野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    怖いニュース

    1: 2017/06/10(土) 01:10:07.58 ID:l0Ibd6Tz0 BE:228348493-PLT(16000) ポイント特典
    床に黒い塊、プルトニウムか 茨城、原子力機構の被ばく事故
    http://www.toonippo.co.jp/news_kyd/news/article.asp?newsid=2017060901001780&genre=9
    「大洗研究開発センター」の作業員が被ばくした事故現場。黒い点が飛散したプルトニウムとみられる(原子力機構提供)
    no title


    日本原子力研究開発機構「大洗研究開発センター」(茨城県大洗町)の作業員被ばく事故で、機構は9日、放射性物質が飛散した室内の床に複数の黒い塊が散らばっていることを明らかにした。金属製貯蔵容器内のビニールバッグが破裂した際に飛び出したプルトニウムなどの可能性があるとみている。ビニールバッグの破裂原因について、プルトニウムが出す放射線の影響でガスが発生し、バッグ内の圧力が上昇した可能性があるとも説明した。

    プルトニウムは原発の燃料や原爆の材料となり、人体に有害な放射線を出す。飛散したのがプルトニウムだと確認されれば極めて異常な事態だ。一方、現場室内から法令上の立ち入り制限値の最大約14倍となる放射性物質が検出されたことも原子力規制委員会への取材で判明した。機構の児玉敏雄理事長は、事故の経緯や対策を文部科学省に報告する会合で「重大な事態を引き起こし申し訳ない。深くおわびする」と陳謝した。

    機構によると、黒い塊は数センチ四方で、貯蔵容器の開封作業をしていた設備の前面を中心に少なくとも10個以上、見つかった。回収方法を検討している。プルトニウムが出す放射線のアルファ線はヘリウムガスに変化する性質がある。またアルファ線が貯蔵容器内に収めたポリエチレン製容器と反応して水素ガスなどが発生し、容器内の圧力上昇につながったとみられるという。

    (詳しくはソース元でご確認ください)

    【「なんか床に黒いかたまりが落ちてる」「ペロ・・・これはプルトニウム!!」】の続きを読む

    1:  2017/06/10(土) 13:05:42.33 ID:CAP_USER9
     愛知県新城市の東名高速道路で10日朝に起きた事故の現場には、観光バスのフロントガラス上部に突き刺さるように衝突した乗用車が無残な姿をさらしていた。

     乗客は「車が飛んでくるように見えた」と恐怖を語った。

     事故直後、現場は多くの救急車や消防車で騒然となった。額に血のにじんだ包帯を巻いた乗客の女性(54)は「気が付いたらぶつかっていて、車内に窓ガラスが飛び散り、多くの乗客が破片を浴びた。たくさん出血している人もいた。フロントガラスに向かって車が飛んでくるように見えた」と、青ざめた表情で話した。女性によると乗客は、同県豊川市の町内の有志によるバスツアーに参加した人々で、サクランボ狩りのため日帰りで山梨県南アルプス市に向かっていた。

    読売

    https://news.infoseek.co.jp/article/20170610_yol_oyt1t50055/

    観光バスに衝突しクレーンでつり上げられる事故車両(10日午前10時、愛知県新城市で)=藤川拓生撮影
    no title

    【【東名事故】乗客「車が飛んでくるように見えた」→またまた大げさなww→ 】の続きを読む

    1: 2017/06/09(金) 15:42:13.99 ID:CAP_USER9
    米フィラデルフィアに本社を置くバイオテクノロジー企業「Bioquark」は、今年にも「あの世からの帰還」に関する実験を行う意向。

    Bioquark社の社長アイラ・パストール氏は、死者をよみがえらせることは可能だと述べた。Bioquark社の専門家たちが、すでに今年にもラテンアメリカのある国で実施予定の実験で、死者の蘇生という奇跡をデモンストレーションしようと試みている。

    Bioquark社は最近、蘇生計画を発表した。これは脳活動の回復を目的としている。なぜなら脳が機能しているか否かが、生きているか、それとも死んでいるかの証拠となるからだ。

    現在、大多数の国では、「脳死」と判断された場合、死亡が告げられたり、あるいは生命維持装置が外される。

    だがBioquark社は、脳を「致命的に」変化させることは不可逆的だと考えている。

    なお動物実験を行う予定はなく、即座に65歳から15歳までの死者で実験する意向だという。

    (詳しくはソース元でご確認ください)

    https://jp.sputniknews.com/science/201706093736377/

    Bioquark
    http://www.bioquark.com/

    【【怖っっ】死者をよみがえらせる実験を実施 米バイオクォーク社 】の続きを読む

    1: イセモル ★ 2017/06/07(水) 08:51:45.22 ID:CAP_USER9
    (前略)
    野生動物の生態・行動に詳しい元近畿大教授で宇部市ときわ動物園園長の宮下実氏は、クマによる事故が続発する理由を「里山が失われたため」だと指摘する。「昔は、農家が管理する里山がクマの住む山と、人間の住む街との『緩衝地帯』の役割を果たしていたが、現在はタケノコなどクマの好物を残したまま放置されている。タケノコ採りに出かけた人が事故に遭うのは、かつての里山がほとんどだろう」

