野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    ほっこりする話題

    1: 2017/04/08(土) 09:55:49.14 
    群馬県沼田市の廃棄物収集運搬会社の敷地内で4日に、ごみの中から現金4251万円が見つかった。
    事件と関わりがあるのか、誤って捨てられたものなのか。実は、この場所、8年前にも300万円相当(当時)の金の延べ板が見つかったことがある。
    単なる偶然なのか。それとも--。
    地元ではさまざまな臆測が飛び交っている。

     「あのお金は自分のものです」。
    大金が見つかった4日以降、群馬県警沼田署には、こんな電話や問い合わせが相次いでいるという。
    しかし、持ち主はまだ特定されていない。

     県警によると、大金が見つかったのは4日の午後2時20分ごろ。
    同僚と2人で、廃棄物の選別作業をしていた男性従業員(63)が見つけた。

     しかし、沼田署は、現金が何に入っていたかやお札の種類など詳細については一切明かしていない。
    「本当の持ち主」かどうかを見極めるためだ。

     このお金は「拾得物」扱いのため3カ月間持ち主が現れなかった場合は、この会社のものとなる。
    しかし、会社関係者は困惑気味だ。「トラック1台でも買おうもんなら、地元の人から『あの金で……』とささやかれるでしょう」

    <沼田>現金4251万円持ち主名乗り続々 お宝騒動再び
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170407-00000096-mai-soci

    【【グンマー】ゴミから現金4251万円→「それ俺の」「私のよ!」「いーや!ワイのや」持ち主名乗り続出ww】の続きを読む

    1:  2017/03/29(水) 18:35:05.48 ID:CAP_USER9
    米国の研究者らが猫は本当は人間をどう思っているかを研究した。
    テレグラフ紙が「Behavioural Processes」誌から引用して報じた。

    それによれば、なんと猫は前から思われてきたようなエゴイストでも自己愛のかたまりでも何でもない。
    その反対に猫にとっては人間との付き合いはこよなく重要で、そのためにはものを食べないことも辞さないというのだ。

    実験には一般の家庭に飼われている猫、動物保護施設に暮らす猫合わせて50匹が参加。
    猫らの様子は数時間にわたって観察された。

    その結果、50%の猫が社会的な邪魔者として行動する人間と相互関係を持つことを望んだ
    猫たちは人間と関係を持つか、ほかの事を行うかの直接的な選択があったときでさえ、人間と交わるほうを選んだ。

    https://jp.sputniknews.com/science/201703293483401/

    【【ほっこり】猫は人間との付き合いを何よりも重要視していた!米国の研究で明らかに】の続きを読む

    1: ニライカナイφ ★ 2017/03/27(月) 02:27:19.29 ID:CAP_USER9
    それは木曜日の早朝3時半だった。
    夫婦と子供2人の一家4人がぐっすりと寝ていた時、飼い猫が突然その夫婦の女性の手を噛んだのだ。

    彼女を起こすために噛み付いたそのにゃんこ…なんとその時、家は火事になっていたのだ。海外メディアboredpandaが報じた。

    同メディアによるとその火災が発生したのはカナダ、アルバータ州の街グランド・プレーリーだ。
    「そうした事態の中で、猫が家族に注意喚起をするとはとても興味深い」と語るのはグランド・プレーリー消防署長のトレバー・グラントだ。

    「家族は猫のことで、とても喜んでいる。猫は十分に時間があるうちに彼らを起こしていました。
    もし彼らが起こされなかったら、結果は間違いなく異なったものになっていたでしょう」と続けた。

    幸いけが人はおらず、同消防員により火は消し止められた。
    さらには家族が飼っていたもう一匹の子猫も無事救出されたという。
    現在その家族と猫は別の住宅に滞在している。

    no title

    http://news.livedoor.com/article/detail/12850302/

    【【動物】猫が火事をしらせるために飼い主の手を噛んで家族を救出する カニャダ】の続きを読む

    1: 2017/03/22(水) 20:48:44.53 ID:sNFm8LqL0● BE:544270339-PLT(13000) ポイント特典
    京都動物園のペンギンの
    ナンテンに勝手に共感してる
    no title

    no title

    https://twitter.com/kaori__milkyway/status/844071135939448836

    【京都市動物園でぼっちのペンギンが見つかる (´・ω・`)】の続きを読む

    1: 2017/03/21(火) 20:06:09.92 ID:CAP_USER9
     小銭を入れると温かいうどんやトーストが出てくる懐かしの「レトロ自販機」が再び人気となっています。
    珍しい自販機がそろう店には、ファンが詰め掛けて「聖地」とも呼ばれています。

