野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    ほっこりする話題

    1: ハンバーグタイカレー ★ 2017/11/06(月) 08:39:58.37 ID:CAP_USER9
     全国20カ所にホテルを展開する「ホテルテトラ」(本社・北海道函館市)が、髪の毛の薄い客の宿泊料を割り引く「ハゲ割」なるサービスをしている。特にPRをしているわけではないが、口コミで広がっている。ホテルは「ゆっくりとくつろいで、明日のお仕事もどうぞハゲんでください」という。

     函館市梁川町の「ホテルテトラ」の袴田俊太支配人(29)によると、割引額は1泊あたり300~500円で、ホテルによって異なる。きっかけは、「部屋の掃除で、排水溝の髪の毛の処理が一番の手間」という従業員のぼやきだった。それを聞いた三浦孝司社長が、掃除の手間がかからない薄毛の人の宿泊料を安くしようと即断。2014年8月から「層雲峡マウントビューホテル」(上川町)で始め、全国の系列ホテルに広げた。

     三浦社長自身もスキンヘッドで、ホテルの玄関口では社長のマスコット人形が出迎えている。割引を受けるには、チェックアウトの際にフロント係員に申し出る。係員が頭髪の薄さを見て割引対象になるかどうかを判断する。明確な基準はなく、生え際が後退しているだけの人は微妙という。

     自分が対象になるかどうかおそるおそる係員に尋ねてくる客もいるなど、各ホテルで毎月数人の利用があるという。袴田支配人は「できるだけマスコット人形に近い人が理想ですが、多くのお客様の申し出をお待ちしています」。

    (詳しくはソース元でご確認ください)
    http://www.asahi.com/articles/ASKBK5Q7RKBKIIPE01D.html
    no title

    【【ハゲ歓喜】薄毛さん割引き、ホテル人気 「掃除の手間かからず」 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(東京都) [ニダ] 2017/10/20(金) 19:17:05.44 

    岩合光昭さん「猫が興味を持ってくれるときがチャンス」

    http://www.asahi.com/sp/articles/ASKBD51G4KBDUTFL00G.html
    かわいい
    1218

    【なぜ子猫はぷるぷるするのか? 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(庭) [ID] 2017/10/18(水) 09:38:41.35 

    https://news.yahoo.co.jp/pickup/6257793

    動物写真家・岩合光昭が、世界中の猫を撮影する人気番組『岩合光昭の世界ネコ歩き』(NHK BSプレミアム)。
    no title

    【猫嫌われないコツってある? (´・ω・`)】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(庭) [DE] 2017/10/07(土) 22:27:09.64 I
    水族館で飼育されているイルカたちの変わった行動が動画に収められており話題になっている。

    イルカの水槽の目の前に現れた数匹のリスに、興味津々になるというもの。イルカの水槽前を走り回るリスを見たさにイルカたちが集まりリスを鑑賞するという動画。

    最終的にイルカ5匹が集まってきて水槽の中からリスを鑑賞。いやリスはイルカのことをお構いなしに走り回っているが、人間からしたらリスよりもこの光景の方が珍しいのだが。

    このほかにも子どもと遊ぶシャチや、子どもを驚かせて遊ぶシロイルカなど面白い動画が多数公開されている。下記に動画をまとめておいたのでご覧になって欲しい。

    動画あり
    http://gogotsu.com/archives/33697
    no title

    no title

    【【なんやなんや?】 水族館のイルカたちがリスに興味津々に ワラワラ集まる】の続きを読む

    1: みつを ★ 2017/09/29(金) 21:55:41.14 ID:CAP_USER9
    http://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-41396175

    ローリー・ギャラガー

    ハエを叩こうとすると、いかに相手が自分より素早いか実感する。ずっと。しかし、小さいハエの脳みそは極小だ。それなのにいったいどうやって、私たちをあっさり出し抜いていくのか。

