野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    科学の話題

    1: しじみ ★ 2017/12/16(土) 06:17:17.03 ID:CAP_USER
    生命や太陽系の起源に迫ろうと、3年前に打ち上げられた探査機「はやぶさ2」について、JAXA=宇宙航空研究開発機構は、あと半年で、地球と火星の間にある目的の小惑星に到達すると発表しました。
    小惑星探査機「はやぶさ2」は、3年前の平成26年、生命や太陽系の起源に迫る手がかりを探ろうと、地球と火星の間にある小惑星「リュウグウ」に向けて打ち上げられました。

    この「はやぶさ2」について、JAXAは14日の記者会見で、現在、秒速24キロという猛スピードで飛行を続けていて、打ち上げからの移動距離は27億キロに達し、「リュウグウ」まで600万キロを切ったと発表しました。
    年明けからは5か月間にわたって搭載したイオンエンジンを連続的に噴射し、順調に飛行できれば、来年6月から7月ごろ「リュウグウ」から20キロの地点に到着し、「リュウグウ」のだ円軌道に入るということです。

    「はやぶさ2」はその後、1年半の間に3回、直径およそ900メートルの球に近い形をしている「リュウグウ」に着陸し、岩石の採取を行う予定ですが、地表の凹凸や温度、それに自転の軸の傾きなどはわかっていません。

    安全で、水や有機物を採取できる最適な着陸場所は、およそ1か月で探す必要があるため、研究チームは現在、仮想のリュウグウをコンピューター上に設けて、到着時のシミュレーションを続けています。

    研究チームの責任者で名古屋大学の渡邊誠一郎教授は「いよいよ本番が迫っているという気持ちです。訓練で課題なども見えたので、しっかりと科学的成果を地球に持ち帰れるよう気を引き締めていきたい」と話していました。

    (詳しくはソース元でご確認ください)
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20171214/k10011258581000.html
    hayabusa2_list_001

    【【宇宙】〈JAXA〉小惑星探査機「はやぶさ2」あと半年で小惑星リュウグウへの到着 】の続きを読む

    1: ノチラ ★ 2017/12/15(金) 17:51:52.08 ID:CAP_USER
     東京大学の相田卓三教授らは割れても押しつけているとくっついて直るガラスを開発した。破断面を30秒ほど押しつけるだけでつながる。高分子にある水素原子同士が結合する働きなどによって元に戻る。既存のガラス材料に混ぜれば、自己修復機能をもつ長寿命のガラスを作れる可能性がある。

    成果は米科学誌サイエンスに掲載された。

     高分子の中でも柔らかいゴムやゲルの中には、破断しても押しつけることで互いの分子が絡み合い修復する材料があることが知られていた。ガラスなど硬い材料では、加熱して溶かさないと修復できないと考えられていた。

     相田教授らは水素原子同士が結合しやすい構造の高分子を設計した。通常、水素原子が結びつきやすい部位が多いと結晶になり修復できなくなるが、さまざまな形状になる高分子にすることで防いだ。セ氏28度であれば1時間で完全に元の状態に戻るという。
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO24680880V11C17A2000000/
    a0003_000099

    【【スゴイ】東大、割れても直るガラス開発 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(佐賀県) [DE] 2017/12/06(水) 13:56:23.22 ID:2NEqCiSB0
    ごみを丸ごとエタノールに変換 世界初の技術、積水化学など開発 - ITmedia NEWS

     積水化学工業は12月6日、米LanzaTechと共同で、ごみを丸ごとエタノールに変換する生産技術の開発に世界で初めて成功したと発表した。ごみ処理施設に収集されたごみを分別することなくガス化し、微生物によってこのガスを効率的にエタノールに変換できたという。熱や圧力を用いることなくごみをエタノール化でき、「まさに“ごみ”を“都市油田”に替える技術」だとアピールしている。

     収集されたごみは雑多で、含まれる成分・組成の変動が大きい。ごみを分子レベルに分解する「ガス化」の技術は確立されており、微生物触媒を使ってこのガスを分解する技術もあるが、ガスにはさまざまな夾雑物質(余計な物質)が含まれるため、そのままの状態では、微生物触媒の利用が難しかった。

     両社は今回、ガスに含まれる夾雑物質を特定し、その状態をリアルタイムでモニタリングする制御技術を開発。また、ごみに含まれる成分や組成の変動に応じて微生物の生育状態を調整し、活性を一定に維持する技術も開発した。これにより、ガス内の夾雑物質を除去・精製した上で、微生物触媒によって効率的にエタノールを生産できるようになったという。

