野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    怖いニュース

    1: 名無しさん@涙目です。 2017/08/22(火) 08:01:19.47 
    道路に針金張られる 殺人未遂容疑も視野に捜査 大阪
    http://www.asahi.com/articles/ASK8P6WNBK8PPTIL021.html
    21日午後4時ごろ、大阪市鶴見区横堤1丁目の路上に、黒いビニールで被膜された針金が張られているのを、通りかかった60代女性が見つけ、110番通報した。けが人は確認されていない。

    鶴見署によると、現場は幅約2・6メートルの生活道路。針金の太さは約1ミリで、約70センチの高さで道路両脇のエアコン室外機と樹木を結び、さらに約20センチの高さで樹木と別の室外機の間に張られていた。署は殺人未遂容疑の適用も視野に捜査している。

    【【恐怖】道路に黒い被覆の針金が張られる 大阪】の続きを読む

    1: 2017/08/21(月) 20:08:04.83 ID:CAP_USER9
    ドライアイスの意外な怖さ…「凍傷・破裂・酸欠」にご注意!
    2017年08月21日 11時35分
    http://sp.hazardlab.jp/know/topics/detail/2/1/21598.html

    no title

    子供の頃はドライアイスの煙を楽しんだものだが…。(イメージ画像/AC)

     アイスクリームやシャーベットが美味しい季節だが、この時期は、保冷剤として使われているドライアイスによる凍傷や密閉容器内での破裂などの事故が増えるとして消費者庁が注意を呼びかけている。
    被害者は子供に限らず、熱中症予防に首につけて水疱ができてしまったお年寄りもいるという。

     消費者庁によると、ドライアイスを直接触れることで凍傷を起こす被害は、国民生活センターなどに報告されているだけでも、過去8年間で16件寄せられており、実際の被害はもっと多いものと考えられている。

     マイナス78.5℃のドライアイスに素手で触れると、急激に冷やされて血行不全になり、接触時間が長引けばその部分が凍って凍傷を起こしかねない。
    軽傷ならば赤くなるくらいだが、中度の場合は水ぶくれができて、さらに重度の場合は損傷が皮下組織に及んで壊死する場合もある。

    (詳しくはソース元でご確認ください)

    no title

    ペットボトルにドライアイスを入れた実験では、耐熱性であってもなくても破裂する。(国民生活センター)

    no title

    ペットボトルの破裂では、キャップが飛んできて目にあたって失明したり、ペットボトル自体がロケットのように飛んでくる事故も相次いでいる(国民生活センター)

    【【注意】ドライアイスの意外な怖さ…「凍傷・破裂・酸欠」にご注意! 消費者庁が注意を呼びかけ】の続きを読む

    1:  2017/07/26(水) 20:50:51.22 ID:CAP_USER
    名古屋市千種区の東山動植物園から今年1月に逃げ出して生死不明のまま行方がわからなくなっていたカーペットニシキヘビが、逃亡した自然動物館バックヤードの飼育スペースに戻っているのを、26日午後、飼育職員が見つけた。逃亡当時、約50センチだった体長は倍以上の113センチに成長していた。

    同園の獣医は「逃亡当時は大騒ぎだった。来園者の皆さんにもご迷惑をかけたため、優しく『お帰り』とは言いづらい」と話している。

    ヘビが見つかったのは、飼育スペースで栽培している展示用植物のプラスチックケースの中。深さ14センチの水につかっていた。ニシキヘビは脱皮の際に水につかる習性があるという。

    同園によると、カーペットニシキヘビはオーストラリアなどの森林や草原に生息する毒のないヘビで、成長すると2~3メートルになる。敷地外に出たかどうかは不明。

    「逃亡してから数カ月は冬眠状態にあり、 5月ごろから活動して、敷地周辺の昆虫やヤモリなどを食べていたのでは」と話している。

    写真:逃亡7カ月で倍以上の113センチに成長していたニシキヘビ
    9

    (詳しくはソース元でご確認ください)
    以下ソース:毎日新聞 2017年7月26日 20時12分(最終更新 7月26日 20時21分)
    http://mainichi.jp/articles/20170727/k00/00m/040/065000c 

    【【帰郷】逃亡のニシキヘビ、成長して無事戻る 名古屋市・東山動植物園】の続きを読む

    1: ばーど ★ 2017/08/14(月) 20:44:13.71 ID:CAP_USER9
    「偶然にしても怖すぎる」「オカルト系信じたくないけどガチで背筋凍った」――2017年8月12日、羽田発伊丹行きの全日空(ANA)37便が見舞われた「緊急着陸」騒ぎをめぐり、ネット上がざわついている。
    というのも、8月12日は1985年の「日航ジャンボ機墜落事故」が起こった日だったからだ。ほかにも複数の共通点があり、「偶然の一致」に驚きが広がった。

