野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    怖いニュース

    1: 名無しさん@涙目です。 2017/09/19(火) 18:52:36.43 
    九州でエイズ感染急増 16年福岡は61%増 佐賀、熊本過去最多
    https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/359651/
    九州7県のHIV・エイズ報告者数(グラフ)
    no title


     福岡県を中心に、九州でエイズ患者や
    エイズウイルス(HIV)感染者が増えている。東京や大阪など 市部を含めて全国的には減少か横ばい傾向にあるだけに、九州の増加が目立つ。専門家は、感染者の多いアジアとの往来が増えてウイルスが持ち込まれるケースや、予防啓発活動の不十分さが一因とみており「危機的状況で、より効果的な予防啓発が必要だ」と警鐘を鳴らしている。

     国のエイズ発生動向調査によると、2016年の福岡県のHIV感染者、エイズ患者の新規報告者数は、いずれも46人で計92人と過去最多。15年と比べて61%増えており、特に40代や50歳以上が増加している。佐賀計9人、熊本計19人も過去最多となった。16年の地域別では九州が計169人で32%増。これに対し、関東・甲信越は695人で4%増と横ばい、近畿は265人で11%減など、5地域は前年より減少していた(福岡県以外は速報値)。

     新規報告者数(15年)で全国の感染者・患者の内訳は、日本人男性が約9割、感染原因は同性間性的接触が最多の約6割だった。福岡県も全国と同様の傾向だが、患者が3割程度の全国データに対して、福岡県の患者比率はほぼ半数で、発症してから報告されるケースが際立っている。

     エイズ治療の九州ブロック拠点病院、国立病院機構九州医療センター(福岡市)のAIDS/HIV総合治療センターの山本政弘部長は「福岡での感染の広がりが九州全体に広がっている印象。患者の比率から、実際の感染者は報告よりもかなり多いはずだ」と指摘する。
    (詳しくはソース元でご確認ください) 【【注意喚起】九州でエイズ感染急増 16年福岡は61%増 佐賀、熊本過去最多】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。2017/09/08(金) 12:49:28.56 
    群馬大学付属病院で手術の後に患者が相次いで死亡した問題で、遺族らが執刀医らの医師免許を取り消すよう厚生労働省に求めました。

     遺族:「(医師らと)対面してみて反省の色が見られなかった。医師として働いて頂きたくない」

     群馬大学付属病院では、肝臓の手術の後に死亡した患者36人について、日本外科学会から必要のない手術を行ったことなどが指摘されています。遺族らは医師としての倫理に欠けているとして、当時の執刀医ら2人の医師免許を取り消すよう求める要望書を7日、厚労省に提出しました。遺族側によりますと、執刀した医師と当時、医学部の教授だった医師は、遺族との面談で「手術に問題はなかった」と説明し、謝罪はなかったということです。
    http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000109570.html
    a1180_016597

    【【何それ怖い】群大病院で36人死んだ手術の執刀医の医師免許取り消すよう厚労省に要望書】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。2017/09/08(金) 12:30:34.11 
    「ボンベのガス抜こうと…」アパートなど4棟焼ける

     8日朝、東京・足立区でアパートなど4棟が焼ける火事があり、3人がけがをしました。

     午前7時前、足立区梅田で「アパートの一室から火が出ている」と119番通報がありました。消防車など22台が出動し、火は約2時間半後に消し止められましたが、アパートの2階部分が燃えたほか、隣のアパートや木造住宅の外壁など約60平方メートルが焼けました。この火事で、アパートに住む70代の男性3人が煙を吸うなど軽いけがをしました。火元とみられる部屋に住む男性は「カセットボンベのガスを抜こうと思ったら火が出た」などと話しているということです。現場は東武伊勢崎線の梅島駅から約1キロほどの住宅街で、警視庁などが出火原因を詳しく調べています。
    http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000109595.html
    cooking_gas_bonbe

    【【危険】そうだ、ボンベのガスを抜こう→アパートなど4棟焼ける 足立区】の続きを読む

    1: ばーど ★ 2017/08/25(金) 16:50:45.50 ID:CAP_USER9
    ペットや小動物、虫による火災が2012~16年度の5年間で56件あったことが、独立行政法人製品評価技術基盤機構(NITE)のまとめでわかった。犬や猫がガスコンロのスイッチに触れて火災になる事故が増えているといい、注意を呼びかけている。

    密室の出火、犬のしわざ? 前脚でコンロ「長押し」か
    http://www.asahi.com/articles/ASK5C3D9LK5CUTPB002.html?iref=pc_extlink

    ペットや小動物、虫が原因となった発火、ショートなどの事故は5年間で78件あり、うち約7割の56件(ペット20件、小動物や虫36件)が火災につながった。ネズミが冷蔵庫のコードをかじってショートしたり、エアコン内にゴキブリが入って漏電したりしたことが火災の原因とみられるという。

