野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    ほっこりする話題

    1: ばーど ★ 2017/04/10(月) 17:24:24.39 ID:CAP_USER9
    200_kGG33ppL鳴門市大麻町で生まれたコウノトリのひな3羽が、すくすくと成長している。9日正午ごろには巣の中で羽を広げたり、動き回ったりする姿が見られた。
    白い羽の先端は黒くなり、くちばしの色も薄い灰色に近づいている。

    ひな3羽は「3月21日までに誕生」と推定されており、生後約20日となった。
    兵庫県立コウノトリの郷公園(豊岡市)によると、人工的に育てられたひなの生後20日前後の体重は1・1~1・5キロで、野外での自然繁殖の個体はそれよりも大きいと予想されるという。

    観察していた男性は「アヒルくらいの大きさがあるのでは」と話していた。
    コウノトリのひなは生後40日くらいまで育てば、親鳥2羽が同時に巣を離れても、カラスなどの外敵から狙われにくくなる。

    営巣中のペアからは4羽のひなが誕生したが、うち1羽については3月30日に親鳥が「間引き行動」を取ったことが分かっている。

    コウノトリの雌と並んで元気な姿を見せる3羽のひな=9日午後0時50分、鳴門市大麻
    http://www.kobe-np.co.jp/news/tajima/201703/0010025041.shtml

    コウノトリひな誕生から20日 3羽すくすく成長 徳島・鳴門市
    https://www.youtube.com/watch?v=CDPLUibQK3o



    配信 2017/4/10 10:10

    【【自然】コウノトリ ひな3羽すくすく成長 1羽は親鳥が間引き 徳島鳴門市】の続きを読む

    1:  2017/04/09(日) 19:33:52.99 ID:u8lGewDI0
    猫自身も悪い事してるって認識あるのかな

    【(ΦωΦ) 柱で爪研いでるネコを見てると、「ヤベ」って顔して逃げるよね。】の続きを読む

    1:  2017/04/09(日) 18:33:57.90 ID:CAP_USER9
    民俗学者で「妖怪談義」や「遠野物語」などを著した柳田国男(1875~1962)の出身地で、妖怪による町おこしに力を入れる兵庫県福崎町が、カッパにちなんだレトルト食品「かっぱカレー」を開発した。8日に同町西田原の辻川山公園周辺で開かれた桜やグルメなどを楽しむ「民俗辻広場まつり」で販売された。

    柳田の著書「故郷七十年」には「子供のころに、市川で泳いでいると(河童〈かっぱ〉に)お尻をぬかれるという話がよくあった」と記されている。カッパの好物と言われる「尻子玉(しりこだま)」(人間の肛門〈こうもん〉内にあると想像された玉)に見立てたウズラの卵4個をカレーに入れた。

    試食を重ね、牛ひき肉入りの中辛のキーマカレー風に仕上げ、パッケージにはリアルなカッパを描いた。1箱(200グラム)税込み570円で、町観光協会は町役場やネット通販などで3日から販売している。

    この日はカッパのキャラクター「ガジロウ」がカレーの販売テントに立ってPR。その後、まつりの会場を歩き回ったが、「怖い」「嫌だ」と泣き出したり、逃げたりする子どもが相次いだ。(森直由)

    no title

    no title

    no title

    no title

    http://www.asahi.com/articles/ASK483FSWK48PIHB003.html

    【【これは怖いw】「かっぱカレー」食べて…PRキャラのカッパが怖いと泣き出す子供が相次ぐ 兵庫・福崎町】の続きを読む

    1: 2017/04/08(土) 09:55:49.14 
    群馬県沼田市の廃棄物収集運搬会社の敷地内で4日に、ごみの中から現金4251万円が見つかった。
    事件と関わりがあるのか、誤って捨てられたものなのか。実は、この場所、8年前にも300万円相当(当時)の金の延べ板が見つかったことがある。
    単なる偶然なのか。それとも--。
    地元ではさまざまな臆測が飛び交っている。

     「あのお金は自分のものです」。
    大金が見つかった4日以降、群馬県警沼田署には、こんな電話や問い合わせが相次いでいるという。
    しかし、持ち主はまだ特定されていない。