    駆除にあたるハンターの高齢化や減少も問題だという。宮下氏は「クマは、鉄砲の音や火薬、ワナに使われる鉄のにおいなど自然にないものに敏感で恐れを抱く。こうしたものに触れる機会が減ったことで、人間とクマが遭遇する機会が増えているのかもしれない」と話す。

    宮下氏は、事故を避けるにはクマの生息地に立ち入らないことが一番だというが、「山菜採りなどを行う場合は、クマよけの鈴の音が常に鳴るように腕に取り付けるなど、自分の存在をクマに知らせ続けることだ」とアドバイスする。

    鈴やラジオの音を恐れない「新世代クマ」が登場しているとの見方もある。秋田県自然保護課は「クマは学習能力が高いので、人間が持っているリュックサックの食べ物を食べるなどしたことで、鈴の音を聞いて逆に人間に近づくクマも例外的にいるようだ。一度人間を襲ったクマはまた襲うとも言われているので、過去に被害があった地域は要注意だ」としている。

    昨年事故が起きたのもまさにいまの季節。注意しすぎても損はない。


    *****
    全文は下記引用元よりお願いします
    http://www.zakzak.co.jp/smp/soc/news/170606/soc1706060013-s1.html

    【【危険】鈴やラジオを怖がらない“新世代クマ”登場か 「音を聞いて逆に人間に近づくクマも例外的にいる」】の続きを読む

    1: イセモル ★ 2017/06/07(水) 13:36:46.50 ID:CAP_USER9
    【6月7日 AFP】アフリカ南部モザンビークで頭に毛のない男性2人が惨殺され、体の一部が呪術に使われる事件があった。当局は6日、同様の襲撃が起きる恐れがあるとして警戒を呼び掛けた。

    2人の殺害事件は先月、マラウイとの国境に近い中部ザンベジア(Zambezia)州ミランジェ(Milange)で発生。1人は髪のない頭部を切り落とされ、臓器を抜き取られた状態で発見された。臓器はタンザニアとマラウイで繁栄を呼び込む儀式に使われたという。

    地元警察はAFPの取材に、2人はいずれも40歳以上だと述べた。

    国家警察のイナシオ・ディナ(Inacio Dina)報道官は首都マプト(Maputo)で開いた記者会見で、容疑者2人を逮捕したと発表。動機については「現地では頭髪のない人は裕福だと信じられている」と述べ、迷信や文化が背景にあるとの見解を示した。

    (詳しくはソース元でご確認ください)

    http://www.afpbb.com/articles/-/3131094

    【【薄毛注意】はげ頭の男性だけ襲撃される アフリカ モザンビーク】の続きを読む

    1:  2017/06/05(月) 19:44:31.54 ID:CAP_USER9
    6月3日0時10分ごろ、総武線平井駅で客同士のトラブルが発生し、最大22分の遅延が発生しました。
    外国人とみられる女性が痴漢被害を訴えたことが原因とされていますが、現場を見ていた人からは「痴漢冤罪だ」「男性は無実」とする多数の証言が寄せられています。

    Twitterの情報によると、乗車当時この男性は片手でスマートフォンを使用しながら、もう片方の手で吊革をつかんでおり、両手がふさがった状態でした。
    一方、女性は男性に痴漢されたことを主張して殴る蹴るの暴行を加え、非常停止ボタンを押し通報。
    周囲の乗客は男性が無実であることを主張したものの、到着した警察は男性を電車から下ろし連行したそうです。

    実際にこの男性が痴漢を行ったのか、女性の勘違い(または故意)によるぬれぎぬなのかは不明。
    警視庁と平井駅を管轄する小松川署にも取材しましたが、回答は得られませんでした。

    この件についてTwitterでは、一部始終を見ていたユーザーから「見てて気分が悪かった」「(証人をにらむ)警察の目が忘れられない」「警察はどんなに無罪主張が多くても、疑われた人を逮捕する」といった声が挙がるとともに、広く拡散。

    また、痴漢を疑われた人が線路に逃げる事件が多発していることを踏まえ「そりゃ線路にも逃げたくなる」という声も。また、“女性を罰するべき”とする意見も多数挙がっているようです。

    電車内の痴漢は、5月15日に痴漢の疑いをかけられた男性が電車にひかれて死亡し、逮捕までの流れを問題視する声が挙がるなど、社会問題になりつつあります。
    また、根本原因ともいえる満員電車の解消や、男性専用車両導入なども望まれ続けています。

