野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    経済ニュース

    1:  2017/04/17(月) 21:43:05.08 ID:ooyJizxN0 BE:232392284-PLT(12000) ポイント特典
     ブリヂストンとブリヂストンサイクルは4月17日、空気が不要な自転車用タイヤを開発したと発表した。2019年の実用化を目指す。

     空気入れを不要にする独自技術「エアフリーコンセプト」の実用化に向けた取り組みの1つ。特殊形状の樹脂製スポークで荷重を支えることで空気を不要にした。

     空気を入れて膨らませるチューブが不要で、パンクの心配がないのが特徴。リサイクルできる樹脂やゴムを材料として使用でき、デザインの自由度も高く、従来にない次世代型自転車を提案できるという。

     イベントなどで一般ユーザーに試乗してもらい、意見を取り入れながら実用化に向けた検討を進める。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170417-00000064-zdn_mkt-ind
    no title

    【【ブリヂストン】空気不要の自転車タイヤを開発】の続きを読む

    1:  2017/04/14(金) 14:49:37.11 ID:CAP_USER9
    インサイド 4/14(金) 11:42配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170414-00000003-isd-game
    任天堂は、「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」の生産を一旦終了したと明かしました。

    “ミニファミコン”の通称でも親しまれている「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」は、2016年11月10日に発売されたゲーム機で、30本のファミコンソフトを収録。HDMIケーブルでの
    接続に対応しており、懐かしのゲームタイトルを気軽に遊べるユニークさなどで好評を博しました。

    本ハードは発売直後から高い人気を集め、再販されてもすぐに売り切れるほど。品薄状態が長く続いており、安定供給を望む声も多数でしたが、このたび“ミニファミコン”の公式サイトにて、「本商品は、
    一旦生産を終了しております」との報告が寄せられました。

    また、「生産を再開する場合は、改めてホームページでご案内させていただきます」としており、生産再開は今のところ未定となっています。なお“ミニファミコン”の海外版となる「NES Classic Editions」が生産中止となった報道も到着しています。

    ■ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ 公式サイト
    URL:https://www.nintendo.co.jp/clv/

    画像
    no title

    【【任天堂】ミニファミコンの生産を「一旦終了」と発表─生産再開は未定】の続きを読む

    1:  2017/04/16(日) 07:26:11.91 
    シャープ、パソコン再参入を検討 戴社長が言及

    シャープの戴正呉社長は15日、パソコンなどスマートフォン以外のIT(情報技術)機器事業への再参入を検討していると明らかにした。戴社長は「鴻海グループとのシナジーで一番強いのがIT機器だ」と発言。親会社の台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業が手がけるパソコンなどを基にした商品をシャープブランドで販売することを視野に再参入を目指すようだ。

    同日、堺市の本社で開かれたシャープOB向けの会合に戴社長がテレビ会議システムで参加して方針を語った。シャープは「メビウス」のブランドでノート型パソコンなどを展開していたが、採算悪化を受け2010年に撤退していた。戴社長は「鴻海とのシナジーで撤退したIT機器にまた参入したい」とし、
    再参入への意欲を示した。

    また戴社長は「これまで商品のラインアップが足りなかった」と述べ、今後は商品群の拡充で売り上げ増を目指す考え。17年度は国内での商品点数を4K液晶テレビで16年度から45%増の約20、冷蔵庫では30%増の約25まで増やすなど、家電や複合機など幅広い事業分野で積極的に新商品を投入していく方針だ。

    16年度業績についても戴社長は「営業利益や純利益の予想を達成できたと思う」と語り、3期ぶりの営業黒字化など、業績回復が順調に進んでいるとの認識を示した。

    http://www.nikkei.com/article/DGXLASDC15H0T_V10C17A4EA4000/

    【【復活】シャープ、パソコン事業に再参入 業績回復で事業拡大を狙う 】の続きを読む

    1: 2017/04/13(木) 15:08:47.57 ID:CAP_USER9
    遠軽町の工場で火事 ほぼ全焼

    http://www3.nhk.or.jp/lnews/sapporo/7005536631.html

    12日夜、オホーツク海側の遠軽町で、つまようじなどの原料を製造している工場がほぼ全焼する火事がありましたが、けがをした人はいませんでした。

    12日夜8時ごろ、遠軽町東町3丁目のつまようじや割り箸の原料を製造している「共立産業」の工場で火が出ていると、近くを通りかかった人が消防に通報しました。消防車17台が消火作業に当たり、火はおよそ4時間後にほぼ消し止められましたが、消防によりますと午前11時半現在も工場の内部では火がくすぶっていて、消火活動が続いているということです。

