野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    やじ馬ニュース

    1: 名無しさん@涙目です。(庭) [JP] 2017/10/17(火) 10:53:58.00 
    改札を通ってからホームに着くまでおそらく日本最長と思われる距離の駅が話題になっている。
    その駅は上越線土合駅の改札から下りホームまでの動画がTwitterにて投稿されており話題になっている。

    改札をくぐってから100メートルほど歩いたところに見えるのが下り階段。下り階段の先は見えないほど長く、エスカレーターも無しで自力で上り下りしないといけない。

    階段を何段も降りるとようやくホームが見える。ここまで早送りの動画でさえ1分以上掛かっているが、実際には15分掛かっているという。

    このツイートは19万リツイートされ、31万のいいねが付けられて大拡散。

    ここに似たような感じの駅では、新潟県糸魚川市にある筒石駅も雰囲気は似ており、改札からホームまでは300段の階段を上り下りしないといけない。

    (詳しくはソース元でご確認ください)
    http://gogotsu.com/archives/33929
    no title

    no title

    no title

    【改札からホームまで15分掛かるという凄い駅が話題に! まるで地下ダンジョン 】の続きを読む

    1: ノチラ ★ 2017/10/13(金) 19:06:46.94 ID:CAP_USER
    スマートフォンのメーカーたちは画面の枠であるベゼルをなくし、スクリーンを可能な限り大きくしようとしている。だが、何のために、どれだだけエンジニアは苦労してベゼルレスを目指しているのだろうか。

    ベゼル(画面の枠)を小さくすることへのこだわりが生まれたのは、スティーブ・ジョブズが最初の「iPhone」を紹介した2007年だという人もいる。

    この初代iPhoneでは、3.5インチのタッチスクリーンが分厚い長方形のフレームで囲まれていた。だが、それはもっとずっと前、SF作家がフレームのないガラス状の長方形の電話を想像したときだと言う人もいる。

    どちらにしてもベゼルは、ここ数年でほとんど消えたといっていい。現在、ほぼすべての主要なスマートフォンには、端から端までほぼ縁のないインフィニティスクリーンが備わっている。アップルの新しい「iPhone X」[日本語版記事]も、このタイプのスクリーンを採用している。

    サムスンの「Galaxy S8」も、シャオミから2016年に再登場した「Mi Mix」も、あるいは、「Androidの父」ことアンディ・ルービンが2017年に発表した新しいスマートフォン「Essential」[日本語版記事]も同じだ。

    「消えゆくベゼル」は正真正銘のトレンドであり、目指されているのは単なる「見た目の美しさ」だけではない。

    限界を押し広げる

    この10年にわたってスマートフォンは、内部については驚くべき技術的進化を遂げてきた。だがインダストリアルデザインとなると、その変化は漸進的なものだ。確かにスクリーンは大きくなり、端はさらに丸みを帯び、金属はよりピンクゴールドっぽくなった。だが結局のところ、スマートフォンは未だにただの長方形だ。

    スマートフォンのデザインにとって「ベゼルをなくすこと」は、最後の未開拓分野だ。そしてそれは決してできないことではない。HPなどの企業と連携してベゼルレスなデザインを探求した経験があるデザインコンサルタント会社、ArgoDesign(アルゴデザイン)の共同創立者であるマーク・ロルストンは、「スマートフォンは実現可能なことをやり尽くし、手詰まりになった状態です」と話す。

    多くのテクノロジー企業が、何年も前からオール・スクリーン・デザインの準備を進めている。9月12日(米国時間)に開催されたアップルのiPhoneイヴェントでは、ジョナサン・アイヴがヴィデオで声だけ出演し、「10年以上にわたって、わたしたちの目標は、オールディスプレイのiPhoneをつくり出すことでした」と述べた。「ユーザーエクスペリエンスのなかに物理的オブジェクトが溶け込むようなデザインを目指したのです」

    (続きはソース元でご覧ください)
    https://wired.jp/2017/10/13/bezel-free-phones/

    【【技術】スマホメーカーは、なぜ「ベゼルをなくすこと」に憑りつかれるのか 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(catv?) [ニダ] 2017/10/15(日) 07:03:27.22 

    ゼンハイザージャパンは10月12日、フラッグシップイヤホン「IE 800 S」やヘッドホン新製品「HD 660 S」などの新製品を発表した。
    発表された製品は、「IE 800 S」「GSP 303 Need for Speed Paybackエディション」「MOMENTUM Free」「HD 660 S」「IE 80 S」の5製品。価格はオープン。
    発売日は機種によって異なるが、10月26日から11月中旬にかけ順次。

    IE 800 S

    独自の7mmトランスデューサーを搭載するカナル型のフラッグシップイヤホン。
    11月中旬に発売し、市場想定価格は税別120,000円前後。エクストラワイドバンド(XWB)ドライバーの改良版を採用し、繊細かつ臨場感のあるサウンドが楽しめる。また、D2CAテクノロジー(Damped 2 chamber absorber)により、マスキング共鳴からエネルギーを排除。不要な大音量を防止する。