    家の中でハエを追い、靴を振り回して叩こうとしてもあえなく失敗。こんな経験がある人は、不思議に思ったことがあるだろう。

    いったいどうやって、あんなに速く動けるのか? こちらが何を考えているか、読めるのか?
    BBCワールドサービス番組「クラウドサイエンス」で、小さな生物が持つ驚異の能力について扱った際に、視聴者から寄せられた質問だ。

    結論から言えば、あなたや私と比べるとハエは世界をスローモーションのように見ているから。それが答えだ。
    たとえば、時計の針を見てもらうといい。あなたという人間にとって、針は決まった速度で動いている。しかしカメにとってはその倍の速度に見えるし、ハエにとっては4分の1の速度でのろのろと動いている。つまり時間の感覚は、生物の種類によって異なるのだ。

    生物は周囲の世界を連続的な映像として見ているため、この違いが起きる。実際には、眼が捉えて脳に送った画像を、1秒あたり何コマと決まったコマ数でつなぎあわせている。人間が外界を認識する速度は1秒60コマ、カメは15コマ、ハエは250コマだ。

    全て相対的

    脳の画像処理速度は、「フリッカー融合頻度」と呼ばれる。一般的に、生物の個体が小さければ小さいほど、臨界フリッカー融合頻度が速い。とりわけハエについては、私たちはとてもかなわない。
    ケンブリッジ大学のロジャー・ハーディー教授は、ハエの眼の仕組みを研究しており、ハエのフリッカー融合頻度を測る実験を行っている。

    「フリッカー融合頻度とは単に、連続した光として認識されるためには、どのくらい速い点滅速度が必要かという指標です」とハーディー教授は言う。

    教授はハエの眼の中にある、生きた感光性の細胞(光受容体)に小さなガラスの電極を挿入する。そしてLEDを点滅させ、点滅の間隔を次第に短くする。LEDが点滅するごとに光受容体に小さな電流が生じ、コンピューター画面にグラフとなって表示される。最速のハエは、1秒間に400回の点滅を個々の光の点滅として捉えることができる。人間より6倍以上速い。
    生物で最も速い視力を持つのは文字通り、「キラーフライ」(殺人ハエ、ムシヒキアブ)と呼ばれる種だ。欧州固有のごく小さな捕食生物で、他のハエに対して驚異的な速さで反応し空中で捕える。ケンブリッジ大学の「ハエ研究所」で、パロマ・ゴンザレス・べリード 博士はメスのキラーフライが入った特殊な撮影用の箱の中にミバエを餌として放ち、キラーフライの狩猟動作を見せてくれた。

    (続きはソース元でご覧ください)

    【【生物】ハエを叩き落とすのは、なぜこんなに難しいのか? 専門家が分析 BBCリポート】の続きを読む

    1: ひぃぃ ★ 2017/09/30(土) 11:17:17.43 ID:CAP_USER9
     地元特産の三島馬鈴薯(ばれいしょ)を使った「みしまコロッケ」を食べてもらおうと、伊豆箱根鉄道(静岡県三島市)は30日から、コロッケをかたどった三島-修善寺間1日乗り放題乗車券(1020円)を主な駅で販売する。切符の入っている袋を提示すると、駅周辺の約30店舗で割引きやコロッケ1個プレゼントなどの特典が受けられる。限定1000枚。販売と利用は今年度末まで。

     市内で開催された全国コロッケフェスティバルに合わせ、企画された。

     特典は、伊豆箱根三島駅そば店で、コロッケそばを注文すると、大盛りまたは温泉卵をサービス。修善寺駅売店「イズーラ修善寺」で、みしまコロッケ5個を購入すると1個サービスがつくなど。無人駅の原木駅、牧之郷駅以外のすべての駅で購入できる。

     同鉄道総務課の杉原理恵さんは「みしまコロッケを多くの人に知ってもらう機会になれば」としている。 

    (詳しくはソース元でご確認ください) 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170930-00000020-mai-soci

