歩く習慣を広めたい」(坂口淳一取締役)と、デザインに凝った商品などの拡充を進めている。

     東京・渋谷などで注目され始めているのは、傘のシェアリングサービス「アイカサ」。傘をQRコードで管理しており、返却率は100%という。東京都内に350カ所(8月末時点)の貸し出し拠点を確保。通話アプリ「LINE(ライン)」でクレジットカードを登録し、スマホ決済で利用できる。1日70円でどこでも何回でも借りることが可能で、420円を支払えば1カ月使い放題という仕組みだ。

     18年12月に「アイカサ」の運営を始めたベンチャー企業は「コンビニや駅に設置すればビニール傘を買う機会そのものを減らせる」とし、20年夏までに拠点数1000カ所への拡大を目指す。

     稼働率を高めるため、効率的な傘の在庫本数や日傘の投入も検討。黒須健取締役は「シェア傘の利用率はまだ伸びしろがある」と期待している。
    (以下ソース元で)
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2019102500922&g=eco
    umbrella-4425160_960_720

    【傘業界「日本はビニール傘を消費しすぎ」 環境対策に乗り出す 】の続きを読む

    1: シャチ ★ 2019/10/17(木) 23:32:21.81 ID:tm5Duetj9
    現在、日本の新車登録台数の約4割は軽自動車という状況です。そのなかでもホンダ「N-BOX」の人気は留まることを知らず、2019年4月から9月の販売台数は2位以下を大きく引き離す13万6047台を記録しています。

     そんななか、2021年で生産終了するホンダの軽自動車があるのですが、いったいどんなモデルなのでしょうか。


     2021年6月で生産終了するモデルは、1977年に登場した軽トラック「アクティ・トラック」です。このクルマは、ホンダ初の4輪モデル「T360」や、1967年に発売された「TN360」の後継モデルにあたる軽トラックでもあります。

     ちなみにバンタイプの「アクティ・バン」は2018年に生産終了していますが、後継モデルの「N-VAN」が発売中です。しかし、アクティ・トラックの後継モデルは存在しません。

     つまり、アクティ・トラックの生産終了はホンダの軽トラック市場からの撤退を意味しています。

     生産は、ホンダの軽スポーツ「S660」も造られる、世界でも数少ないミッドシップ専用工場「ホンダオートボディー(旧・八千代工業)四日市製作所」でおこなわれていますが、生産終了後はどのように活用されるのか、そのあたりも気になる所です。

     直近の軽トラック販売台数ランキングを見ると、2019年4月から9月の販売台数は、ダイハツ「ハイゼットトラック」、スズキ「キャリイ」に続く3位ですが、1位・2位とは大きく引き離されているうえに、ハイゼットはトヨタ/スバル、キャリイは日産/マツダ/三菱にOEM供給されており、それらを合算させると、競合車との差は歴然といえます。

     あるホンダ関係者によると「生産終了の理由は収益性が望めないため」だといいますが、ビジネスのためとはいえホンダ4輪の原点を継承するモデルが無くなるのは残念です。

    (以下ソース元で)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191017-00187752-kurumans-bus_all&p=1
    画像
    no title

    【【軽トラ】ホンダ・アクティ、生産終了へ ミッドシップレイアウトなど独自設計 】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2019/09/28(土) 20:21:51.48 ID:CAP_USER
    喫茶店の倒産が2019年、過去20年で最多に迫るペースで推移していることが東京商工リサーチの調べで28日までに分かった。大手コーヒーチェーンやレジ横で入れたてを提供する「コンビニカフェ」の攻勢、タピオカドリンクの流行など消費者の好みの多様化も響く。消費税増税で軽減税率の対象外となったことも追い打ちで、苦境に拍車が掛かる恐れもある。

     「近所の喫茶店が次々と店を閉めている」。大阪市で30年以上喫茶店を経営する堀敬治さん(72)は肩を落とす。08年のリーマン・ショックを機に売り上げが落ち込んだ経験もある。10月に飲み物を10円値上げする予定だ。

    (以下ソース元で)
    https://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2019092801001396.html
    coffee-171653_960_720

    【【経営】喫茶店の倒産、最多に迫る 大手チェーンやコンビニ攻勢 】の続きを読む

    1: アメリカンショートヘア(SB-iPhone) [ニダ] 2019/09/07(土) 15:39:00.22 
    現在、何が投資家たちを怯えさせているのか?
    といえば、もちろんドイツ銀行CDS問題である。

    なぜ破綻が避けられないかというと、
    ドイツ銀行が抱えるCDS(債権補償保険=デリバティブ)債務の総額が、
    8000兆円規模で、世界の実体経済総額に匹敵するからであり、
    この補償保険を完済できる可能性がゼロだからである。
    景気凋落による企業破綻が連鎖すると、
    それを保証しているCDS債務が、軽く、地球経済の総額を超えてしまう。

    おまけに、CDS債権保障をしているのは、ドイツ銀行だけでなく、
    世界中の低金利政策に苦しむ数万の銀行が行っている。
    これらが一斉に破綻する可能性が強いのだ。

    画像
    no title


    本当に必要な価値は、
    「食べるもの、飲む水、そしてシェルター」
    だけである。

    物資の流通は、何度も繰り返してきたように、
    オークションや現物交換取引しかなくなってしまう。
    為替が不可能になるからだ。
    つまり、人類史上最悪の試練が訪れると
    私は、これまでも繰り返し書いてきた。

    このとき、人間社会の真実の価値が、
    初めて人々に空気や水のように認識されることになる。
    それは「助け合う仲間」だ。
    人に与えたものが自分に与えられる「因果応報」の世界がやってくる。

