野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    海外の話題

    1: エルビテグラビル(埼玉県) [IE] 2020/03/28(土) 12:08:25.63 ID:ZmClqBqm0
    ASTONISHING images shows a giant eagle carrying a PIG over a lake after hunting down the defenceless animal.

    Photographer Clarke Espie, 75, captured the incredible moment when he heard shrieking in the skies above his campsite in the Cromarty Wetlands of Queensland, Australia.

    Instinctively grabbing his camera, Clarke was shocked to see a piglet screaming as it was carried through the air in the clutches of an enormous sea eagle.

    The pig was eventually ripped apart and eaten by two of the huge raptor birds.
    https://www.thesun.co.uk/news/11270771/eagle-carries-pig-australia-pictures/
    no title

    no title

    【豚が空を飛んだ】の続きを読む

    1: エムトリシタビン(東京都) [ニダ] 2020/03/13(金) 07:57:19.86 ID:s2w8EmPZ0
    アルゼンチンの首都郊外の路上が血の海かのようになる事故が起きた。

    事故が起きたのはアルゼンチンの首都ブエノスアイレスに隣接する地方都市モロン。10日午前、正体不明の爆発音が響いた。

    しばらくすると路上にどこからか血のような赤い液体が流れ始めた。瞬く間に路上が血の海のようになり、気持ち悪い臭いがたちこめた。

    家の中に逃げ込んだ住民らは吐き気と頭痛を訴え、とある女性は吐き気がしたと語った。
    また別の女性は「幼い息子が李文具に食べかけだったものを全て吐いてしまった。
    「血の臭いで気持ち悪くなったみたい」と語る。

    後になりこの事故の経緯を探ってみると、路上に流れていた赤い液体は本当に血だった。
    実はこの血の正体はこの町の牛肉加工業者のもので、爆発事故により屠殺(とさつ)した牛の血を保存していたタンクが
    破壊されてしまったのだという。

    タンクから溢れた血の量は約50万リットルで、住民の健康、そして衛生面で心配されている。
    細菌なども非常に多く今後街中を消毒しても消毒しきれるか心配だという。

    (以下ソース元で)
    https://gogotsu.com/archives/56398
    https://gogotsu.com/wp-content/uploads/2020/03/blood.jpg

    【【閲覧注意】アルゼンチンで血のように真っ赤に染まった路上 調その正体がやべえ! 気持ち悪くて吐く人まで】の続きを読む

    1: アマンタジン(茸) [AU] 2020/03/06(金) 15:26:49.98 ID:mj3lR2EO0 
    bullets-1556142_640アメリカ人がコロナウイルスに備えているため、棚から飛び出すのは手術用マスク、消毒剤、トイレットペーパーだけではありません。 American Riflemanから連絡を受けたいくつかの小売業者は、弾薬の売り上げが大幅に増加したと報告しています。

    オンライン弾薬小売業者であるWidenerのReloading&Shooting Supplyは、2月23日から25日まで(昨年と比較して)Webサイトのトラフィックが99.7%増加し、売上が約2倍になりました。

    「お客様が最悪のシナリオに備えたいと思っていることは明らかです」とWidenerのJacob Long氏は述べています。

    「多くの家族にとって、災害計画には弾薬を手に入れることが含まれます。」

    ノースカロライナ州フェイエットビルのMoney Quick Pawn and GunsのマネージャーであるDanny Garciaによれば、実店舗は同様の対応を経験しています。

    「過去数ヶ月で、拳銃とライフルの両方の弾薬が明らかに増加しました」と彼は言いました。「2月は記録的な販売月でした。顧客と話をすると、コロナウイルスの大流行の可能性と選挙の保留の両方が原因だと聞いています。」

    ブラウネルズのコンテンツおよびコミュニケーションのディレクターであるライアン・レップ氏は、同社はわずかに異なる何かを経験していると語った。 「弾薬の売上は数ポイント増加していますが、緊急食料とサバイバル用品の売上は弾薬よりも高くなっています。」

    (続きはソース元で)

    https://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=en&tl=ja&u=https%3A%2F%2Fwww.americanrifleman.org%2Farticles%2F2020%2F3%2F5%2Fcoronavirus-fears-spur-sales-of-ammo-survival-gear%2F%23.XmHGIFZaTaI.twitter

    【アメリカで「弾薬」の買い占めが発生、ライフル弾を求めスーパーマーケットに人が殺到】の続きを読む

    1: みつを ★ 2020/02/28(金) 08:48:44.78 ID:dfOtb8t29
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2020022800349&g=int

