野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    海外の話題

    1: 名無しさん@涙目です。(catv?) 2017/08/31(木) 17:05:44.13
     兵庫県の神戸港で今年5月に発見されて以来、東京や愛知など国内11都府県15カ所でヒアリの発見が相次いでいるが、大規模洪水が発生している米テキサス州からは、ヒアリの生命力の強さを物語る写真が届いた。大群が塊になって水面を浮きながら水がひくのを待っているのだ。

     環境省によると、今月24日に広島市、27日に静岡市からの通報によって、8月30日現在、国内では11都府県15カ所でヒアリが確認されている。

     米国では、今月25日にテキサス州南部に上陸したカテゴリー4のハリケーン「ハービー」が5日間にわたって停滞した影響で、北米史上最大となる1300ミリを超える大雨が降り、500年に一度と言われる規模の大洪水が発生。救助中の警察官ひとりを含む18人が死亡、2万人が避難した。
     この洪水に伴って、ヒューストン市では各地で浸水被害が起こり、胸まで水に浸かった状態で救助のボートを待つ人々の姿が報じられているが、それと同時に、水面を塊になって浮いているヒアリの大群が確認されている。

     ヒアリは熱帯雨林のブラジル原産だけあって、アマゾン川が氾濫しても1週間以上、水に浮かんで生き残る生命力がある生物だ。ジョージア工科大学の観察によると、ヒアリの群れを水の中に放したところ、仲間の体を足場にして数分でエッフェル塔のようなタワーを作り上げ、下の方のアリが沈んでも、頂上を目指す動作を繰り返しながら、水がひくのを辛抱強く待つと言う。

    (詳しくはソース元でご確認ください)
    洪水のヒューストンではヒアリが塊になってプカプカ浮いている!
    http://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/2/1/21737.html
    no title

    no title

    【【アメリカ】ハリケーン被害のテキサス州で「ヒアリ」がプカプカ浮いている報告が相次ぐ】の続きを読む

    1: trick ★ 2017/08/29(火) 05:47:18.19 ID:CAP_USER9
    若者は「インターホン恐怖症」、その理由とは (ウォール・ストリート・ジャーナル) - Yahoo!ニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170828-00012753-wsj-int

    8/28(月) 15:47配信 ウォール・ストリート・ジャーナル
     米カリフォルニア大学バークレー校でコンピューターサイエンスを学ぶチャナン・ワリアさん(19)は、最後にインターホンを使った時のことや玄関のドアをノックした時の状況を思い出せない。

     自宅には、父親がWi-Fi(ワイファイ)接続のしゃれたインターホンをつけた。だがワリアさんは、インターホンを鳴らすこと自体が苦手だと話す。自分も友達も相手の家に着いた時にテキストメッセージを送ることに慣れすぎており、インターホンの音は不意打ちのように感じられるのだ。

     20歳以下の若者について調査・分析するゼブラ・インテリジェンスの創業者、ティファニー・ゾング氏(20)は「インターホンは突然すぎる。恐ろしい」と話す。

     「インターホン恐怖症」は、調査論文こそ発表されていないが、実際にある。あるツイッターユーザーが今月行ったアンケートでは、1万1000件を超える回答のうちインターホンは怖いとの回答が54%に上った。

     ミレニアル世代とそれに続くZ世代には、監視カメラでチェックせずにインターホンに出ることなど考えもしないとの声もある。

     インターホン恐怖症は、直接ではなくスマートフォンなどのIT機器を介したコミュニケーションが優勢となっている時代を反映している。

     ゾング氏は「通常、インターホンはよその人向けの物だ」と話す。「テキストは、相手が友人であることを意味する」という。

     ほぼ全員がスマホを保有している世代では、他の手段がある時でも主にモバイル端末を使うコミュニケーションが始まっている。

    (中略)

     インターホンを避けるのは単に必要ないからだと話す若者もいる。南カリフォルニア大学の学生は「骨董(こっとう)品のようだ。ドアをノックするのは大昔の話で、同年代の人間は経験したことがない」と述べた。
    (全文はソース元でご覧ください) 【【ピンポーン!】若者は「インターホン恐怖症」、その理由とは】の続きを読む

