野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    やじ馬ニュース

    1: 名無しさん@涙目です。(玉音放送) [US] 2018/12/30(日) 15:41:08.48 ID:VgGk+2IE0
    30日午後1時25分ごろ、佐賀県武雄市のJR北方駅で、ホームに入ろうとしていた普通列車の乗務員が線路内に犬がいるのを見つけ、停止した。犬は何度追い払っても戻ってきたため、列車は30分以上遅れたという。
     JR九州によると、列車はJR佐世保線の上り2両編成。乗務員は犬を何度も追い払ったが、すぐに線路に戻ってきてしまったという。この影響で特急列車2本、普通列車2本が最大38分遅れ、約1300人に影響した。けが人はなかった。
    (詳しくはソース元でご確認ください)
    https://www.asahi.com/articles/ASLDZ4WR0LDZTIPE00N.html
    a0001_000162

    【【佐賀】線路に犬が乱入、何度追い払っても戻って来る為、鉄道が30分遅れる 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(玉音放送 typeR) [US] 2018/12/30(日) 22:17:40.43 ID:Ch7sF/tn0

    平成最後の年越しそば!「緑のたぬき」食べ比べ

    「平成最後の大晦日になりました。」この「平成最後の~」というワードは新語・流行語大賞ではトップ30にも入らなかったけど、使い勝手の良さもあって最近各メディアで使われている。

    それにしてもこの言葉は2018年5月から使われ始めて2019年5月以降はほとんど使われなくなることが確定しているめずらしい流行語だ。ということで便乗して「平成最後の年越しそば」をレポートしてみたいと思う。

    https://dime.jp/genre/641128/
    food_cup_soba

    【緑のたぬきで年越し→残った汁に三つ葉と柚子と餅を入れてお雑煮に早変わり (´・ω・`) 】の続きを読む

    1: しじみ ★ 2018/10/29(月) 13:31:47.05 ID:CAP_USER
    ■実は高タンパクなコオロギ

    米国では、高タンパクの家畜飼料や加工食品の原料として、食用に適した昆虫が注目されている。昆虫、特にコオロギは環境面でも魅力が大きい。キロ当たりの含有量で比べた場合、コオロギのタンパク質と微量栄養素は牛肉を上回る。また、高密度かつ暗い飼育環境でもよく育つため、狭い面積で大量に養殖できる上、処分する排せつ物も比較的少なくて済む。

     テキサス州オースティンにあるアスパイヤ社は全米最大の食用コオロギ養殖場を運営していて、業績は順調に伸びている。主力製品であるコオロギをすり潰したパウダーは、焼き菓子やエネルギーバー(栄養補助食品)、スムージーなどに使われる。

     50年後に私たちの食べ物がどうなっているかはわからないが、気候変動に直面している現実を考えると、現在ある原料をより賢く活用する必要がある、と世界の食料問題を研究するラジ・パテルは語る。「21世紀は、かつて雑草や害虫としか思っていなかったものが、食べ物になる可能性があることに気づきつつあるのです」

    続きはソースで

    no title


    ナショナルジオグラフィック日本版サイト
    https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/18/102500462/

    【【食】コオロギは食料問題の救世主となるか? 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(玉音放送) [JP] 2018/12/29(土) 23:34:41.69 ID:mmhLnauI0
    12月30日に放送される「第60回 輝く!日本レコード大賞」だが、これがまったく注目されていない。

    「今年は話題性からいって、DA PUMPの『U.S.A.』が大賞をとれば誰もが納得となるでしょう。
    しかし、ノミネートこそされていますが“外国曲のカバーソングはNG”という、かつて同じ理由でノミネートされなかった西城秀樹の『YOUNG MAN』の例に当てはめれば、大賞は考えづらい。
    そうなると、本来は米津玄師と乃木坂46の一騎打ちになるところですが、米津は生歌唱に消極的で特別賞が決まっていることから、順当にいけば乃木坂が受賞することになるでしょう」(音楽関係者)

    しかし、もはやCDの時代さえ過ぎ去ろうとしている中、“レコード大賞”という冠のついた2周遅れのタイトルは、アーティスト側にとってもメリットは少なそう。
    もう、とっくに時代の役割を終えていることは、レコード大賞、TBSサイドもわかっているようだ。

    「かつては各賞のノミネート歌手のパフォーマンスがあり、最優秀新人賞や大賞の発表というのが番組の流れでした。しかし現在、それでは間が持たず、過去の名場面集を混ぜ込む番組構成になりつつありますからね」(芸能記者)

