野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    海外の話題

    1:  2016/12/02(金) 23:07:45.28 ID:CAP_USER
    Text by 広元 晶
    Булат Баранова / YouTube
    no title


    極寒のロシアで撮影された、猫の救出の一部始終が話題になっています。

    凍った道路にうずくまる猫

    雪と氷に覆われた道路にじっとうずくまる猫。

    動かない…のではなくどうやら動けないらしいのです。

    この猫を見つけたカップルが、どうしたのかと抱き上げようとすると、足が凍って道路に貼りついていたのだそう。

    お湯を流して救出

    動画の撮影者によると、おそらく猫は車の下で暖が取れるところを探していたのではないかとのこと。

    しかし寒いときはマイナス35℃にもなる極寒の地で、いつの間にか足が凍り付いてしまったよう。

    2人は猫を助けようと、バケツにお湯を入れて持ってきて、猫の足元にそっと流し始めます。

    すぐに溶けるかと思いきや、足を捉えた氷はしぶとく、なかなか溶けません。

    見ているほうも少しハラハラしてきます。

    女性が何度もお湯を運び、少しずつ溶けて…

    ついに、猫の足が地面から離れました。


    暖かい毛布にくるまれる猫。
    Булат Баранова / YouTube
    no title


    Спасли котенка.
    https://youtu.be/65ahod1lu0k



    ホッとする瞬間です。

    再生回数11万4,000回超

    この動画は、ロシアのブラート・バラノバさんがYouTubeに投稿しました。

    動画内では、バラノバさんとみられる男性が「大事なのはこの子が生きていること、そして僕らは助けてあげられる」と語っています。

    YouTubeの再生回数は10日ほどで11万4,000回を突破。

    ネット上では「なんて優しい人たち!」「職場だけど泣きそうになっちゃった」「この子が元気になりますように」といったコメントが世界中から寄せられています。

    猫はこの夜には歩けるようになり、引き取り手もすぐに見つかったそうです。

    出典元:Cat rescued after being found frozen to the ground finds happy ending - Mashable(12/1)
    出典元:Help meow-t! Cat rescued after getting its paws frozen in an icy puddle in Russia - Daily Mail Online(12/1)
    Posted: 12/02/2016 05:50 pm|Updated: 12/02/2016 05:50 pm
    Text by 広元 晶

    http://irorio.jp/umishimaakira/20161202/369076/

    【【ロシア】う、動けニャイ…-35度の極寒の地で足が凍って道路に貼りついた猫、無事救出される】の続きを読む

    1:  2016/11/30(水) 10:19:37.30 ID:CAP_USER9
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161130-35092927-cnn-int

    (CNN) 米テキサス州ヒューストンの空港で、ユナイテッド航空の旅客機が滑走路を走行中、女性乗客が非常口を勝手に開けて機外へ飛び降りる騒ぎがあった

    ユナイテッド航空の広報によると、28日午後、ニューオーリンズからヒューストンのジョージ・ブッシュ・インターコンチネンタル空港に到着した旅客機は、ゲートに向けて滑走路を走行中だった。

    通路をはさんだ向かい側の座席に座っていたという乗客のハンプトン・フリードマンさんは、「扉が開いて女性がそこから外へ踏み出した」と証言する。フリードマンさんは非常口が開いた様子をビデオで撮影してインターネットに投稿した。

    飛び降りた女性は負傷して手当てを受けたが、命に別条はないという。訴追はされていない。

    【【おやおや】旅客機の女性乗客、非常口開け機外へ飛び出す 米テキサス州】の続きを読む

    1:  2016/12/04(日) 11:13:48.34 ID:FbhYQIxe0
    米映画製作者のセルジオ・ニュースピラーさんがSF映画の撮影ロケ地を探している時に、南米アルゼンチンの湿地帯パラナ・デルタでプカプカと浮かぶ島を見つけた。ロケットニュース24が報じた。
    島は直径約119メートルで完全な円形。周りの地面は、精密機械でくり抜かれたかのようにきれいな円形をしてなくなっている。 この島は水に浮いており、島の中心を軸にして回転している。
    興味を抱いたセルジオさんは米国に戻った後、水力工学の専門家と工業技師を連れて戻ってきた。この島は、人工的に切り取られた可能性もあるとみられている。
    セルジオさんはこの島の紹介解明に専念するため、SF映画の撮影企画を中止し、ネットで募金を募るサイト「KICKSTARTER」で解明プロジェクトの資金集めを行っている。