    室内で飼う犬や猫が、ガスコンロやIH調理器などのスイッチを入れてしまい、周辺が焼けるなどして火災になったとみられる例も複数あった。以前には同様の火災は報告されておらず、最近、目立っている事故だという。火災が起きているのは、スイッチを押すだけで点火などができるタイプの製品だという。

    NITEは、ペットが押してもスイッチが入らないようロックをかけるほか、外出時にはガスの元栓を閉めたり、製品のプラグを抜いたりといった対策を呼びかけている。(末崎毅)

    動物が電源コードをかじって断線するイメージ写真。こうした行為が原因とみられる火災も発生している
    no title

    猫がファクスに尿をかけ、内部で漏電するケースのイメージ写真。こうした行為が原因とみられる火災も発生している
    no title


    (詳しくはソース元でご確認ください)
    http://www.asahi.com/articles/ASK8S3D7HK8SUTIL00G.html

    【【家電】エアコンにゴキブリ入り漏電…ペットや虫原因の火災増加】の続きを読む

    1: あな ★ 2017/08/30(水) 22:56:34.11 ID:CAP_USER9
    マダニに刺され男性死亡
    08月29日 19時50分

    四国中央市に住む60代の男性が、マダニが媒介する日本紅斑熱に感染して死亡し、県はマダニに刺されないよう注意を呼びかけています。

    県によりますと、死亡したのは、四国中央市に住む60代の男性で、今月19日に発疹などの症状を訴え、医療機関を受診していました。その後、男性は自宅で療養していましたが27日になって容体が悪化し、搬送先の香川県内の医療機関で死亡しました。
    男性は、マダニが媒介する感染症の日本紅斑熱に感染していたほか、体にはマダニに刺された痕があったということです。
    男性は農作業に従事していたということで、県は、マダニが生息している山や草むらでは、長袖や長ズボンで肌の露出を少なくし、防虫スプレーを使うなどして、マダニにかまれない対策をとるほか、症状が疑われる場合は早めに医療機関を受診するよう呼びかけています。県によりますと、日本紅斑熱に感染して亡くなった人は、統計が残る平成19年から去年までの間に全国で16人にのぼるということです。

    http://www3.nhk.or.jp/matsuyama-news/20170829/3454791.html

    【【危険】マダニに刺された男性 医療機関受診から8日後に容体悪化  愛媛】の続きを読む

    1:  2017/08/24(木) 09:06:22.69 ID:CAP_USER9
    23日午後0時45分ごろ、盛岡市上厨川の雫石川河川敷で、同市の盛岡猟友会員の自営業三田地鉄夫さん(62)がツキノワグマに襲われた。三田地さんは前頭部と左手首に裂創を負い、同市の県高度救命救急センターに運ばれた。
    命に別条はない。

    市によると、三田地さんは周辺で農作物被害やクマの足跡の目撃情報が相次いだため市の要請で出動。クマを追い払うため、同0時10分から市職員や猟友会員、盛岡西署員の計14人で爆竹を鳴らすなどしていた。

    三田地さんと2人で行動していた猟友会員(68)によると、爆竹を鳴らして歩いていたところ、3、4メートル離れたやぶから突然クマが現れ三田地さん目掛けて走ってきた。
    no title


    (詳しくはソース元でご確認ください)
    http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20170824_1

    【【ツキノワグマ】爆竹を鳴らして歩いていたところ、突然クマが現れ襲われる 盛岡市】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。 2017/08/22(火) 08:01:19.47 
    道路に針金張られる 殺人未遂容疑も視野に捜査 大阪
    http://www.asahi.com/articles/ASK8P6WNBK8PPTIL021.html
    21日午後4時ごろ、大阪市鶴見区横堤1丁目の路上に、黒いビニールで被膜された針金が張られているのを、通りかかった60代女性が見つけ、110番通報した。けが人は確認されていない。

    鶴見署によると、現場は幅約2・6メートルの生活道路。針金の太さは約1ミリで、約70センチの高さで道路両脇のエアコン室外機と樹木を結び、さらに約20センチの高さで樹木と別の室外機の間に張られていた。署は殺人未遂容疑の適用も視野に捜査している。

    【【恐怖】道路に黒い被覆の針金が張られる 大阪】の続きを読む

    1: 2017/08/21(月) 20:08:04.83 ID:CAP_USER9
    ドライアイスの意外な怖さ…「凍傷・破裂・酸欠」にご注意!
    2017年08月21日 11時35分
    http://sp.hazardlab.jp/know/topics/detail/2/1/21598.html

    no title

    子供の頃はドライアイスの煙を楽しんだものだが…。(イメージ画像/AC)

     アイスクリームやシャーベットが美味しい季節だが、この時期は、保冷剤として使われているドライアイスによる凍傷や密閉容器内での破裂などの事故が増えるとして消費者庁が注意を呼びかけている。
    被害者は子供に限らず、熱中症予防に首につけて水疱ができてしまったお年寄りもいるという。

