野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    経済ニュース

    1: 和三盆 ★ 2017/05/11(木) 15:42:10.66 ID:CAP_USER9
     地震や津波での避難を想定した地下シェルターが、本来とは違った目的で注目を集めている。

     静岡市葵区の建設会社アースシフトが販売する完全防水耐震地下シェルター「ソトチカ」。北朝鮮情勢が懸念されるようになり、3月以降、同社へのメールや電話による問い合わせが1日数十件に急増したという。北海道や熊本など、これまでまったく取引のなかった地域の住宅販売会社なども視察に訪れている。

     それまでは月に数件の問い合わせしかなく、担当の志賀明営業課長(54)は「『核やサリンが飛んできても大丈夫ですか』などと質問されます。正直、戸惑っています」と話す。

     「ソトチカ」は東日本大震災で…

    残り:249文字/全文:518文字
    続きは会員登録が必要です。

    2017/5/11 13:47 朝日新聞
    http://www.asahi.com/articles/ASK4Z530KK4ZUQID00D.html?iref=sptop_8_02

    no title

    【【経済】「核も大丈夫?」地下シェルター、問い合わせ急増】の続きを読む

    1: 記憶たどり。 ★ 2017/05/10(水) 11:31:25.88 ID:CAP_USER9
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170510-00000030-mai-soci

    a0006_001554自動販売機の飲み物が売れなくなっている。販売額は2000年代に入って減少傾向が続き、昨年はピークの3分の2に。平成に入ってから最低となった。背景には、品ぞろえが豊富で本格的なコーヒー販売も始めたコンビニエンスストアの台頭がある。自販機が「便利さの象徴」だった時代は終わり、メーカーは社会貢献も意識しながら生き残る道を模索している。

    5月上旬、東京・新橋のオフィス街。コンビニを出るビジネスマンに、自販機で飲み物を買わなくなった理由を聞いた。「コンビニの商品はバラエティーが豊富で、自販機より安いものも多い」「以前は缶コーヒー派だったが、その場で豆をひくコンビニコーヒーのほうがおいしい」といった声が聞かれた。

    日本自動販売機工業会(東京都)によると、日本の飲料自販機は1960年前後から普及が進んだ。担当者は「欧米では缶コーヒーを飲む習慣がなく、『温かい』と『冷たい』を1台で販売する自販機は日本以外にほとんどない。治安が良いため、屋外の自販機が多いのも特徴」と話す。

    飲料総研(東京都)の宮下和浩取締役は「定価で販売できるので利益率が高く、人手もいらない自販機を重視するメーカーは多い」と話す。

    だが、右肩上がりだった年間の販売額は99年の約3.1兆円をピークに、昨年は約2兆円まで減少した。飲料総研によると、清涼飲料の出荷量は95年には自販機が約48%を占めたが、昨年は約29%に。大量に仕入れて格安で売るスーパー(約38%)に抜かれ、コンビニ(約22%)にも迫られている。

    (全文はソース元でご覧ください)
    【【助けて!】自販機の飲料が売れない。コンビニの台頭で売上高はかつての3分の2に】の続きを読む

    1: わかば ★ 2017/05/03(水) 15:05:34.69 ID:CAP_USER
    a0002_003754ゴールデンウイークが始まる頃になると、毎年必ずニュースで流れる「GWを海外で過ごす人々」の映像。筆者を含め、それを羨望と諦めの気持ちで眺める人も多いことだろう。朝日新聞の報道によると、
    4月28日~5月7日の総旅行者数は79万1300人で、今年は日の並びが良いことから前年比7.2%増の見通しだという。

    しかしながら、そんな流れとは一切無縁の人たちも少なくない。4月30日には、ガールズちゃんねるに「9連休、でもお金がなくてどこも行かない人~」というトピックが立っていた。
    トピ主は「お金のない連休は厄介なだけです」と切り出し、色々な誘いも忙しいと断ったが、本当は死ぬほど暇だという。

