野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    科学の話題

    1: しじみ ★ 2019/01/20(日) 18:27:19.42 ID:CAP_USER
    肥料の原料として世界中で生産されている水素と窒素の化合物「アンモニア」の新しい合成法を、九州工業大大学院生命体工学研究科(北九州市若松区)の春山哲也教授(54)が開発した。水と空気だけを材料にする簡易的な方法で、化石燃料を使用する従来の製造法に比べて、大幅なコスト低減が見込まれる。環境への負荷も少なく、注目を集めそうだ。

     春山教授によると、世界の人口が増え続ける中、アンモニアは食糧の増産に欠かせない重要な化合物。世界で年間約1億7千万トン生産されている。

     現在の製造はほぼ100%、1913年に実用化された「ハーバー・ボッシュ法」を採用。天然ガスに含まれる水素を高温、高圧で窒素と合成し、アンモニアを生み出す。ただし、大規模な工場が必要で、二酸化炭素(CO2)を排出することにもなる。

     気体と液体の境界で起こる反応を研究している春山教授は、水の表面の水素原子が他の原子と反応しやすい性質に着目。空気に電気を流し、刺激を与えることで、空気中の窒素原子と水の表面の水素原子が結合して水中にアンモニアが溶け出す仕組みだ。

    (続きはソース元でご確認ください)

    no title

    no title


    https://web.smartnews.com/articles/fyvMhZ9PXHy

    【【化学】アンモニアに新合成法 水と空気だけ、コスト大幅減 九工大の春山教授開発】の続きを読む

    1: みつを ★ 2018/12/07(金) 19:46:51.84 ID:CAP_USER9
    https://www.bbc.com/japanese/video-46479135

    世界中で増える食物アレルギー 科学者たちの見解
    2018/12/07 2時間前

    英国の医師らによると、世界中でこれまでよりずっと、子供たちの食物アレルギー発症率が上がっているという。

    アレルギー増加がここ数十年、特に西側諸国でみられると、ロンドンのキングス・コレッジは伝える。たとえば、食物アレルギーは英国の子供の7%に影響している。オーストラリアの子供は9%が食物アレルギーの影響を受けている。

    なぜ発症率が上がっているのか? 科学者たちは、はっきりとはわからないが、いくつかの理由が考えられると話す。
    a1400_000510

    【【健康】世界中で増える食物アレルギー 科学者たちの見解】の続きを読む

    1: しじみ ★ 2018/10/04(木) 11:34:55.30 ID:CAP_USER
    資生堂は3日までに、人が緊張やストレスを感じた際に、皮膚から特徴的な臭いを持つ「ストレス臭」が発生することを発見したと発表した。ストレス臭は、ネギやタマネギの臭いに似ているという。資生堂は研究結果を応用し、ストレス臭を防ぐための関連商品の開発を急ぐ考え。

    緊張によるストレス状態を再現するために、女性40人に対して、初対面の人が20分間インタビューを実施。その後、40人の皮膚から出るガスを採取して臭気判定士が嗅ぐ実験で、硫黄化合物のような特有の臭いがあることを確認した。

    (詳しくはソース元でご確認ください)
    https://mainichi.jp/articles/20181003/k00/00e/040/310000c
    a0002_001035

    【資生堂 「ストレス臭」発見 緊張で皮膚からネギの臭い】の続きを読む

    1: しじみ ★ 2018/10/07(日) 03:53:55.45 ID:CAP_USER
    1977年8月に打ち上げられた米無人宇宙探査機「ボイジャー2号」が、約40年の時を経ていよいよ太陽系の外に脱出します。

    現在、ボイジャー2号は地球から約177億キロを離れた太陽風が届く範囲である太陽圏(heliosphere)の最外部(heliosheath)を飛行しています。
    原子力電池を搭載しているボイジャー2号は、これまでに木星・土星・天王星・海王星に接近し、その姿を我々に届けてきました。1989年8月には海王星の大暗斑(後に消滅)を捉えるなどの惑星探査を終え、以降は太陽圏の星間空間ミッションを行っていました。


    ▲ボイジャー2号が捉えた「大暗斑」が見える海王星

    なお、これまでに太陽系を脱出した人工物は、2012年の「ボイジャー1号」続き2機目となります。

    ■NASA Voyager 2 Could Be Nearing Interstellar Space
    https://www.nasa.gov/feature/jpl/nasa-voyager-2-could-be-nearing-interstellar-space

    no title


    ▲ボイジャー2号が捉えた「大暗斑」が見える海王星
    no title

    (詳しくはソース元でご確認ください)
    https://sorae.info/030201/2018_10_06_voyager2.html

    【【宇宙】「ボイジャー2号」いよいよ太陽系脱出へ。打ち上げから約40年[10/06] 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(庭) [CN] 2018/10/05(金) 11:04:34.03 ID:JfrLAd4E0
    夢の交通手段と呼ばれる高速真空管列車「ハイパーループ」の実物大の試作品が世界初公開された。