     消費者庁によると、ドライアイスを直接触れることで凍傷を起こす被害は、国民生活センターなどに報告されているだけでも、過去8年間で16件寄せられており、実際の被害はもっと多いものと考えられている。

     マイナス78.5℃のドライアイスに素手で触れると、急激に冷やされて血行不全になり、接触時間が長引けばその部分が凍って凍傷を起こしかねない。
    軽傷ならば赤くなるくらいだが、中度の場合は水ぶくれができて、さらに重度の場合は損傷が皮下組織に及んで壊死する場合もある。

    (詳しくはソース元でご確認ください)

    no title

    ペットボトルにドライアイスを入れた実験では、耐熱性であってもなくても破裂する。(国民生活センター)

    no title

    ペットボトルの破裂では、キャップが飛んできて目にあたって失明したり、ペットボトル自体がロケットのように飛んでくる事故も相次いでいる(国民生活センター)

    【【注意】ドライアイスの意外な怖さ…「凍傷・破裂・酸欠」にご注意! 消費者庁が注意を呼びかけ】の続きを読む

    1:  2017/07/26(水) 20:50:51.22 ID:CAP_USER
    名古屋市千種区の東山動植物園から今年1月に逃げ出して生死不明のまま行方がわからなくなっていたカーペットニシキヘビが、逃亡した自然動物館バックヤードの飼育スペースに戻っているのを、26日午後、飼育職員が見つけた。逃亡当時、約50センチだった体長は倍以上の113センチに成長していた。

    同園の獣医は「逃亡当時は大騒ぎだった。来園者の皆さんにもご迷惑をかけたため、優しく『お帰り』とは言いづらい」と話している。

    ヘビが見つかったのは、飼育スペースで栽培している展示用植物のプラスチックケースの中。深さ14センチの水につかっていた。ニシキヘビは脱皮の際に水につかる習性があるという。

    同園によると、カーペットニシキヘビはオーストラリアなどの森林や草原に生息する毒のないヘビで、成長すると2~3メートルになる。敷地外に出たかどうかは不明。

    「逃亡してから数カ月は冬眠状態にあり、 5月ごろから活動して、敷地周辺の昆虫やヤモリなどを食べていたのでは」と話している。

    写真:逃亡7カ月で倍以上の113センチに成長していたニシキヘビ
    9

    (詳しくはソース元でご確認ください)
    以下ソース:毎日新聞 2017年7月26日 20時12分(最終更新 7月26日 20時21分)
    http://mainichi.jp/articles/20170727/k00/00m/040/065000c 

    【【帰郷】逃亡のニシキヘビ、成長して無事戻る 名古屋市・東山動植物園】の続きを読む

    1: ばーど ★ 2017/08/14(月) 20:44:13.71 ID:CAP_USER9
    「偶然にしても怖すぎる」「オカルト系信じたくないけどガチで背筋凍った」――2017年8月12日、羽田発伊丹行きの全日空(ANA)37便が見舞われた「緊急着陸」騒ぎをめぐり、ネット上がざわついている。
    というのも、8月12日は1985年の「日航ジャンボ機墜落事故」が起こった日だったからだ。ほかにも複数の共通点があり、「偶然の一致」に驚きが広がった。

    ■トラブルが発生した地点も近い

    ANA37便は12日18時に東京・羽田空港を出発し、19時10分に大阪・伊丹空港に到着する予定だった。

    各社の報道を総合すると、異変が起こったのは18時30分ごろ、伊豆大島上空をフライト中のことだったという。機内の気圧システムに異常が発生したため、機長は羽田に引き返すことを決断、51分ごろに無事、緊急着陸したという。搭乗客のツイートからは、酸素マスクが用意され、機内には異様な臭いが漂うなど、緊迫した状況だったことがうかがえる。けが人などの情報は入っていない。

    普段なら、単なる飛行機トラブルで片付けられそうな今回の「緊急着陸」だが、人々の背筋を冷たくしたのは、「日航ジャンボ機墜落事故」との共通点の数々だ。

    まず、8月12日はまさに32年前、日航123便が御巣鷹の尾根に墜落したその日である。ニュースなどでも、遺族らが事故現場へ慰霊に訪れる姿が、繰り返し報じられていたそのさなかだ。

    また32年前、日航123便が出発したのも同じ羽田空港であり、目的地もやはり伊丹空港。出発時間も同じ18時。トラブルが起こったのも伊豆大島周辺で、18時24分のことだった。なお、日航123便は羽田への帰還を目指した末に、18時56分に墜落している。

    ■「あんまりオカルト的な事は言いたくないけど...」

    偶然、と言ってしまえばそれまでだが、これらの「奇妙な符合」に、ツイッターでは、

    (詳しくはソース元でご確認ください)
    https://www.j-cast.com/2017/08/13305758.html

    【【オカルト】全日空機の緊急着陸で「御巣鷹」思い出す人続出 日航機事故と同じ羽田発、18時発、】の続きを読む

    このページのトップヘ