    ■トラブルが発生した地点も近い

    ANA37便は12日18時に東京・羽田空港を出発し、19時10分に大阪・伊丹空港に到着する予定だった。

    各社の報道を総合すると、異変が起こったのは18時30分ごろ、伊豆大島上空をフライト中のことだったという。機内の気圧システムに異常が発生したため、機長は羽田に引き返すことを決断、51分ごろに無事、緊急着陸したという。搭乗客のツイートからは、酸素マスクが用意され、機内には異様な臭いが漂うなど、緊迫した状況だったことがうかがえる。けが人などの情報は入っていない。

    普段なら、単なる飛行機トラブルで片付けられそうな今回の「緊急着陸」だが、人々の背筋を冷たくしたのは、「日航ジャンボ機墜落事故」との共通点の数々だ。

    まず、8月12日はまさに32年前、日航123便が御巣鷹の尾根に墜落したその日である。ニュースなどでも、遺族らが事故現場へ慰霊に訪れる姿が、繰り返し報じられていたそのさなかだ。

    また32年前、日航123便が出発したのも同じ羽田空港であり、目的地もやはり伊丹空港。出発時間も同じ18時。トラブルが起こったのも伊豆大島周辺で、18時24分のことだった。なお、日航123便は羽田への帰還を目指した末に、18時56分に墜落している。

    ■「あんまりオカルト的な事は言いたくないけど...」

    偶然、と言ってしまえばそれまでだが、これらの「奇妙な符合」に、ツイッターでは、

    (詳しくはソース元でご確認ください)
    https://www.j-cast.com/2017/08/13305758.html

    【【オカルト】全日空機の緊急着陸で「御巣鷹」思い出す人続出 日航機事故と同じ羽田発、18時発、】の続きを読む

    3: 名無しさん@涙目です。(千葉県) 2017/08/12(土) 10:33:26.16 ID:5nCoFA5n0
    ほんの100年ほど前は霊と共存してた国だもんな 
    yurei_man1_smile

    【【お盆】幽霊信じない奴って本当に日本人なの? 日本人なら幽霊信じるよな? (`・ω・´)】の続きを読む

    1: ハンバーグタイカレー ★ 2017/08/07(月) 18:56:45.90 ID:CAP_USER9
    「いきなりの鋭い光で意識を失い、1時間後に自分の髪の毛が切られているのに気づいた」。ハリヤナ州グルガオン地区ビムガル ・ケリ地域に住む主婦のスニータ・デビさん(53)はこう言う。
    先月28日のこの「襲撃」が、スニータさんにとってトラウマとなった。
    「眠れないし、何にも集中できない。ラジャスタンで同じようなことがあったとは読んでいたけど、まさか自分の身に起こるとは思ってなかった」
    「幻の理髪師」の出没が最初に報告されるようになったのは、ラジャスタン州。7月初旬のことだった。しかしその後は、同様の事件がハリヤナ州やデリーでも多く報告されるようになった。
    スニータさんは、住民同士のつながりが強い商人や農民のコミュニティーに暮らす。彼女がショックから抜け出すまで、交代で一緒にいてくれる近所の人たちもいる。
    自分を襲ったのは「明るい色の服を着た」年配の男性だったとスニータさんは言う。
    「家の1階に一人でいて、義理の娘と孫が上の階にいる時、午後9時30分頃に襲われた」
    家族は何も気づかなかったという。
    他に誰か襲撃犯を見た人はいるかと尋ねると、謎は深まるばかりだ。

    スニータさんの近所に住むムネシュ・デビさんによると、民家約20棟が立ち並ぶ狭い路地は、午後9時から10時の間はにぎわっているのが普通だ。

    「夕食を終えた人たちが集まって、お喋りしたりのんびりしたりして過ごしている。当日も普段と同じだったのに、見知らぬ人がスニータの家に出入りするところを、誰も見ていない」とムネシュさんは言う。


    (詳しくはソース元でご確認ください)
    http://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-40848601

    【【無慈悲】女性50人以上が髪の毛を奪われ……インドで不安広がる】の続きを読む

    1:  2017/08/06(日) 19:03:41.53 ID:CAP_USER9
    奇妙なウィルスが英国の昆虫のあいだで拡散している。諸メディアは「ゾンビウイルス」と呼んでいる。

