野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    怖いニュース

    1: みつを ★ 2019/07/12(金) 01:03:30.01 ID:rG5+UWwF9
    https://www.cnn.co.jp/usa/35139784.html

    野良猫に狂犬病の陽性反応、米ディズニー・ワールドのパーク含む一帯に警戒警報
    2019.07.11 Thu posted at 12:30 JST


    (CNN) 米フロリダ州オレンジ郡の衛生局は9日、ディズニー・ワールド・リゾートのテーマパーク近くで見つかった野良猫から、狂犬病の陽性反応が出たと発表した。一帯に警戒警報を出し、野良猫や野生生物に接触しないよう呼びかけている。

    衛生局によると、狂犬病の陽性反応が出た野良猫は、ディズニー・ワールド・リゾート内のテーマパーク、エプコット東側の道路付近で発見された。

    当局は、エプコットを含む現場から半径3.2キロの一帯に警戒警報を出した。期限は60日。この圏内にはほかにもハリウッド・スタジオなど複数のリゾートがある。

    「今回の警報の対象に含まれない地域でも、誤った安心感を持つことがあってはならない」と当局は警告している。
    米疾病対策センター(CDC)によると、狂犬病は命にかかわる疾患だが、予防法は存在する。ウイルスは唾液を通じて感染し、初期症状はインフルエンザと似ている。

    今回警報が出た地域では、猫以外の動物も狂犬病に感染している恐れがあり、当局はアライグマ、コウモリ、キツネ、スカンク、カワウソ、ボブキャット、コヨーテを含め、全ての野生生物との接触を避けるよう呼びかけている。
    (以下ソース元で)


    a0960_008151
    【【動物】野良猫に狂犬病の陽性反応、米ディズニー・ワールドのパーク含む一帯に警戒警報 フロリダ 】の続きを読む

    1: プイ(茸) [CA] 2019/06/20(木) 23:56:34.16 ID:w3FjfVf30 
    防水スプレーを吸い込むとなぜ危険なのでしょうか。

    防水スプレーはフッ素樹脂やシリコン樹脂などのはっ水性の樹脂を細かい粒子にして吹きつけることで、水をはじくようにするものです。
    化学物質による急性中毒について啓発活動を行う「日本中毒情報センター」によると、防水スプレーにこの樹脂が含まれていると、肺に付着して酸素をうまく取り入れられなくなると考えられているということです。最悪の場合、呼吸困難になって死に至ることがあるというのです。

    (以下ソース元で)

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190620/k10011962251000.html

    a0005_000057



    【【危険】防水スプレーを吸い込むと肺が防水加工されて息が吸えなくなって死ぬ 】の続きを読む

    1: 安倍ちゃん ★ 2019/06/04(火) 07:22:53.28 ID:CaObfqFY9
    ■普段はネズミに寄生する住血線虫症

    日本人も大好きな南の楽園ハワイで、旅行者が相次いで寄生虫に感染しているとして、ハワイ当局が注意喚起している。この感染症は、普段は自然に治癒するとされているが、昨年ではオーストラリアで死亡した例もある。

    ハワイ州保健局は5月23日、「ハワイ島を訪れた旅行者が広東住血線虫症に感染した」と声明を発表した。今回感染が分かったのは3人で、全員が米国本土で暮らす成人だが、それぞれ感染経路も感染時期も異なるようだ。

    広東住血線虫症とは、寄生性の線虫である広東住血線虫を原因とする感染症で、米ニュースサイト、アーズ・テクニカによると、普段はネズミの肺に生息しており、そこで卵を産む。
    ふ化した幼虫がネズミの体内を移動して喉まで来ると、ネズミはそれを咳とともに吐き出して飲み込む。

    こうしてネズミが飲み込んだ広東住血線虫の幼虫は最終的にフンとして外に出るが、カタツムリやナメクジがそれを餌として食べ、ネズミがそのカタツムリやナメクジを餌として食べて広東住血線虫の幼虫が再びネズミの体内に入る。
    幼虫はネズミの脳で成虫したあと、肺へと移動して卵を産み、このサイクルが続いてく。

    ■野菜についたナメクジを知らずに食べて感染も

    ということで、上記のサイクルには人間の体に入るような部分はないのだが、広東住血線虫に感染しているナメクジやカタツムリなどを何かしらで食べてしまうと、感染する可能性がある。

    「ナメクジなんて食べないから私は大丈夫」と思った人もいるかもしれないが、よく洗っていない野菜などにナメクジがついていたのに気づかずに食べてしまうケースもあるようだ。

    今回ハワイ州保健局が発表した3人のうち2人は、当局が調査したところ感染源を特定できなかった。しかし1月に広東住血線虫症に感染した1人は、「手作りのサラダをたくさん食べた」と話しており、ここが感染源とみられている。
    この人物は入院せずに回復した。2月に感染した人は入院を要するほど体調を崩したが、やはり感染源を特定できなかった。しかし野菜やフルーツなどを摘んでそのまま食べたといい、これが原因だと考えられている。

