野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    海外の話題

    1:  2016/08/22(月) 13:15:49.46 I
    「アフガニスタンで4mの巨人を射殺した」が告発!との戦闘を赤裸々暴露

    no title『旧約聖書』に登場する3メートルの巨人兵士「ゴリアテ」の子孫は現代まで生き残っているかもしれない。
    UFO研究家L .A.マルズーリ氏が制作したドキュメンタリーによると、なんと、アフガニスタンで身長4mを超える巨人が発見され、射殺されていたというのだ。

    ■身長4.5メートルの巨人

     Mr. Kと名乗る元アメリカ軍兵士は、2002年、アフガニスタンの砂漠地帯カルダハールで部隊とともに偵察任務についていた。
    大きな開口部の洞窟を発見したのは、小高い山の麓にさしかかったときだったという。洞窟の入り口付近には動物の骨らしきものが散乱していたため、
    部隊は洞窟内に肉食動物か敵兵士が潜んでいると判断。さらに洞窟の方へ近づくと、突如として“それ”が現れた。

    「それは12~15フィート(3.6~4.5m)ほどの身長でした」(K氏)
    「怪物です。肩にかかる長い髪は真っ赤でした」(K氏)

    あまりに非現実的な光景に部隊全員が呆気にとられ身動きが出来なかったそうだが、1人の隊員が巨人に発砲。
    それに応じてK氏や他の隊員も巨人に銃撃を開始した。しかし巨人は、弾丸を全身に浴びても進撃を止めず、
    最初に発砲した隊員を持っていた槍で貫いたそうだ。隊員らは目の前の光景に半狂乱になりながらも、とにかく「顔を打て」「顔を狙え」と死に物狂いで銃を乱射したという。
    何発もの弾丸が巨人の頭部をとらえたが、それでも巨人は倒れず、なんと完全に殺しきるまで30秒もかかったそうだ。

     K氏によると、その時用いた銃は、アサルトカービン「M4」、スナイパーライフル「Recon Carbine 308」、
    大型ライフル「Barret 50BMG」など当時のアメリカ軍の標準装備。ちなみに、「Barret 50BMG」の威力は動画を参照してもらいたい。
    身長2.5メートルを超えるグリズリーでも、これをくらって立っていることは不可能だろう。

    http://tocana.jp/2016/08/post_10691_entry.html


    【米軍人「我々はアフガニスタンで4mの人喰い巨人を射殺した」】の続きを読む

    1:  2016/08/25(木) 13:17:14.29 
    ダウンロード去る23日、韓国で15年ぶりにコレラ患者が発生して2日、2人目の発症者が確認された。2人目の患者は
    最初の患者チョン某氏(59)が海産物を摂取した慶南(キョンナム)・巨済(コジェ)地域の住民だ。

    保健当局は2人が巨済地域で飲食したこと以外に共通点がないことから、巨済を中心にコレラ患者が
    集団発症する可能性があると見ている。

    25日、韓国の疾病管理本部によると、2人目のコレラ患者B氏(女性、73)は13日に捉えたサワラを翌日の
    14日、教会で昼食として摂取した後、15日午前から下痢の症状が現れた。状態が好転しないため2日後
    の17日、巨済市所在の病院に入院、診療受けて21日から症状が好転し、24日に退院した。

    関係者は「B氏の経路はまだ把握されていない」とし、「刺身や海水を通してコレラに感染したならば、
    夏休みだったことを勘案し全国に渡る集団感染まで考慮しなければならない」と伝えた。

    ソース:niftty/ワウコリア
    https://news.nifty.com/article/world/korea/12211-172669/

    【韓国で2人目のコレラ患者確認…集団感染の可能性も】の続きを読む

    1:  2016/08/19(金) 18:46:03.01 
    南米で初めて開催中のリオデジャネイロ五輪は、取り仕切る側にとっても、初めての経験だ。開幕前から運営面の不手際やミスが後を絶たないが、ラテンのノリと楽観的な事後対応で、何とか切り抜けている。
    「人のふり見て我がふり直せ」という。4年後の東京五輪を見据え、笑い話のようにも思えてくる、リオの「失敗」をまとめた。

    開会式前後にはまず、国歌や国旗の問題が浮上した。4日、サッカー男子の日本―ナイジェリア戦前、ナイジェリア国歌ではなく、ニジェール国歌が流れた。
    ナイジェリア選手は皆、きょとんとしていた。試合前半の途中に謝罪のアナウンスが流れると、観客席にはブーイングと失笑が広がった。


