野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    怖いニュース

    1: ◆mZB81pkM/el0 (茨城県) [CN] 2019/05/18(土) 07:35:04.15 ID:q8Ypeail0 
    アメリカの大手半導体メーカーのインテルが製造し、世界中のパソコンに使われている「CPU」と呼ばれる装置に、サイバー攻撃に悪用されるおそれがある欠陥が見つかりました。

    日本の専門機関は、被害が出る可能性は低いものの、ソフトを最新の状態にするなどの対策を呼びかけています。

    民間のセキュリティー専門機関「JPCERTコーディネーションセンター」によりますと、この欠陥はインテルがここ数年の間に主にパソコン用に製造し、世界に出荷している複数のCPUで見つかりました。

    この欠陥を悪用すると、ウェブサイトの閲覧履歴や入力したパスワードなどの情報が盗まれるおそれがあり、インテルは対象の製品を公表するとともに、新たに出荷する製品の修正を進めているほか、パソコンやソフトのメーカーでも攻撃を防ぐためのソフトの更新を進めています。

    また、修正されていないCPUでも攻撃が成功する可能性は低く、これまでに海外も含めて被害は確認されていないということです。

    (以下ソース元で)

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190518/k10011920201000.html
    no title

    【【IT】インテルのCPUに欠陥みつかる サイバー攻撃に悪用されるおそれ 】の続きを読む

    1: ごまカンパチ ★ 2019/05/03(金) 19:24:08.39 ID:adFUWswO9
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190503-35136503-cnn-int
     首の痛みを覚えて伸ばそうとしたら、ポキッという音。次の瞬間、左半身がまひし始めた――。
    米国の男性が取材にそんな経験を振り返った。

    男性はオクラホマ州ガスリーに住むジョシュ・ヘイダーさん(28)。この時は氷枕を取りに台所に向かったが、まっすぐ歩くことができなかった。「どうしても左約45度の方向に進んでしまった」と振り返る。

    義父に連れられて緊急救命室に入り、血栓を溶かす薬を投与された。
    その後は規模の大きなマーシー病院に転院し、集中治療室で4日間を過ごした後、さらに入院治療を受けた。

    マーシー病院で治療に当たったバンス・マコロム医師は「音が鳴った際、首の骨につながる動脈が破裂してしまった」と解説。首をひねったことで血管が切断されたとの見方を示す。

    同病院に搬送されてきた際、ヘイダーさんはまひや、物が二重に見える複視などの症状を呈していた。
    血管を撮影したところ、動脈に損傷があることが判明したという。

    この出来事が起きたのは3月14日。リハビリを経て、現在は自立した生活を送ることができている。

    「今は車いすや杖(つえ)なしでも歩けるが、前よりずっと疲れやすくなった」とヘイダーさん。「体の左側が少し痛むし、以前より重く感じられる。前ほどは自由に動かせない」と語る。

    しゃっくりが止まらなくなるという奇妙な症状にも見舞われた。「卒中後2週間しゃっくりが止まらず、しまいには数秒間息をすることも難しくなった。怖かった」

    マコロム医師によると、カイロプラクティックの施術を受けた患者など、この種の卒中は以前にも診たことがある。「私は首を鳴らしたい時は左右に動かすだけにする。ひねることはない」と注意を促している。
    (以下ソース元で) 【【アメリカ】「首ポキ」で動脈損傷、左半身まひで入院  】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/04/21(日) 03:19:55.82 ID:Lvdbp9/d9
    no title


    知人からもらった野草を食べた70代の男性が食中毒で重体です。

    群馬県によりますと、渋川市に住む70代の夫婦は、知人からギョウジャニンニクだとしてもらった野草を17日に昼食で炒め物にして食べたところ、嘔吐(おうと)や呼吸困難の症状で救急搬送され、入院しました。男性は重体です。
    夫婦が食べた野草は有毒のイヌサフランで、知人の敷地内でギョウジャニンニクのそばで自生していたものでした。県は、食用と確実に判断できない植物は食べたり、人にあげたりしないよう注意を呼び掛けています。

    (以下ソース元で)

    http://news.livedoor.com/article/detail/16347467/

    no title


    【【注意】もらって食べた野草が実は毒草 男性、呼吸困難に 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(四国地方) [US] 2019/01/15(火) 15:34:55.34 ID:FHFLUL6F0
     14日午後6時頃、新潟市中央区関屋の海岸で、「堤防で女性の姿が見えなくなった」と釣り人が新潟中央署に届け出た。女性は1人で堤防を歩いていたといい、同署や消防、海保が水難事故の可能性もあるとみて女性の行方を捜している。

     同署幹部によると、同日午後4時半~5時頃、男性2人が釣りを終えて突堤を歩いていたところ、堤防の先端に向かう女性とすれ違ったという。男性らが振り返ると女性の姿は見えなくなった。

