野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    海外の話題

    1: みつを ★ 2017/04/20(木) 10:00:26.99 ID:CAP_USER9
    http://www.afpbb.com/articles/-/3125721?act=all

    【4月20日 AFP】ナイジェリアで髄膜炎が猛威を振るっている。当局は19日、過去5か月で疑いのある症例が8000件余り報告され、745人が死亡したことを明らかにした。死者は過去1週間で50%超増えており、当局が警戒を呼び掛けている。

     患者の大半は子ども。ナイジェリア疾病対策センター(NCDC)は「総力を結集する必要がある」と訴えている。

     ナイジェリア政府などの発表によると、急激に広まっているのは脳脊髄性髄膜炎(CSM)のC型。疑いのある症例8000件余りのうち、93%が北部5州で報告されている。死者は先週時点では489人だったが、以後の1週間で52%急増した。

     当局は北部で地元の全ての州知事や部族指導者らを集めて対策会議を開催。「州知事らは(髄膜炎の)発生を食い止めるべく、早急かつ具体的な行動を取ることを改めて確認した」としている。

     発生を受けて、大規模なワクチン接種プログラムが実施されている。

     髄膜炎はさまざまな種類のバクテリアによって引き起こされ、うち6種類のバクテリアは流行を招く恐れがある。(c)AFP

    2017/04/20 09:35(アブジャ/ナイジェリア)

    【【感染症】ナイジェリアで髄膜炎拡大、症例8000人余りに】の続きを読む

    1:  2017/04/12(水) 20:40:36.71 
    ラジオ大好きアメリカ人、テレビ、スマホより高い利用率 ネット配信は1億7,000万人利用

    ◆アメリカではラジオが公共のメディアでは圧倒的な強さを誇る
     アメリカというとハイウェイを走る車にラジオが欠かせないとうイメージがある。音楽のジャンル別やニュース専門の局などがインターネットの登場以前から各地に相当数あり、アメリカ人にとってはひとつの文化でもある。そして今でもラジオはアメリカ人に愛されている。

    調査会社のニールセンによると、NHKと同じ「1週間に5分以上視聴した人の率」(2015年第4四半期結果)は、18歳以上の成人でラジオが93%で最大、以下、テレビ(85%)、スマートフォン(74%)、パソコン(50%)の順となる。これにはデジタル配信されるラジオ局の聴取も含まれている。もともと多数あったラジオ局がインターネットでいつでもどこでも聞けるようになり、さらにリスナーの居住地、属性や好みなどに合わせた音声広告を打てる技術が確立されたことが、視聴者とビジネス拡大の基盤となったようだ。

    (続きはソース元でご覧ください)

    http://newsphere.jp/culture/20170412-1/

    【アメリカ人のラジオ好きは異常 ネット配信は1億7,000万人利用 (´▽`)】の続きを読む

    1:  2017/04/16(日) 19:00:55.53 ID:CAP_USER9
    コートなどをかけるフック型の隠しカメラが25ドル(2700円程度)でネット販売され、誰でも簡単に入手できる。

    ホームセキュリティー用として売られているが、トイレの個室にこれがあってもあまり違和感はない。

    実際にフロリダ州では昨年、3つのトイレ個室でこの隠しカメラが見つかっている。バッテリーは2時間程度もつとのこと。

    no title

    no title

    no title

    http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-4411604/If-coat-hook-toilet-LEAVE.html

    【【これって?w】コートをかけるフック型の隠しカメラ(25ドル) トイレ個室に設置されていても違和感なし 】の続きを読む

    1: ニライカナイφ ★ 2017/04/16(日) 09:54:32.31 ID:CAP_USER9
    ロシアの超音速対艦ミサイル「ジルコン(ロシア語読みはツィルコン)」は実験段階でマッハ8に達した。4月15日、ロシアのRTテレビが軍産複合体内の消息筋からの情報として報じた。

    「ジルコン」のスピードは行進でマッハ8に達したことが確認されている。
    「ジルコン」はミサイルの多目的垂直発射システム「3S-14」からの発射を想定して作られている。「ジルコン」の軍備は2018年に予定されている。

    ■写真
    no title

    no title


    https://jp.sputniknews.com/russia/201704163541901/

    【【おそロシア】新型超音速対艦ミサイル「ジルコン」がマッハ8を達成】の続きを読む

    1: 2017/04/14(金) 12:23:28.28 ID:CAP_USER9
    CNN.co.jp 2017.04.14 Fri posted at 11:17 JST

