野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    海外の話題

    1:  2017/03/12(日) 15:11:09.70 ID:CAP_USER
     中東アラブ首長国連邦(UAE)を構成する首長国のひとつであるドバイの交通当局はこのほど、今夏にも一人乗りの「ドローンタクシー」を導入する計画を発表した。自動で飛行し操縦士は同乗しない。

     同国は2030年までに交通機関の25%を無人運転化する目標を掲げており、SF映画にある未来都市の風景が近い将来に現実のものになるかもしれない。

    一人乗りの中国製

     AP通信などによると、ドバイが導入を目指すのは、中国のドローンメーカー「イーハン」が開発した「イーハン184」。卵形の本体に一人乗りのシートを備え、四方に突きだした4本の支柱の先端に8枚の回転翼を備える。体重約100キロまでの人とスーツケース程度の荷物が積める。

     1回の充電で飛行できるのは約30分で、飛行範囲はは50キロほど。速度は時速160キロまで出すことが可能だが、通常は100キロ程度で運行するという。

     モデル機は2月にドバイで開催された大規模な国際会議会場で展示され、その際に交通当局が7月に導入を目指す計画を公表した。

     ドバイは「ドローンタクシー」の運航イメージビデオも公開している。搭乗希望者はスマートフォンでタクシーを呼び、乗り込むと前方に備えつけのタッチパネルで目的地を指定する。地上のコントロールセンターから信号を受けながら飛行するため、搭乗者は座っているだけで目的地に到着できるという。

    実現性には疑問符も

     ただドバイも製造メーカーも、実際に人を乗せた飛行は公開していない。イーハン184は昨年1月、米西部ネバダ州で開かれた家電見本市に出品され、同州とのテストフライトに関する契約が報じられたが進展は不明だ。安全性の確保についてもわからないところが多く、交通機関としての実現性についてはなお多くの疑問も出ている。

     ドバイ当局者は中東のメディアに、ひとつの回転翼が停止しても安全に着陸できることや、制御に不調をきたしたときはすぐ他の系統に切り替わり、プログラムされた着陸地点に向かうといった安全策が施されているなどと強調している。

    (続きはソース元でご覧ください)

    http://www.sankei.com/west/news/170312/wst1703120005-n1.html
    http://www.sankei.com/west/news/170312/wst1703120005-n2.html

    no titleno title

    【【未来技術】中国製ドローンで“空飛ぶタクシー”…今夏にもドバイでデビュー、無人運転化目指す未来都市】の続きを読む

    1: rain ★ 2017/03/08(水) 17:23:07.31 ID:CAP_USER9
     猫のパーシーさんは、トレーラードライバーのポール・ロバートソンさんの相棒だ。いつも仕事中のポールさんとトレーラーで旅をしている。

     仕事中、ポールさんがオハイオ州で休憩したとき、パーシーさんの姿が見えなくなった。ポールさんは大切な相棒失ったと思い、悲しい思いでトレーラーを走らせた。
    その後、400マイル(約640キロメートル)程走行し、インディアナ州でトレーラーを停車すると、パーシーさんが這い出してきた。
    なんと、400マイル走行する間、トレーラーの下部構造にしがみついていたらしい。何はともあれ、相棒が見つかってめでたしめでたし!

    猫のパーシーさん
    no title

    猫のパーシーさんと飼い主のトレーラドライバーのポール・ロバートソンさん
    no title


    http://www.sankei.com/photo/story/news/170308/sty1703080006-n1.html
    2017.3.8 11:49

    【【パーシーさん】“猫さん危機一髪” 車体につかまり400マイル】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2017/03/10(金) 10:24:55.80 ID:CAP_USER
    http://www.digimonostation.jp/0000088394/

    no titleリニアモーターカーの試走コースを思い出しました
    ほぼ音速でチューブ内を移動するとされる、超高速交通機関計画「ハイパーループ」。スペースXやテスラを率いるイーロン・マスク氏のもとで進められている同プロジェクト、あまりに未来的すぎる次世代交通システムと思いきや、とうとう完成したテストコースが公式Twitterアカウントにて公開されました!