    警察によりますと、この火事でけがをした人はいませんでしたが、鉄骨2階建ての工場がほぼ全焼したということです。

    工場の関係者によりますと、この工場は道内産の白樺の木を使って国産つまようじの原料を製造していて、今後の国産つまようじ製造に影響が出るおそれがあるということです。

    (詳しくはソース元で)
    【【北海道】爪楊枝などの原料を製造している工場がほぼ全焼 今後国産爪楊枝製造に影響が出るおそれ】の続きを読む

    1: まはる ★ 2017/04/11(火) 20:58:53.54 ID:CAP_USER
    経団連の榊原定征会長は10日午後の記者会見で、人手不足について「今後さらに深刻になるいまの外国人労働者の規模では足りなくなる」と認識を示した。

    そのうえで「海外の労働力の活用を長期的に検討していく必要がある」と述べた。外国人労働者の活用の一例として「日系人に日本で働いてもらう」ことを挙げた。

     榊原会長は東京電力ホールディングス(9501)の川村隆次期会長(日立製作所名誉会長)に関し「日立が苦境に陥った際に経営改革を実行して立て直した」と評価した。

    「東電には福島第1原発の廃炉や被災者への賠償など大きな課題があるが、力を発揮してもらえると期待している。経済界としても可能な限り応援していきたい」と述べた。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

    http://www.nikkei.com/article/DGXLASFL10HQ1_Q7A410C1000000/

    【【美しい国】経団連会長、人手不足への対応「日系人に日本で働いてもらう」】の続きを読む

    1: まはる ★ 2017/04/11(火) 06:13:43.51 ID:CAP_USER
    ジェイアールバス関東と西日本ジェイアールバスが3月31日、新型夜行高速バス「ドリーム ルリエ」の運行をスタートした。東京-大阪間で48年の歴史を持つドリーム号の中で「最上のくつろぎ」をうたい、1台の定員はわずか18人。従来の「グランドリーム号」の定員28人よりも少なく、そのぶんゆったりとした座席配置となっている。

    老舗のJRバスに対し、ここ10年で向こうを張る規模まで急成長を遂げたウィラー エクスプレス ジャパンも、2月に同じ18人乗りの新型車両「リボーン」を投入。同社の平山幸司社長は「これからは快適なだけでなく、休息できるかどうかが重要」と強調する。

    中略

    座席は前方の4席が通路を挟んで左右1列だけの「プレシャスクラス」。後方の14席が3列独立シートの「アドバンスクラス」。プレシャスクラスの料金は1万4000~1万8000円と新幹線並みの一方、アドバンスクラスは1万400~1万2500円で新幹線より安価に設定されている。席数は限られるが、アドバンスクラスは乗車日前日まで9800円で買える「早売1」もある。

    ただ、どちらの座席も実は新開発のものではない。
    プレシャスクラスのシートは「プレミアムドリーム号」に設置されている「プレミアムシート」(1万1500~1万3300円)にレッグレストのヒーターを追加したもの。アドバンスクラスのシートは「グランドリーム号」の「新型クレイドルシート」(8000~1万円)のリクライニング機能を向上させたものだ。

    ポイントはシート以外にある。「従来はシートで差異化を図ってきたが、よりプライベート空間が必要だと考え、個室感を加えた」(西日本ジェイアールバスの宇都宮道夫社長)。プレシャスクラスでは、通路と後ろの座席との間にそれぞれパーテーションを設置。アドバンスクラスでも、座席の左右にパーテーションを設置し、座席前後はカーテンで仕切るようにした。加えて、シートピッチも1m以上に広げている。

    (全文はソース元でご覧ください)

    no title

    no title

    no title

    http://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/column/16/040500003/040500013/

    【【ドリーム号】“個室仕様”夜行バスに乗ってみた、定員18人の理由】の続きを読む

    1: 2017/04/14(金) 22:15:36.74 ID:CAP_USER9
     伊藤園は、缶入りの「冷やしみそ汁」を発売した。
    具材はなめこで、煮干しイワシ、ムロアジ節、サバ節など、だしにこだわった。