     女性は若く、普段着でベージュのコート姿だという。現場は水族館「マリンピア日本海」から南西約500メートルの海岸。

    (続きはソース元でご確認ください)

    https://www.yomiuri.co.jp/national/20190115-OYT1T50061.html
    a0022_000222

    【釣りの帰り。夕方の堤防、若い女性とすれ違い…振り返るとその姿が……。 】の続きを読む

    1: ばーど ★ 2018/12/28(金) 08:08:47.13 ID:CAP_USER9
     車に近付くだけでドアの鍵が開くスマートキーの電波を中継して駐車中の車を盗む「リレーアタック」とみられる被害が大阪で確認されていたことが分かりました。

     リュックサックを前に抱えた人物。両手で電気コードのようなものを広げると、奥にある車のヘッドライトが点滅してドアのロックが解除されました。東大阪市で9月、男性が自宅の前に車を止めていたところ、何者かに盗まれそうになって警察に通報しました。捜査関係者によりますと、犯行グループは特殊な装置を使って自宅の中に置いてあったスマートキーが発信する電波を家の外まで中継し、車のドアのロックを解除したとみられます。これはヨーロッパを中心に被害が広がっているリレーアタックと呼ばれる手口で、関西でその手口を使ったとみられる盗難事件が確認されたのは初めてです。

     車を盗まれそうになった男性(37):「ただただ、びっくりですね。(車の鍵は)何で開いたんや。何で開けられたんや」

     リレーアタックの疑いがある車の盗難事件はその後、大阪市内でも確認されていて、警察は同一犯とみて捜査するとともに、自動車メーカーに対策の検討を要請しています。
    (詳しくはソース元でご確認ください)
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15798692/
    http://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/d/b/db373_1641_8621b429_9edc8ee7.jpg
    db373_1641_8621b429_9edc8ee7

    【【犯罪】スマートキーの電波悪用 車窃盗に新たな手口 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(東日本) [ニダ] 2018/06/27(水) 15:45:01.79 ID:jwx86/3W0 
    エアコンと周りの天井や壁が焼けて黒くなっている2件の住宅。福岡市で発生した火災現場だ。2件の火災は、どちらも2013年8月にした発生した。
    いずれも、エアコンの室内機側部にあるファンモーターのリード線接続部が激しく燃えていた。

    2013年8月に火災が発生した福岡市内の住宅A。エアコンの室内機が発火して、天井や壁が延焼した(写真:福岡市消防局)
    no title


    住宅Aでは、ファンモーター部からエアコン用の洗浄スプレーに含まれる成分が検出された。福岡市消防局によると、2件の居住者は
    火災発生前に市販の洗浄スプレーを使い、室内機の内部を洗浄していた。

    エアコンは熱交換器が汚れると、運転効率の低下を招いたり、カビや臭い、雑菌の温床になったりする。そのため、エアコンメーカーは汚れを
    除去する内部洗浄が必要となる場合がある旨を伝えている。住宅Aのエアコンは使用開始から9年、もう1つの住宅Bは13年が経過し、
    汚れが気になって内部洗浄したと思われる。

    同じく8月に火災が起こった福岡市内の住宅B。エアコンの室内機とその上方の天井約2平方メートルが焼損した。火災の約1年半前に
    エアコンの内部を洗浄していた(写真:福岡市消防局)
    no title


    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO31387300V00C18A6000000/

    【【注意】エアコン洗浄があだとなり火災 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(東京都) [ニダ] 2018/06/03(日) 19:19:19.43 ID:JnyToe920 
    梅雨時が近づいてくると気になり始める食中毒。「生魚だけ気をつけていれば大丈夫」程度の認識が大半だろうが、 甘く見てはいけない。野菜でも地表で育てられる葉物や、有機野菜などの場合には寄生虫や卵が付着する可能性がある。キャベツに潜む寄生虫には、こんな怖い虫もいる。寄生虫学が専門の宮崎大学医学部教授・丸山治彦氏が注意を促す。

    「沖縄で実際にあったのですが、キャベツにナメクジが混入していて、そのナメクジに寄生する広東住血線虫(かんとんじゅうけつせんちゅう)による犠牲者が出ました。この虫は頭に向かって移動する習性があるため、頭蓋内に入り込み炎症を起こす。ひどいときは髄膜炎になる可能性もあります。ですから、よく洗って食べてください」

     白菜はキムチなどの漬け物として食べることも多いが、この場合には虫そのものではなくその卵がやっかいだ。

    「輸入キムチなどには有鉤条虫がいることがある。虫自体はすぐに死ぬので問題ありませんが、卵はわりと丈夫で、食べた後に体内で生き残っていた卵が孵化すると大脳に向かう。てんかんの発作を引き起こしたり、視力を低下させたりします」
     突然歩けなくなったり視界が消えたりと、日常生活を脅かすような症状につながることもあるという。

     魚にも肉にも野菜にも、寄生虫による食中毒の恐れがあるが、だからといって食べてはならないというわけではない。適切に調理をすればいいだけだ。寄生虫を殺すには、原則として熱を加えてから食べることだ。

    「加熱する場合は、煮るのが一番ですね。焼いたり炒めたり、また炙ったりしただけの場合にはムラができたり、中までしっかり火が通らないこともあるからです」(同前)

     とはいえ魚の場合、やっぱり刺身用の魚を煮付けで食べるのはもったいない。

    (詳しくはソース元でご確認ください)
    https://news.nifty.com/article/item/neta/12180-036500/
    a0002_004831