    詳しくは動画で
    http://news.tv-asahi.co.jp/sphone/news_society/articles/000096835.html

    動画
    https://www.youtube.com/watch?v=3Dgu0S_ji7k&feature=youtube_gdata_player


    【【うどん・そば】レトロ自販機が人気!ファン詰め掛ける“聖地”とは】の続きを読む

    1:  2017/03/13(月) 08:52:45.78 ID:YLeeX4Vk0 BE:844481327-PLT(12345) ポイント特典
    隠すでも増やすでもなく時代は「魅せる」へ-。
    薄毛に悩む男性に似合う服装やヒゲの形、メガネなどのコーディネートをアドバイスし、新たな価値観を提示するユニークな企業が出現した。
    大阪市北区の「カルヴォ」だ。
    会社名は、イタリア語やスペイン語で「はげ」を意味するといい、昨年8月に設立された。
    4月には、薄毛モデルを起用したイベントを開催する予定で、大型連休の前後には、一般向けの本格的なサービスを開始するという。
    「コンプレックスを肯定できる社会を目指す」。代表者は壮大な〝夢〟を描いている。

    ■堂々!薄毛モデル

    昨年11月、大阪市内で開かれた撮影会。
    「カジュアル」と「フォーマル」の2つのテーマでコーディネートされた5人の薄毛の“モデル”が、御堂筋を歩いたり、中之島公会堂をバックにカメラマンのフラッシュを浴びたりした。
    カルヴォの松本圭司社長(44)によると、5人は会社経営者やサラリーマン。
    薄毛であることに、以前から悩みを抱えていたが、プロのスタイリングをはじめとする同社のサービスを受けて華麗に変身し、スーツ姿などで堂々とモデル役をこなした。
    撮影会の目的は、コーディネートを受ける前後の心理状態の変化を知るため。
    参加者は「自信になった」「髪形を気にして写真に撮られることを避けてきたが、今日は快感だった」と話していたといい、松本社長も事業への手応えを感じた。

    http://www.sankei.com/west/news/170313/wst1703130008-n1.html
    no title

    no title

    no title

    (続きはソース元でご覧ください)

    【【モデル】「ハゲはもう隠すな」 薄毛新時代は「魅せる」がトレンド 頭を曝け出せ】の続きを読む

    1:  2017/03/16(木) 07:10:05.04 ID:CAP_USER9
    イヌは経験を通じて学習し、戦略的にウソをつくことができるという
    論文が、学術サイト『Animal Cognition』に発表された。

    スイス、チューリッヒ大学の研究者マリアン・ヘバーライン氏は、
    自分の飼いイヌたちがとる奇妙な行動に興味をもった。1匹が
    もう1匹の注意をそらし、その隙に相手の寝床を奪おうとしたのだ。
    これを見たヘバーライン氏は、イヌは人間に対してもこうした狡猾な
    行動をとるのだろうかと考えた。

    *+*+ NATIONAL GEOGRAPHIC +*+*
    http://natgeo.nikkeibp.co.jp//atcl/news/17/031500098/ 

    【【わんこ】犬は人に“戦略的なウソ”をつく】の続きを読む

    1: 2017/03/09(木) 18:19:23.81 ID:CAP_USER9
    空自パイロットが漂流耐える訓練
    http://www3.nhk.or.jp/lnews/sapporo/7004515051.html?t=1489050813000

    航空自衛隊のパイロットが、飛行中のトラブルで海でボートに乗って漂流した際に、救助が来るまでの間、寒さに耐える訓練が千歳市で行われました。

    この訓練は、航空自衛隊千歳基地が毎年冬に行い、9日は、F15戦闘機のパイロットや救難隊員など20人が参加しました。想定は、航空機の飛行中にトラブルがあり海に脱出したパイロットが漂流したというもので、訓練はパイロットが小さなボートに乗り込んで始まりました。

    訓練では、荒波を想定して、救難隊員がパイロットにバケツで水をかけ続け、時折ボートを揺すって転覆させるなどして行われ、パイロットは、水と風を防ぐゴム製のまくで身を覆いながら、水温2度の川の中で訓練時間の30分を耐えていました。

    訓練に参加したF15戦闘機のパイロットの荒船真澄2等空尉は「手と足の感覚が無くなるほど寒かったです。初めての体験でしたが、実際にトラブルがあった時は訓練を生かせると思います」と話していました。

    03月09日 12時00分

    【【過酷】空自パイロットが漂流耐える訓練 荒波を想定してパイロットにバケツで水をかけ続け、時折ボートを揺すって転覆させるなど】の続きを読む

    このページのトップヘ