    まず、交換価値である通貨がゴミになる。
    輸出入が途絶えて、自給自足でないと食物を得られなくなる。
    自給自足のためにはダーチャが必要だ。
    ただ、日本には豊富な表流水資源があるので、これだけでも本当に恵まれている。
    仲間=友人 人間関係だけが、自分たちを救ってくれる。
    こうした人間社会の原点から、再出発させられる運命なのだ。

    画像
    no title

    【【恐慌】ドイツ銀行がもうすぐ破綻8000兆円の損害 世界の通貨が使えなくなる 食料 水 家を確保せよ 】の続きを読む

    1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2019/08/13(火) 20:28:30.88 ID:CAP_USER
    JR東日本やPASMO協議会などの鉄道系10社によると、「Suica(スイカ)」などの交通系電子マネーの1日当たりの利用件数が、8月2日に全国で初めて900万件を突破した。4月から4カ月間で100万件分増えた。地方にも浸透してきたほか、駅の改札だけでなく小売店舗の決済などで活用する人が増えている。各社の相互利用が始まった2013年ごろから普及が加速しており、利用件数はこの6年間で2.6倍に増えた。

    各社は今後も交通系電子マネーで使える切符の種類を増やすことに加え、小売店舗など決済ができる箇所を増やして、より多くの利用者を獲得したい考え。鉄道各社にとっては券売機の混雑を減らすことにつながるほか、小売店などから決済時の手数料収入を得られるなどの利点がある。

    (以下ソース元で)
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO48520480T10C19A8916M00/

    【【決済】交通系電子マネー、1日の利用が900万件突破 】の続きを読む

    1: アクルックス(北海道) [ニダ] 2019/08/10(土) 11:09:48.85 ID:UR7Qy5Ch0 
    弁当のほっともっと、190店を閉店へ 赤字転落見込み

    持ち帰り弁当店「ほっともっと」を展開するプレナス(福岡市)は9日、全国の直営店190店を9月以降に閉店すると発表した。

     人手不足による人件費高騰で店舗の運営費が上昇しており、不採算店を中心に閉めて構造改革を急ぐ。

     プレナスは7月末現在、「ほっともっと」を全国で計2731店運営している。
    このうち直営店は911店舗で、閉店対象は約2割に上る。
    同社はこれまで直営店運営から、別のオーナーが運営を担う加盟店化を進めてきたが、採算がとれない店では加盟店化することが難しいと判断した。

    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/16906331/
    ogp

    【ほっともっと弁当、直営190店を閉店 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(ジパング) [GB] 2019/05/26(日) 11:53:18.31 ID:Vb/wN0/B0 
    ガスト「ひとり客」向けボックス席が話題に 仕切り、電源、Wi-Fi...まるでネットカフェ


    ファミリーレストラン「ガスト」が導入したひとり客用のボックス席が、SNS上で評判を呼んでいる。

    席は簡易的な仕切りで囲ってあり、電源を備える。店内用の無料Wi-Fiも利用可能だ。
    no title


    全文はソース
    https://www.j-cast.com/2019/05/23358145.html

    【ガストの「ひとり客」向けボックス席が話題 時間制のネカフェより使いやすいとビジネスマンにも人気 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(神奈川県) [US] 2019/05/03(金) 13:30:00.98 ID:mpOF8l550 
    なぜ売れる? 高額なホンダ「スーパーカブ」が大人気! 国内2輪市場に光明 販売好調の理由とは

    ■世界中で愛されるホンダ「スーパーカブ」シリーズ

     国内2輪市場は低迷を続けています。そんななか2018年に誕生60周年を迎えた、ホンダ「スーパーカブ」シリーズ。
    豊富なエンジンサイズと様々なボディタイプをラインナップし、幅広い層のユーザーから親しまれているロングセラーモデルです。
    そのなかでも高額なモデルが非常に人気となっています。
    なぜ市場が低迷するなか、高額な「スーパーカブ」が販売好調なのでしょうか。

    https://carview.yahoo.co.jp/news/market/20190420-10403135-carview/
    76103110102

    【スーパーカブ 販売好調 】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2019/04/12(金) 21:18:26.57 ID:CAP_USER
    「Banking is necessary, banks are not.(銀行の機能は必要だが、銀行は必要なのか)」とビル・ゲイツが語ったのは1994年。フィンテックが新たな金融シーンの主役として脚光を浴びたのは、それから20年後だった。そして今、進化を止めないデジタル化の大潮流が、顧客の行動と意識を変え、金融サービスのあり方を抜本的に変革しようとしている。

    ブレット・キング氏の新著『Bank4.0~未来の銀行』は、デジタル化が進む世界における金融サービスの変化の方向性と、その中での銀行の生き残りの条件を示した書籍だ。同書を翻訳したNTTデータ経営研究所の上野博氏に、デジタル化が銀行にどのような影響を及ぼすのかについて話を聞いた。

    (以下ソース元で)
    https://toyokeizai.net/articles/-/273307
    a0001_013324

    【【金融】「通帳・ハンコ・支店」が「オワコン」になる日 】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2019/02/17(日) 03:47:27.70 ID:CAP_USER
    施工不良の問題が響き、レオパレス21から法人顧客が離れ始めている。社宅などとして利用している企業が、社員の安全が危ぶまれるうえ、人材採用にも支障が出かねないと懸念しているためだ。レオパレスはアパートを借り上げ、転貸する事業が主力。入居しているのは法人顧客が多く、業績への影響が避けられない見通しだ。

    (詳しくはソース元でご確認ください)
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO41380410W9A210C1EA2000/
    0221sakamoto_eye-700x336

    【【不動産】レオパレスで法人客離れ 社宅利用停止、業績下押し 】の続きを読む

    このページのトップヘ