    (続きはソース元でご確認ください)
    https://www.asagei.com/excerpt/118757

    a1180_014522


    【【年末】まったく注目されない「レコード大賞」にTBS内部から“潮時”の声 】の続きを読む

    1: プティフランスパン ★ 2018/12/29(土) 18:58:19.84 ID:CAP_USER9

    「あけましておめでとう」と言いながら内心は… 正月嫌いの人の憂鬱な新年の過ごし方
    https://sirabee.com/2018/12/29/20161929911/
    正月には新年のあいさつやお年玉など、面倒なことも多い。正月が嫌いだと思っている人は、どれほどいるのか?

    no title

    (mitchii/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
    正月はめでたいものだと昔から決まっている。「おめでとうございます」とのあいさつが行き交う中で、内心では正月を嫌っている人もいるかもしれない。

    ■正月が嫌いな人は少ない

    しらべぇ編集部では全国20~60代の男女1,664名を対象に、「正月について」の調査を実施した。
    no title

    正月が嫌いだグラフ

    「正月が嫌いだ」と答えた人は、全体で17.9%。なんだかんだあってもめでたい日なので、嫌いな人は少ないようだ。

    ■高年齢層では男女間で意識差

    性年代別で見ると、50代と60代で男女差が激しいことがわかる。
    no title

    正月が嫌いだ性年代別グラフ

    年代が高い人ほど、正月の慣習を大切にしている人が多いだろう。さらに、正月の準備は女性がする風潮が強い年代でもある。

    「年賀状やおせちなど、正月前に準備しておくことがたくさんありすぎる。夫は年末の仕事が忙しいので手伝う暇はないみたいだし、毎年、一人で大変な思いをしている」(50代・女性)
    「田舎に住んでいて、正月は親戚全員で集まるのが恒例行事。女性たちは料理やお酒の準備で忙しくしているのに、男性たちはひたすら飲んで酔っ払っているだけ。正月くらい、ゆっくり休ませてほしい」(50代・女性)

    (続きはソース元でご確認ください)

    【【話題】正月嫌いの人の憂鬱な新年の過ごし方…「正月が嫌い」と答えた人は全体の17.9% 】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2018/12/25(火) 17:26:04.99 ID:CAP_USER
    クリスマスにフライドチキンを食べるという日本の習慣は、嘘から始まった。

    1970年、ケンタッキーフライドチキン(KFC)の1号店がオープン。当時の店長、大河原毅氏は売り上げに苦戦していた。

    道行く人には、赤と白の縞模様の屋根に英語の看板を掲げた店が一体何の店なのか分からなかった。お菓子屋なのか床屋なのか……。

    大河原氏は当時の様子をBusiness Insiderのポッドキャスト「Household Name」で語った。お金があまりにもなかったため、時々、店の裏に保管していた小麦粉の袋の上で寝ていたと。

    当時、日本ではクリスマスはメジャーなイベントではなかった。そもそもクリスチャンは日本の人口のわずか2%にも満たない。

    ある時、店の近くのミッション系の幼稚園から、クリスマスにフライドチキンを買ってパーティーをしたいので、サンタ役を務めてくれないかと打診された。

    同氏は快諾。サンタクロースに扮装して、フライドチキンのバーレルを抱えて教室内を踊り歩いたとHousehold Namesで語った。

    パーティーは大盛況。すぐに別の幼稚園からもフライドチキンを楽しみながらのクリスマスパーティーを依頼された。

    大河原氏はこのアイデアに乗った。店の前に立つカーネル・サンダースの人形にサンタクロースの格好をさせ、フライドチキンをアメリカの七面鳥のディナーの代わりとしてアピールした。

    このKFCの取り組みはニュースになった。大河原氏はNHKに、フライドチキンは本当に西洋のクリスマスの習慣として一般的なのかとインタビューされた。

    これが嘘をついた瞬間と大河原氏は語った。

    「チキンではなく、七面鳥を食べていることは知っていました。しかし、『はい』と答えました。嘘をついたのです」

    「今も後悔しています。しかし、多くの人が気に入っているようです」

    ちなみに、KFCを世界的に展開しているKFCコーポレーションの親会社ヤム・ブランズ(Yum Brans)は、来日中の外国人がクリスマスに伝統的な七面鳥の代わりにチキンを売ることを提案したとしている。