    「同じような方、語りませんか」という呼びかけには、「金もねぇ!友達もいねぇ!オラさ引きこもるだ」など、自嘲気味の声が数多く上がっている。
    「混雑が嫌いなので、家にこもる」という人も目立ち、連休を歓迎しない人もいるようだ。

    「お金もないし旦那が仕事で連休じゃないし、買い物に行こうにも普通の休みの日より混んでるし、GWなんていいこと一つもない」
    「1人で映画って思ったけど、リア充に巻き込まれるやないかーい!」

    一方で、ずっと家にいるけれど、ふだんできないことにゆっくり取り組むという前向きなコメントもある。

    「お金無いので、ずっとおうちです。天気が良いので珍しく洗車したり部屋の掃除しまくったりで、今は作り置きおかず作りました」
    「お金なくてできること~ お散歩。 図書館で本借りて読破。ハンドメイド何か作りあげる。 ドラマ見る」

    他にも、ランニングや無料のネットゲームをずっとやるという人や、中にはこんな人もいた。

    休日の過ごし方はそれぞれで、お金をかけなくてもだれかと一緒でなくても、充実させようと思えばできるものだろう。
    「連休中は全部仕事」「毎日のごはんが苦痛 主婦も休みたい」との嘆きも

    しかし、充実などと考えなくても、連休で日頃の疲れをゆっくり取れるなら良いのでは。何しろ最初のレスコメントは「9連休もあるのか、羨ましいわ」という声だった。
    カレンダー通りなら5連休の人は多いだろうが、有休を使うにしても全ての人が9連休を取れるわけではない。こんな声もたびたび上がっていた。


    「9連休あるだけ羨ましいです。どこに行かなくてもいいじゃん わたし9連勤だから」

    (続きはソース元でご覧ください)

    http://blogos.com/article/220927/

    【【ゴールデンウイーク】お金のない連休は厄介なだけ? 「お金もないし、友達もいない」との嘆きに「休みがあるだけうらやましい」という声も】の続きを読む

    1:  2017/05/06(土) 17:58:09.50 ID:CAP_USER9
    2017/5/4 6:30
    日本経済新聞 電子版

     ゴールデンウイーク真っ盛り。今年も全国各地の動物園では、お目当ての動物を見に来た子どもの歓声が上がる。家族連れでにぎわう動物園はいつの時代も共通だが、最近になって一つの異変が起きている。地方の動物園を中心に数十年ぶりの値上げが相次いでいるのだ。少子化による入園者の減少や老朽施設の更新投資など、動物園にのしかかる負担は重い。緊縮財政を迫られる地方自治体の支援余力も限られるなか、動物園の経営には「受…

    この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。
    http://www.nikkei.com/article/DGXMZO15869080Y7A420C1000000/

    【【今までが安すぎた?】地方動物園、値上げ相次ぐ 広がる「受益者負担」】の続きを読む

    1: まはる ★ 2017/04/14(金) 23:49:51.07 ID:CAP_USER
    厚生労働省「人口動態統計の年間推計」によれば、2015年の死者数は約130万人にのぼり、2030年には160万人を突破する見込みだ。とくに都会では孤独死が急増し、2030年には孤独死予備群は2700万人近くにのぼると見られている。話題書『無葬社会』の著者で浄土宗僧侶でもある鵜飼秀徳氏がいう。

    「きちんと地縁や血縁に根ざした供養を受けられず、誰にも見送られず、宗教的な弔いもなく送られていく。そういうケースが、年々増えています。それを私は“無葬社会”と呼んでいます」

    すでに首都圏では大量の死者をさばききれない、深刻な状況にある。火葬場は過去に例がないほどの“混雑”となっている。そのため、横浜市や名古屋市などの一部の斎場では、これまで「友を呼ぶ」ということで避けられていた友引の葬式や火葬を行なうところも出てきた。

