野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    軍事ニュース

    1:] 2017/04/18(火) 13:56:09.85
    在韓邦人、自衛隊が救出も=朝鮮半島有事で防衛相
    時事通信 4/18(火) 13:02配信
     稲田朋美防衛相は18日の衆院安全保障委員会で、朝鮮半島有事の際の在韓邦人保護について「仮に朝鮮半島で邦人などの退避が必要な事態に至り、民間定期便での出国が困難となった場合は、自衛隊法に基づく在外邦人の保護措置、輸送の実施を検討する」と述べた。

     民進党の本村賢太郎氏への答弁。

     自衛隊法を含む安全保障関連法の整備で、自衛隊による武器使用を伴う在外邦人の警護、救出といった「保護措置」が可能となった。稲田氏は「朝鮮半島で在留邦人の保護、退避が必要になった場合を想定し、平素から関係省庁間で連携して必要な準備、検討を行っている」と説明。自衛隊による保護措置について「必要な態勢を整え、各種訓練も順次実施している」と語った。 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170418-00000057-jij-pol

    【稲田防衛相「もし戦争なら自衛隊を朝鮮半島に上陸させる。日本人を助けるために。」】の続きを読む

    1:  2017/04/17(月) 14:36:10.98 ID:CAP_USER
    http://japanese.joins.com/article/142/228142.html?servcode=A00&sectcode=A00&cloc=jp|main|breakingnews

    米原子力空母「カール・ビンソン」(CVN-70)が、北朝鮮軍創建記念日である25日を前後に東海(日本名・日本海)に進入するということが分かった。

    17日、韓国メディアの毎日経済などは、韓国政府の高官消息筋を引用してカール・ビンソンが東海に入れば、韓国海軍と共に海上訓練を行うなど、北朝鮮への圧力というレベルで武力示威を行う計画だと報道した。

    報道によると、北朝鮮軍創建85周年を機に6回目の核実験や大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射など大型挑発に踏み切る可能性に備え、東海で連合作戦を行う予定だ。

    これに関連し、北朝鮮の労働新聞はこの日「正義の核火雷を避けることはできない」というタイトルの論評でカール・ビンソンの韓半島(朝鮮半島)周辺海域の展開に対して「米国の先制攻撃への試みが実践段階に入っている」とし、「ただでさえ険悪な地域情勢をより激化させる無謀な侵略行為」と主張した。

    【【無慈悲な鉄槌】米空母、25日を前後に東海へ進入…北朝鮮「先制攻撃、実践段階に入っている」】の続きを読む

    1: ニライカナイφ ★ 2017/04/16(日) 09:54:32.31 ID:CAP_USER9
    ロシアの超音速対艦ミサイル「ジルコン(ロシア語読みはツィルコン)」は実験段階でマッハ8に達した。4月15日、ロシアのRTテレビが軍産複合体内の消息筋からの情報として報じた。

    「ジルコン」のスピードは行進でマッハ8に達したことが確認されている。
    「ジルコン」はミサイルの多目的垂直発射システム「3S-14」からの発射を想定して作られている。「ジルコン」の軍備は2018年に予定されている。

    ■写真
    no title

    no title


    https://jp.sputniknews.com/russia/201704163541901/

    【【おそロシア】新型超音速対艦ミサイル「ジルコン」がマッハ8を達成】の続きを読む

    1: 2017/04/16(日) 08:29:17.94 ID:+kw6KqVd0 BE:323057825-PLT(12000) ポイント特典
    朝鮮半島近海へ向かって航行中の米原子力空母「カールビンソン」に対し、 中国とロシアがそれぞれ海軍の情報収集艦を派遣して動向を追尾していることが15日、わかった。

     北朝鮮への軍事行動も辞さない構えを見せている米国の出方を探る狙いがあるとみられ、自衛隊は周辺海・空域の警戒監視を強化している。

     複数の日本政府関係者が明らかにした。

     カールビンソンを中核にミサイル駆逐艦などで構成する空母打撃群は現在、東シナ海周辺を朝鮮半島に近い海域に向けて北上中とみられている。

     半島情勢の安定を優先する中露両国は、「政治的・外交的な努力を通じて平和的に解決する必要がある」(ラブロフ露外相)などとして、米国の強硬姿勢に懸念を示している。
    情報収集艦の派遣には、米国をけん制する意味合いもありそうだ。

    米空母を中露が追尾、北への軍事行動をけん制か
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170415-00050126-yom-int