    ロシアン・ルーレットで死亡 仏
    2020年02月28日08時29分

     【ボビニー(仏)AFP時事】パリ郊外ピエールフィットシュルセーヌの酒場で、拳銃を持ち出してロシアン・ルーレットに興じた店主(47)が死亡した。捜査関係者が27日、明らかにした。


     店主について関係者は「目の前の女性に度胸のあるところを見せたかったようだ。回転式拳銃に弾を1発入れて、弾倉を回し、引き金を引いたら1発目で発射した」と語った。一部始終を目撃した女性は捜査員に対し、店主は酔っていて、コカインも吸引していたと述べている。

    (続きはソース元で)


    revolver-2922_640
    【【フランス】ロシアン・ルーレットで死亡】の続きを読む

    1: 朝一から閉店までφ ★ 2020/01/12(日) 20:27:22.63 ID:CAP_USER
    海外発!Breaking News 2020.01.11 21:30 NEW! writer : tinsight-masumi
    【海外発!Breaking News】歯の隙間に詰まったポップコーンで命を落としかけた男性(英)


    イギリスに住む男性が昨年、感染症にかかり命の危機に陥った。原因は歯に詰まったポップコーンだったが、男性もまさかポップコーンで感染症を発症し心臓手術を受けることになるとは思ってもいなかったようで「ただ驚くばかり」と話している。『New York Post』『Fox News』などが伝えた。

    英コーンウォールで消防士として働いているアダム・マーティンさん(Adam Martin、41)は、昨年10月に感染症により心臓の切開手術を受けた。医師からは「診察が3日遅れていたら命を落としていた」と告げられるほど重篤な状態だった。

    アダムさんが感染症を発症した原因は、なんとポップコーンだった。彼は妻ヘレンさん(Helen、38)と映画を見ながらポップコーンを食べていたが、小さなかけらが左の奥歯の隙間に詰まり取れなくなったという。そのかけらを取り除くためにペンのキャップやつまようじ、針金、さらには釘を使ったそうだ。

    ポップコーンは3日間ほど奥歯に詰まったままで、無理に取ろうとしたせいか歯茎が傷ついてしまった。そこから細菌感染したようで1週間後にアダムさんは寝汗をかくようになり、疲労がとれず頭痛がするようになった。アダムさんはインフルエンザを疑っていたが、10月7日にかかりつけ医のもとを訪れたところ「少し心臓に雑音がある」と言われ、薬を処方してもらいそのまま帰宅した。

    しかし病状は一向に改善せず、脚に激しい痛みまで感じるようになり、

         ===== 後略 =====
    全文は下記URLで

    https://japan.techinsight.jp/2020/01/masumi01091241.html
    popcorn-1433326_640

    【歯の隙間に詰まったポップコーンで命を落としかけた男性(英)2020/01/11】の続きを読む

    1: 首都圏の虎 ★ 2019/12/25(水) 19:53:42.69 ID:t0EhlQ+09
    (CNN) 米コロラド州コロラドスプリングの警察によると、同市内で23日、武器を持って銀行を襲った年配の男が盗んだ紙幣を路上にばらまき、「メリークリスマス」と叫んで通行人らを驚かせた。

    目撃者の男性がCNN系列局に語ったところによれば、男はサンタのような白いひげを生やしていた。

    散乱した紙幣は通行人らが集め、銀行の窓口へ戻した。男は隣のコーヒー店まで歩いて行き、そこで警察が来るのを待っていたという。

    警察によると、男は店内で逮捕された。

    (以下ソース元で)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191225-35147405-cnn-int
    no title

    【【アメリカ】銀行襲った男、盗んだ紙幣ばらまき「メリークリスマス」 コロラド州 】の続きを読む

    1: ガーディス ★ 2019/10/27(日) 10:29:38.63 ID:XM2Z/7cf9
    ロシアで違法薬物の「運び屋」として捕まったのはネコでした。

     刑務所の敷地内を素早く横切るネコ。その後を職員が追い掛けます。ロシア中部のタタールスタン共和国の刑務所で23日、受刑者が持っていた大麻樹脂を首輪にくくり付けられたネコが確保されました。ネコは刑務所の外部に出ようとしていたということですが、どこに向かおうとしていたのかなどについては明らかになっていません。ロシアでは麻薬犯罪には厳罰が下されますが、このネコは取り調べが終わり次第、解放されて保護施設で暮らすことになるということです。