    漠の中に出現する、チューブ状のコース……。夢にまで見た未来の交通システムが、いよいよ現実になろうとしています。このテストコース「DevLoop」はネバダ州の砂漠地帯に設置されています。チューブコースの全長は500メートルで直径は3.3メートル。実物大のハイパーループのテストが可能です。

    中東地域での運行を目指すハイパーループ・ワン当初ロサンゼルス?サンフランシスコ間をも結ぶコンセプトとして誕生したハイパーループ。開発企業の「ハイパーループ・ワン」は現在アラブ首長国連邦(UAE)での営業開始を目標としています。実際のコースでは、約160kmもの距離があるドバイ?アブダビ間を約12分で結ぶ予定。さらにコースはサウジアラビアの首都リヤドやカタールの首都ドーハ、オマーンのマスカットをも結び、中東の広範囲にまたがる超高速交通網を実現しようとしているのです。

    (続きはソース元でご覧ください)
     
    【【未来】ついに実現?音速鉄道「ハイパーループ」 のテストコース完成】の続きを読む

    1: 2017/03/08(水) 22:19:29.95 ID:xx1RB0bK0 BE:582792952-PLT(12000) ポイント特典
    The strange ghostly man appears to be smiling at the camera - but the family insist that no one else was with them on their trip
    A young teenage girl was "freaked out" when she spotted a mysterious 'ghost man' in her selfie, taken while on a fishing trip with her grandparents.
    Haley Ogletree, 13, was spending the day with family to celebrate her brother's birthday.
    But after taking a commemorative snap of the occasion, Haley, from Georgia, US, spotted something sinister in the back of her photograph.
    If you look closely, standing on the right of Haley's brother appears to be the shadowy figure of a man , wearing a cap and a collared shirt, and smiling for the camera.
    But mysteriously, the family claim there was no one else with them on the trip, and certainly not standing with them by their vehicle.
    In fact, Haley and her grandparents didn't see anyone else fishing near them in the area all day.
    On Facebook, Haley's mother, Jessica Ogletree wrote: "FB friends check this out!
    This picture was taken by my 13-year-old daughter earlier today at Paradise (the fishing place) in Tifton, Georgia.
    "Notice my son Kolton in the background and then notice the gentleman standing to his right.
    "Y'all, this gentleman was NOT with them today and there was no one else at these back ponds where they were fishing.
    "The only people there today were Haley, Kolton, and their grandparents Dennis and Vera Baldree.
    "Haley was going back through her pictures and saw this, and needless to say freaked out and called me.

    (続きはソースで)
    http://www.mirror.co.uk/news/weird-news/young-teenager-freaked-out-after-9939772
    no titleno title

    no title

    【【お分かりいただけただろうか?】釣りに行った少女の自撮りに謎の男が映り込む 】の続きを読む

    1: ばーど ★ 2017/03/07(火) 12:18:14.17 ID:CAP_USER9
    タイ東部チョンブリ県で泳げなくなっていたウミガメに6日、手術を施したところ、のみ込まれた硬貨915枚が体内から出てきた。ウミガメは7時間に及ぶ手術の末、無事命を取り留めた。

    手術を担当した国立チュラロンコン大学獣医学部の講師によると、体長約80センチ、体重約60キロのウミガメから取り出した硬貨の総重量は約5キロ。手術後、体重は55キロまで減り、楽に呼吸ができるようになった。

    タイではカメやワニに「おさい銭」を投げると幸運に恵まれるとの言い伝えがあり、動物園などでは池に向かって硬貨を投げ込む人々を見掛ける。これまでも硬貨をのみ込んだカメは見つかっているが、「1匹でこれだけの量を体内に抱え込んだカメが発見されるのは記録にない」(執刀した講師)という。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170307-00000022-jij-asia

    【【生物】ウミガメから硬貨915枚 ストレスでのみ込む?72時間の手術も無事成功】の続きを読む

    1:  2017/03/04(土) 10:54:53.71 ID:D0x6huE00 BE:754019341-PLT(12345) ポイント特典
    ホテルのレストランで「集団食い逃げ」 100人以上 スペイン
    http://www.afpbb.com/articles/-/3120098

    スペイン警察は3日、ホテルのレストランで飲食代金を支払わずに逃げた「食い逃げ犯」100人以上の捜索を行った。

    食い逃げ集団はスペイン北部ベンビブレ(Bembibre)のホテル・カルメン(Hotel Carmen)で2月27日、2000ユーロ(約24万2000円)の宴会を楽しんでいたが、料理を食べ終わると即座に逃走した。

    レストランの支配人、アントニオ・ロドリゲス(Antonio Rodriguez)さんはラジオ局カデナ・セル(Cadena Ser)に
    「踊っていたと思ったら突如として消えた。1分で100人がいなくなった」「少人数のグループに分かれて出て行ったのではなかった……全員が一度に出て行ったんだ」と語った。

    (全文はソース元でご覧ください)
    【(;゚Д゚) レストランで100人以上が宴 → 一斉に食い逃げ】の続きを読む

    1: 2017/03/04(土) 09:41:29.50 ID:PURJVFEJ0 BE:292723191-PLT(19081) ポイント特典
    A group of golfers were left stunned and scrambling for cover when a large
    alligator sauntered across their path carrying a massive fish in its mouth.