    そー
    https://jp.sputniknews.com/life/201612033081994/
    no titleno title

    no title

    no titleno title

    https://youtu.be/VfmYEZ8FVAM


    【【不思議】アルゼンチンの湿地帯で島が発見される。なお、完全な円形で浮いて回転している模様。】の続きを読む

    1: あずささん ★ 2016/11/30(水) 17:21:59.31 ID:CAP_USER9
    a0001_015795世界最高齢に認定されているイタリア人女性、エマ・モラノさんが29日、117歳の誕生日を迎えた。長寿の秘訣(ひけつ)は、毎日欠かさず食べる生卵だという

    モラノさんは1899年にイタリア北西部ピエモンテ州で生まれた。19世紀から3世紀を生き抜いてきた、世界でただ1人の人物だ。今年5月、米アラバマ州生まれのスザンナ・ジョーンズさんが116歳で亡くなったのを受けて世界最高齢の座に就いた。

    モラノさんの母は91歳まで、姉妹の何人かは100歳まで生きるなど長寿の家系。ただ本人によれば、第1次世界大戦の直後、十代の頃に始めた食生活が功を奏しているという。医師から貧血対策に生卵を食べるよう勧められ、その後ずっと従ってきた。

    モラノさんは長年、1日に生卵2個と調理した卵1個、ひき肉にパスタ少々という食生活を送ったが、年を取ってからは卵2個とクッキーだけになった。クッキーが大好きで、人に取られないよう枕の下に
    隠しているほどだという。(以下省略)

    ※以下の部分はソース元にてご確認ください。

    ソース/CNN
    http://www.cnn.co.jp/fringe/35092941.html

    【【長寿の秘訣】世界最高齢の女性、117歳に 食生活は「生卵とクッキー」・・・イタリア】の続きを読む

    1: (?∀?(⊃*⊂) ★ 2016/11/28(月) 12:16:14.04 ID:CAP_USER9
    イスラエル政府は27日、レーダーに捕捉されにくい米ロッキード・マーチン社の最新鋭ステルス戦闘機F35を追加で17機購入すると発表した。
    これでイスラエルが購入するF35は計50機になる。中東での軍事力の優位性を保つのが狙い。

     AP通信などによると、今年中には最初の数機がイスラエルに配備されるほか、
    日本の航空自衛隊や英国、韓国、オーストラリアなども導入する予定。

    http://www.sankei.com/world/news/161128/wor1611280013-n1.html

    【【中東情勢】イスラエル、最新鋭ステルス戦闘機F35追加購入 保有は計50機に】の続きを読む

    1:  2016/11/25(金) 11:09:49.46 ID:CAP_USER9
    フロリダ大学の研究チームが、従来のバッテリーの充電時間と使用回数を大幅に向上させる新しいバッテリー技術の開発に成功しました。同研究チームの開発した技術を使えば、スマートフォンの電池を数秒で充電でき、かつ、3万回以上の耐久性を持つ電池の開発が可能になっています。

    High-Performance One-Body Core/Shell Nanowire Supercapacitor Enabled by Conformal Growth of Capacitive 2D WS2 Layers - ACS Nano (ACS Publications)
    http://pubs.acs.org/doi/abs/10.1021/acsnano.6b06111

    アメリカのセントラル・フロリダ大学ナノサイエンステクノロジーセンターの研究チームは、電気二重層という物理現象を利用して蓄電量を高めた「電気二重層コンデンサ」を一般的な電池と同じように使用できるようにする技術の研究を長年続けてきました。
    その電気二重層コンデンサの蓄電量をリチウムイオン電池と同等に使うには、コンデンサ自体が大きくなりすぎるという問題がありました。



    no titleしかし、研究チームはバッテリーの極をグラフェンに代表される二次元状のナノ素材でコーティングする技術を発案。
    この技術を用いて、二次元状のナノ素材でコーティングしたワイヤーを使った電気二重層コンデンサを開発したところ、電子の高速移動が可能になり高速充電が可能で高いエネルギーとエネルギー密度を備えた電気二重層コンデンサが完成したとのことです。