    奇妙な現象に最初に気づいたのは研究者だという。彼らは、英国中にいるカレハガの幼虫が太陽光の下に出るようになったと述べる。普通は影に隠れている。太陽の下で体温が高くなりすぎた毛虫は死に、ウィルスは虫の親族に瞬間的に広がる。

    環境NGO「ワイルドライフトラスト」の代表によると、毛虫が太陽のもとで死ぬ様子は心地よいものではない。文字通り、映画のゾンビのような見た目だ。ウィルスは肌を薄くし、身体が弾け、液体が他の虫に降りかかるのだ。

    奇妙な「ゾンビウイルス」の原因は今のところ明らかでない。

    これより前、カリフォルニア沿岸に有害な「ゾンビ藻類」が大量発生して、魚貝類を汚染して食用不可にした。発生原因は、海に排出された肥料。論文は科学誌『Geophysical Research Letters』に掲載された。

    (詳しくはソース元でご確認ください)
    https://pbs.twimg.com/card_img/892704179470442496/LUatyaoa?format=jpg&name=600x314
    https://jp.sputniknews.com/incidents/201708063963759/

    【【諸メディア】英国でゾンビウイルスが急速拡散か?】の続きを読む

    1: ] 2017/08/05(土) 11:23:09.35
    イギリスで交際のもつれによる腹いせや強盗の目的で相手に硫酸などをかける事件が相次ぎ、ことしはすでに去年を上回る500件以上が起きていて、国民の間に不安が広がっています。

    イギリスでは、交際のもつれによる腹いせや、現金や車などを奪う強盗の目的で、相手に硫酸や塩酸などをかけて、重度のやけどを負わせたり失明させたりする事件が相次いで起きています。中には、玄関の扉を開けたところ、いきなり見知らぬ男から顔に酸をかけられ片目を失明した男性もいて、国民の間に不安が広がっています。

    警察などによりますと、事件の件数は、おととしが261件、去年が431件と年々増加していて、ことしは503件とすでに去年1年間を上回っているということです。

    こうした事件が増えている理由について、専門家は、ナイフなどの凶器と比べて簡単に相手を傷つけられるうえ、指紋やDNAなど個人が特定される痕跡が残りにくいためだと指摘しています。

    事件を受けて、イギリスでは酸をかけられたときの応急処置について学ぶ講習会が開かれているほか、酸を含む薬品の販売に年齢制限を設けるよう求める声が高まっています。

    (詳しくはソース元でご確認ください)
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170805/k10011088431000.html

    【【恐怖】イギリスで硫酸や塩酸をかける事件相次ぐ 500件以上】の続きを読む

    1: ひろし ★ 2017/08/01(火) 23:17:08.49 ID:CAP_USER9
     1日午後5時半ごろ、長崎県佐世保市の大型リゾート施設「ハウステンボス」で、高所から飛び降りる遊具「バンジージャンプ」の命綱が突然切れた。早岐署や同施設によると、福岡県古賀市から訪れていた男性公務員(37)がマットの上に落ち、右肩を打撲するけがをした。病院で手当てを受け、命に別条はないという。

     バンジージャンプは高さ約20メートル。5月に専門業者が点検をした際に異常はなかったという。

    https://this.kiji.is/265120328488058882?c=39550187727945729

    【【ハウステンボス】 バンジージャンプで命綱切れる 】の続きを読む

    1: ばーど ★ 2017/07/24(月) 21:28:47.61 ID:CAP_USER9
     野外に生息するマダニが媒介する感染症「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」で、感染したとみられる猫にかまれた50代女性が死亡していたことが24日、明らかになった。どんな点に気をつければ良いのか。

     Q ダニにかまれると危険なのか?

     A SFTSウイルスを媒介するのは森林などに生息するマダニで、屋内にいるイエダニなどからは感染しない。かまれたら無理に引き抜こうとせず、医療機関で処置する。かまれてから数週間は、体調変化がないか注意する。

     Q 猫などの動物は危険なのか?

     A 屋内で飼育している動物がSFTSにかかるリスクは低い。ただ、他の感染症を避けるためにも、口移しで餌を与えたり布団に入れて寝たりなどは控えた方がよい。また、野生動物との接触や、SFTSの症状が出ているペットとの濃厚な接触は避ける。

     Q マダニにかまれないための対策は

     A 年60人前後の患者が報告されているSFTS以外にも、マダニが媒介する感染症はある。草むらややぶに入るときは肌の露出を少なくすることが重要だ。

    (詳しくはソース元でご確認ください)
    産経ニュース
    http://www.sankei.com/life/news/170724/lif1707240041-n1.html

    【【要注意】ペットの猫は大丈夫?マダニ感染症、かまれたらどうする?】の続きを読む

    このページのトップヘ