    ハウジングはセラミック製で、粘弾性の低反発フォームのイヤーパッドを使用。外耳道にフィットし快適な装着感が得られる。ケーブルはバランス接続可能な2本含む計3本が付属。

    ゼンハイザー、12万円のフラッグシップイヤホン「IE 800 S」など5製品
    http://news.mynavi.jp/news/2017/10/13/365/
    no title

    【【オーディオ】12万円のイヤホン発売!やっぱ良い音で聴かないとな! 】の続きを読む

    1: ばーど ★ 2017/10/13(金) 21:14:17.48 ID:CAP_USER9
     第70回新聞週間記念の集い(日本新聞協会など主催)が13日、福岡市で開かれた。今回の標語は「新聞で 見分けるフェイク 知るファクト」。主催者を代表し、西日本新聞社の田川大介編集局総務は「新聞を読むことで、ちまたにあふれるうそのニュース、でたらめな情報を選別し、事実を知ってほしい」とあいさつした。

     集会には、約400人の市民や関係者が参加。インターネットを通して誰でも自由に情報を発信できる社会環境を踏まえつつ、田川氏は「正しい情報を集め発信するニュースのプロとして、記者は日々悩みながら(取材に)励んでいる」と報道現場の姿勢を強調した。

    (詳しくはソース元でご確認ください)
    https://this.kiji.is/291537269118436449
    a0002_000175

    【【マスコミ】「うそニュース、新聞で選別を」 福岡市で新聞週間の集い開く 】の続きを読む

    1: ノチラ ★ 2017/10/11(水) 17:04:51.48 ID:CAP_USER
    吉野家ホールディングスの業績が上向いてきた。6日発表した2017年3~8月期の連結営業利益21億円は10年ぶりの高水準だ。8、9月は牛丼店「吉野家」の既存店売上高も連続でプラスとなり回復ぶりが際立つ。夜専用定食といった新メニューで「牛丼一本」からの脱却を進めた効果が徐々に実ってきた。大手3社で一人負けだった状況も変わりつつある。

    (続きはソース元でご覧ください)
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO2199354006102017TJ2000/
    a0002_001578

    【【一人負け】吉野家、脱「牛丼一本」へ突進 】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。 2017/10/11(水) 22:05:37.08 0
    ケンシロウに行きたいけど塩られそうで悩む
    a0003_001886

    【お前ら北斗の拳のメンバーと握手会があったら誰に行く? (`・ω・´) 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(東京都) [CN] 2017/10/10(火) 11:39:30.22
    手のひらに収まる極小スマホ「SOYES 7S」が直輸入、重さはわずか59g
    http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/news/news/1085008.html

    手のひらに収まる極小のスマートフォンが登場、中国SOYES Technologyの「SOYES 7S」がモバイルプラザとイケショップ 秋葉原駅前店で販売中だ。海外向けの端末で、店頭価格は税抜き15,800円(税込17,064円)。


    重量59gの海外向けAndroid 5.1スマートフォン、3G通信に対応
     SOYES 7Sは、重量が59g、本体のサイズが87×42×9.9mmという超小型のAndroid 5.1搭載スマートフォン。
    iPod nanoのような携帯音楽プレイヤーを彷彿させるデザインで、表面には2.54インチディスプレイ(240×432ドット)が装備されている。

     ホーム画面は、1画面に表示されるアイコン数が8個(2列×4行)と少ないものの、左右へのスワイプでページ切り替えが可能。また画面上の白い「○」マークをタッチすると「Home」や「Back」キーが出る。日本語や英語での表示も可能。


    no title


    【参考】23年前の携帯電話
    no title

    【【スマートフォン】59gの極小スマホ直輸入 ジャイアント馬場の指2本分w】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(dion軍) [CN] 2017/10/10(火) 14:48:25.34 
     フランスでこのほど、モデルの体形を写真編集ソフトでやせ形に修正するなどして公表した場合、「修正済み」との表記を義務付ける法律が施行された。欧州メディアが伝えた。

     「非現実的な体形の画像が広まることによって、若者の健康に影響を及ぼす可能性がある」と政府高官。違反した場合は最高で3万7500ユーロ(約500万円)の罰金が科せられる。(共同)
    https://www.nikkansports.com/general/news/201710100000383.html
    fashion_model

    【フランス「モデルの体形を写真で修正したら修正済みと表記しろ、違反したら500万円な」 m9( ゚д゚) 】の続きを読む

    1: 47の素敵な(pc?) (ワッチョイ 9140-fbES) 2017/10/08(日) 00:41:23.10 ID:/NxRknqB0
    50歳以上は95%だそうです
    a0001_001351

    【ハロウィンを無理やり流行らせようとする風潮に"違和感”…日本人の80%に 】の続きを読む

    このページのトップヘ