    画像
    no title

    【【地方】コロッケ型乗車券 伊豆箱根鉄道で限定1000枚】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。2017/09/25(月) 19:23:02.08 
    「がまんしたオナラのゆくえ」――体にまつわる非ジョーシキ
    ●寒いから「風邪」をひく・・・というわけではない
     寒いと風邪をひくイメージがあるが、実は寒さと風邪は無関係。冬場に風邪をひきやすいのは、原因となるウイルスが繁殖しやすい気候で、乾燥した空気によって気管の粘膜が傷つけられてしまい、体の抵抗力が落ちるからなのだ。ちなみに、風邪は感染症なので、外部との接触が少ない南極観測隊員はほとんど風邪をひかないのだという。
    ●がまんしたオナラの一部が「口」から出る!?
     オナラをがまんすると、行き場を失ったオナラは腸壁を通って血液中に吸収され、全身を巡る。その一部は腎臓に送られ、ろ過されてから尿になって排出されるが、実は、一部は肺に到達し、気道を通って口から吐き出されている。

    (詳しくはソース元でご確認ください)
    http://news.livedoor.com/article/detail/13661580/
    a0027_001187

    【おならを我慢すると血液に吸収されるって知ってた?】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。2017/09/16(土) 13:59:56.17
    「肉不足」で平均体重激減のベネズエラ、国主導でウサギ繁殖計画

    【9月14日 AFP】未曽有の経済危機に見舞われている南米ベネズエラのニコラス・マドゥロ(Nicolas Maduro)大統領が、多くの国民にとって肉を食べることがぜいたくと化している現状を打開する方策として、ウサギを食用に繁殖する計画を打ち出した。

    「動物性タンパク質は切迫した課題だ。そのため『ウサギ計画』を承認した。ウサギは何しろ『ウサギ算』といわれるほど多産だからだ」。マドゥロ大統領は国営テレビで冗談を交えてこう語り、牛肉などの安価な代用品としてウサギ肉を導入する考えを表明した。

    マドゥロ大統領は、深刻化の一途をたどる経済危機を「経済戦争」と称している。「ウサギ計画」は、この「経済戦争」における食料や医薬品の不足への対抗策の一環だという。

    ベネズエラでは、国民の約75%が経済危機の影響できちんと栄養を取れずに平均8.9キロ体重を落としたとの調査結果が今年発表されている。

    政府の食料計画を任されているフレディ・ベルナル(Freddy Bernal)氏は、「ウサギ計画」を成功させるため、国民は「ウサギ愛」を捨てなければならないと主張した。

    ベルナル氏によると、第一弾として貧困地区を対象に先だって子ウサギを配給したが、住民たちはペットとして名前を付け、一緒に寝るなどかわいがってばかりいるという。同氏は、子ウサギは2か月で体重2.5キロにまで育つと指摘。「ウサギはペットではなく、ベネズエラ国民の食卓に提供される高タンパク・コレステロールゼロの肉2.5キロだ」ということを国民は理解しなければならないと語った。

    (詳しくはソース元でご確認ください)
    http://www.afpbb.com/articles/-/3142906

    【【やさしい世界】食糧難のベネズエラ、ウサギを食料として国民に配給 → ペットとして可愛がり食べられず】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。2017/09/05(火) 13:15:52.38 
    マダニが媒介するウイルス感染症「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」の注意喚起のため、県が4日、県庁記者室で開いた会見で標本として持ち込んだマダニ1匹が姿を消した。

    体長2、3ミリで、机に並べてピンセットでつかもうとした際に見失い、殺虫剤をまく騒ぎとなった=写真。
    no title


    (詳しくはソース元でご確認ください)
    http://www.the-miyanichi.co.jp/kennai/_27859.html

    【宮崎県「こいつが殺人ウイルスをばらまくマダニです!!」ポロッ「あっ」Σ(゚Д゚;)】の続きを読む

    このページのトップヘ