     同社は、埼玉県内のパイロットプラントで2014年から3年間、実際に収集したごみを、極めて高い生産効率でエタノール化することに成功したという。

     2019年度に実用プラント稼働を目指し、以降、各地のごみ処理施設の更新タイミングでの本技術の普及を目指す。同技術の普及に向け、国などに広く説明していくとともに、各自治体やごみ処理関連企業等のパートナー候補を幅広く募っていく。
    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1712/06/news079.html
    no title

    no title

    【【エネルギー】ごみを丸ごとエタノールに変換 世界初の技術、積水化学など開発 】の続きを読む

    1: 47の素敵な(pc?) (ワッチョイ 8a84-9wPJ) 2017/11/30(木) 07:59:11.35 ID:qz3qHMCS0
    http://yurukuyaru.com/archives/21488840.html

    汗や体の汚れを落とすため、毎日のようにシャワーを浴びたりお風呂に浸かる人というのは少なくありません。しかし実際のところ、どれほどの頻度で我々は入浴すべきなのでしょうか。

    皮膚病学者が驚きのアドバイスをしています。

    「はっきりと知っておくべきでしょう、我々は入浴のしすぎなのです」

    米ボストンの皮膚科医、ラネラ・ハーシュ博士はこのように述べ、過度の入浴の原因は「巧妙な宣伝広告がもたらした我々の社会規範にある」と指摘。ジョシュア・ツァイヒナー博士(マウントサイナイ病院勤務)も「文化的なものにすぎない」と同調しています。

    アメリカでは南北戦争後、石鹸の広告が広がりを見せました。

    そして1920年代から30年代にかけて、工業化や女性の社会進出も増えてきたため、”清潔である”つまり”きちんと入浴している”ことが社会的な重要性を帯びてきたのです。

    しかし、シャワーを頻繁に浴びることは有害無益でしかありません。

    お湯でシャワーを浴びすぎると肌を乾燥させ、炎症を引き起こす原因に。さらに小さなひび割れを誘発するため、感染症のリスクが高まることをも意味します。体に良い細菌(善玉菌)を洗い流してしまう、というのは言うまでもないでしょう。

    【科学者「毎日風呂に入るとか、みんな企業広告・社会の常識に踊らされすぎ】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(catv?) [CN] 2017/11/15(水) 20:48:42.71 ID:5WkFw3ah0 
    2017年11月12日、騰訊網は、日本人が入浴時にするある行動について紹介する記事を掲載した。

    記事は「われわれは日本のドラマやアニメでしばしば、日本人がタオルを頭に乗せてお風呂に使っているシーンを見る。これはタオルが濡れないようにするためでもなければ、頭髪を整えるためでもない。科学的な理由があるのだ」とした。

    そして「頭の上に置かれるタオルは原則として水で濡らしたもの。お風呂に浸かると体は水圧を受け、血液が頭部に集中しやすくなり、脳溢血を引き起こすリスクが高まる。これを防ぐのが頭上の冷たいタオルなのだ。まさに『頭寒足熱』である」と説明した。

    一方で、冬の露天風呂などで外気と水中の温度差が大きいところでは血圧が急上昇しやすくなるため、こういった場合にはお湯で濡らしたタオルを頭の上に乗せるといいと紹介している。また、「浴槽から急に立ち上がると頭部に集まっていた血液が下に移動するためにめまいを起こしやすい」とし、「このめまいを防ぐ上でも冷たいタオルを頭に乗せるのが効果的である」と伝えた。

    記事は「本当に小さな習慣や小さな部分に大きな知恵が隠れているものだ。
    細部に気をつける日本人の精神は、われわれが学ぶに値する」と結んでいる。

    (詳しくはソース元でご確認ください)
    http://www.recordchina.co.jp/b215872-s0-c60.html
    a0790_001054

    【日本人が温泉に入る時にするあの謎の行動、実は科学的な理由があった! 】の続きを読む

    1: ニライカナイφ ★ 2017/10/26(木) 07:49:42.41 ID:CAP_USER9
    ◆ 広島大と静岡大、岩盤含水モデル構築 海水、年23億トン減少

    広島大学大学院理学研究科の畠山航平大学院生や片山郁夫教授らは、海洋プレート(岩盤)が海水を多く取り込み、世界の海水が減少傾向にあることを示す新しいモデルを提唱した。従来モデルに比べ、新モデルでは海水の年間減少量が23億トンと倍増。

    6億年後に海がなくなる可能性を示した。
    地球内部に運び込まれる水の量が分かれば、地球で海が存在できる理由や存続できる期間などについて知見が得られるという。

    研究グループは、マントルが水を取り込んだ際に作られる岩石「蛇紋岩」の水の通りやすさを検討。
    海洋プレートの含水モデルを構築し、地球内部に運び込まれる海水の総量を調べた。