    (CNN)?乗客が強制的に引きずり降ろされた問題を巡り非難の的になっている米ユナイテッド航空の旅客機で、今度は乗客が機内でサソリに刺される騒ぎが起きた。

    サソリに刺されたと訴えているのは、9日に米ヒューストンからカナダのカルガリーに向かう便でビジネスクラスに搭乗していたリチャード・ベルさん。妻のリンダさんによれば、機内で昼食を取っていたところ、頭上の手荷物入れからリチャードさんの頭の上に、何かがポトリと落ちてきた。

    「夫は頭の上に何かを感じ、髪の毛に手をやると、それがディナーテーブルの上に落ちた。夫が尾をつかんだら刺された」。リンダさんはそう語る。

    リチャードさんがサソリをテーブルから通路に払い落とすと、周りの乗客も気づいて騒ぎになった。

    サソリはすぐに客室乗務員が捕まえて、機内のトイレに流したという。

    サソリがどうやって同機に紛れ込んだのかは分かっていない。航空情報サイトによると、同機はこの日、中米コスタリカからヒューストンへの便に使われていた。

    ユナイテッド航空は声明の中で、「サソリと思われるものに刺された乗客を、客室乗務員が介助した」ことを確認。乗員は直ちに地上にいる医師に連絡して指示を仰ぎ、生命に危険がないことを確認したとしている。カルガリーに到着すると、待機していた医師が診察した。

    リンダさんによると、ユナイテッド航空からは12日に連絡があり、謝罪と補償の申し出があったという。補償の内容については明らかにしていない。

    http://www.cnn.co.jp/usa/35099792.html?ref=rss

    【【頭上注意】米ユナイテッド航空、今度は機内にサソリ 乗客刺される】の続きを読む

    1: 自治郎 ★ 2017/04/16(日) 12:23:45.29 ID:CAP_USER9
    スロバキアのエアロモービル社が10年以上開発を続けて来た空飛ぶ自動車「エアロモービル」が、いよいよ市場デビューする。

    ■軽量ボディに収納式の翼

    今月20日からモナコで開催されるモーターショー「Top Marques Monaco」でエアロモービル社は、エアロモービルの最新モデルを発表する。 最新モデルは、法律規制を自動車としても航空機としてもクリアした仕様となっており、欧州ではすぐにでも実用可能だ。 鋼鉄製のフレームとカーボンファイバーから成る2人乗りのボディは、徹底的に軽量化されており、自動車として走行する時には翼は収納される。飛行機としての推進力は、尾部にある1つのプロペラだ。

    燃料は、一般のガソリンスタンドにある自動車用ガソリンを使用する。満タンの状態で飛行機としては430マイル(約690キロメートル)、自動車としては310マイル(約500キロメートル)走れる/飛べるとのこと。

    ■10年以上開発を続け

    「エアロモービルのコンセプトが生まれたのは1990年だった」と、同社の広報担当者は言う。「最初の試作機は奇妙な恰好でね、とても実際に使えるものじゃなかった」

    「そこから改良を重ね、やっと実用的なものになったよ」

    最新モデルがどのようなスタイルになっているかは、20日の発表までわからない。(写真は過去に発表されたバージョン3.0) 同社のCEO・Juraj Vaculik氏は「2017年中には販売を開始する」と言っており、今年末には予約受付を開始する予定。

    空飛ぶ自動車がいつか現実になるとは思っていたが、その日がこんなに早く来るとは驚いた。

    2017年4月15日 11時0分 IRORIO
    http://news.livedoor.com/article/detail/12941164/

    画像
    no title

    no title

    no title

    no title


    画像
    https://youtu.be/kzYb68qXpD0


    【【ついに来た】空飛ぶ自動車が本格デビュー!今年中には予約販売開始】の続きを読む

    1:  2017/04/15(土) 10:28:03.92 ID:CAP_USER9
    米シカゴで離陸前のユナイテッド航空機から男性乗客が引きずり出され大けがをした問題を受け、AP通信は14日、デルタ航空が定員超過となった便で席を譲った乗客に、最大約1万ドル(約110万円)の補償を提供する許可を従業員に出したと報じた。

    定員超過として男性を強制的に連れ出したユナイテッド航空やシカゴ当局への批判が強まっている。デルタ航空はこうした騒動を避け、ライバルであるユナイテッド航空との対応の違いをアピールする狙いがありそうだ。