    火葬場が混み合う理由については、葬儀場での葬式を省略し、火葬場でお別れをする“直葬”の増加が影響しているとみる専門家もいるという。

    簡略化の波は、僧侶の手配にまで及んでいる。葬儀関連のベンチャー企業「みんれび」は、2015年12月にアマゾンで僧侶の手配サービスの販売を開始した。その名も「お坊さん便」。ネット上で「法事法要手配チケット」を購入し、日時と場所を指定すれば僧侶がやってきて、お経をあげる。価格は3万5000円から。

    「みんれび」は同様のサービスを2013年から始めていたが、アマゾンで申し込めるようにしてから注文が急増した。

    「具体的な数字は公表しておりませんが、2016年の年間のお問い合わせ件数は前年比約2倍になっています」(みんれび広報)

    故郷に菩提寺があっても、法要や法事のためにわざわざそこから僧侶を呼ぶのは大変だ。

    「田舎に寺はあるが、誰も住まなくなった実家はもう取り壊していて、法事のためだけに帰省するのも大変でした。
    そんな時に都内で施設に入っていた父親が他界。最初は田舎から住職を呼ぼうと思いましたが、
    お布施をいくら包めばいいのか、戒名料はいくらかとか、その後の付き合いは、と考えるうちに面倒になり“お坊さん便”を頼みました」(50代・自営業)

    大都市の住民の意識が変わっていくなかで、地方では多くの寺院が存亡の危機にあるという。

    「仏教界の実態は深刻です。檀家の減少や、墓の都市への改葬などによって、貧困にあえぐ寺院が増えています。

    例えば浄土真宗本願寺派が2009年に実施した調査では、村落にある寺院の60%以上が年収300万円以下でした。他の宗派でも似たりよったりでしょう。“お坊さん便”に登録する僧侶たちが増えている背景には、“食えない僧侶”の増加があるのは間違いありません」

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170414-00000008-pseven-bus_all

    【【そういう時代】Amazon「お坊さん便」 注文増の背景に食えない僧侶の増加】の続きを読む

    1: dummy ★ 2017/05/04(木) 14:19:12.13 ID:CAP_USER9
    ドライバー不足への対応が課題となっている運輸業界では、輸送の手段を長距離トラックから鉄道や船に切り替える「モーダルシフト」の動きが加速しています。
    このうち、大手運送会社の福山通運は、長距離の荷物の輸送をトラックから貨物列車に切り替える取り組みを進めています。

    現在は東京と大阪・広島を結ぶ長距離輸送で貨物列車を利用していますが、今月から新たに名古屋と福岡の間でも列車の利用を始める計画で、1日当たりトラック60台分の輸送を鉄道に切り替えてドライバー不足を乗り切ろうとしています。

    また、宅配大手の佐川急便は、先月から宅配便の荷物をトラックの代わりに一般の乗客が利用する鉄道で運ぶ取り組みを新潟県で始めました。今後、ドライバーの確保が難しい別の地域に広げていくことを検討しています。

    一方、商船三井フェリーは、首都圏の運送会社が預かった荷物をその日のうちに船に積めるようにするため、今月から茨城県の港から北海道に向かうフェリーの出発時間を夜にすることで、長距離トラックの受け入れを強化しています。

    運輸業界では、宅配最大手のヤマト運輸がサービスの縮小や料金の値上げを決めるなど、深刻化するドライバー不足への対応が課題になっています。
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170504/k10010970641000.html

    【【輸送業界】運転手不足でモーダルシフトの動きが加速】の続きを読む

    1:  2017/05/04(木) 23:46:46.09 ID:1oQvzNFt0 BE:323057825-PLT(12000) ポイント特典
    猫の平均寿命は15歳ですが、一生にかかる経費を計算すると、約150万円にもなります。
    この経費を払い続けられるかどうか、猫よりも先に寿命を迎える可能性、転職や結婚、出産、親の介護など、環境や状況が変わる時に猫との生活をどうするかということまで考えてほしいです。