    計算の結果、海洋プレートによって地球内部に運ばれる海水は年間25億トンとなり、火山などにより地球内部から排出される水の排出量2億トンを大きく上回った。

    プレートの水の取り込みはこれまで最上部にある「海洋地殻」だけだと考えられていた。
    近年の調査では海溝付近にある断層に沿って海洋マントルまで水が浸透していると指摘されている。

    静岡大学との共同研究。
    成果は24日、英電子版科学誌サイエンティフィック・リポーツに掲載された。

    no title

    https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00447908?twinews=20171025



    【【驚愕】海水、年23億トン減少…6億年後に海がなくなる可能性も 】の続きを読む

    1: 名無しさん 2017/10/22(日) 15:56:15.81 
    南極海を覆う氷に「巨大な穴」が出現 研究者らが原因の究明にあたる。

    南極海を覆う分厚い氷に巨大な穴が出現し、科学者たちを驚かせている。
    穴の大きさは米国のメイン州の広さに匹敵し、そのサイズは約8万平方メートルに達している。
    昨年の同じ時期にも、これよりやや小さめの穴が出現しており、科学者らはこの原因を突き止めようとしている。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13778352/
    no title

    no title

    【【驚愕】南極に北海道がすっぽり入る超巨大な穴が出現 】の続きを読む

    1: ばーど ★ 2017/10/21(土) 23:50:37.90 ID:CAP_USER9
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171021/k10011185351000.html?utm_int=all_side_ranking-social_001

    超大型で非常に強い台風21号を調べるため、名古屋大学を中心とする研究グループが21日、日本人の研究者として初めて、飛行機で台風の中心である「目」の中に入り、直接、観測を行いました。台風の中心である「目」の周りでは巨大な積乱雲が発達し、周辺では猛烈な風が吹いていることが観測され、観測にあたった専門家は「急速に発達した台風特有の状態で、今後も広い範囲で猛烈な雨や風に厳重な警戒が必要だ」と指摘しています。

    観測を行ったのは、名古屋大学や琉球大学などの台風の専門家による研究グループです。

    21日は昼すぎに鹿児島空港を離陸し、高度13キロ余りに上昇したあと、超大型で非常に強い勢力に発達した台風21号の西側から、台風の中心の「目」に入ることに成功しました。

    目の中に入ると、突如として青空が広がり、周囲には「壁雲」と呼ばれる発達した積乱雲が壁のようにそそり立ち、中心付近では海面が見える場所もありました。

    研究グループは、台風の中心付近を旋回しながら、「ドロップゾンデ」と呼ばれる長さ30センチほどの観測機器を合わせて21個投下しました。ドロップゾンデは、雲の中を落下しながら、1分おきに風速や気圧、それに湿度などのデータを記録します。

    21日の観測では、台風の中心付近で、地上付近の気圧が925ヘクトパスカル前後、風速は地上から1キロの地点で80メートル近く、地上付近で70メートルを超え、猛烈な風が吹いていることが確認できたということです。

    グループによりますと、日本人の研究者が台風の中心付近を飛行機で直接、観測したのは、今回が初めてだということです。

    (詳しくはソース元でご確認ください)

    K10011185351_1710212052_1710212053_01_03


    【【動画あり】台風21号の「目」に飛行機で入り 直接観測に成功 日本人の研究者として初 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。 2017/09/29(金) 11:11:18.41 
    ABO式血液型とがんの発症リスクを検討した観察研究の論文が「プロス ワン」という科学誌に2017年9月7日付で掲載されました。たしかに、ABO式の血液型は遺伝的な特性ともいえるので、遺伝と関連性のあるがんの発症頻度と何らかの関係性があると考えても違和感はありません。

    この研究は1万8244人の中国人男性を25年間にわたり追跡調査し、A型と比較した各血液型のがん発症リスクを検討しています。解析にあたっては、結果に影響しうる年齢、飲酒・喫煙状況などの因子で統計学的に補正を行っています。

    研究の結果、がん全体の発症率はA型と比べてB型では9%統計的にも有意に減少していました。しかしながら、AB型、O型ではそれぞれ明確な差は示されませんでした。

    また、がんの種類別に発症率を検討したところ、A型と比べて、B型では胃がんが25%、大腸がんが22%、膀胱がんが36%減少しました。AB型では大腸がんが32%減少しましたが、肝がんは45%増加するという結果でした。O型では全てのがんについてA型と明確な差を認めませんでした。

    https://hc.nikkan-gendai.com/articles/214466
    ketsuekigata_character

    【【B型最強説】B型って癌になりにくいんだって A型とO型は同じという研究結果】の続きを読む

    このページのトップヘ