    ※ソースに続き有ります。

    (ソース)Newsweek日本版
    https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2019/06/post-12252.php
    animal_dobu_nezumi

    【【寄生虫】ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(空) [US] 2019/05/30(木) 22:11:26.42 ID:OB4TAFZC0
    近年、人間の脳に侵入する“恐怖の寄生虫”が世界的に増殖中だというから怖い。

    日本でも徐々に広がりつつあるという『広東住血線虫』は、湿気の多い温暖な地域を好み、主にネズミの体内で増殖する寄生虫だ。
    ネズミの糞や生野菜を好んで食べるナメクジやカタツムリに寄生し、それらを餌として食べた犬や猫の体内からも“生きたまま”発見されるという。

    最近はダイエットブームの流行で生野菜の需要が高まっているが、生野菜を食べたナメクジやカタツムリの糞から寄生虫が生野菜に付着し、海外では、よく洗浄されていない野菜サラダを食べて発症する例も多いらしい。

    「地球温暖化の影響で、日本国内でも徐々に広東住血線虫の発症例が増えています。しかもこの広東住血線虫は最悪なことに、人間の体内に侵入すると、脊髄内を通り脳を目指して移動する。そして高い確率で『好酸球性髄膜脳炎』という非常に重篤な脳炎を引き起こし、最悪、死亡したり、手足が動かなくなるなどの、重い後遺症が残ることもあるのです」(医療系ジャーナリスト)

    特に危険なのは、熱帯の国へ行った海外旅行者だという。よく海外では「生水は決して飲むな、生野菜を食べるな」と言われるが、うっかり飲んだり食べたりした人で発熱が長引くなどという場合は、「髄膜炎の初期症状」かも知れないので、注意した方がいいだろう。

    (以下ソース元で)
    https://wjn.jp/article/detail/8759318/
    a0150_000107

    【【注意】生野菜は食っちゃだめ。人の脳に侵入する恐怖の寄生虫がくっついてる 】の続きを読む

    1: ◆mZB81pkM/el0 (茨城県) [CN] 2019/05/18(土) 07:35:04.15 ID:q8Ypeail0 
    アメリカの大手半導体メーカーのインテルが製造し、世界中のパソコンに使われている「CPU」と呼ばれる装置に、サイバー攻撃に悪用されるおそれがある欠陥が見つかりました。

    日本の専門機関は、被害が出る可能性は低いものの、ソフトを最新の状態にするなどの対策を呼びかけています。

    民間のセキュリティー専門機関「JPCERTコーディネーションセンター」によりますと、この欠陥はインテルがここ数年の間に主にパソコン用に製造し、世界に出荷している複数のCPUで見つかりました。

    この欠陥を悪用すると、ウェブサイトの閲覧履歴や入力したパスワードなどの情報が盗まれるおそれがあり、インテルは対象の製品を公表するとともに、新たに出荷する製品の修正を進めているほか、パソコンやソフトのメーカーでも攻撃を防ぐためのソフトの更新を進めています。

    また、修正されていないCPUでも攻撃が成功する可能性は低く、これまでに海外も含めて被害は確認されていないということです。

    (以下ソース元で)

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190518/k10011920201000.html
    no title

    【【IT】インテルのCPUに欠陥みつかる サイバー攻撃に悪用されるおそれ 】の続きを読む

    1: ごまカンパチ ★ 2019/05/03(金) 19:24:08.39 ID:adFUWswO9
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190503-35136503-cnn-int
     首の痛みを覚えて伸ばそうとしたら、ポキッという音。次の瞬間、左半身がまひし始めた――。
    米国の男性が取材にそんな経験を振り返った。

    男性はオクラホマ州ガスリーに住むジョシュ・ヘイダーさん(28)。この時は氷枕を取りに台所に向かったが、まっすぐ歩くことができなかった。「どうしても左約45度の方向に進んでしまった」と振り返る。

    義父に連れられて緊急救命室に入り、血栓を溶かす薬を投与された。
    その後は規模の大きなマーシー病院に転院し、集中治療室で4日間を過ごした後、さらに入院治療を受けた。

    マーシー病院で治療に当たったバンス・マコロム医師は「音が鳴った際、首の骨につながる動脈が破裂してしまった」と解説。首をひねったことで血管が切断されたとの見方を示す。

    同病院に搬送されてきた際、ヘイダーさんはまひや、物が二重に見える複視などの症状を呈していた。
    血管を撮影したところ、動脈に損傷があることが判明したという。

    この出来事が起きたのは3月14日。リハビリを経て、現在は自立した生活を送ることができている。

    「今は車いすや杖(つえ)なしでも歩けるが、前よりずっと疲れやすくなった」とヘイダーさん。「体の左側が少し痛むし、以前より重く感じられる。前ほどは自由に動かせない」と語る。

    しゃっくりが止まらなくなるという奇妙な症状にも見舞われた。「卒中後2週間しゃっくりが止まらず、しまいには数秒間息をすることも難しくなった。怖かった」

    マコロム医師によると、カイロプラクティックの施術を受けた患者など、この種の卒中は以前にも診たことがある。「私は首を鳴らしたい時は左右に動かすだけにする。ひねることはない」と注意を促している。
    (以下ソース元で) 【【アメリカ】「首ポキ」で動脈損傷、左半身まひで入院  】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/04/21(日) 03:19:55.82 ID:Lvdbp9/d9
    no title


