野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    心の話題

    2:2017/06/03(土) 19:09:09.45 ID:18uJFZ8g0
    つまり俺は今でも思春期なんだな…

    a0002_010886

    【思春期の頃の「自分の顔変ではないか?」と言う悩みは誰でも有るそうだな (´・ω・`)】の続きを読む

    1:  2017/06/01(木) 06:48:40.26 0
    うつ病に関与のタンパク質特定 岡山理大グループ、マウスで
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170531-00010004-sanyo-sctch

    岡山理科大理学部の橋川直也講師(分子生物学)、橋川成美准教授(薬理学)らのグループは、うつ病に特殊なタンパク質「HSP105」が関与していることをマウスを使った実験で明らかにした。
    既存の胃薬を投与すると症状が抑えられることも分かり、新たなうつ病の予防や治療法の開発につながる成果と期待される。論文が31日付の米科学誌電子版に掲載された。
    グループは、体内の至る所に存在し、傷付いたタンパク質を修復したり、細胞を保護したりするタンパク質群が、うつ病に関わっているとみて研究。熱などのストレスによって増える「熱ショックタンパク質(HSP)」と呼ばれるタンパク質群で、他のマウスから攻撃を受けストレスでうつ状態になったマウスを使って関連性を調べた。
    その結果、うつ状態のマウスでは多くの種類があるHSPのうち「105」というタイプが脳内の一部で減少していた。
    HSPを増やす働きを持つ胃薬を経口投与すると、うつ症状の特徴である攻撃マウスに対する行動力の低下を抑えることができた。

    【鬱病の特効薬できるか? 岡山理大グループ】の続きを読む

    1: 2017/05/19(金) 20:46:17.84 
    大卒就職率、過去最高97.6%=高卒も26年ぶり水準

     厚生労働省と文部科学省は19日、今春に卒業した大学生の就職率(4月1日時点)が前年同期に比べ、0.3ポイント上昇の97.6%になったと発表した。6年連続で改善し、1997年の調査開始以来の過去最高を更新した。文科省が発表した今春卒業の高校生の就職率(3月末時点)は、0.3ポイント上昇の98.0%と7年連続で改善した。91年春(98.3%)以来、26年ぶりの高水準。

     学生に有利な「売り手市場」となる中、大卒で就職を希望した学生の割合は、74.7%と過去最高だった。厚労省は「景気回復に伴い、企業の採用意欲が向上している」(若年者雇用対策室)と分析している。 

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170519-00000027-jij-bus_all
    a1600_000040

    【【挫折】お前ら何歳くらいで心折れた? 俺24歳くらい時 (´・ω・`)】の続きを読む

    1: 2017/05/12(金) 06:53:04.10 
    サイコパスのターゲットにならないためにも、サイコパスの特徴を知って付き合わないようにしましょう。

    ●(1)人当たりがいい

    『合コンで知り合った彼は、とにかく爽やかで人当たりのいい人でした。でも付き合うと一変。
    私が苦しんだり痛がる顔を見て楽しむんです、怖かった』(28歳/保育士)

    ●(2)良心がない

    『彼は目的のためなら手段を選びません。私の気持ちなんてどうだっていいんです』(31歳/商社)

    ●(3)他人に共感しない

    『私の祖父の葬式で夫が「なんでみんな泣いているふりしてたの?逆に失礼だよ」と言われた時には神経を疑いました』(32歳/パート)

    ●(4)裏表が激しい

    『友達といる時と私といる時の顔の使い分けが半端ないです。みんなに相談しても信じてもらえない』(27歳/看護師)

    ●(5)うぬぼれが強い

    『元カレは常に自分に自信がある人で、頼りがいがありました。でも、あまりに自信が強すぎて自分なら何をしても許されるという思想を
    度々見せつけてきたので怖かったです』(26歳/証券)

    http://news.livedoor.com/article/detail/13049290/

    【“いい人そう“だけじゃ安心できない!絶対に近づいてはいけない「サイコパス男子」の特徴5つ (`・ω・´)】の続きを読む

    1:2017/05/06(土) 17:27:35.07
    オーストラリアの看護師が高齢者の最期の日々を見送ってきて、死に近づいた時に彼らが何よりも後悔することを記録し始めた。ほぼ全ての男性は、あまりに多く働きすぎたため、妻や子どもに時間が割けなかったと告白した。英紙ガーディアンからの下記のメモでは、人生への他の訴えも語られている。

    「生きたいように生きる勇気が足りなかった。他の人がのぞむように生きていた」看護師が記録した中で最も多い後悔がこれだ。自分の夢と望みの半分すら叶えなかったと認識するのは悲しいものだった。

    「働きすぎの人生だった」子供の教育や、配偶者と時間を過ごすより、キャリアに多くの時間を費やした高齢男性から最も頻繁に聞かれた言葉だ。

    「自分の感情を表す勇気が足りなかったのを悔やむ。」多くの人が、他の人に気を使って感情を隠していた。そしてそのためになれたかもしれないものにはならず、平凡な人生で納得することになった。

    「交友関係を保たなかったのが残念だ。」高齢の人々は晩年にいたって、古くからの友達が近くにいなかったり、見つけることすらできなかったことをたびたび憂いていた。

    「もっと幸せになることを自分に許せなかったことが残念だ」驚くほど頻繁に上がった後悔の声がこれだ。多くの人々は習慣と偏見にまみれており、幸せを自分自身の選択だとは認識しない。

    https://jp.sputniknews.com/life/201705063611279/

    【お前らが最後の時に人生を振り返って後悔しそうなことは何?】の続きを読む

    1: 2017/05/07(日) 12:48:00.62 
    https://woman.excite.co.jp/article/love/rid_Cafegoogirl_177496/


    彼女の都合無視、自分都合で動く
    共同生活が無理
    休みの日は寝てばっかり
    常に女の影がある
    収入と支出のバランスが悪い
    a0002_006816

    【結婚に向かない男性の特徴 (´・ω・`)】の続きを読む

    このページのトップヘ