    The big beast, carrying its lunch in its mouth, seemed entirely unfazed by
    their presence and dramatic reaction.

    The giant reptile paid no heed to the startled golfers and slunk into a
    nearby water feature to enjoy its lunch in peace.
    https://www.rt.com/viral/379387-florida-alligator-shocks-golfers-fish/
    no title

    ビデオ
    https://www.youtube.com/watch?v=BFoU-eqZFjk


    【(;゚Д゚) お魚くわえたワニがゴルフ場を歩いてた】の続きを読む

    1: ニライカナイφ ★ 2017/02/25(土) 10:43:57.72 ID:CAP_USER9
    米アルファベット(グーグルの親会社)の研究子会社「ジグゾー」は23日、ネット上のコメント欄などにあふれる不適切表現、「荒らし」を抽出するソフトの無料提供を始めた。当初は英語のみだが、今後、他の言語にも拡大する方向だ。

    ジグゾーなどによると、開発したソフト「パースペクティブ(視点)」は、機械学習の機能を使い、メディアのコメント欄などに寄せられる個人攻撃や、不快度の高い書き込みを自動的に抽出し、その度合いを0~100の指標で示す。不適切と判断された書き込みを掲載するかどうかは、各メディアの判断に委ねる。

    現在、米メディアは「荒らし」に対応しきれず、コメント欄を閉鎖せざるを得なくなった例も多い。
    ジグゾーは「嫌がらせのコメントなどに埋もれている実のある議論が見つけやすくなる」としている。

    ソフトの開発にはニューヨーク・タイムズ紙(NYT)やネットの百科事典ウィキペディアが協力。
    これまで人の手で「不適切」と判断した大量のコメントを、ソフトに読み込ませることで共通する言葉や表現などを覚えさせた。ソフトを使うほど学習して精度が高まるという。

    ※続きはリンク先でご覧下さい

    http://www.asahi.com/articles/ASK2S4TFPK2SUHBI01X.html?iref=comtop_latestnews_01

    【(; ・`д・´) ネットの“荒らし”コメント、ソフトが自動抽出 米ジグゾー社が提供】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2017/02/26(日) 14:40:26.09 ID:CAP_USER
    http://www.jiji.com/jc/article?k=2017022600165&g=int

     【ソフィアAFP=時事】ブルガリア国営ラジオ(BNR)が、
    ブルガリア音楽著作権協会から著作権料値上げを要求され、拒否している
    。その結果、新しい曲は流せなくなった。欧州連合(EU)の規定では作者の死後70年で著作権は消滅するため、ここ2カ月は70年以上前の曲ばかり流していたところ「おばあちゃんと過ごした頃を思い出す」(50代の女性)と人気を集め、聴取者が増えている。


     BNRは、協会に年50万レバ(約3000万円)を支払ってきた。しかし、民放に比べ著しく安いと協会は主張。一気に2.5倍の値上げを求め、1月から裁判になっている。
     ブルガリアは人口約700万人の3分の1は年金生活者という高齢社会。
    聴取者からは「以前は国内外の音楽がごちゃ混ぜで嫌いだったけれど、今はモーツァルトやビバルディが流れていて、つい聴いてしまう」と評判が良い。一方、若い音楽家の中には、著作権をBNRへ譲り、自分の曲の放送を促す例まで出てきている。(2017/02/26-06:09)

    【【ブルガリア】著作権料値上げ拒否で新曲を流せなくなったラジオ局、著作権切れの古い曲ばかり流したら人気に】の続きを読む

    1: あずささん ★ 2017/02/23(木) 07:40:14.28 ID:CAP_USER9
    インドのデリー(Delhi)首都圏で、現金自動受払機(ATM)から「インド子ども銀行」発行の模造2000ルピー(約3400円)紙幣が出てくる珍事があり、警察が捜査を開始した。警察当局が22日、AFPに明らかにした。

    問題のATMは国営インドステイト銀行(State Bank of India)のもので、2月6日、利用者から偽札が出てきたとの通報があった。紙幣にはインド中央銀行のロゴの代わりに「インド子ども銀行」と記され、裏面には「インド娯楽銀行」と書かれていたという。こうした模造紙幣はインド各地で売られており、子どもたちに人気となっている。

    模造紙幣は、最近導入された新2000ルピー札に似せて作られていた。同国では昨年11月、ナレンドラ・モディ(Narendra Modi)政権が突如として500・1000ルピー札の廃止と新紙幣の導入を発表し、紙幣不足による混乱につながっていた。

    ソース/AFP
    http://www.afpbb.com/articles/-/3118873

    【(゚∀゚)アヒャ ATMから「子ども銀行」の紙幣・・・インド】の続きを読む

    このページのトップヘ