野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    心の話題

    1: 海江田三郎 ★ 2017/03/01(水) 11:44:09.37 ID:CAP_USER
    http://www.minnanokaigo.com/news/N17523209/
    (中略)

    なぜ安楽死の法制化は日本で進まない?
    2010年に朝日新聞が死生観についての世論調査を行なっているが(2010年11月4日朝刊)、そこでの安楽死についての質問と回答は以下のようになっている。
    自分が治る見込みのない末期がんなどの病気になって苦痛に耐えられなくなった場合、投薬などで「安楽死」が選べるとしたら?
    選びたい(70%)
    選びたくない(22%)
    その他(8%)

    「安楽死」は現在の日本では法律で認められていません。「安楽死」を法律で認めることに賛成ですか?
    賛成(74%)
    反対(18%)
    その他(8%)

    これを見てもわかるように、日本人の7割以上が安楽死の合法化に賛成で、最期は安楽死で逝きたいと思っている。
    橋田寿賀子さんはまったく特別ではないのだ。
    だとすれば逆に不思議なのは、これほどまでに自殺に寛容で、国民の多くが安楽死を求めている国で、法制化が一向に進まないことのほうだろう。日本とオランダではいったいなにがちがうのだろうか。
    『安楽死のできる国』で三井氏も指摘するように、それは「自分の人生を自分で決める」という覚悟だろう。
    日本人は、「安楽死が法制化されるなら自分も安楽死したい」と考えるものの、その実現のために周囲から批判されてまでなにかをしようという気はないのだ。
    実は日本でも、元衆議院議員・太田典礼氏を中心に発足した日本安楽死協会が1979年に「末期医療の特別措置法案」を作成し、国会への提出を目指したことがある。
    だが、この法案は「人権派」や身体障害者団体から「ナチスの優生思想と同じ」と猛烈に批判され、断念せざるを得なくなった。こうして日本の政治で「安楽死」はタブーとなり、団体は「日本尊厳死協会」と改名して「安らかな死」を求めるリビング・ウィルの普及を目指すようになった。
    結局のところ日本人は、死という人生の重要な決断を自分で決めるのではなく、家族や医師という「他人」に任せたいのだ。こうして日本の病院では、家族の合意のもと暗黙の「安楽死」が密かに行なわれるようになる。

    国主導の安楽死が進められる前に、国民の意思を示す時期に来ているだが、こうした曖昧な状況は、それほど長くは続かないだろう。日本はこれから人類史上未曾有の超高齢化時代を迎え、2020年には人口の3分の1、2050年には約4割を65歳以上が占める。どこの家にも寝たきりや認知症の老人がいるのが当たり前の社会が間違いなくやってくる。

    2020年には人口の3分の1を65歳以上が占める
    それにともなって、高齢者の医療費が社会保障費を膨張させ、日本の財政を破綻させるというシナリオが現実のものになってきた。
    日本経済新聞の連載「砂上の安心 2030年 不都合な未来」(2016年12月19日)によれば、西日本の病院で死亡した80歳の男性の場合、弁膜症の術後の経過が悪く、感染症を繰り返して透析や胃ろうなどあらゆる医療行為を受けた結果、3年半の医療費は約7400万円。そのうち男性の負担は約190万円で、残りの大半は税金と現役世代の支援金だという。
    取材班が全国約1740市区町村の75歳以上の後期高齢者1人当たり医療費を調べたところ、1人につき100万円以上の医療費を使っている市区町村は14年度分で347に及んだ。2030年の人口推計などから試算すると、社会保障給付はいまより30兆円増えて170兆円に達し、後期高齢者医療費は約1.5倍の21兆円に達する公算が大きいという(2014年度時点の後期高齢者医療費は14.5兆円)。

    (全文はソース元でご覧ください)
    【【倫理】日本人の7割以上が安楽死に賛成しているのに、法律で認められない理由とは?】の続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2017/03/02(木) 07:25:09.07 ID:CAP_USER9
     「スッピンだから」「吹き出物を隠すため」「口臭が気になるから」…そんな何気ない理由でマスクを耳に引っかけたことのある人は少なくないはず。だけど、頼りすぎると依存して、思わぬ「落とし穴」にはまることに--。

     寒風吹きすさび、目下インフルエンザが大流行中。街でも電車でも、学校でもオフィスでも、屋内外を問わず目に付くのはマスク姿ばかり。15年前にはそんな光景はなかったはずだが…。『[だてマスク]依存症』(扶桑社新書)の著者の菊本裕三さんが指摘する。

     「それまで家庭用マスクはガーゼでしたが、2003年頃から不織布が使われ、性能も使い勝手も飛躍的にアップ。新型インフルエンザが大流行した2009年にはドラッグストアの店頭からマスクが消えるほど、爆発的に普及しました。それ以降、感染予防という本来の目的ではなく、『だてマスク』として使われるケースも多くなりました。中高生の若者だけでなく、社会人や年配者にも増えているんです」

     マスクユーザーの約半数が感染予防以外の目的で使っているという調査(2015年12月)もある。冒頭のような「スッピン隠し」は最も多い例だが、最近では「口元を隠せば目ヂカラが強調できる」「小顔効果がある」などの“美的効果”を狙う「だてマスク」もある。

     日本人のそうしたマスク偏愛は外国人には理解しがたいようだ。「アメリカで日常的にマスクをつけるのはマイケル・ジャクソンだけ」(アメリカ人)、「電車でつけている人がいたら重病人かと思って誰も近づかない」(ドイツ人)、「整形後なのかなと思う」(韓国人)という声を聞けば、日本の状況が世界でいかに珍しいかがわかるだろう。

    (続きはソース元でご覧ください)

    http://www.zakzak.co.jp/smp/society/domestic/news/20170301/dms1703011130007-s1.htm

    【【心の話題】「いつもマスク」の生活でうつ病を引き起こす恐れあり】の続きを読む

    1:  2017/03/02(木) 10:18:43.54 ID:SETZgPiW0 BE:844761558-PLT(13051) ポイント特典
    学校や仕事に行かず、家族以外とほとんど交流しない「引きこもり」は、もはや若者に特有の問題ではない-と考えるべきだ。

    http://www.nishinippon.co.jp/nnp/syasetu/article/310870

    【\(^o^)/ガチで引きこもったことのある奴にしかわからないこと】の続きを読む

    1:  2017/03/01(水) 10:55:38.31 ID:+ZXwlbci0 BE:837857943-PLT(16930) ポイント特典
    うつ病治療の権威である東京女子医科大学・坂本薫教授は、効果的な生活習慣として「朝日を浴びる」「魚を食べる」「散歩をする」
    の3つを勧めている。パニック障害など不安障害のスペシャリストである精神科医の貝谷久宣氏は、「簡単な片付け、
    掃除で気分をすっきりさせ」心を軽くする方法を提唱している。

    https://zuuonline.com/archives/118115

    【うつ病治療の効果的な生活習慣 「朝日を浴びる」「魚を食べる」「散歩をする」 この3つの勧め】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。2017/02/28(火) 09:17:34.93 0
    俺は惑星恐怖症
    あんなのが実在してると思うと耐えられないほどに怖い
    友人に言っても笑い飛ばされてしまうがな

    【(=゚ω゚)ノ 変わった恐怖症を持ってるやついる?】の続きを読む

    このページのトップヘ