    化学調味料不使用。新設計の容器で、具材が出やすくなっている。
    185gで希望小売価格は税抜き120円。

    no title

    http://www.asahi.com/articles/ASK4C3521K4CULFA009.html

    【【この発想はなかった】「冷たいみそ汁」、缶になる】の続きを読む

    1: 2017/04/10(月) 12:08:19.40 ID:CAP_USER9
    5月の電気料金大幅値上げへ

    http://www3.nhk.or.jp/lnews/hiroshima/4005352231.html

    来月の中国電力の電気料金は、燃料の輸入価格の上昇に加え再生可能エネルギーの普及を促す制度の負担金が増えることから、今月よりも大幅に値上げされることになりました。中国電力の電気料金が値上げされるのは6か月連続となります。

    電力会社や都市ガス各社は政府の認可が必要な料金改定とは別に、直近3か月の燃料や原料の輸入価格の変動をもとに毎月、料金を見直しています。中国電力によりますと、一般家庭の多くが加入する「従量電灯A」というプランで、1か月の使用量が260キロワットアワーの場合、来月の電気料金は6640円と、今月と比べて182円値上げされます。
    ▼原油価格の値上がりなどにより火力発電所の燃料となる石炭や原油などの調達コストが膨らんだことに加えて
    ▼太陽光発電など再生可能エネルギーの普及を促す国の制度で負担金が101円増えるためで電気料金の値上げはこれで6か月連続です。

    一方、中国地方の都市ガスで家庭向けの販売量のおよそ半分を占める「広島ガス」のガス料金も、標準的な使用量の家庭で来月は今月より45円高い5644円と、7か月連続の値上げとなります。

    04/10 08:11

    【【美しい国】中国電力5月の電気料金大幅値上げへ 一番の要因は再生可能エネルギー負担金】の続きを読む

    1: (?∀?(⊃*⊂) ★ 2017/04/11(火) 19:16:20.69 ID:CAP_USER9
    経済産業省は10日、次世代の国産エネルギー資源として期待されるメタンハイドレートの産出実験を
    4月下旬から愛知・三重県沖で実施すると発表した。

    水深約1千メートルの海底から数百メートル採掘した場所に分布するメタンハイドレートを取り出し、分解して天然ガスを取り出す。
    ガスを3~4週間続けて生産するのが目標で、将来の商業化に向けてノウハウを蓄積する。

    海洋研究開発機構(JAMSTEC)の地球深部探査船「ちきゅう」を活用する。
    2013年の前回実験は設備トラブルにより6日間で打ち切った。今回は設備を改良した上での再挑戦となる。

    メタンハイドレートは、分解すると天然ガスが得られる氷状の塊で、「燃える氷」とも呼ばれる。
    現状は抽出や輸送などの面で課題が多く、安定生産のめどは立っていない。

    http://www.nikkei.com/article/DGXLASDF10H0U_Q7A410C1EE8000/
    http://www.jiji.com/jc/article?k=2017041000818

    【【ちきゅう号】メタンハイドレート、愛知・三重沖で産出実験 4月下旬から】の続きを読む

    1:] 2017/04/14(金) 12:13:24.42
    コンビニエンスストア最大手のセブン-イレブン・ジャパンが店員が弁当などの商品を客の自宅に届ける宅配サービスで、物流大手のセイノーホールディングスと提携したことが14日、分かった。
    セブンは宅配サービスを展開しているが、人手不足や接客業務の煩雑化で、十分な対応ができていなかった。
    セブンはセイノーHDとの提携で、宅配業務を外部委託し、サービスを向上させる。
    セイノーHDはセブンの宅配を代行する全額出資子会社を設立し、5月からサービスを本格展開する。
    まずは主婦ら女性を中心に約100人の配達員をそろえる。広島や埼玉、東京、愛知、岐阜、三重、石川、香川の1都7県の約150店で、宅配業務の代行を開始し、将来的には全国に拡大する方針だ。

    セブンは500円以上の商品を購入すると、無料で自宅に宅配する「セブンミール」を国内の7割超に当たる約1万4400店で展開している。
    高齢化や共働き世帯の増加で、宅配サービスの需要は高いとみられるが、まだ、サービスの認知度が低く、利用が広がっていない。セイノーとの提携で、今後、宅配サービス事業を拡大する。

    http://www.sankei.com/smp/economy/news/170414/ecn1704140013-s1.html

    【【おるかー?】セブンイレブンと西濃が提携 新会社設立し宅配を代行へ】の続きを読む

    このページのトップヘ