野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    軍事ニュース

    1: 名無しさん@涙目です。(禿) [CA] 2018/02/17(土) 15:39:05.06 ID:Fg/Fy6F30 
    ◆宇宙空間から鋼鉄の槍を投下する兵器 / 核兵器と同等の破壊力でアメリカ政府が開発中か「神の杖」

    宇宙空間の兵器人工衛星から非常に硬い鋼鉄の槍を地球に投下し、地面に衝突した衝撃で核兵器と同等の爆発を発生させることが可能な兵を、アメリカ政府が開発している可能性があるとの情報が入ってきた。

    ・大気圏を通過し地上に衝突

    この兵器は「神の杖」(Rod of god)と呼ばれており、従来のミサイルとはくべものにならないほど細い。しかしながら大気圏を通過し地上に衝突することで、恐ろしいほど大規模な爆発を起こし、その威力は核兵器と同等のものがあるとも言われている。

    (詳しくはソース元でご確認ください)

    http://buzz-plus.com/article/2018/02/15/rod-of-god/
    a0830_000123

    【【軍事】アメリカが開発中の新兵器「神の杖」がヤバイ】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(catv?) [MX] 2018/02/06(火) 12:30:04.44 ID:MtfRXl3d0
    大きな爆発音とともに、ヘリコプターが真っ逆さまに住宅へと突っ込み炎上した。佐賀県神埼市の住宅街に5日、陸上自衛隊のAH64Dヘリが墜落した。
    当時、直撃した住宅には11歳の女児がいたが、避難して間一髪で助かった。残骸が飛び散った周囲には小学校や認定こども園があり、一歩間違えば大惨事になった恐れも。
    「自分のところに落ちてくると思った」。事故を目撃した住民たちは恐怖で声を震わせた。

    中略

    ■オスプレイ配備影響か
     佐賀県神埼市の住宅街に自衛隊ヘリコプターが墜落した事故は、防衛省が進める佐賀空港への陸自オスプレイ配備計画の行方にも影響を与えそうだ。

     山口祥義知事は5日、県庁で記者団の取材に対し、「現場が住宅地で、近くには小学校や認定こども園がある。極めて憂慮すべき状況だ」と述べた。
    配備計画への影響については「そこにまだ考えが至らない」と答えるにとどめた。

     山口知事は昨年7月、計画受け入れに前向きな姿勢を示した後、米軍オスプレイの相次ぐ事故を受けて「安全の問題は重要。それがはっきりするまで進むとは考えられない」とし、判断を先送りしている。

     計画では空港西側に2019年度以降、陸自オスプレイ17機や墜落した機体が所属する陸自目達原(めたばる)駐屯地のヘリ50機を配備する。

     「佐賀空港への自衛隊オスプレイ等配備反対地域住民の会」の古賀初次会長は「ついに佐賀でも墜落事故が起きた。反対運動を強める」。
    計画推進を求める佐賀県議会の自民党県議は「計画への影響は避けられない」と話した。

    (詳しくはソース元でご確認ください)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180206-00010001-nishinpc-soci
    a0990_000804

    【【自衛隊】ヘリ墜落事故でオスプレイの導入延期の声が高まる! 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(東京都) [DK] 2018/01/27(土) 03:39:23.57 ID:mcRpZubs0 
    アメリカのトランプ政権が主導して国連のPKO=平和維持活動の予算が大幅に削減されたことを受けて、国連は、日本に対してPKO要員の訓練費用の提供を要請していることを明らかにしました。

    国連は現在、アフリカを中心に世界15か所でPKOを行っていますが、ことし6月までの年間予算は、最大の拠出金を支出しているアメリカのトランプ政権の主導で13%もの大幅な削減を余儀なくされています。

    こうした中、国連のラクロワPKO局長は24日、国連本部で記者会見し、去年1年間に武装勢力などの攻撃で命を落とした隊員は56人と、おととしから倍増していることを踏まえ、隊員の安全確保が喫緊の課題だとしたうえで、派遣前と派遣後の訓練が十分でないと、強い危機感を示しました。

    そのうえで、「日本のような国からの支援が必要だ。24日、日本政府の高官と会談したが、支援を得られることを期待している」と述べて、増え続ける訓練費用を確保するため、通常予算とは別に自主的な資金提供を日本に求めていることを明らかにしました。