    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/17290459/
    ご尊顔
    no title

    【【ロシア】刑務所で猫の運び屋が確保される 取り調べが終わり次第、保護施設に送られる予定】の続きを読む

    1: かえ☆たい(秋田県) [KR] 2019/10/02(水) 12:28:53.87 ID:sWWXoqGz0 
    ロシアのアルコール消費量40%減

    世界保健機関(WHO)が1日に発表した報告書によると、大酒飲みが多い国として知られるロシアのアルコール消費量は2003年から2016年に43%減少した。
    WHOは減少の理由に、アルコール飲料の販売規制や健康的な生活習慣の奨励など、スポーツ好きで知られるウラジーミル・プーチン(Vladimir Putin)大統領が導入した数々の施策を挙げている。
    WHOは報告書で、「ロシア連邦は長らく世界で最も飲酒量の多い国の一つと考えられ」1990年代に同国で死亡数が急増した主な要因の一つがアルコール摂取だったが、近年この傾向が変わったと指摘した。
    調査によると、ロシアの一人当たりのアルコール消費量は2003年から2016年に43パーセント減少した。背景には密造酒の消費量の急減がある。
    報告書の著者らは飲酒量の減少が平均寿命の延びの一因になったと指摘した。ロシアの平均寿命は2018年、女性78歳、男性68歳と過去最高になった。男性の平均寿命は1990年代初め、57歳だった。
    プーチン政権下でロシアは午後11時以降の酒類の店頭販売禁止、蒸留酒の小売店最低価格の引き上げ、マスメディアでの広告禁止などの措置を講じた。

    WHOが先に発表した別の報告書によれば、ロシアの成人の平均アルコール消費量は現在、フランスやドイツの成人より少ないという。

    (以下ソース元で)

    https://www.afpbb.com/articles/-/3247453
    PAK86_kakuteruglasstomizu20130608_TP_V

    【【話題】あのロシア人が酒を飲まなくなってきてるらしい 】の続きを読む

    1: マーブルキャット(北海道) [FR] 2019/09/23(月) 19:53:47.72 ID:g5RHk+eS0
    「アメリカ人がどんどん死んでいる…理由はインスリンが高過ぎて買えないから」

    糖尿病の人にとってインスリンは生死を分ける薬ですが、医療崩壊が叫ばれるアメリカでは、医薬品が高騰する一方でインスリンも例外ではありません。

    保険が効く人でさえ、728ドル(約8万円)の請求書を受け取る状態だそうで、捻出できずに死んでいく人が増えているというのです。

    各製薬会社のインスリンの高騰ぶりはすさまじく、イーライリリー・アンド・カンパニーは2001~2005年の間に35ドルから234ドル、ノボノルディスクは2013~2019年に285ドルから540ドル。サノフィは244ドル~431ドルと、この数年だけでも倍増している状態です。

    このため治療を中断したり、最初から買えず、死に至る人が激増しているのだとか。アメリカには現在3000万人の糖尿病患者がいると言われ、そのうちインスリンが日常的に必要な人は約740万人になると見積もられています。薬が買えずに亡くなっていくという、まるで後進国のような状態に議論が沸騰していました。
    https://www.mapion.co.jp/news/column/lbq51906847-all/
    (以下ソース元で)


    medical_insulin_chunyuki_pen
    【インスリン価格が30倍に高騰、貧乏人は糖尿病で死ぬ時代に 】の続きを読む

    1: シャチ ★ 2019/09/19(木) 19:42:30.61 ID:pHfhoS7h9
    まるでロケットのように空高く飛び立った物体は一体。

     真っ白な煙を上げて飛び上がったのは、巨大なドラム缶です。トルコ・イスタンブールの化学工場で18日、大規模な火災が起きました。
    建物内にあったドラム缶が爆発し、空高く飛び上がると辺りは一時、騒然となりました。ドラム缶は消防士らが消火活動をしていた最中に突然、爆発したということです。工場の建物内では立て続けに小さな爆発も起きました。この火災で消防士2人がけがをし、7人が煙などによる中毒症状を訴えているということです。

    リンク先に動画
    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20190919-00000047-ann-int
    yuyakeaozora_TP_V

    【【海外】工場火災で爆発 ドラム缶が空高く…まるでロケット イスタンブール 】の続きを読む

    このページのトップヘ