野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    海外の話題

    1: ノチラ ★ 2017/07/20(木) 16:32:40.11 ID:CAP_USER
    人工知能(AI)が文明にとって脅威となり、手遅れになる前に、AIを開発する企業を規制してほしいーーTeslaおよびSpaceXの最高経営責任者(CEO)であるElon Musk氏が米知事らにそう訴えた。

     Musk氏がAIを警戒していることは、よく知られている。実際に、より安全なAIの開発を目指す非営利団体OpenAIも創設している。全米知事協会の会合で講演を行った同氏は、知事らに対して、AIは「人類の文明存続に対する重大なリスク」であり、事前の規制監督が必要だと述べた。

     Musk氏は知事らに対して、「私は最先端のAIに触れられる立場にある。人々はAIを本当に懸念すべきだと思う。私は警鐘を鳴らし続けているが、ロボットが通りを歩いて人間を殺戮するのを実際に目にするまで、人々はどのように反応すればいいのか分からない。こうした脅威は現実感が非常に希薄であるように思えるからだ」と述べた。

     「AIは、事後ではなく事前に対策を講じる必要があると私が考える、極めてまれなケースである。事後に規制しても手遅れだと考えているからだ」(同氏)

    (詳しくはソース元でご確認ください)
    https://japan.cnet.com/article/35104405/

    【【スカイネット誕生か?】「手遅れになる前に今すぐAI開発を規制すべき」--E・マスク氏が警告】の続きを読む

    1: 2017/07/16(日) 13:32:35.20 
    中国から日本に電話をかけていた振り込め詐欺の「かけ子」とみられる日本人35人が先月、福建省で、中国当局に詐欺容疑で刑事拘束された。日中両国は犯罪人引き渡し条約を結んでおらず、日本が中国に代理処罰を要請する可能性もあるという。35人は中国の刑務所にぶち込まれるかもしれないのだが待っているのは“地獄”だ。

     ニュージーランド人男性のダニー・キャンシャンさんは中国で過剰防衛の罪に問われ、2012年12月まで4年間、広東省にある外国人専用刑務所に服役。
    その時の過酷な体験をユーチューブで“激白”している。それによると、中国で日用品関連のビジネスをしていたダニーさんはある日、レストランで5人組の男に襲われ、木の椅子で後頭部を殴られた。必死に抵抗したところ、男の1人を死亡させてしまった。過剰防衛で広東省の東莞刑務所へ。

     そこでは家族と連絡も取れず、化学薬品の人体実験もされる。衛生基準も安全基準も、人権もない。自殺は日常茶飯事。囚人が死んでも誰も気にしない。強制労働をさせられ、看守の指示に従わないと殴られ、催涙スプレーをかけられ、口の中に電気ショックを与えられたりするという。

     便器がひとつしかない檻に50人が詰め込まれ、便器が糞尿であふれることも。自分たちできれいにするか、糞尿まみれで寝る。寝ている間に噛んでくる巨大なノミ、ネズミ、ゴキブリ。(眠らせないなどの)拷問を受けるために、15~30日間隔離され……。

     これは地獄体験のごく一部という。35人が払わされるかもしれない代償は、想像を絶する。

    (詳しくはソース元でご確認ください)
    http://news.livedoor.com/article/detail/13341074/

    【【恐怖】中国で拘束された日本人35人を待ち受ける地獄の刑務所暮らし】の続きを読む

    1: イセモル ★ 2017/07/13(木) 16:24:26.71 ID:CAP_USER9
    米国で最近起きた少年少女の2件の自殺が、インターネットで広がったゲームで指示された結果だったと伝えられ、波紋を広げている。警察や教育関係者は子どものスマートフォンの使い方に注意するよう保護者に呼び掛けた。

    問題のゲームは「ブルーホエール・チャレンジ」。参加者は屋根の上など危険な場所に行ったり、体に刃物でクジラの絵を刻んだりする「課題」を与えられる。指示は次第にエスカレートし、自殺を促されるという。

    8日、南部テキサス州の自宅で高校生の少年(15)が首をつって自殺し、自分を撮影するようにスマホが置かれていた。父親は少年の友人の話や交流サイトの記録からこのゲームが原因だったと主張、「子どものネットでの行動に目を配ってほしい」と訴えた。

    このゲームは過去に他国でも流行して自殺者が出たと伝えられるが、実態はよく分からず、存在そのものを疑う声もある。

    (詳しくはソース元でご確認ください)
    http://www.sankei.com/smp/world/news/170713/wor1707130041-s1.html