     野良猫を家に入れて、お金がかかるからと不妊手術を受けさせないでいたら、あっという間に猫だらけになって家が崩壊したというニュースがありましたが、お金や不妊治療のことを正しく理解していないことが招いた悲劇です。「不妊手術は可哀想」では、結果的に全員が可哀想なことになってしまうんです。

    猫の一生には150万円必要 「迎える前に考えて」と猫シッター
    https://news.biglobe.ne.jp/topics/animal/0504/65789.html
    no title

    【猫の一生 必要経費は150万円!にゃ、にゃんだってー!?(ノ*ФωФ)ノ】の続きを読む

    1: まはる ★ 2017/05/01(月) 19:31:48.01 ID:CAP_USER
    東京都港区の住民の所得は1100万円超――。総務省の2016年度の統計からこんな結果が分かった。
    港区は多くの富裕層が住み、2位の千代田区民より200万円近く所得が多い。
    港区は23区で最下位の足立区とは約780万円、3倍以上もの開きがあり、“区間格差”は年々拡大する傾向にある。東京など大都市と地方の格差は指摘されることが多いが、大都市内での格差も無視できない。

    (詳しくはソース元でご覧ください)

    http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ01H34_R00C17A5000000/?dg=1
    nagomi-shop_kumin-main

    【【格差社会】 東京23区の所得格差拡大 港区1100万円、足立の3倍】の続きを読む

    1: 曙光 ★ 2017/05/01(月) 19:12:07.55 ID:CAP_USER9
    佐川急便、大口顧客に値上げ要請
    2017/5/1 17:12
    佐川急便を傘下に持つSGホールディングスは、大口顧客との宅配便運賃契約で値上げを要請。

    https://this.kiji.is/231689794588803077
    maxresdefault-e1465972684198

    【【ビッグウェーブ】佐川急便、大口顧客に値上げ要請】の続きを読む

    1: ] 2017/04/29(土) 18:44:12.04
    ■40代は貯蓄ゼロ世帯が35%も

    仕事では働き盛り、従来の給与体系であれば収入がぐっと増えてくるはずの40代ですが、給与水準のフラット化が進んでいて、なかなか給料が上がらない人もいるようです。
    そのような時代、40代の平均貯蓄額は、どれくらいでしょうか。

    「家計の金融行動に関する世論調査」(2016年)によれば、40代の平均貯蓄額は588万円、中央値(多い順または少ない順に並べたときの真ん中にあたる額)は200万円です。
    年収別に40代の貯蓄額を見てみましょう

    ・年収300万円未満  貯蓄ゼロ50%、平均225万円、中央値0円
    ・年収300万円~500万円未満  貯蓄ゼロ42.2%、平均423万円、中央値70万円
    ・年収500万円~750万円未満  貯蓄ゼロ27.4%、平均637万円、中央値425万円
    ・年収750万円~1000万円未満  貯蓄ゼロ16.2%、平均1069万円、中央値820万円
    ・年収1000万円~1200万円未満  貯蓄ゼロ26.7%、平均1067万円、中央値620万円
    ・年収1200万円以上  貯蓄ゼロ0%、平均23647万円、中央値2100万円
    (家計の金融行動に関する世論調査2016(2人以上世帯調査)より)

    年収300万円未満では半数が貯蓄ゼロ。年収が上がるにしたがって貯蓄額も増えていきますが、
    年収1000万円~1200万円未満でも貯蓄ゼロ世帯が26.7%あります。
    ただし、この調査での貯蓄(金融資産)は、「普通預金か定期預金かにかかわらず、将来に備えて蓄えている部分」と定義しています。
    ですから、多少の残高があっても、近々使う予定だったり、生活費と考えていたりで、貯蓄ゼロと回答している世帯もあるでしょう。

    (以下省略)

    http://news.livedoor.com/article/detail/13000954/

    【【悲惨】40代の貯金ゼロ率35% これ安倍さんどうすんの?】の続きを読む

    このページのトップヘ