    トランプ政権が国連機関への拠出金の削減や一部の機関から脱退を表明する中、国連は、パレスチナ難民を支援する国連機関の代表が来日して緊急の資金拠出を要請するなど活動資金の確保を迫られています。

    (詳しくはソース元でご確認ください)
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180125/k10011301811000.html
    shutterstock_488226595-650x401

    【【え?】国連「日本よ、アメリカの代わりにPKO訓練費用を出してくれ」 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(秋田県) [ニダ] 2018/01/11(木) 17:45:01.30 ID:66IdAEux0 
    注目集めるアジアの「空母レース」 中国の3隻目、日韓豪保有の可能性
    https://newsphere.jp/world-report/20180111-3/
    7085527ef92fb2b14215c4292972f29f

    【【軍事】現在航空母艦持っててもただの大きい巡航ミサイルの的じゃないか? 】の続きを読む

    1: 動物園φ ★ 2017/11/12(日) 14:01:08.55 ID:CAP_USER
    海自艦と米3空母、日本海で共同訓練 韓国は参加見送り
    2017年11月12日10時56分

     海上自衛隊と米海軍の原子力空母3隻の艦隊が12日午前、日本海で共同訓練を始めた。防衛省によると、海自の艦艇が日本海で米空母3隻と同時に共同訓練をするのは初めてとされる。6日の日米首脳会談で、軍事的挑発を続ける北朝鮮に対して「最大限の圧力をかける局面」との認識で一致したことを受け、「日米の強い結束」を演出する訓練となった。

     海自側から訓練に参加しているのは護衛艦「いなづま」「まきなみ」「いせ」の3隻。米側はロナルド・レーガン、ニミッツ、セオドア・ルーズベルトの空母3隻や駆逐艦など10数隻。日米の艦艇間で通信したり陣形を組みながら航行したりする訓練を実施したという。

     日本政府関係者によると、日米両政府は3隻の空母が日本海に集結するタイミングをとらえ、韓国も含めた3カ国の共同訓練を検討したが、韓国側との調整がつかず見送ったという。

    (詳しくはソース元でご確認ください)
    http://www.asahi.com/articles/SDI201711127118.html

    【【軍事】日米が日本海で共同訓練 韓国は参加見送り 】の続きを読む

    1: らむちゃん ★ 2017/10/21(土) 11:58:25.65 ID:CAP_USER
    レコードチャイナ 2017年10月21日 11時10分 (2017年10月21日 11時43分 更新)
    http://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20171021/Recordchina_20171021020.html

    2017年10月20日、韓国・東亜日報は、韓国空軍のF-15K戦闘機が修理部品の不足で飛行不能が頻発していることが分かった。

    国会国防委員会所属の金学容(キム・ハクヨン)議員(自由韓国党)が空軍本部から提出を受けた資料によると、F-15Kの「修理部品不足に起因する飛行不能(G-NORS)」事例の発生件数が15年の50件から今年上半期には60件に急増した。同期間の飛行不能時間も7.9日から16.8日に増加した。

    金議員は「空軍が部品を使い回しする方法で運用しているため、部品を取られた戦闘機が有事の際出撃が不可能」と指摘した。

    F―15Kは朝鮮半島有事の際、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の地下執務室を精密打撃する「タウルス」ミサイルを装備する機種で、1機当たりの価格が1000億(約100億円)。全60機が配備されている。

    KF-16戦闘機の場合も、「特定任務の遂行不可(F-NORS)」発生件数が15年の234件から、今年上半期には157件となり年間ベースでみると増加傾向を示している。

    金議員は「戦争が勃発すると、空軍のすべての戦闘機が投入され、爆撃任務を遂行しなければならないが、G-NORS、F-NORSの発生で、作戦が制限される」とし、「ただ平時で防空区域の作戦任務遂行に支障がないからと安心してはならない」と指摘した。

    (詳しくはソース元でご確認ください)
    【【知ってた】韓国空軍の戦闘機、修理の部品がなくて有事にも飛べず】の続きを読む

    1: ばーど ★ 2017/09/16(土) 21:04:29.50 ID:CAP_USER9
    北朝鮮がミサイルを発射した15日(日本時間)、米政府関係筋は、飛行距離が前回より増して約3700キロ・メートルに達したことを指摘し、「グアム攻撃が可能だという意思を示そうとしている」との分析を本紙に語った。