    1:2017/08/18(金) 23:43:37.54 ID:CAP_USER
    1万年前に生息か、巨大ナマケモノの化石発見 メキシコ

    8月17日 AFP】メキシコの科学者グループは16日、およそ1万年前の更新世に生息していたとみられる新種の巨大なナマケモノの骨格化石を南東部キンタナロー(Quintana Roo)州で発見したことを明らかにした。「セノーテ」と呼ばれる地下水がたまった陥没穴の底で見つかり、慎重に採集作業を進めてきた。ほぼ全身の骨が残っていることから、セノーテに落下してそこで死んだと推定している。
     
    メキシコ国立人類学歴史学研究所(INAH)の発表によると、化石は2010年に見つかっていた。しかし水深約50メートルのセノーテの底にあるため、少しずつしか引き揚げられなかった。
     
    これまでに頭蓋骨と顎の骨のほか、椎骨や肋骨などの骨格部分を採集。残りは来年までに引き揚げ、体長の推定を含めて調査を続ける方針だ。
     
    グループはこのナマケモノを「Xibalbaonyx oviceps」と名づけ、「ポーテ(Pote)」というあだ名で呼んでいる。全身の骨がほぼそろっていることから「乾燥期、もしくは底に水が少ししかない時にセノーテに落ちた」とみている。
     
    初期段階の解析では、1万647~1万305年前に生息していたと推定されるという。
     
    メキシコのユカタン半島(Yucatan Peninsula)には数多くのセノーテがあり、水面に差し込む光で幻想的なエメラルドグリーンやターコイズブルーに輝くものも多い。
     
    (詳しくはソース元でご確認ください)
    ▽引用元:AFPBBNews 2017年08月17日 13:45
    http://www.afpbb.com/articles/-/3139460


    no title


    no title

    【【科学】1万年前に生息か、新種の巨大ナマケモノの化石発見/メキシコ】の続きを読む

    1: 2017/08/25(金) 10:33:20.31
     【ニューヨーク時事】米国の数字選択式宝くじ「パワーボール」で23日、賞金額7億5870万ドル(約829億6000万円)の大当たりが出た。米メディアが24日報じたところでは、当せんしたのは東部マサチューセッツ州チコピーの女性。1人当たりの賞金額としては史上最高額となる。

     女性は病院に勤務するメービス・ワンジックさん(53)で、成人している子供2人の母親。ワンジックさんは24日に記者会見し、「夢物語がついにかなった」と喜んだ。また、「まずはリラックスしたい」と語り、長年勤めた病院に退職の意思を伝えたことも明らかにした。

     賞金は約30年間の分割か、一括で受け取るか選択できるが、一括の場合は減額される。パワーボールは6月以降2カ月以上当せん者が出ず、賞金が増え続けていた。

     賞金の過去最高額は2016年に出た約16億ドル(約1750億円)で、3人の当せん者が分け合った。(2017/08/25-05:58)
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2017082500196&g=int

    【【アメリカ】病院勤務の女性に宝くじ830億円当たる】の続きを読む

    1: 2017/08/17(木) 16:42:30.51
    no title2040年までにディーゼル車、ガソリン車の販売を禁止する──。

    フランス、そして英国が7月、内燃機関のみで走る車への抜本的な規制導入の方針を発表し、世界に衝撃が走った。

    元凶はディーゼル車だ。力強い走りやハイブリッド車(HV)並みの燃費に加え、税制優遇のメリットもある。「クリーンディーゼル」といううたい文句で、欧州の乗用車販売で半分以上を占めてきた。だが、その虚構性が明るみに出た。すべてはVWの不正発覚から始まった

    始まりは、2015年秋に発覚した独フォルクスワーゲン(VW)のディーゼルエンジンにおける排ガス不正である。規制されている窒素酸化物(NOx)の排出量を、室内での測定試験時のみ抑える違法なソフトウエアを搭載。結果、路上走行では最大で試験値の40倍ものNOxを放出していた。

