野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    やじ馬ニュース

    1: 記憶たどり。 ★ 2020/09/02(水) 15:37:12.62 ID:x3EOt3qk9
    https://news.yahoo.co.jp/articles/e9a95a96effaa347e1de3a2588f0ee58fac9c4a1

    「古民家の収納から古いセメダインCが発掘されました」

    先月末、ある男性が、そんなツイートをつぶやきました。

    金属の蓋に、鮮明に読み取れる説明書の文章はカタカナで「新發賣」など旧字体表記。
    さらに「¥.30(30銭)¥.50(50銭)」という販売価格―。

    程なくセメダイン公式から「すごい・・・!!おそらくなのですが、弊社にも史料が残っていない発売当初(1938年頃)のものだと思われます。大変貴重な情報をありがとうございます。周りの社員も驚いております!!!」と興奮したコメントが届き、その後も覚めやらず「めっちゃくちゃ貴重なセメダイン『C』が発掘されました。
    (中略)戦前の『C』です。セメダインにも史料残ってません…!」「本当にすごい…まだ『C號』って書いてある時期のだ…」と連続ツイート。

    1.1万以上のいいねを集め、ユーザーらからは「戦前は文字が右から左に書くのでは」「いや英語と日本語が交ざる場合は左から右もあった」「戦中は敵性用語で『C』は使えなかった?」などの情報も寄せられ、大盛り上がりになりました。

    セメダイン広報室は「社史によると30銭、50銭というのは約80年前の発売当初の販売価格。まだ確定してはいませんが、おそらくその当時の物ではと考えています」とし、「これだけ年数が経っているのに、現物だけでなく説明書までそろっていて、かつこれだけ綺麗に残っているなんて本当に素晴らしい。当時はフタも金属製だったようですね。弊社に残る最も古い商品の画像は1960年代のものですから、間違いなく歴史的な発見です!!」と驚きを隠しません。


    no title


    ※以下、全文はソースで。

    【【接着剤】歴史的発見!!能登の古民家から80年前?のセメダインC。公式も「凄い」「凄い」と大興奮「社にも史料残ってない」】の続きを読む

    1: グリコミセス(東京都) [VN] 2020/08/12(水) 00:05:53.74 ID:pmjc6OtK0
     米グーグルは11日、同社の携帯向け基本ソフト(OS)「アンドロイド」を搭載する世界中のスマートフォンを活用し、正確な地震情報や、緊急速報の提供を始めると明らかにした。
    世界で25億人以上が使うスマホを使った仕組みは、今後の世界の地震検知を大きく変える可能性がある。

     同社は11日からスマホを「小型の地震計」として活用できると説明。まずは地震直後にグーグルの検索サイトで、地震情報を素早く正確に提供するという。
    来年からは地震が揺れ出す前に知らせる「アラート」の提供を世界規模で始める。

     同社によると、スマホに搭載されたセンサーで、地震の際に最初に発生する特徴的な微弱な揺れ(P波)をとらえることができる。
    もともと、スマホの向きを感知して画面を回転させることなどに使われている「加速度計」と呼ばれるセンサーの機能を、応用しているという。
    多くのスマホから送信されたP波の情報を、グーグルのサーバーで解析し、実際に被害をもたらす揺れ(S波)の到達前にスマホにアラートを出すという。
    日本ですでに導入されている気象庁の緊急地震速報と似た仕組みだ。

    (詳しくはソース元で)
    https://www.asahi.com/articles/ASN8C5VHTN8CUHBI00P.html
    electronics-1851218_640

    【グーグル、独自の緊急地震速報システムを開発 世界中のスマホが地震計に】の続きを読む

    1: バクテロイデス(東京都) [DE] 2020/08/06(木) 11:06:43.45 ID:ANR7EzJb0
    ラーメン屋さん。日本のみならず、海外にも多数の店舗が存在します。ラーメン屋の数だけラーメン屋の店主がいることになりますが、あなたが知っている人気のラーメン屋さんの店主の体格を思い出して見てください。

    共通している点がありませんか? そこには「太っていない」という共通点があるのではないでしょうか。

    ・店主はラーメンをあまり食べない
    人気のラーメン屋の店主が太っていない理由は「ラーメンはあまり食べない」「自分の店のラーメンもあまり食べない」「ラーメンを食べすぎるとすぐ太ることを知っている」などの理由があるからです。

    ・ラーメンばかり食べていそう?
    もちろん例外もありますが、人気のラーメン屋の店主は、そのような理由で太っていない傾向があるのです。

    そもそも、ラーメン屋の店主が太っているというイメージは間違いで、その間違いは「ラーメンばかり食べていそう」「たくさん味見して太りそう」「ラーメン開発で食べまくってそう」「まかないが高エネルギーっぽい」という妄想から生まれたものと考えます。

    <人気ラーメン屋の店主が太っていない理由>
    1. ラーメンはあまり食べない
    2. 自分の店のラーメンもあまり食べない
    3. ラーメンの食べ過ぎは太ることをよく知っている
    4. 店を続けるには健康管理が重要であることを知っている

