野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    海外の話題

    1: 名無しさん@涙目です。(庭) [US] 2018/01/31(水) 16:31:58.24 ID:MIimKGJP0
    1月29日、女性がペットのクジャクと一緒に飛行機の搭乗手続きをしようとしたところ制止された。

    ニューアークのリバティー国際空港からユナイテッド航空に乗る予定だった女性はクジャクが搭乗口に並んでいるのを発見。
    この搭乗口まではクジャクは女性の頭の上に大人しく座って移動していた。その後、動物を乗せるために手続きを行うところを発見された。

    30日、ユナイテッド航空はクジャクの登場を拒否。その理由として「一緒に登場できる条件を満たしていないため」と述べた。続いて「空港に乗客が来る前に3回も説明したが、所有者は我々の言うことを聞いてくれなかった」と明かした。

    彼女はクジャクの分まで余分にチケットを購入したがそれでも搭乗拒否されたという。

    ユナイテッド航空は個人情報保護を理由にクジャクの所有者を明かさなかったが、ワシントンポストによるとアメリカの航空会社は連邦ガイドラインに基づいて、障がいのある乗客を補助する訓練された動物は連れてのることができるとしている。

    ただクジャクがこれに該当するかは別である。

    Facebookには女性とクジャクの写真と動画が拡散されており、搭乗拒否され帰って行く女性とクジャクの姿の動画や搭乗口で待っている写真などが投稿されている。

    http://gogotsu.com/archives/36800
    no title

    【【話題】空港で女性がクジャクを連れて一緒に搭乗しようとして止められる 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(庭) [RO] 2018/01/15(月) 08:35:58.54 ID:ymMzWtHc0
    ロシアで酒に酔った男性が戦車を運転しスーパーマーケットに突進するという事件が1月4日に発生した。

    この男性はロシアの北部のムルマンスクの軍事教習所から戦車1台を盗んだ。その後、自分の街まで運転し付近に駐めてある車を破損させ、更にスーパーマーケットの正面から突入。

    男性は飲酒しており、警察は男性が装甲車の出入り口を開けてスーパーマーケットの廊下で逮捕されたと明らかにした。

    http://gogotsu.com/archives/36260
    no title

    【ロシアの飲酒運転が豪快すぎるww 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(catv?) [MX] 2018/01/05(金) 22:30:46.81 ID:0loYR0M00
    賞金額が4億6000万ドル(約520億円)に膨らんでいた米宝くじ「パワーボール」の抽選が3日に行われたが当選者が出ず、賞金額は約5億5000万ドル(約621億円)に達している。
    抽選は6日に行われる。

    25年におよぶパワーボール史上、6番目の額。昨年10月25日以来当選者が出ていない。

    過去最高だったのは2016年1月の約16億ドルで、この時は3人当選者が出て分け合った。

    また、宝くじ「メガミリオンズ」も10月13日以来当選者が出ておらず、4億1800万ドルと過去4番目の額に賞金が膨らんでいる。次の抽選は5日夜行われる。
    「メガミリオンズ」での過去最高は2012年の6億5600万ドル。

    米宝くじ「パワーボール」、当選者出ず賞金600億円超える
    http://news.livedoor.com/article/detail/14118699/
    us-lottery-powerball

    【米宝くじ「パワーボール」、当選者出ず賞金600億円超え!お前ら急げええええ 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(庭) [GB] 2017/12/27(水) 14:57:38.49 ID:4OKTxxPL0
    アメリカのペンシルベニア州に住む女性が電気会社からとんでもない電気代を請求されたと話題になっている。

    Mary Horomanski(58)という女性はオンラインで電気代の請求を確認したところ、1か月の電気使用量として2億8440万ドル(約322億円)という請求額が表示。

    322億円というとんでもない電気代に慌ててしまった女性。ちょうどこの時期はクリスマスで家の外に電球を飾っていたのだが、それがなにかの誤りで凄い電気代になったのではと心配になったという。

    しかし、調査したところその電気代は電力会社のミスであることが判明。ペンシルベニア州の電力会社は間違いを認め、正しい金額に修正。修正後の金額は284.46ドル(約3万6000円)だった。先月の請求よりも161ドル高かった程度だが、322億円と比べると断然安い。

    ペンシルベニア電力会社の関係者は、エラーの原因を不明としている。スポークスマンのマークダービン氏はエリータイムズニュースに「数十万ドルの請求書は、初めてみる」と「顧客が喜んで私たちのミスについて教えてくれて感謝する」と述べました

    Horomanskiさんは「私の息子マイクと私は同時に『もし口座振替をしており、そのお金が口座から引き出されていたらどうなっていたのか?』と話したのよ」と話した。