    (続きはソース元でご確認ください)
    https://www.businessinsider.jp/post-181888
    chicken_honetsuki

    【【食】クリスマスにフライドチキン ── 嘘から生まれた日本の習慣 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(東京都) [US] 2018/12/24(月) 11:59:14.85 ID:wVTm3JdX0 
    まず、最近増えているといういわゆる“フラリーマン”。

    働き方改革などで残業が減り、早く家に帰れるようになった一方で、まっすぐ家に帰らない“フラリーマン”、帰宅恐怖症の男性が増えているという。

    彼らは、「帰って家事を手伝いたくない」「家に居場所がない…」などと感じているようだが、なぜ、家に帰ることに恐怖を抱いているのか。

    「夫婦関係だけに限らず、夫婦の会話などにも表れますが、“妻は不満で、夫は不安”という印象です。男性は妻の不満をどうにか
    解決したいという思いは強いのですが、女性は感情や行動に分かりにくさがあるので、男性は戸惑い、家から足が遠のいてしまうようです」

    男性側からすると、妻をサポートしようと行動をしたらしたで文句を言われ、かといって何もしないでいても文句を言われ、どうしたらいいのか分からなくなるようだ。

    一概に誰が悪いとは言えないものなのかもしれないが、家に帰るのが怖いという男性の原因は“妻”になるのか。それとも、夫自身に問題があるのか。
    その原因は「両方にあると思います」と小林さんは話す。

    「男性が家に帰るのが怖くなるような場合、『気弱で優しい夫としっかり者の良い妻』の組み合わせが実は多いんです。気弱で優しい夫タイプは、
    控えめでおとなしく、口数が少なく、弱いイメージがあります。一方で、しっかり者で良い妻タイプは、社交的できっちりしているため口うるさくなりがちで、強いイメージがあります」

    (続きはソース元でご確認ください)

    https://www.fnn.jp/posts/00396310HDK
    a0002_001230

    【【話題】「夫が家に帰ってこない」フラリーマンが増加中 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(チベット自治区) [ES] 2018/12/22(土) 12:54:17.85 ID:NtCJT6JB0
    たらこ出荷ピーク、お歳暮用 ご飯のお供に、日本酒の肴に
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181221-00010000-fukui-l18
    a0001_012098

    【お歳暮で送られてくるハムってどう処理してる? 】の続きを読む

    1: 水星虫 ★ 2018/12/23(日) 16:09:12.13 ID:CAP_USER9
    諏訪湖でカワアイサを追い払い

    http://www3.nhk.or.jp/lnews/nagano/20181223/1010007001.html


    諏訪湖の名物ワカサギを守るため地元の漁協が、冬になると渡ってくる水鳥のカワアイサを船で追い払う取り組みを行いました。

    諏訪湖では冬になると渡り鳥のカワアイサが飛来してワカサギを食べてしまうため、今月から漁協や自治体が交代で船を出して連日、鳥を追い払っています。23日は30隻余りの漁船が出て水鳥の群れが水面に近づいてこないか湖を監視しました。そして、群れが水面におりると船で近づいて鳥を追い払いました。

    諏訪湖のワカサギは、おととし、大量に死んで生息数が大幅に減りましたが、地元の漁協が、放流する卵の量を増やすなどした結果、ことしは、大量死の前の状態に回復したとみられています。

    水鳥を追い払う方法として、ドローンを活用する実験を県がことしから始めていますが、漁協によりますと、船を出して追い払う代わりになるにはまだ時間がかかるということです。

    諏訪湖漁協の武居薫組合長は「ワカサギを守るために、追い払うしかありません。今後も注意しながら見ていきたい」と話していました。

    漁協などによる水鳥の追い払いは、冷え込みが厳しくなって湖全体に氷が張るまで続けられます。

    (詳しくはソース元でご確認ください)
    fish_wakasagi

    【【自然】諏訪湖の公魚を食べる鳥をドローンで追っ払う実験をしました。そして今、以前通りに船で突進して追っ払っています 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(空) [US] 2018/12/23(日) 07:11:08.78 ID:Hi+KHPoR0
    米議員らが自殺予防ホットラインに3桁の短縮ダイヤル割当てを要請
    https://jp.techcrunch.com/2018/12/18/2018-12-17-lawmakers-push-to-create-three-digit-suicide-phone-line





    no title

    no title

    no title

    【むしろ死にたくなる自殺防止ポスターがあると話題に 】の続きを読む

    このページのトップヘ