    それから2年弱の間、VW以外にも、ドイツを中心に自動車大手の不正疑惑が相次いでいる。

    背景にはVW問題以降、路上走行中の排ガス量に注目が集まったことがある。2015年末から、欧州委員会や各国政府、民間調査機関などで実走行測定が始まった。

    従来、試験値と実走行値の乖離は専門家であれば把握していた。だがドイツでは、自国の産業を保護したいロビイストや政治家が多く、見過ごされてきた。「欧州勢は法の網の目をかいくぐって、ディーゼル車を売ってきた」(日系メーカーの技術者)との批判は多い。

    ただ欧州委員会は、VWの不正発覚を境に態度を硬化。大気中のNOx量削減を各国に要請し、ドイツには、自国産業への甘さについても警告した。

    イメージの悪化により、消費者のディーゼル離れが著しい。2017年1~3月の乗用車販売に占めるディーゼル車比率は、ドイツや英国で、それぞれ2015年から4~5%減少した。

    (詳しくはソース元でご確認ください)
    「ディーゼル神話」崩壊、ドイツがEVへ急転換、一方トヨタは...
    http://www.newsweekjapan.jp/stories/business/2017/08/ev-2.php


    【【ディーゼル神話崩壊】 ドイツがEVへ急転換。ドイツは自国の産業を保護するために見過ごしてきた】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。] 2017/08/18(金) 11:38:17.61 
    8月11日、スペインのモハカル海岸にやってきた子供イルカが観光客によってたかって撫で回され死亡するという悲しい出来事が起きた。

    この日、ビーチに泳いできた小型のイルカを発見した観光客らがイルカを取り囲み、自身のSNS(主にInstagram)に掲載するために撫でたり、中にはトロフィーのように持ち上げて記念撮影を撮った人も現れた。

    動物保護団体エクイナックはこのことをFacebookで発表し「数百人で取り囲んでいた」「心配した人が動物救急ダイヤルに電話したが15分後には既に死んでいた」と報告。同団体によるとイルカはストレスに非常に弱く、母親から離れて怯えており、しつこく触ったりした場合
    ショック状態になるという。

    同団体は「イルカを殺すのは犯罪にもなるため誰であろうと徹底的に追究する」としている。

    http://gogotsu.com/archives/32416
    no titleno title

    【【インスタ蠅】ビーチにやってきた子供イルカをインスタに載せる為によってたかって撫でまくり  】の続きを読む

    1: ハンバーグタイカレー ★ 2017/08/07(月) 18:56:45.90 ID:CAP_USER9
    「いきなりの鋭い光で意識を失い、1時間後に自分の髪の毛が切られているのに気づいた」。ハリヤナ州グルガオン地区ビムガル ・ケリ地域に住む主婦のスニータ・デビさん(53)はこう言う。
    先月28日のこの「襲撃」が、スニータさんにとってトラウマとなった。
    「眠れないし、何にも集中できない。ラジャスタンで同じようなことがあったとは読んでいたけど、まさか自分の身に起こるとは思ってなかった」
    「幻の理髪師」の出没が最初に報告されるようになったのは、ラジャスタン州。7月初旬のことだった。しかしその後は、同様の事件がハリヤナ州やデリーでも多く報告されるようになった。
    スニータさんは、住民同士のつながりが強い商人や農民のコミュニティーに暮らす。彼女がショックから抜け出すまで、交代で一緒にいてくれる近所の人たちもいる。
    自分を襲ったのは「明るい色の服を着た」年配の男性だったとスニータさんは言う。
    「家の1階に一人でいて、義理の娘と孫が上の階にいる時、午後9時30分頃に襲われた」
    家族は何も気づかなかったという。
    他に誰か襲撃犯を見た人はいるかと尋ねると、謎は深まるばかりだ。