    (詳しくはソース元でご確認ください)
    http://gogotsu.com/archives/35762
    no title

    【アメリカの女性 電力会社から322億円の電気代を請求される 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(庭) [SE] 2017/12/23(土) 10:29:37.68 ID:tWx/Wmql0
    チキンは食べたいけど骨があるからめんどくさい。そんな消費者のために骨なしチキンなるものも売られているが、どうやって骨を取り除いているのだろうか。
    タイのとある工場での鶏肉の骨の除去作業が話題になっている。

    従業員は座り込み、カゴの中に入れられた大量の鶏肉を手に取り口に入れて骨に噛みついて引っ張り出していた。除去された鶏肉は別のカゴに入れられ骨は床に廃棄される。

    映像も公開されておりそれを見てみると、手前に男性と女性が鶏肉に噛みつき骨を取ろうとしているのがわかる。しかしこの鶏肉は調理されていないもの。この従業員の体調も気がかりであるが、これを食べる消費者は気にしないのだろうか? まさかこれが日本に出回るということは無さそうであるが……。

    日本の大手メーカーは機械で骨を取り除いているので良いが、タイから安い鶏肉を輸入している場合は
    このように従業員がベロベロと舐め回した鶏肉の可能性もある。

    この映像は12月19日にFacebookなどのSNSに投稿され急激に拡散した。
    (詳しくはソース元でご確認ください)
    http://gogotsu.com/archives/35660
    no title

    【【食品】骨なしチキンの作り方が衝撃! 口で噛みついて取り除いていた 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(帝国中央都市) [US] 2017/12/16(土) 18:52:00.75 ID:6HzAbjHK0 
    ロシアは欧米をつなぎ、貿易や通信・インターネットに不可欠な海底ケーブル網の安全に対する脅威になりえるとして、英国防参謀総長で空軍参謀総長でもあり、NATO次期軍事委員長のスチュアート・ピーチ大将が王立防衛安全保障研究所(RUSI)の講演で述べた。ピーチ氏によると、英国などTO加盟国は原子力と従来型の潜水艦、非従来型の戦争遂行手段など、海軍の刷新を進めるロシアから通信網を守ることへ第一に意識を向ける必要がある。
    ピーチ氏は「我々の繁栄とライフスタイルへの新たな脅威が現れた。それは海底を横断するケーブルへの脅威だ。断絶や破壊によるケーブルの故障は迅速」かつ破壊的に「世界貿易とインターネット両方を壊滅させる」と述べた。

    (詳しくはソース元でご確認ください)
    https://jp.sputniknews.com/politics/201712164387910/
    no title

    【【疑問】もしかして海底ケーブル切断テロが起きたら世界経済崩壊じゃね? 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(茨城県) [US] 2017/11/19(日) 00:26:40.86 ID:I65ai8sq0
    教会で26人死亡の悲劇「祈りは無駄なのか」 銃乱射受けネットで議論

    たとえ祈っても、クリスチャン、しかも日曜日に教会で礼拝をささげているクリスチャンの命を守ることができないのであれば、神に祈ることは無駄なのか――。
    米テキサス州サザーランドスプリングスの教会で26人が死亡する銃乱射事件が発生した後、ソーシャルメディア上でそんな議論が起こり、著名な牧師たちも応答した。

    事の発端は、名作映画「スタンド・バイ・ミー」(1986年)や米テレビドラマ「新スタートレック」などに出演したことで知られる米国人俳優ウィル・ウィトン氏(45)のコメントだった。
    事件を受け、カトリック信徒であるポール・ライアン米下院議長(共和党)は犠牲者や遺族のために祈りをささげたが、ウィトン氏はツイッターに次のような批判的なコメントを投稿した。

    「殺害された犠牲者たちは教会にいた。もし祈りで何かが起こったのであれば、彼らはまだ生きていたはず。役に立たない野郎だ」この投稿の後、批判があったこともあり、ウィトン氏は謝罪し、信仰を持つ人々の気分を害そうとしたのではなく、銃規制に対する法的措置の欠如を非難したものだったと、自身の投稿の意図を説明した。

    「宗教や信仰について話しているのではないんです。銃による暴力に何も取り組まないその下院議長について話しているんです」「本当の信仰者の皆さん、僕は皆さんに耳を傾けています。僕はポール・ライアンが銃による暴力に対処することを拒否したことで怒っているのですが、皆さんを侮辱してしまったことは謝罪します」

    しかし、ウィトン氏の当初の意図とは別に、この投稿がきっかけとなり、祈りの有効性に関する議論が広がることになった。

    (詳しくはソース元でご確認ください)

    http://www.christiantoday.co.jp/articles/24773/20171114/is-prayer-useless.htm
    a0016_000328