    研究チームが開発した技術を使えば、3万回以上充電できる耐久性を持ち、さらにスマートフォンのバッテリーであれば数秒間でフル充電できる電池の開発が可能になります。

    研究を率いたエリック・ヤング准教授は「二次元状のナノ素材を既存のシステムにどうやって組み合わせるかが長年の課題でしたが、我々が開発した化学合成法を使えば既存の素材と二次元状のナノ素材を適切に組み合わせることができます」と実験のブレイクスルーが化学合成にあったことを明かしています。

    また、ヤング准教授は「小さな電子機器の場合であれば、我々が開発した技術はエネルギー密度・電力密度・安定性において既存の技術を大きく凌駕している」と話していますが、記事執筆現時点では実証モデル開発に成功した段階であり、商品化にはまだ長い時間がかかりそうです。

    なお、研究チームは今回発明されたバッテリー技術の特許を申請している最中です。

    http://gigazine.net/news/20161125-charge-mobile-seconds/

    【【研究開発】米フロリダ大、スマホを「数秒」で充電でき、3万回以上の耐久性を持つバッテリー技術の開発に成功】の続きを読む

    1: 2016/11/23(水) 12:16:45.75 
     パリの北郊外にあるシャルル・ドゴール空港と市内を結ぶ高速道路上で21日夜、カタール人女性2人と運転手が乗った乗用車が襲われ、宝石類など500万ユーロ(約6億円)相当が奪われた。フランスのメディアが伝えた。付近では日本人旅行者らも相次ぎ強盗被害に遭っており、在フランス日本大使館が注意を呼び掛けている。

     報道によると、武装した覆面姿の2人組がドゴール空港とパリ市の間にあるルブールジェ空港から市内に向かっていた車を停止させ、高速道路の出口付近へ誘導。60代のカタール人女性らに催涙ガスを吹き付け、車内のかばんや宝石などを奪った

     パリ警視庁によると、同高速道路は渋滞が激しい上、現金や手荷物を持った旅行客が乗った車やタクシーが多いため、オートバイなどで追尾して車両の窓ガラスを割るなどの手口による強盗が多発している。(共同)
    http://www.sanspo.com/geino/news/20161122/tro16112222160011-n1.html

    【【ヒャッハー!】パリ高速道がやばい 強盗多発】の続きを読む

    1: ニライカナイφ ★ 2016/11/19(土) 04:06:09.05 ID:CAP_USER9
    強烈な電磁パルスを照射して敵の電子機器や兵器を破壊する最新兵器「Phaser」

    写真:no title


    近年はクアッドコプターのラジコン機を「ドローン」と呼ぶことがすっかり一般的になりましたが、本来のドローンとは遠隔操縦もしくは自律制御で飛行することが可能な「無人航空機」を指す言葉でした。
    ドローンには高度なコンピューターと通信装置が搭載され、安全かつ効率的な作戦遂行が可能になっているわけですが、ひとたび電子機器に障害が発生すると現場で対処することができないため、作戦遂行能力を完全に失ってしまうことになります。
    アメリカ軍では現在、敵のドローンをはじめとする電子化された装備に強力な電磁波を浴びせることで電子回路に不具合を生じさせ、能力を奪ってしまう兵器「Phaser」の開発が進められているようです

    Phaserは、アメリカの軍需製品メーカーであるレイセオン社の一部門である「Ktech」が開発している機器です。一言でその仕組みを説明すると「電磁パルス(EMP)と高出力マイクロ波(HPM)を使う超強力な電子レンジ」とでもいうべきもので、高エネルギーを持つ電磁パルスを大砲のように発射することで敵の命令・指揮系統や通信、そしてコンピューターを破壊することで諜報活動などを無力化することが可能な兵器です。
    さらに、この攻撃は人体に直接の影響を与えないため、人的被害を基本的に与えないことも大きな特長の1つです。