    アメリカのハイパーループ開発会社である「ハイパーループトランスポーテーション・テクノロジー(HTT)」は2日にスペインのエル・プエルト・デ・サンタ・マリアにて試作品「キンテロ・ワン(Quintero One)」と公開。

    実際に人が乗ることが可能な試作品で、ハイパーループの会長は「2019年実際に人を乗せる準備を終える」と明らかにした。

    この日HTTが公開したプロトタイプは長さ32メートル、重量5トン、耐久性が非常に高い二層構造の複合材料で作られたもの。乗客は28名から最大40名まで乗ることが可能。

    もしこれが実現すれば、理論上は東京から名古屋まで16分で走破することが可能となる(助走やブレーキなどは考慮なし)。

    (詳しくはソース元でご確認ください)
    http://gogotsu.com/archives/43638
    no title

    no title

    【【未来】東京から名古屋を16分で繋ぐ時速1200kmの高速真空管列車を世界初公開 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(空) [JP] 2018/03/04(日) 06:13:41.37 ID:wXIsPIXV0
    米東海岸、冬の嵐で5人死亡 空の便は3000便以上欠航

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180303-00000028-jij_afp-int
    【AFP=時事】米東海岸で2日、大型の冬の嵐に見舞われ、計5人が死亡した。暴風雨や雪の影響により首都ワシントンでは空の便が多数欠航、政府機関も閉鎖を余儀なくされている。


    大寒波「シベリアのクマ」 欧州で歴史的寒さ、地中海にも雪
    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20180303-00000054-jnn-int

    「シベリアのクマ」。そんな異名をとる大寒波がヨーロッパ各地を襲っています。

     ロシア方面から到来した大寒波の被害が、ヨーロッパ各地で広がっています。

     アイルランドの首都ダブリンでは、悪天候のため空港が一時閉鎖されました。運航の再開は、現地時間3日の朝になりそうです。

     イギリスでもマイナス15度近くまで冷え込む地域がでるなど、1991年以来の寒さを記録しています。

    欧州大寒波 「東からの獣」に凍る
    https://search.yahoo.co.jp/amp/s/www.bbc.com/japanese/amp/43221824%3Fusqp%3Dmq331AQECAEYAQ%253D%253D

    欧州が大寒波に襲われている。寒気は最も南で地中海沿岸まで到達し、広い範囲で積雪が見られた。26日以降、ポーランドで5人、ルーマニアで2人、計7人の死者が報告されている。

    英国では「東からの獣(the Beast from the East)」とあだ名された今回の寒気は、欧州一帯に凍てつく風をもたらし、気温は場所によって零下30度にまで下がった。

    AFP通信によると、この4日間の死者数は少なくとも計24人。多くは都市部の路上生活者だという。そのうち、3人はフランス、もう3人はチェコ、1人はイタリアの路上生活者だった。

    金沢の雪、「61豪雪」以来300センチ大台超http://sp.yomiuri.co.jp/national/20180228-OYT1T50081.html

    金沢市の2月の降雪量は133センチの見通しとなり、1988年以来、30年ぶりの大雪となったことが金沢地方気象台のまとめでわかった。

    (詳しくはソース元でご確認ください)
    【日本「大寒波」欧州「大寒波」米「大寒波」地球温暖化半端ねぇな  ('A`) 】の続きを読む

    1: しじみ ★ 2017/12/16(土) 06:17:17.03 ID:CAP_USER
    生命や太陽系の起源に迫ろうと、3年前に打ち上げられた探査機「はやぶさ2」について、JAXA=宇宙航空研究開発機構は、あと半年で、地球と火星の間にある目的の小惑星に到達すると発表しました。
    小惑星探査機「はやぶさ2」は、3年前の平成26年、生命や太陽系の起源に迫る手がかりを探ろうと、地球と火星の間にある小惑星「リュウグウ」に向けて打ち上げられました。

    この「はやぶさ2」について、JAXAは14日の記者会見で、現在、秒速24キロという猛スピードで飛行を続けていて、打ち上げからの移動距離は27億キロに達し、「リュウグウ」まで600万キロを切ったと発表しました。
    年明けからは5か月間にわたって搭載したイオンエンジンを連続的に噴射し、順調に飛行できれば、来年6月から7月ごろ「リュウグウ」から20キロの地点に到着し、「リュウグウ」のだ円軌道に入るということです。

    「はやぶさ2」はその後、1年半の間に3回、直径およそ900メートルの球に近い形をしている「リュウグウ」に着陸し、岩石の採取を行う予定ですが、地表の凹凸や温度、それに自転の軸の傾きなどはわかっていません。

    安全で、水や有機物を採取できる最適な着陸場所は、およそ1か月で探す必要があるため、研究チームは現在、仮想のリュウグウをコンピューター上に設けて、到着時のシミュレーションを続けています。

    研究チームの責任者で名古屋大学の渡邊誠一郎教授は「いよいよ本番が迫っているという気持ちです。訓練で課題なども見えたので、しっかりと科学的成果を地球に持ち帰れるよう気を引き締めていきたい」と話していました。