    【【ホラー】 ゲームの指示で子供が自殺? アメリカで注意呼び掛け】の続きを読む

    1:  2017/07/14(金) 13:40:33.94 
    現金受取口から助け求めるメモ、ATM内に作業員閉じ込められる | ロイター

    [オースティン(米テキサス州) 13日 ロイター] - 米テキサス州で12日、銀行の現金自動預払機(ATM)を修理しにきた作業員の男性が機械室に閉じ込められ、「助けて」と書いたメモをATMに投入し、現金引き出しに訪れた顧客に助けを求める出来事があった。

    男性は、携帯電話を車においたまま修理に入り、機械室から出られなくなった。部屋の壁が厚く叫び声が外に届かなかったため、現金受け取り口に「助けてください。ここに閉じ込められており電話を持っていません。上司に電話してください」と書いた紙を投入、訪れた利用者に助けを求めた。

    警察は、男性は3時間にわたって助けを求めたが、利用者が冗談と思い無視されてしまったと説明。だが、ある顧客が通りかかった警官に受け取ったメモを見せたことから、上司に連絡が取られ、救助活動が行われたという。

    警察によると、男性は無事解放された。
    http://jp.reuters.com/article/atm-idJPKBN19Z0C9

    映像ニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170714-00010002-reutv-n_ame

    【【やっぱり居たんや】ATMの中の人が無事救助される】の続きを読む

    1:  2017/07/13(木) 09:58:47.79 
    ドイツ・メディアは12日、ドイツ自動車大手ダイムラーが2008~16年に排ガス規制逃れの違法ソフトウエアを搭載した車を欧州と米国で販売、不正対象は高級ブランド「メルセデス・ベンツ」を含む100万台超に上ることが分かったと報じた。
    捜査関係書類から判明したとしている。

    ダイムラーはフォルクスワーゲン(VW)と同様に排ガス浄化機能を操作するソフトを使用。
    試験場では基準を満たす一方、実際に路上を走行する際には浄化機能を停止させ規制値を超える有害物質を排出していた疑いがある。
    ソフトは2種類のディーゼルエンジンで使用していたとみられる。

    検察当局はダイムラー社員2人を捜査対象にしており、今後は範囲を広げる可能性があるという。
    今年5月、排ガス規制逃れを巡り詐欺や虚偽広告の容疑でダイムラーを捜索した。

    (詳しくはソース元でご確認ください)
    http://www.sankei.com/economy/news/170713/ecn1707130011-n1.html
    _90048473_pollution

    【【クリーンディーゼルw】ドイツのダイムラーが排ガス不正 対象はベンツなど100万台超】の続きを読む

    1:  2017/07/13(木) 12:24:17.86 0
    豆腐一丁置いトンのとちゃうで

    南極大陸から、三重県の面積とほぼ同じ大きさの氷の塊が分離して観測史上最大級の氷山になったことがわかり、観測したイギリスの研究グループは「巨大な塊が分離したことで、南極大陸のほかの部分の氷が不安定になって、海に流出し、海面上昇につながる可能性がある」と指摘しています。
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170713/k10011056541000.html

    【【デイ・アフター・トゥモローか?】1兆トンの氷山が南極から分離】の続きを読む

    1: ばーど ★ 2017/07/08(土) 08:19:47.24 ID:CAP_USER9
    オーストラリアのシドニーに「すべて無料」のスーパーがオープンした。賞味期限切れ前でも処分されてしまうような食品を大手スーパーなどから譲り受けて提供する。
    まだ食べられるのに廃棄される「食品ロス」問題に対する意識を高めてもらい、生活に困っている人々の支援も狙う。

    無料のスーパーは、シドニー南部の「オズハーベストマーケット」。約200平方メートルの店内に果物や野菜、パンやコーンフレーク、ビスケットなどが並ぶ。
    値札はなく、レジもない。客は買い物かご一つまで品物を手にできる。

    開店時間は平日の午前10時から午後2時まで。毎日150人ほどが来店し、約2千点の品物の大半はなくなる。
    小売業者などから譲り受けた食品を売るスーパーはデンマークにもあるが、「無料」なのは「世界初」という。

    (詳しくはソース元でご確認ください)