    写真:Phaserは電力を生み出すディーゼル発電機と、電磁パルスおよびマイクロ波を生みだす装置が一体化されたシステムとなっています。
    no title


    写真:輸送車などに載せて簡単に輸送することが可能で、作戦や状況に応じて迅速に対応する能力を備えています。
    no title


    実際にPhaserを作動させて電子機器を無効化させた実験映像を以下のYouTube動画で見ることができます。

    動画:https://youtu.be/hlmf032NmHU



    このムービーには、模擬敵機としてドローンを飛ばし、Phaserからの攻撃を与えることで撃墜する様子を見ることができます。作戦実行の際は、敵機を捕捉するレーダーをあわせて配備することが想定されています。1機の赤いドローンが飛んできたところにPhaserが攻撃を加えると……ドローンが突如として「ガクン」と墜落。

    この時、音や光は全く発されていません。仮にこのドローンに人が乗っていたとしたら、おそらく攻撃されたとは思えないはず。アメリカ軍では、兵器としてレーザーを活用する研究も進められていますが、Phaserの優れているところはレーザーに比べて攻撃範囲が広いため、より効果的に敵機に被害を与えることができる点にあります。また、相手を攻撃して撃墜するために必要な時間はわずか1ミリ秒で済むとのことです。

    (▼記事を一部引用しました。全文はリンク先の記事ソースでご覧ください)

    GIGAZINE 2016年11月18日 08時00分00秒
    http://gigazine.net/news/20161118-phaser/

    【【米軍】強烈な電磁パルスを照射して敵の電子機器や兵器を破壊する最新兵器「Phaser」(写真あり)】の続きを読む

    1: 2016/11/14(月) 02:42:32.78 
    シンガポール空軍が13日、同国北部の一般道路を「代替滑走路」に見立てて、主力戦闘機が離着陸を繰り返す軍事訓練を8年ぶりに実施した。基地や空港などが使えなくなる有事を想定して1986年から不定期に実施しており、今回が7回目。F15とF16の戦闘機計12機が参加した。

     空軍は普段は乗用車やバスが走る一般道路を封鎖したうえで街灯や信号、バス停、ガードレールなどを一時的に撤去。48時間で道路は全長2500メートル、幅24メートルの「滑走路」になった。

     訓練を観閲したウン国防相は記者団に対し、「国土の小さいシンガポールで制空権を維持するための能力を確認できた」と語った。(シンガポール=都留悦史)

    朝日
    http://www.asahi.com/articles/ASJCF547VJCFUHBI003.html
    シンガポールの一般公道に着陸するシンガポール空軍のF15戦闘機=都留悦史撮影
    http://www.asahicom.jp/articles/images/AS20161113001006_comm.jpg

    【【軍事】一般道路に戦闘機が離着陸 シンガポール空軍で訓練 F15とF16が参加】の続きを読む

    1: あずささん ★ 2016/11/18(金) 17:11:30.81 ID:CAP_USER9
    maxresdefault地球に残された時間はあと1000年。人類はそれまでに地球を離れ、他の惑星にコロニーを建設して移住しない限り、生き延びることはできない――。英理論物理学者のスティーブン・ホーキング氏がこのほど行った講演で、そんな未来を描いて見せた。

    地球を壊滅させる要因は気候変動や核兵器、ロボットなど。米紙クリスチャン・サイエンス・モニターによると、ホーキング氏は英オックスフォード大学組合で行った講演で、「地球という惑星が壊滅する確率は当面は極めて低いかもしれないが、時が経つにつれて可能性は高まり、1000年あるいは1万年たてばほぼ確実になる」と予想。「その時までに我々は宇宙やほかの星に散らばっていなければならない。地球の壊滅を人類の終わりにしないために」と語った。

    実際に宇宙探査計画は加速しているようだ。米航空宇宙局(NASA)は人類が生存可能な地球外惑星の探査に力を入れ、米宇宙開発企業スペースXのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は火星にコロニーを建設する構想を披露している。

    ただしホーキング氏が描くのは暗い未来ばかりではない。英紙インディペンデントによると、講演ではこう結んでいる。

    「足元ばかり見ていないで星空を見上げよう。自分が見たものの意味を考え、何が宇宙を存在させているのか考えてほしい」「好奇心を持つこと。人生がどれだけ困難に見えても、自分にできること、成功できることは必ずある。大切なのはあきらめないことだ」

    ソース/CNN
    http://www.cnn.co.jp/fringe/35092416.html

    【【ナ、ナンダッテー!】あと千年で地球壊滅、惑星コロニーへ移住を・・・ホーキング氏】の続きを読む

    このページのトップヘ