    (詳しくはソース元でご確認ください)
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20171214/k10011258581000.html
    hayabusa2_list_001

    【【宇宙】〈JAXA〉小惑星探査機「はやぶさ2」あと半年で小惑星リュウグウへの到着 】の続きを読む

    1: ノチラ ★ 2017/12/15(金) 17:51:52.08 ID:CAP_USER
     東京大学の相田卓三教授らは割れても押しつけているとくっついて直るガラスを開発した。破断面を30秒ほど押しつけるだけでつながる。高分子にある水素原子同士が結合する働きなどによって元に戻る。既存のガラス材料に混ぜれば、自己修復機能をもつ長寿命のガラスを作れる可能性がある。

    成果は米科学誌サイエンスに掲載された。

     高分子の中でも柔らかいゴムやゲルの中には、破断しても押しつけることで互いの分子が絡み合い修復する材料があることが知られていた。ガラスなど硬い材料では、加熱して溶かさないと修復できないと考えられていた。

     相田教授らは水素原子同士が結合しやすい構造の高分子を設計した。通常、水素原子が結びつきやすい部位が多いと結晶になり修復できなくなるが、さまざまな形状になる高分子にすることで防いだ。セ氏28度であれば1時間で完全に元の状態に戻るという。
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO24680880V11C17A2000000/
    a0003_000099

    【【スゴイ】東大、割れても直るガラス開発 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(佐賀県) [DE] 2017/12/06(水) 13:56:23.22 ID:2NEqCiSB0
    ごみを丸ごとエタノールに変換 世界初の技術、積水化学など開発 - ITmedia NEWS

     積水化学工業は12月6日、米LanzaTechと共同で、ごみを丸ごとエタノールに変換する生産技術の開発に世界で初めて成功したと発表した。ごみ処理施設に収集されたごみを分別することなくガス化し、微生物によってこのガスを効率的にエタノールに変換できたという。熱や圧力を用いることなくごみをエタノール化でき、「まさに“ごみ”を“都市油田”に替える技術」だとアピールしている。

     収集されたごみは雑多で、含まれる成分・組成の変動が大きい。ごみを分子レベルに分解する「ガス化」の技術は確立されており、微生物触媒を使ってこのガスを分解する技術もあるが、ガスにはさまざまな夾雑物質(余計な物質)が含まれるため、そのままの状態では、微生物触媒の利用が難しかった。

     両社は今回、ガスに含まれる夾雑物質を特定し、その状態をリアルタイムでモニタリングする制御技術を開発。また、ごみに含まれる成分や組成の変動に応じて微生物の生育状態を調整し、活性を一定に維持する技術も開発した。これにより、ガス内の夾雑物質を除去・精製した上で、微生物触媒によって効率的にエタノールを生産できるようになったという。

     同社は、埼玉県内のパイロットプラントで2014年から3年間、実際に収集したごみを、極めて高い生産効率でエタノール化することに成功したという。

     2019年度に実用プラント稼働を目指し、以降、各地のごみ処理施設の更新タイミングでの本技術の普及を目指す。同技術の普及に向け、国などに広く説明していくとともに、各自治体やごみ処理関連企業等のパートナー候補を幅広く募っていく。
    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1712/06/news079.html
    no title

    no title

    【【エネルギー】ごみを丸ごとエタノールに変換 世界初の技術、積水化学など開発 】の続きを読む

    1: 47の素敵な(pc?) (ワッチョイ 8a84-9wPJ) 2017/11/30(木) 07:59:11.35 ID:qz3qHMCS0
    http://yurukuyaru.com/archives/21488840.html

    汗や体の汚れを落とすため、毎日のようにシャワーを浴びたりお風呂に浸かる人というのは少なくありません。しかし実際のところ、どれほどの頻度で我々は入浴すべきなのでしょうか。

    皮膚病学者が驚きのアドバイスをしています。

    「はっきりと知っておくべきでしょう、我々は入浴のしすぎなのです」

    米ボストンの皮膚科医、ラネラ・ハーシュ博士はこのように述べ、過度の入浴の原因は「巧妙な宣伝広告がもたらした我々の社会規範にある」と指摘。ジョシュア・ツァイヒナー博士(マウントサイナイ病院勤務)も「文化的なものにすぎない」と同調しています。

    アメリカでは南北戦争後、石鹸の広告が広がりを見せました。

    そして1920年代から30年代にかけて、工業化や女性の社会進出も増えてきたため、”清潔である”つまり”きちんと入浴している”ことが社会的な重要性を帯びてきたのです。

    しかし、シャワーを頻繁に浴びることは有害無益でしかありません。

    お湯でシャワーを浴びすぎると肌を乾燥させ、炎症を引き起こす原因に。さらに小さなひび割れを誘発するため、感染症のリスクが高まることをも意味します。体に良い細菌(善玉菌)を洗い流してしまう、というのは言うまでもないでしょう。

    【科学者「毎日風呂に入るとか、みんな企業広告・社会の常識に踊らされすぎ】の続きを読む

    このページのトップヘ