    スニータさんの近所に住むムネシュ・デビさんによると、民家約20棟が立ち並ぶ狭い路地は、午後9時から10時の間はにぎわっているのが普通だ。

    「夕食を終えた人たちが集まって、お喋りしたりのんびりしたりして過ごしている。当日も普段と同じだったのに、見知らぬ人がスニータの家に出入りするところを、誰も見ていない」とムネシュさんは言う。


    (詳しくはソース元でご確認ください)
    http://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-40848601

    【【無慈悲】女性50人以上が髪の毛を奪われ……インドで不安広がる】の続きを読む

    1:  2017/08/06(日) 19:03:41.53 ID:CAP_USER9
    奇妙なウィルスが英国の昆虫のあいだで拡散している。諸メディアは「ゾンビウイルス」と呼んでいる。

    奇妙な現象に最初に気づいたのは研究者だという。彼らは、英国中にいるカレハガの幼虫が太陽光の下に出るようになったと述べる。普通は影に隠れている。太陽の下で体温が高くなりすぎた毛虫は死に、ウィルスは虫の親族に瞬間的に広がる。

    環境NGO「ワイルドライフトラスト」の代表によると、毛虫が太陽のもとで死ぬ様子は心地よいものではない。文字通り、映画のゾンビのような見た目だ。ウィルスは肌を薄くし、身体が弾け、液体が他の虫に降りかかるのだ。

    奇妙な「ゾンビウイルス」の原因は今のところ明らかでない。

    これより前、カリフォルニア沿岸に有害な「ゾンビ藻類」が大量発生して、魚貝類を汚染して食用不可にした。発生原因は、海に排出された肥料。論文は科学誌『Geophysical Research Letters』に掲載された。

    (詳しくはソース元でご確認ください)
    https://pbs.twimg.com/card_img/892704179470442496/LUatyaoa?format=jpg&name=600x314
    https://jp.sputniknews.com/incidents/201708063963759/

    【【諸メディア】英国でゾンビウイルスが急速拡散か?】の続きを読む

    1:2017/08/05(土) 15:01:07.39 ID:CAP_USER9
    米ペンシルベニア州のハンバーガー店で、客の男(58)がサラダに添えるキュウリが足りないとわめいて、店員に食べ物を投げ付けた上「銃かナイフを持っていたら、真っ先に殺す」と脅した。米メディアが報じた。

    警察が駆け付けると、窓を閉め切った車の中に興奮状態の男が。男は車で立ち去ろうとしたが、その場で御用となった。(共同)

    http://www.sankei.com/world/news/170805/wor1708050010-n1.html

    a0002_001700


    【【「キュウリが足りない」】 客の男(58)がハンバーガー屋で暴れる アメリカ】の続きを読む

    1: ] 2017/08/05(土) 11:23:09.35
    イギリスで交際のもつれによる腹いせや強盗の目的で相手に硫酸などをかける事件が相次ぎ、ことしはすでに去年を上回る500件以上が起きていて、国民の間に不安が広がっています。

    イギリスでは、交際のもつれによる腹いせや、現金や車などを奪う強盗の目的で、相手に硫酸や塩酸などをかけて、重度のやけどを負わせたり失明させたりする事件が相次いで起きています。中には、玄関の扉を開けたところ、いきなり見知らぬ男から顔に酸をかけられ片目を失明した男性もいて、国民の間に不安が広がっています。

    警察などによりますと、事件の件数は、おととしが261件、去年が431件と年々増加していて、ことしは503件とすでに去年1年間を上回っているということです。

    こうした事件が増えている理由について、専門家は、ナイフなどの凶器と比べて簡単に相手を傷つけられるうえ、指紋やDNAなど個人が特定される痕跡が残りにくいためだと指摘しています。

    事件を受けて、イギリスでは酸をかけられたときの応急処置について学ぶ講習会が開かれているほか、酸を含む薬品の販売に年齢制限を設けるよう求める声が高まっています。

    (詳しくはソース元でご確認ください)
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170805/k10011088431000.html

    【【恐怖】イギリスで硫酸や塩酸をかける事件相次ぐ 500件以上】の続きを読む

    このページのトップヘ