    大手スーパーなどが売らなくなった食品が並ぶ店内。ロニ・カーン最高経営責任者(右)は食品ロスについての意識を高めたいという=シドニー
    no title

    客は選んだ商品への支払いは求められず、自分の意思で寄付ができる。専用の箱(左)には「1豪ドル(約83円)の寄付で2人分の食事が届けられます」とある=シドニー
    no title



    http://www.asahi.com/articles/ASK775T1GK77UHBI037.html

    【【オーストラリア】世界初「すべて無料」のスーパー! 値札なし、レジもなし 】の続きを読む

    1:  2017/06/21(水) 15:50:11.62 
    壁の中に閉じ込められた目覚まし時計が13年間鳴り続けたことで話題になっている。

    20日にイギリスメディアは2004年からつい最近まで、リビングの壁で鳴り響く目覚まし時計と生活するジェリー・リン(Jerry Lynn)とシルビア・リン(Sylvia Lynn)夫婦を紹介した。

    夫のジェリーがテレビのケーブルを接続する際に壁の穴を通らせようとしたところから始まった。どの部分に穴を開けなければいけないのか分からなかったジェリーは、時計をコードにぶら下げて2階の通気口を通して開ける場所を探ろうとした。つまり音が鳴っている場所を穴を開ければ良いと思ったわけだ。ジェリーは時計のアラームが10分ごとに鳴るように設定。

    ジェリーの奇抜なアイデアは実際に実行されるも、時計をぶら下げた線が切れてしまったのだ。そのため時計は壁の間に落下し取り出すことが出来なくなってしまった。ジェリーは3~4ヶ月で電池が無くなると思っていたが、時計の電池は10年をはるかに過ぎ現在も正常に動作している。

    妻のシルビアは「時計のアラーム音が訪問客を不安にすることもあるが、我々は既に慣れた」とコメント。

    定期的になる時計は数年前に壁をはがし回収することが出来たが、あえてそのままにしたという。

    http://gogotsu.com/archives/30491
    no title

    【【話題】壁の中で13年間鳴り続けた目覚まし時計 うっかり落とした時計がそのままに】の続きを読む

    1:  2017/06/21(水) 08:09:35.66
    米イエローストーン公園 地震続発 1週間で464回を観測 ユタ大学
    http://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/2/0/20747.html

    米地質調査所(USGS)とユタ大学地震観測所によると、米中部のイエローストーン国立公園では、今月12日以降に発生した地震の回数が400回を超え、このうち、最大マグニチュード(M)4.4を含むM3以上の地震は6回にのぼった。

     イエローストーン国立公園は、モンタナ州、アイダホ州、ワイオミング州にまたがる世界初の国立公園で、広さは千葉県と埼玉県がすっぽり収まる8980平方キロ。

    北米最大の火山地帯として知られ、ユタ大学の研究では、地下20~50キロには、世界最大のマグマだまりがあると推測されていて、現在も園内の数百カ所で間欠泉や熱泉から熱水や水蒸気が噴き上がっている。

    日本時間16日朝には、4年ぶりにM4.4の中規模地震が発生し、今月12日からの1週間で、体に感じない微小な揺れも含め、計464回の地震を観測した。

    イエローストーン国立公園でM4を超す地震が起きたのは2014年3月以来4年ぶり。また、1週間に発生した群発地震の数としては過去5年間で最も多いという。

    【【来るか?】噴火すれば人類滅亡と言われるイエローストーン、1週間で地震464回と活発に】の続きを読む

    1:2017/06/17(土) 22:56:41.03
    【2017年6月16日  アンマン(ヨルダン)発】

    ユニセフ(国連児童基金)がシリア国内及び周辺国で実施している900万人あまりの子どもたちに対する支援プログラムが、深刻な資金不足により打ち切られる恐れが出ています。

    今年の必要額の75%以上がいまだ確保できず

    「これは、ユニセフ創設以来最大規模の人道支援を展開しているシリア危機への対応が始まって以来、最も深刻な資金不足です」とユニセフの中東・北アフリカ地域事務所代表のヘルト・カッペラエレは述べました。「シリア国内及び周辺国で人道支援の需要が日ごとに高まる一方で、寛大な受入国のコミュニティはこれまでの取り組みを続けるための資金のやりくりが困難になっています」

    終わりが見えないまま7年目を迎えたシリアの紛争は、第二次世界大戦以来最大の人道危機、難民危機となりました。シリア国内で約600万人の子どもたちが支援を必要とする一方、250万人がシリアの国境を越えて、難民として生活しています。周辺国は、すでに多くの弱い立場の人々を助けており、全シリア難民の80%を受け入れています。

    (続きはソース元でご覧ください)

    http://www.unicef.or.jp/news/2017/0125.html

    【【深刻】ユニセフ「募金が足りないせいで、シリアの子供900万人が命の危険にさらされています」】の続きを読む

    このページのトップヘ