    知人からもらった野草を食べた70代の男性が食中毒で重体です。

    群馬県によりますと、渋川市に住む70代の夫婦は、知人からギョウジャニンニクだとしてもらった野草を17日に昼食で炒め物にして食べたところ、嘔吐(おうと)や呼吸困難の症状で救急搬送され、入院しました。男性は重体です。
    夫婦が食べた野草は有毒のイヌサフランで、知人の敷地内でギョウジャニンニクのそばで自生していたものでした。県は、食用と確実に判断できない植物は食べたり、人にあげたりしないよう注意を呼び掛けています。

    (以下ソース元で)

    http://news.livedoor.com/article/detail/16347467/

    no title


    【【注意】もらって食べた野草が実は毒草 男性、呼吸困難に 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(四国地方) [US] 2019/01/15(火) 15:34:55.34 ID:FHFLUL6F0
     14日午後6時頃、新潟市中央区関屋の海岸で、「堤防で女性の姿が見えなくなった」と釣り人が新潟中央署に届け出た。女性は1人で堤防を歩いていたといい、同署や消防、海保が水難事故の可能性もあるとみて女性の行方を捜している。

     同署幹部によると、同日午後4時半~5時頃、男性2人が釣りを終えて突堤を歩いていたところ、堤防の先端に向かう女性とすれ違ったという。男性らが振り返ると女性の姿は見えなくなった。

     女性は若く、普段着でベージュのコート姿だという。現場は水族館「マリンピア日本海」から南西約500メートルの海岸。

    (続きはソース元でご確認ください)

    https://www.yomiuri.co.jp/national/20190115-OYT1T50061.html
    a0022_000222

    【釣りの帰り。夕方の堤防、若い女性とすれ違い…振り返るとその姿が……。 】の続きを読む

    1: ばーど ★ 2018/12/28(金) 08:08:47.13 ID:CAP_USER9
     車に近付くだけでドアの鍵が開くスマートキーの電波を中継して駐車中の車を盗む「リレーアタック」とみられる被害が大阪で確認されていたことが分かりました。

     リュックサックを前に抱えた人物。両手で電気コードのようなものを広げると、奥にある車のヘッドライトが点滅してドアのロックが解除されました。東大阪市で9月、男性が自宅の前に車を止めていたところ、何者かに盗まれそうになって警察に通報しました。捜査関係者によりますと、犯行グループは特殊な装置を使って自宅の中に置いてあったスマートキーが発信する電波を家の外まで中継し、車のドアのロックを解除したとみられます。これはヨーロッパを中心に被害が広がっているリレーアタックと呼ばれる手口で、関西でその手口を使ったとみられる盗難事件が確認されたのは初めてです。

     車を盗まれそうになった男性(37):「ただただ、びっくりですね。(車の鍵は)何で開いたんや。何で開けられたんや」

     リレーアタックの疑いがある車の盗難事件はその後、大阪市内でも確認されていて、警察は同一犯とみて捜査するとともに、自動車メーカーに対策の検討を要請しています。
    (詳しくはソース元でご確認ください)
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15798692/
    http://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/d/b/db373_1641_8621b429_9edc8ee7.jpg
    db373_1641_8621b429_9edc8ee7

    【【犯罪】スマートキーの電波悪用 車窃盗に新たな手口 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(東日本) [ニダ] 2018/06/27(水) 15:45:01.79 ID:jwx86/3W0 
    エアコンと周りの天井や壁が焼けて黒くなっている2件の住宅。福岡市で発生した火災現場だ。2件の火災は、どちらも2013年8月にした発生した。
    いずれも、エアコンの室内機側部にあるファンモーターのリード線接続部が激しく燃えていた。

    2013年8月に火災が発生した福岡市内の住宅A。エアコンの室内機が発火して、天井や壁が延焼した(写真:福岡市消防局)
    no title


    住宅Aでは、ファンモーター部からエアコン用の洗浄スプレーに含まれる成分が検出された。福岡市消防局によると、2件の居住者は
    火災発生前に市販の洗浄スプレーを使い、室内機の内部を洗浄していた。

    エアコンは熱交換器が汚れると、運転効率の低下を招いたり、カビや臭い、雑菌の温床になったりする。そのため、エアコンメーカーは汚れを
    除去する内部洗浄が必要となる場合がある旨を伝えている。住宅Aのエアコンは使用開始から9年、もう1つの住宅Bは13年が経過し、
    汚れが気になって内部洗浄したと思われる。

    同じく8月に火災が起こった福岡市内の住宅B。エアコンの室内機とその上方の天井約2平方メートルが焼損した。火災の約1年半前に
    エアコンの内部を洗浄していた(写真:福岡市消防局)
    no title


    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO31387300V00C18A6000000/

    【【注意】エアコン洗浄があだとなり火災 】の続きを読む

    このページのトップヘ