野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    やじ馬ニュース

    1:  2017/06/11(日) 12:15:17.04 
    日頃生活する中で、信用できない言葉はたくさんあるだろう。たとえば、社交辞令で言われている言葉もそうかもしれない。
    しらべぇ編集部では、「安易に信じられない言葉」について全国調査を行なった。その結果をランキング形式で紹介しよう。

    ■第8位:ずっと友達だよ(5.8%)
    ■第7位:映画のキャッチコピー「全米No.1」(5.9%)
    ■第6位:また今度ね(7.4%)
    ■第5位:結婚式の「誓います」(10.2%)
    ■第4位:頭いいヤツの「全然勉強してない」(10.9%)

    ■第3位:無料(11.1%)

    ■第2位:怒らないから正直に言いなさい(14.8%)

    ■第1位:一生のお願い(33.9%)

    http://top.tsite.jp/news/buzz/o/29797371/?sc_int=tcore_news_recent
    money_kariru_friend_man

    【【あるある】この世でもっとも「信用できない言葉」 1位一生のお願い 2位怒らないから正直に言いなさい】の続きを読む

    1:  2017/06/10(土) 23:19:57.29
    視力を矯正するレーシック手術の件数が、ピークだった2008年の45万件から
    14年には5万件にまで激減したとの推計を、慶応大医学部眼科学教室の根岸一乃准教授がまとめた。
    米国や韓国など海外では広く普及し、国内のスポーツ選手らが手術を受けたことで日本でも一気に広まったが、患者の角膜炎集団感染などが影響したとみられる。

    消費者庁が13年、レーシック経験者600人(20~60歳代、複数回答)を調査した結果、「光がギラギラしてにじむ」(16・5%)「ドライアイが半年以上続く」(13・8%)などの不具合があったと発表したことも、減少に拍車を掛けたとみられる。

    グラフ
    no title

    (詳しくはソース元でご確認ください)

    https://www.nishinippon.co.jp/sp/nnp/medical/article/278572/

    【【シーレック】手術件数が45万件→5万件と激減 なんでみんなレーシック手術しないの?】の続きを読む

    1:  2017/06/03(土) 22:57:49.72 0
    みんな大きな勘違いしてるよな
    信長=残酷で秀吉=いい人みたいに言ってるけど
    信長は一回のミスで切腹どころか改易までしたことないよ
    それどころか裏切者も一回は許してるし






    秀吉なんて一回のミスで切腹どころか
    無実の人まで切腹させるからなw

    【豊臣秀吉 ”私は織田信長ほど甘くない”】の続きを読む

    1: 2017/06/08(木) 19:57:46.89 
     【香港共同】香港中文大の世論調査で、1997年に香港の主権が英国から中国に返還されて以降の20年で、香港の社会状況が「悪くなった」と答えた人が62.9%に上ったことが明らかになった。「良くなった」と答えたのはわずか15.4%だった。8日付の香港各紙が伝えた。

     香港は共産党独裁の中国にありながら、「一国二制度」下で高度な自治を保障されてきたが、中国は香港独立派を警戒して政治圧力を強めている。経済面でも中国からの投資により不動産価格が高騰、格差も拡大するなど「庶民生活が苦しくなっている」(福祉関係者)ことが、調査結果に反映されたとみられる。

    (詳しくはソース元でご確認ください)
    https://this.kiji.is/245486834036147706?c=39546741839462401
    a0050_000101

    【【調査】香港はイギリス領時代のほうが良かった? 香港人の6割、中国領になって「社会が悪化した」と回答】の続きを読む

    1: 2017/06/06(火) 19:35:03.85 
    “最も熱い惑星”見つかる 表面温度は4300度 「惑星の概念を覆す大発見」
    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1706/06/news104.html

    地球から約650光年離れた場所で、表面温度が摂氏約4300度にも達する、観測史上最も熱い惑星を発見したと、東京大学などの研究チームが6月6日に発表した。
    太陽(約5500度)などの恒星に匹敵するほど「常識外れの温度」で、「従来の惑星の概念を覆す大発見」という。

    見つかった惑星は、「KELT-9」という恒星(表面温度は約1万度)の周囲を約1.5日の周期で公転している。
    惑星の質量は木星の約2.9倍、半径は約1.9倍で、恒星のそばを公転する巨大ガス惑星(ホットジュピター)に分類される。

    同惑星は、恒星から強い紫外線を受け、大気成分が彗星のように宇宙に流出している可能性があるという。研究チームは観測を続け、大気の流出率を分析。
    惑星が恒星に全ての大気をはぎ取られるか、そうなる前に恒星に飲み込まれるかなど、惑星の運命を明らかにする予定だ。

    太陽よりも高温な恒星の周りではこれまで、ホットジュピターは6個しか見つかっていなかった。
    今回のようなホットジュピターの発見は、高温の恒星付近ではホットジュピターができにくいのか、どこまで高い温度ならできるのか
    ――など、惑星の形成過程を探る手掛かりにもなると研究チームは説明している。

    研究成果は、米科学誌「Nature」(電子版)に6月5日付(現地時間)で掲載された。
    (詳しくはソース元でご確認ください) 【【宇宙スゴイ】表面温度4300度の惑星が見つかる  ※太陽は5500度】の続きを読む

    1: コモドドラゴン ★ 2017/06/08(木) 10:38:43.82 ID:CAP_USER9
     傘を繰り返し左右に回転させると中棒が折れる危険があることが、国民生活センターの実施した商品テストで分かった。けがにつながる可能性もあるため、子どもが傘を回さないように注意してほしいと呼びかけている。

     同センターは昨年、子ども用の傘4種類をテスト。開いた状態で柄を持ち、手首を左右に素早くひねる動作を繰り返したところ、19~97回ですべての傘の中棒が折れた。傘を開く時に押すボタンがある「下はじき」の部分が破損した。大人用の傘でも破損する恐れがあるという。

     2009年以降、同センターと消費者庁に寄せられた「子どもの傘の棒が折れた」という相談は少なくとも5件。「小学4年の娘が傘を回して遊んでいたら折れた」「露を払おうと傘を回転させたら付け根で折れた」といった相談があった。

     中棒の素材は鉄やアルミが多い。テストでは鉄製のワンタッチ傘を使ったが、生活用製品の安全性に関する研究をしている一般財団法人・製品安全協会は「鉄以外の素材や手開き傘でも、下はじき部分は強度がもっとも弱い。扱い方に注意が必要だ」としている。

    (詳しくはソース元でご確認ください)

    2017年6月7日23時5分 朝日新聞
    http://www.asahi.com/articles/ASK665H8NK66UTFL009.html

    no title

    【【取り扱い注意】傘は回すと折れる 国民生活センター、子ども用をテスト】の続きを読む

    このページのトップヘ