    【【議論】「神への祈りはすべて無駄だったのか…?」 銃乱射事件を受けて、米国人の信仰心が揺らぐ 】の続きを読む

    1: ハンバーグタイカレー ★ 2017/11/09(木) 09:30:32.92 ID:CAP_USER9
    http://www.afpbb.com/articles/-/3149843

    【11月9日 AFP】米中西部カンザス(Kansas)州カンザスシティー(Kansas City)の美術館で、巨匠ビンセント・ファン・ゴッホ(Vincent van Gogh)の絵画を顕微鏡で調べていた絵画修復の専門家が、思わぬ「侵入者」を発見した──ゴッホ特有の渦巻き模様の中に128年間も閉じ込められていた1匹のバッタだ。

    バッタを発見したのはネルソン・アトキンス美術館(Nelson-Atkins Museum of Art)の美術修復員、メアリー・シェーファー(Mary Schafer)氏。「オリーブの木々(Olive Trees)」と題された作品を調べていたところ、下側の表面に乾燥した小さな茶色い虫の死骸を発見した。

    同氏はAFPの取材に対し「この絵のさまざまな層や構成などについて理解しようとしていたところ、この小さなバッタの体の一部を見つけた」と説明した。

    今週発表されたこの発見は、砂ぼこりや草、昆虫が飛んでくるほど風の強い日でも戸外で絵を描くことを好んだゴッホの習慣を反映している。

    ゴッホは1885年、弟のテオ(Theo van Gogh)に宛てた手紙に「君が受け取る4つのキャンバスに、優に100匹以上のハエをつかまえたはずだ。もちろんほこりや砂も」としたためている。

    だが、バッタを死なせたのはゴッホではなかった。カンザス大学(University of Kansas)の古昆虫学者マイケル・エンゲル(Michael Engel)氏は美術館員らに対し、バッタの死骸には胸部と腹部がなく、その周囲の絵の具が動いた形跡もないことから、キャンバスに付着したときバッタはすでに死んでいたとみられると説明したという。

    (詳しくはソース元でご確認ください)

    no title

    【【驚愕】ゴッホの絵画の中からバッタ・・・】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(茸) [CN] 2017/11/01(水) 12:28:24.97 I
    電磁波過敏症 ? 南アフリカの電波塔に地元住民が反発、しかし塔は稼働しておらず

    南アフリカの Craigavon では地元に電波塔が建てられてから頭痛や吐き気、耳鳴りや皮膚疾患、胃腸不良などの体調不良を訴える住民が急増したとのこと。塔の所有者であるワイヤレス通信業者 iBurst と住民の間では話し合いの場が設けられ、体調不良の原因を調査するために電波塔を停止する約束が取り付けられたそうだ。

    ところが、実は話し合いの 6 週間前から既に電波塔は稼働していなかったとのこと。当然ながら iBurst は体調不良の原因は電波塔ではないとの結論を下し、その後塔を再稼働させたそうだ。

    ちなみに地元住民を代表している弁護士らは、他の根拠に基づき訴えを続行する構えだそうだ。
    https://m.srad.jp/story/10/01/20/0215236
    beacon_denpa_hasshinki

    【住民「電磁波過敏症で頭痛や吐き気が!電波塔が悪い!撤去しろ!」→電波塔、停止中だった→】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(東京都) [GB] 2017/10/27(金) 07:59:50.62 
    米空軍がサンタクロースは存在しないとするツイートをしたことに、多くの人が憤慨した。
    ホワイトマン空軍基地(ミズーリ州)とマイノット空軍基地(ノースダコタ州)がツイッター上でどちらの部隊が強いかを言い争っていると、米空軍の公式アカウントが参加し「はい、おしまい。君たちが僕に他の選択肢を与えてくれないんだよ。1週間テレビ抜き!」と冗談気味にコメント。

    それでも口論が続いたため、空軍の公式アカウントは過激な措置に出て「こんなことはしたくなかったんだが、君たち2人がやめられないなら…サンタは今年君たちに何も持ってこないだろう…実在しないからだ!」とツイートした。

    サンタクロースが存在しないと公式に認めたことにツイッターユーザーは憤慨し、子供の夢を壊すものだと非難した。北アメリカ航空宇宙防衛司令部(NORAD)が12月にレーダーでサンタを追跡することは毎年恒例の行事になっている。

    https://jp.sputniknews.com/entertainment/201710274223960/
    a0001_001605

    【【ショック!】クリスマスシーズンを前に、米空軍公式ツイッター「サンタクロースは存在しない」と暴露 】の続きを読む

    このページのトップヘ