    【【キャッキャウフフ】米軍空母を中露が追いかけっこ中】の続きを読む

    1:  2017/04/15(土) 13:42:01.00 
    産経ニュース @Sankei_news

    北朝鮮の軍事パレードにICBMが登場、トランプ米政権に誇示
    no title

    https://twitter.com/Sankei_news/status/853103571423813632

    【金正恩「どや、これが北朝鮮のICBMや!」 】の続きを読む

    1:  2017/04/15(土) 04:44:19.95 ID:CAP_USER
    北朝鮮の韓成烈(ハン・ソンリョル)外務次官は14日、AP通信のインタビューで、6回目の核実験は「最高指導部が適切と判断したとき、いつでも実施する」と述べた。朝鮮人民軍総参謀部は同日、トランプ米政権の「軍事的挑発」が危険な段階に至ったと非難する報道官談話を発表し、「挑発を超強硬対応で粉砕する」と在日米軍基地などへの報復を警告した。
     韓氏は「米の先制攻撃を前に手をこまねいていない」と強調。ツイッターで北朝鮮批判を繰り返すトランプ大統領に対し「攻撃的な書き込みが問題を引き起こしている」と批判した。
     朝鮮中央通信が伝えた軍の談話では、朝鮮半島周辺に向かっている米原子力空母について「接近するほど(北朝鮮側の)攻撃の効果が増す」と牽制。日本本土や沖縄、グアムの米軍基地に加え、米本土まで「われわれの戦略ロケット軍の照準内に入っていると心得るべきだ」と威嚇した。
    産経ニュース
    2017.4.14 23:05更新
    http://www.sankei.com/world/news/170414/wor1704140034-n1.html

    【【朝鮮半島情勢】朝鮮人民軍が在日米軍基地などへの報復を警告】の続きを読む

    1: ニライカナイφ ★ 2017/04/14(金) 13:02:20.95 ID:CAP_USER9
    米軍が、海軍特殊作戦部隊の中でももっとも精鋭を集めた「チーム6(Seal Team 6)」を配備したことが韓国国内での報道で明らかとなった。

    韓国大手紙のJoongAng Dailyによると、チーム6の韓国配備は、北朝鮮最高指導者の金正恩排除の特殊作戦実施を想定した演習を行うためとしている。
    チーム6は実際、2011年5月にはビン・ラディン襲撃作戦を実施していた。

    通常、実際に要人暗殺計画を実施する場合に、暗殺部隊の配備を公にすることはなく、チーム6の韓国配備は、北朝鮮指導部に対して、プレッシャーを与えるための抑止力の一環だと見られている。

    http://businessnewsline.com/news/201704132347410000.html

    【【チーム6】米軍、韓国に海軍特殊作戦部隊「Seal Team 6」を配備】の続きを読む

    1: 2017/04/14(金) 11:50:58.62 
    自民党、北朝鮮有事に即応確認 二階俊博幹事長「遠くへ出かけないように」と所属議員に伝達

    自民党は14日の役員連絡会で、朝鮮半島有事に備え、即応できる態勢をあらかじめ整える方針を確認した。

     二階俊博幹事長は同日の記者会見で、北朝鮮について「正直に言って、見通しは立てられない。慎重に見守りながら、後れを取らないようにしたい」と述べた。
    その上で「ただちに招集に応じられるよう、(議員らに)伝えてある」と語った。

    http://www.sankei.com/politics/news/170414/plt1704140013-n1.html


    こっちもヤバイ

    【緊急速報】 東アジア戦争の開戦は明日 水、缶詰、電池、肩パッド、株の手仕舞いの準備はできたか?
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/news/1492136468/

    【【これはマジで来る?】 自民党が幹事長名で所属議員に伝達 「近々開戦するので遠出禁止」】の続きを読む

    1:  2017/04/12(水) 01:07:15.31 
    米軍事海上輸送軍所属の潜水艦や特殊部隊の支援船「C・チャンピオン」が9日、那覇軍港に寄港し、10日に出港した。
    6日に韓国・釜山から沖縄に向かった。
    朝鮮半島情勢を巡り米政府による北朝鮮への軍事力行使が取り沙汰される中、C・チャンピオンの動きは米軍特殊部隊と関連している可能性もある。

    軍港を監視している関係者によると同船の寄港は見たことがないという。

    沖縄には米海軍の特殊部隊「ネイビー・シールズ」が配備されている。

    米シンクタンクのグローバルセキュリティーによると、C・チャンピオンは弾薬や燃料などを積み、兵員30人が支援なしに30日間過ごせる機能を備える。
    米メディアによると、米国家安全保障会議(NSC)は北朝鮮の核開発に対抗し、在韓米軍への核再配備をトランプ米大統領に提案した。
    米韓の特殊部隊を北朝鮮に潜入させる案を検討しているとの報道もある。(滝本匠)

    http://ryukyushimpo.jp/news/entry-476759.html
    no title

    【【シールズ】米軍特殊部隊支援船、那覇軍港に寄港 軍港監視のプロ「今まで見たこと無い・・・」】の続きを読む

    このページのトップヘ