    (以下略)

    https://buzz-plus.com/article/2020/08/06/ramen-ninki-futottenai-wake/ 


    chef-4021815_640

    【【衝撃】人気ラーメン店の店主が太っていない理由判明】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2020/08/05(水) 20:00:03.06 ID:Eugt0HiA0
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    【【画像】東京タワーを建設した職人さん、ヤバ過ぎる】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2020/08/04(火) 13:22:16.44 ID:NPh8Nr+Pa
    あまりにも在庫が合わなすぎて草
    証拠(商品のパッケージや袋)だけを残して去るやつもおるわ

    世の中のモラルの低さにドン引き
    shopping-1165437_640

    【【悲報】ワイスーパーの店員、万引きの多さにビビる】の続きを読む

    1: 靄々 ★ 2020/08/01(土) 12:56:38.94 ID:pdv3fyqF9
    身近な川で天然ニホンウナギ 加古川に食用生息、3シーズン目の漁

     8月2日は今夏2回目の「土用の丑」の日。天然ウナギというと高知県の四万十川など清流のイメージが強いが、兵庫県中央部を流れ、河口に工業地帯が広がる加古川の下流にも、食用として扱えるニホンウナギの成魚が生息している。身近な水環境の豊かさに目を向けてもらおうと、近年、漁に取り組み始めた人もいる。

     加古川市内でイタリアンレストランなどを営む福井孝佳さん(44)。地元でウナギ漁を始めて3シーズン目になる。7月中旬、加古川下流域の支流で今年初の漁に挑んだ。

     漁は長さ約70センチ、直径約10センチの筒状の「てぼ」と呼ばれる仕掛けを使う。片方の端は穴がなく、ウナギが入ると出られないよう「返し」の構造になっている。

     福井さんは加古川漁業協同組合(西脇市)から1回の漁につき、てぼ5本を仕掛けられる遊漁券(年券税込み3240円)を購入。夕刻、餌のミミズを入れた数本を「ウナギがいそうな」水草の根元などに沈めた。餌の匂いが広がりやすいよう、適度な水の流れも必要という。

     翌日、再び同じ場所へ。梅雨の長雨で膝上まで水位が上がった川に入り、仕掛けたてぼを引き上げる。ウナギが掛かったのは1本だけだったが、「初物が捕れてよかった」と胸をなで下ろした。300グラム近くあり、食用には十分。腹が金色なのが天然物の証しだ。

     1年目は釣果ゼロも珍しくなかったといい、「失敗を繰り返し、どこに仕掛けたらいいのか感覚がつかめるようになった」と福井さん。レストランでオーガニック(有機栽培)食材を扱ううちに、地元の食資源に興味を持ったのが漁のきっかけという

    ※以下略、全文はソースからご覧ください。


    加古川水系の下流域でウナギ漁の仕掛けを確認する福井孝佳さん=加古川市内
    no title

    天然物(上)は養殖物に比べて腹が金色で、頭も大きい(うな高提供)
    no title


    https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/202008/0013563273.shtml
    2020/8/1 12:12神戸新聞NEXT

    【【兵庫】身近な川で天然ニホンウナギ 加古川に食用生息、3シーズン目の漁】の続きを読む

    1: ブギー ★ 2020/07/24(金) 18:05:11.73 ID:J5Iwtfzw9
    雨が上がりのときに蚊がドッと増えると感じたことはありませんか?実際に雨上がりは蚊が一斉に活動しだすそうです。蚊は雨のときにどこに潜んでいて、雨が上がるとどこから湧いてくるのでしょうか。

    蚊は雨や風に弱い
    「蚊は雨に弱いため、雨の日は軒下や葉っぱの裏など雨をしのげる場所で雨宿りをしています」というのは、アース製薬研究部生物研究課の有吉立課長です。小さな蚊にとって雨粒は大敵です。蚊は風も苦手で、風が強い日は吹き飛ばされないように軒下や葉っぱの裏に避難しているそうです。

    雨上がりを待っていっせいに活動
    雨が上がると蚊が増えるのはなぜでしょうか。「雨で休息していたり、物陰に潜んでいた蚊が、雨が上がると活動できるようになります。そうすると雨の日は吸血を我慢していた蚊が、いっせいに人を刺しにくるため、蚊が増えたように見えるのかもしれません」(有吉課長)ちなみに、蚊の主食は花の蜜などです。人を刺すメスの蚊もふだんは花などから栄養をとっているのですが、産卵のためにタンパク質が必要で、人や動物の血を必要としているのです。

    雨が降ると蚊は繁殖しやすくなる
    蚊は雨粒を苦手とするものの、雨が降ると繁殖しやすくなるといいます。「蚊は水際や水面に産卵するので、雨が降ると庭の植木鉢の受け皿やお墓の花立などに水がたまり、蚊の繁殖場所が増えることになります」(有吉課長)蚊は湿った環境を好むため、60~80%の湿度が蚊の発生・繁殖する環境だと言います。
    (詳しくはソース元で)
    http://weathernews.jp/s/topics/202007/220175/
    drip-1331703_640