    金正恩キムジョンウン・朝鮮労働党委員長は、中距離弾道ミサイル「火星12」を8月29日に発射した際、「侵略の前哨基地であるグアムをけん制する前奏曲」と述べていた。

    淡路島ほどの大きさの島に金委員長が神経をとがらすのは、朝鮮半島有事の際、自らを狙う米軍の出撃拠点となるアンダーセン空軍基地があるためだ。

    有事には、在韓米軍と三沢基地に配備されているF16戦闘機や、空母搭載のFA18戦闘攻撃機とともに攻撃に加わるB1、B2、B52戦略爆撃機がローテーション配備され、いつでも空爆できる態勢をとる。大量の燃料・弾薬も備蓄する。中でも「死の白鳥」の異名を持つB1戦略爆撃機は「北朝鮮が最も脅威を感じている兵器」(軍事筋)。北朝鮮指導部への精密誘導爆弾を大量に搭載でき、超音速で北朝鮮まで約2時間で飛行できる。

    (詳しくはソース元でご確認ください)

    北朝鮮による弾道ミサイルの発射
    no title


    2017年09月16日 09時25分
    YOMIURI ONLINE
    http://www.yomiuri.co.jp/world/20170916-OYT1T50015.html

    【【軍事】北朝鮮「最大の脅威」死の白鳥B1爆撃機の出撃拠点 グアム、アンダーセン空軍基地を警戒】の続きを読む

    1:2017/08/30(水) 18:49:28.14 ID:CAP_USER
    「安倍晋三首相が公邸に宿泊したのは、北朝鮮が弾道ミサイルを発射した前日だけだ」。

    民進党の後藤祐一衆院議員は30日の衆院安全保障委員会で、政府の初動態勢に関しこう指摘した。

    西村康稔官房副長官は「常日頃から緊張感を持って情報分析をしている結果だ」とかわしたが、後藤氏は北朝鮮に見抜かれるとして「普段から公邸に泊まった方がいい」と助言した。

    今月、首相が公邸に泊まったのは25、28両日のみ。いずれも翌早朝に北朝鮮がミサイルを発射しており、事前に兆候を察知していたとみられる。25日は夜の会合などを入れず、28日夜も公邸内で自民党役員らと会食したのみ。

    出席者の1人は「首相はあまり酒を飲まなかった」と話していた。

    https://www.jiji.com/jc/article?k=2017083000971&g=prk
    img_kantei_vt

    【【北朝鮮ミサイル】安倍首相公邸泊、ミサイル事前把握か=野党が指摘―衆院委】の続きを読む

    1: 2017/08/13(日) 18:46:29.84 ID:CAP_USER
    朝鮮半島における緊張の高まりを受けて、韓国メディアが韓国の核武装を提案しました。

    韓国メディアは、記事の一面で、北朝鮮の脅威に対する防衛のため、核武装の必要性を強調し、「アメリカの核の傘は、韓国にとって信頼するのに十分ではなく、今は核兵器の獲得について見解を改める時期だ」としました。

    1974年に締結された、アメリカとの原子力協定によりますと、韓国の核兵器製造は禁じられており、アメリカは韓国を核の傘の下に置くことが保証されています。

    メディアの報道によりますと、韓国は数ヶ月で核爆弾を製造できるということです。

    韓国のソン・ヨンム国防大臣も、韓国は完全な核兵器獲得の能力を保有しているが、現在、この選択肢について検討することはないと語っています。

    アメリカと北朝鮮の緊張は、非常に高まっており、アメリカのトランプ大統領は、北朝鮮の大陸間弾道ミサイル実験に反応する中で、北朝鮮が脅迫を続ければ、これまで見たこともないような炎と怒りに直面するとしました。

    これに対して北朝鮮も、アメリカの基地があるグアム島をミサイル攻撃するための計画は、まもなく準備が整うとしています。

    (詳しくはソース元でご確認ください)
    http://parstoday.com/ja/news/world-i33876
    20160624-00059213-roupeiro-000-3-view

    【【北朝鮮脅威】韓国メディアが核武装を提案 「韓国は数ヶ月で核爆弾を製造できる」】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。 2017/06/17(土) 08:21:20.07 0
    no titleno title

    no titleno title

    no titleno title


    どこが最強の盾なん?

    【米イージス艦の装甲があっさり潰れたんだけど・・】の続きを読む

    このページのトップヘ