    以下ソース:共同通信 2017/4/15 09:56
    https://this.kiji.is/225781868034818050?c=39546741839462401

    【【俺が俺が】デルタ航空、席譲る乗客に最大百万円 定員超過で補償】の続きを読む

    1: みつを ★ 2017/04/12(水) 07:38:23.68 ID:CAP_USER9
    http://jp.mobile.reuters.com/article/idJPKBN17D2RJ

    [ 11日 ロイター] - 航空大手ユナイテッド・コンチネンタル・ホールディングス(UAL.N)のムニョス最高経営責任者(CEO)は11日声明を発表し、オーバーブッキング(過剰予約)によって搭乗機から強制的に降ろされた男性客に謝罪した。

    ムニョスCEOは前日、社内メモでユナイテッド側の取った措置を擁護する姿勢を鮮明にし乗客に謝意を示さなかったことで批判が一段と高まり、火消しに追われる格好となった。

    同CEOはこの日の声明で「強制的に排除された乗客と同機に居合わせた乗客全員に深く謝罪します」とし、問題の解決に注力する意向を明らかにした。

    問題は9日、シカゴからケンタッキー州ルイビルに向かうユナイテッド機内で発生。オーバーブッキングがあったとし、乗客の男性医師が強制的に降ろされる騒ぎがあった。他の乗客が撮影したビデオには、男性が機内から引きずり出される映像が写っている。ソーシャルメディア上ではこの話題を巡りユナイテッド航空への怒りが相次ぎ投稿されている。

    ユナイテッドの株価はこの日最大4.4%下落。その後は下げ幅を縮小し約1.1%安で取引を終えた。

    2017年 4月 12日 7:14 AM JST

    【【USA】米ユナイテッド航空CEOが謝罪、乗客の強制排除問題巡り】の続きを読む

    1:  2017/04/11(火) 09:35:19.52 
    4月9日、ユナイテッド航空が客の座席予約を過剰に予約、つまりオーバーブッキングしたことによりとんでもない騒動となった。ユナイテッド航空が取った行動は800ドルと1泊無料のボーナスを付けるからと条件を出すが誰も下りる客は居なかった。

    そこで取った次の手はコンピュータにより、4人を選ばせ強制的に降ろそうとしたのだ。乗客1名の医師が仕事があるからと下りるのを拒否。そこにシカゴ警察がやってきてスタンガンを使い無理矢理飛行機から引きずり降ろすというとんでもない事態に。医師の男性は頭部殴打と大出血の大怪我を負ってしまい、その様子が動画撮影されている。現地メディアはこれを速報で伝えている。

    過剰予約の原因はユナイテッド航空の社員が乗っていたことが判明。怪我を負った医師は再度搭乗が許可され、CEOから「座席の再調整の件でお詫びします」と謝罪が行われた。しかし引きずりおろしたことや暴行についてこのときには一切謝罪が行われいない。

    更に選ばれた4人は全員アジア人だったことも判明。警察は何故ユナイテッド航空の言いなりになり、スタンガンを使い強制的おろさせたのか、何故アジア人ばかりが選ばれたのか。疑問ばかりが残るこの事件。数々の動画は下記よりご覧になれる。

    http://gogotsu.com/archives/27681
    no title

    no title

    no title

    【【自由の国】ユナイテッド航空が座席を過剰予約 アジア人だけを強制的に引きずり出し暴行】の続きを読む

    1: (?∀?(⊃*⊂) ★ 2017/04/09(日) 17:58:05.17 ID:CAP_USER9
    米ノースカロライナ州ムーアズビルにあるイタリアンレストランで、
    今年1月から「5歳未満の子供はお断り」という新たなルールを発表した。
    批判はあったもののそれ以上に称賛の声があがり、現在では予約が殺到しているという。

    普段は子供といるからこそ時には落ち着いたレストランでゆっくりと美味しい食事を味わいたいという人、
    その一方で“高級”と名乗るレストランに幼い子を連れてきて周りの客に迷惑をかける家族もいる。
    そんな子連れ客にうんざりしたレストランが苦渋の決断を下した。



    http://news.livedoor.com/article/detail/12912007/

    【【米国】レストラン「5歳未満の子供は入店お断り」→予約殺到】の続きを読む

    このページのトップヘ