    【蚊は雨上がりに一斉に活動 蚊も雨粒が苦手で雨宿り】の続きを読む

    1: アルカリ性寝屋川市民 ★ 2020/07/22(水) 21:47:33.69 ID:hAfocEUd9
     良質な国産の桐(きり)だけを使い、重厚で上品な姿から「桐たんすの最高峰」とたたえられる大阪泉州桐たんす。その代表的ブランド「初音の家具」を手掛ける田中家具製作所(岸和田市、田中由紀彦社長)は、伝統技法で仕上げた「たんす預金専用の桐たんす」を商品化した。現代の生活スタイルにも違和感なく溶け込むデザインと、江戸時代から伝わるからくり細工を施した逸品。田中社長は「大切な物、思い出の品はしっかりした箱に入れると安心です」とアピールする。

     江戸時代に技術が確立し、着物を収納する桐たんすは嫁入り道具の代名詞だったが、それも今は昔。住宅事情や生活様式の変化から出荷数は減少の一途をたどる。そこに今年は新型コロナウイルスが追い打ちをかけた。

    ■老舗の危機感
     「このままでは、桐たんすの文化が途絶えてしまう」-。売り上げは前年比7割減。現役伝統工芸士5人を抱え、創業101年の老舗を背負う田中社長の危機感は日に日に増した。

     静まり返った工場で考えた。「今の世の中に合った桐たんすとは」「本物の桐の良さをどうやって知ってもらうか」。そうして生まれたのが、ぐっと身近な桐たんすだった。

     「たんす預金専用」とは“しゃれ”と思いきや、桐はアルカリ性で防虫効果があり、調湿性と耐火性に優れて気密性が高いことから桐たんすに貴重品を入れることは昔からの習慣だったという。加えて、忍び錠、忍び箱、隠し箱といった盗難防止のからくり細工も江戸時代から伝わる技術だ。

     商品は、クラウドファンディング「CAMP FIRE」の返礼品として製造し、からくりの仕組みは購入者に直接伝える徹底ぶり。もちろん、本来の桐たんす同様、全工程を職人が手組で仕上げる。

    ■半永久的品質
     かつては岸和田市や堺市など府南部に約350軒あった泉州たんすメーカーだが、現在では同社を含めて6社のみが製造を続ける。

     近年は、中国産の質の悪い桐を使った桐たんすが横行。さらに、他の木材の表面に桐のシートを貼っただけの悪質なケースも散見される。しかし、桐たんすの最大の魅力は、メンテナンスを施せば半永久的に使えることだ。

    (詳しくはソース元でご確認ください)
    https://www.nnn.co.jp/dainichi/news/200722/20200722042.html
    money_tansu_yokin

    【【伝統工芸】「たんす預金専用」を商品化】の続きを読む

    1: 靄々 ★ 2020/07/21(火) 11:09:58.99 ID:Mv5l5oaB9
    半透明のエビ、紀伊半島で発見 新種と判明、学術誌に

     串本海中公園センター水族館(和歌山県串本町)は、水族館前の紀州灘で採集されたエビが新種と分かったと17日発表した。海外の学術誌に掲載された。発見場所の紀伊半島にちなんで和名の頭に「キイ」とつけられた。

     採集した水族館主任学芸員の平林勲さん(29)によると、2018年5月にダイビングをしていて、水深14メートルの海底の石の裏に体長約1センチの半透明のエビがいるのを発見した。見慣れない種類だったので、エビの分類の専門家の千葉県立中央博物館の駒井智幸・動物学研究科長に識別を依頼。国内では3種類しか見つかっていない「カギテシャコエビ」属の新種と分かった。

     このエビは、これまで世界で15種類が見つかっている。カギのような脚が特徴で、今回採集されたエビは、脚のとげの数や大きさなどが他種と異なっていた。


    ※以下略、全文はソースからご覧ください。


    見つかった新種のエビ「キイカギテシャコエビ」(平林勲さん、駒井智幸さん提供)
    no title


    https://news.yahoo.co.jp/articles/39e4afde31fb51633b4c95919b1e1bb4c65423fa 
    【【和歌山】半透明のエビ、紀伊半島で発見 新種と判明、学術誌に】の続きを読む

    1: オセロット(SB-Android) [AT] 2020/07/22(水) 16:05:50.12 ID:GzbL770u0
    三河のソウルフード「キリマルラーメン」がガンダムとコラボ シャアザクはしょうゆ味、アッガイはみそ味
    https://news.yahoo.co.jp/articles/615303c0d84d1132dbc7e98882471aa4cd451d9b
    no title



     愛知県西三河地方のソウルフード「キリマルラーメン」と、ガンダムのオフィシャルカフェ「GUNDAM Cafe」のコラボレーションが発表されました。おみやげグッズ「JAPAN FOOD COLLECTION」として、「シャアザク赤い彗星用ラーメン」や「ドム黒い三連星用ラーメン」など、4種類が各324円(税込)で販売されます。

    【【新製品】シャア専用ラーメン発売】の続きを読む

    このページのトップヘ