     県警によると、大金が見つかったのは4日の午後2時20分ごろ。
    同僚と2人で、廃棄物の選別作業をしていた男性従業員(63)が見つけた。

     しかし、沼田署は、現金が何に入っていたかやお札の種類など詳細については一切明かしていない。
    「本当の持ち主」かどうかを見極めるためだ。

     このお金は「拾得物」扱いのため3カ月間持ち主が現れなかった場合は、この会社のものとなる。
    しかし、会社関係者は困惑気味だ。「トラック1台でも買おうもんなら、地元の人から『あの金で……』とささやかれるでしょう」

    <沼田>現金4251万円持ち主名乗り続々 お宝騒動再び
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170407-00000096-mai-soci

    【【グンマー】ゴミから現金4251万円→「それ俺の」「私のよ!」「いーや!ワイのや」持ち主名乗り続出ww】の続きを読む

    1:  2017/03/29(水) 18:35:05.48 ID:CAP_USER9
    米国の研究者らが猫は本当は人間をどう思っているかを研究した。
    テレグラフ紙が「Behavioural Processes」誌から引用して報じた。

    それによれば、なんと猫は前から思われてきたようなエゴイストでも自己愛のかたまりでも何でもない。
    その反対に猫にとっては人間との付き合いはこよなく重要で、そのためにはものを食べないことも辞さないというのだ。

    実験には一般の家庭に飼われている猫、動物保護施設に暮らす猫合わせて50匹が参加。
    猫らの様子は数時間にわたって観察された。

    その結果、50%の猫が社会的な邪魔者として行動する人間と相互関係を持つことを望んだ
    猫たちは人間と関係を持つか、ほかの事を行うかの直接的な選択があったときでさえ、人間と交わるほうを選んだ。

    https://jp.sputniknews.com/science/201703293483401/

    【【ほっこり】猫は人間との付き合いを何よりも重要視していた!米国の研究で明らかに】の続きを読む

    1: ニライカナイφ ★ 2017/03/27(月) 02:27:19.29 ID:CAP_USER9
    それは木曜日の早朝3時半だった。
    夫婦と子供2人の一家4人がぐっすりと寝ていた時、飼い猫が突然その夫婦の女性の手を噛んだのだ。

    彼女を起こすために噛み付いたそのにゃんこ…なんとその時、家は火事になっていたのだ。海外メディアboredpandaが報じた。

    同メディアによるとその火災が発生したのはカナダ、アルバータ州の街グランド・プレーリーだ。
    「そうした事態の中で、猫が家族に注意喚起をするとはとても興味深い」と語るのはグランド・プレーリー消防署長のトレバー・グラントだ。

    「家族は猫のことで、とても喜んでいる。猫は十分に時間があるうちに彼らを起こしていました。
    もし彼らが起こされなかったら、結果は間違いなく異なったものになっていたでしょう」と続けた。

    幸いけが人はおらず、同消防員により火は消し止められた。
    さらには家族が飼っていたもう一匹の子猫も無事救出されたという。
    現在その家族と猫は別の住宅に滞在している。

    no title

    http://news.livedoor.com/article/detail/12850302/

    【【動物】猫が火事をしらせるために飼い主の手を噛んで家族を救出する カニャダ】の続きを読む

    1: 2017/03/22(水) 20:48:44.53 ID:sNFm8LqL0● BE:544270339-PLT(13000) ポイント特典
    京都動物園のペンギンの
    ナンテンに勝手に共感してる
    no title

    no title

    https://twitter.com/kaori__milkyway/status/844071135939448836

    【京都市動物園でぼっちのペンギンが見つかる (´・ω・`)】の続きを読む

    1: 2017/03/21(火) 20:06:09.92 ID:CAP_USER9
     小銭を入れると温かいうどんやトーストが出てくる懐かしの「レトロ自販機」が再び人気となっています。
    珍しい自販機がそろう店には、ファンが詰め掛けて「聖地」とも呼ばれています。

    詳しくは動画で
    http://news.tv-asahi.co.jp/sphone/news_society/articles/000096835.html

    動画
    https://www.youtube.com/watch?v=3Dgu0S_ji7k&feature=youtube_gdata_player


    【【うどん・そば】レトロ自販機が人気!ファン詰め掛ける“聖地”とは】の続きを読む

    このページのトップヘ