    中国国旗の星の傾きにもミスが。本来は、左上の四つの小さな星の角が、それぞれ大きな星の中央を指していなければならないが、誤ったデザインでは四つの小さな星はいずれも水平に並んでいた。
    大会組織委員会広報のマリオ・アンドラーダ氏は、「犯人捜しをするよりも、一日も早く作り直すことが大事だ」と会見で説明し、ブラジル・サンパウロ州の工場に再発注。「本物」と差し替えられたのは、大会7日目の11日のことだった。

     「行き先」を間違える事態も。12日夜、競泳女子50メートル自由形準決勝に出場する選手を乗せたバスは、選手村近くにあるプールではなく、約14キロ離れた陸上競技場に到着。
    選手たちを仰天させた。組織委は、「運転手が陸上の五輪スタジアムと、五輪水泳スタジアムの頭文字が似ているため勘違いした」と弁明した。この影響で同種目のスタートは、1時間近く遅れ、午後11時過ぎのスタートとなった。

     水球とシンクロナイズド・スイミングが行われるプールでは、水の色が不気味な緑色に変色するトラブルもあった。原因について組織委は、契約業者が誤って過酸化水素を入れたためと説明。
    その結果、塩素の作用が弱まり、藻が大量発生したという。これには、シンクロナイズド・スイミング日本代表の井村雅代ヘッドコーチも「何なんだこれは。プールが緑なんて、日本の国体でもあり得へん」と渋い顔。
    組織委は試合が始まる前夜に急きょ水を入れ替えたが、日本選手の中には緑のプールでの練習で軽い目の痛みを訴える選手もいた。
    井村コーチは、「こういう時は笑って過ごす。みんな同じ条件」と選手を鼓舞し、デュエットのメダル獲得につなげた。


    http://www.asahicom.jp/articles/images/AS20160819000793_comm.jpgno title

    シンクロのデュエット・フリールーティンが行われた14日、サブプールの水と入れ替えたシンクロのプール(右)の水は青いが、
    飛び込みプールは緑色に濁ったままだった

    http://www.asahicom.jp/articles/images/AS20160819000807_comm.jpgno title

    体操会場に掲げられた中国国旗。観客が掲げる国旗(下)と星の向きが違った

    http://www.asahicom.jp/articles/images/AS20160819000796_comm.jpgno title

    シンクロの競技中、演技を見つめるライフセーバー
    http://www.asahi.com/articles/ASJ8K452MJ8KUTQP00Z.html
    2016年8月19日18時11分

    【【五輪】国旗・プール…ミス連発の五輪 ラテンのノリで楽観対応 リオの「失敗」まとめ】の続きを読む

    1: たんぽぽ ★ 2016/08/12(金) 20:37:26.80 ID:CAP_USER9



    http://www.jiji.com/jc/article?k=2016081200725&g=eco

    【台北時事】JR東日本と台湾鉄路管理局は12日、台北駅構内に店舗を設けて日本の駅弁の販売を始めた。8月末までの期間限定で、おにぎり、幕の内、深川めしの3種類を提供する。台湾では日本の食文化に対する関心が高く、販売開始から約30分で用意した200個が完売した。
    価格はいずれも250台湾ドル(約810円)。台湾の一般的な駅弁の2倍以上の値段だが、午前10時半(日本時間同11時半)の開店前から約150人が並んだ。台北市在住の会社員、蔡季庭さん(30)は「九州旅行で駅弁を食べてとてもおいしかった。日本の駅弁は台湾と違っておかずが多く、色彩がきれいだ」と話し、3種類全てを購入した。
    JR東日本が海外で駅弁を売るのはパリに次いで2カ所目。期間中の売れ行きを見て、台湾での本格的な販売を検討するという。


    引用元: http://daily.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1471001846/


    【【経済】日本の駅弁、30分で完売=台北に期間限定店-JR東】の続きを読む

    1: 香味焙煎 ★  2016/08/12(金) 03:14:46.82 ID:CAP_USER9



    【ワシントン共同】グリーンランド近海の北極海などにすむニシオンデンザメは、最高で400年ほど生き、
    脊椎動物では最も長寿であることが分かったと、コペンハーゲン大などのチームが12日付の米科学誌サイエンスに発表した。

    成体になるまでに150年ほどかかり、寿命は最低で272年と判明。
    脊椎動物の中では150~200年は生きるとされるホッキョククジラより長寿命で、
    これより長生きの動物は500年生きる二枚貝の一種ぐらいだという。

    ニシオンデンザメは北大西洋から北極海などの深さ100~1200メートルに生息し、成体になると体長4~5メートル。

    http://this.kiji.is/136529809732552182?c=39550187727945729


    Polar Bear Watching Ice ca. 1990's Churchill, Manitoba, Canada

     

    引用元: http://daily.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1470939286/


    【【生物】北極海に400歳のサメ生息 脊椎動物で最長寿】の続きを読む

    このページのトップヘ