    【【注意】輸入キムチに寄生虫 髄膜炎、てんかんの発作、視力低下の危険性 】の続きを読む

    1: 動物園φ ★ 2018/05/25(金) 16:23:38.32 ID:CAP_USER

    中央日報日本語版

    韓国寝具メーカー「テジン寝台」の一部モデルから有害物質のラドンが検出されたことが確認された。

    1級発がん性物質である「ラドン」に被爆した韓国寝具メーカー「テジン寝台(チムデ)」のマットレスが、既に確認された7モデル以外にも追加で14モデルあることが確認された。

    国務調整室は、原子力安全委員会や産業通商資源部など関係部署と共に25日に記者会見を開き、「テジン寝台が販売していたベッド用マットレス14モデルが生活周辺放射線安全管理法(以下、生活放射線法)の加工製品安全基準に適合しない製品であることが確認された」とし「回収・廃棄のための行政措置を施行する」と明らかにした。

    原子力安全委員会は今月3日からテジン寝台に対する調査を進めている。

    この日、原子力安全委員会が追加で発表したテジン寝台の14モデルは、パワーグリーンスリーパープラチナム/グリーンスリーパー/プレミアムウェスタン(スリーパー)/パワーツインプラス/ローズグリーンスリーパー/プレミアムパワーグリーンスリーパー/(パワーグリーンスリーパー)ライム/アイパワープラススリーパー/アイパワーグリーン/アルテ/パワープラスポケット/パワーグリーンスリーパーR/グリーンヘルス1/パワーグリーンスリーパーヒプノスで、計2万5661枚あると推定される。

    特に、パワーグリーンスリーパーRでは基準値の13倍を越える放射能が検出されたことが確認された。

    原子力安全委員会はこれら14モデルに対し、今日から回収と廃棄のための行政命令を下したと明らかにした。

    一方、原子力安全委員会は弱い放射能を持つモナズ石の輸入業者に対する流通現況調査の結果、13社にモナズ石が販売されたことが明らかになった。

    (詳しくはソース元でご確認ください)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180525-00000027-cnippou-kr

    【【被爆】韓国メーカー製のマットレスから1級発がん性物質検出…基準値の13倍の放射能も 】の続きを読む

    1: ガーディス ★ 2018/04/15(日) 12:20:54.67 ID:CAP_USER9
    大地震の際、配水管が壊れた水洗トイレを使うと、逆流してあふれる危険性があるが、十分に知られていない。そんな調査結果を、NPO法人「日本トイレ研究所」(トイレ研)がまとめた。トイレ研は「平常時から災害用トイレを備蓄してほしい」と呼びかけている。

     3月末~4月、東京と大阪に住む成人男女計2千人から、インターネットで回答を得た。逆流すると室内が汚れるなど衛生面の問題がある。しかし、44%の人は大地震で起きうる逆流の危険性を認識していなかった。その傾向は若い世代ほど顕著で、60代以上31%に対し、20代は56%の人が知らなかった。

     また、建物が危険でない場合、自宅で避難生活をしたいと回答した人は67%。このうち、自宅のトイレが使えない場合に「避難所や公衆トイレを利用する」と答えた人は44%いたが、「備蓄している災害用トイレを使う」とした人は16%にとどまった。耐震性の強いマンションの住民らは、避難所で生活しないと想定されているが、こうした人も公的なトイレを使う意向をもつことがわかった。

     トイレ研の加藤篤代表理事は「災害用トイレの備蓄について啓発が必要だ。そのうえで、避難所のトイレについては、自宅避難者も利用することを想定した備えをするべきだ」と話す。

     (詳しくはソース元でご確認ください)

    https://www.asahi.com/sp/articles/ASL4D00CHL4CPLBJ007.html
    AS20180414001789_comm

    【【災害】大地震でトイレから色々と逆流の恐れトイレ研究所「災害用トイレの備蓄を」 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(空) [NL] 2018/03/28(水) 21:03:32.13 ID:bZ+THPAG0
    北海道以外で初…寄生虫『エキノコックス』愛知・知多半島で感染拡大 うつると重い肝不全も
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180328-00002890-tokaiv-l23

    キツネやイヌからヒトにうつると肝臓などに重い症状が出る寄生虫「エキノコックス」が、愛知県の知多半島で広がっていることがわかりました。

     エキノコックスは北海道のキタキツネに多く見られる寄生虫で、ヒトにうつると10年前後の潜伏期間を経て重い肝不全を起こすことがあります。

     愛知県では2014年阿久比町で捕獲された野犬で、本州のイヌとしては全国2例目となる感染が確認されていましたが、調査を続けた結果、3月に入り南知多町など周辺の市町で複数の野犬への感染が確認されました。

     国内では北海道以外で感染の広がりが認められるのは初めてで、愛知県や厚労省は知多半島の一部を流行地域と位置付けて、注意を呼びかける方針です。
    (詳しくはソース元でご確認ください)


    animal_fox_kitsune
    【寄生虫エキノコックス愛知で感染拡大】の続きを読む

    このページのトップヘ