    (詳しくはソース元でご確認ください)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170605-00000041-it_nlab-sci



    【【逃げるが勝ち】「何を言っても女の意見だけで痴漢が成立する」 平井駅で痴漢冤罪 周りの無罪証言も警察は男を連行】の続きを読む

    1: 2017/06/02(金) 10:28:22.38
    ビールやお酒を飲んだ時、顔が赤くほてったようになる人は、口腔がんや食道がんのリスクがあることを、知っておいた方がいいだろう。

    赤くなるのは、アルコールのフラッシング反応と呼ばれるもので、身体に異変が起きている証拠。一種の危険信号なのだ。これが出ている時には、紅潮の他に、吐き気、頭痛、心拍数の急上昇(心臓がドキドキする)といったことがあげられる。
    この時、アルコール飲料(エタノール)は肝臓でアセトアルデヒド(CH3CHO)という物質へと代謝され、さらにアセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH)により分解されて、次のアセテート(酢酸)へと転換される。ただし、これは通常の人の場合。

    http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20170601/Mogumogunews_5695.html
    a0006_000480

    【【注意】酒飲んで顔赤くなる人は口腔がんと食道がんのリスク  発がん性物質が体内に蓄積する危険性】の続きを読む

    1: 2017/06/01(木) 14:29:31.20 ID:CAP_USER
    http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=179871&ph=0

    2017年6月1日、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で、金を払わぬと中国へ連れて行くと脅される詐欺事件が日本で起きたことを伝える投稿があった。

    投稿者は、青森県警五所川原署が29日に発表した内容を紹介。津軽地方の40代女性のところに「有料サイトに登録料を支払うように」との電話があり、女性は506万円を支払った。その後再び電話があって「シンカシャツウシン」に電話するよう言われ、かけると「310万円を払わなければ中国に連れて行く」と脅されたという。結局女性は合計で816万円を支払った。

    このニュースに対し、中国のネットユーザーから、「いったい何が恐かったのだ?」、「中国ってそんなにすごいのか?」など、驚きのコメントが多く寄せられた。

    また、「日本では中国を子供を恐がらせるために使っているのだな」、「これで日本がいかに中国のことを悪く言っているかがよく分かる」など、不快感を示すユーザーも少なくなかった。

    ほかには、「日本人はいまだに中国が北朝鮮のようなところだと思っているのだろう」、「これは中国が恐いというより、知らないところへ連れて行かれ人身売買されることが恐かったのだろう」、「でも中国としては『来るな』と言いたい」などのコメントが寄せられた。

    【【これは怖い】日本で一風変わった詐欺事件が発生「金払わぬと中国へ連れて行く」=中国ネット「いったい何が恐かったのだ?」】の続きを読む

    1:  2017/05/30(火) 09:53:55.44
    最近っていっても昨日からなのか、はたまた1週間くらい前なのかはよくわからないんですけど、時々、パソコン使っているとコマンドプロンプト的な黒いウインドウが一瞬出て消えるという事象がありまして……。

    どんな画面かというと、たぶん普通にコマンドプロンプトなんですけど何しろ一瞬過ぎてよくわからないという。

    ちなみにWindows10でCreators Update済です。

    1日で2回見たのでおかしいなと思った

    で、なんかWindows Updateとか何かが裏で動いていて、それでちょっと表示されちゃうような仕方ないやつかなと思っていましたけど、なんか時間を空けてもう一度表示されたし、なんかこいつはおかしいと思いました。

    WannaCryが流行った今日この頃としては、もしかしてなんかウィルスの類ではないかとか、定期的に画面のスクリーンショット撮って全世界に大公開されてんじゃないかとか、そういうのをちょっと思ったりしましたけど、それにしてはウィンドウを一瞬であるといえでも表示しちゃうのはお粗末な感じなのでますますわけわかんないなぁと思いました。

    (詳しくはソース元でご覧ください)

    時々コマンドプロンプトみたいな画面が一瞬現れては消える件
    http://prinkuma.hateblo.jp/entry/2017/05/27/183000


    ツイッターで被害多数報告
    https://〇witter.com/search?q=%E4%B8%E7%9E%AC%E3%A6%E3%A3%E3%B3%E3%89%E3%A6&src=typd


    officebackgroundtaskhandler.exe
    というファイルが悪さしてるらしい。
    winpe-cmd-620x465

    【【ウィルス?】Windows&Office利用者の間で「一瞬、黒いウィンドウが表示される」現象が発生している模様】の続きを読む

    1: 2017/05/28(日) 14:59:55.40
    “その虫” 悩んでいませんか?

    家の中で、ごま粒のような、茶色い虫を見かけたことはありませんか?

    食卓や台所の流し、リビング、畳の上。ぷっくりした体型で、よちよち歩き、時に飛んだり、死んだふり?まで。 いくらつぶしてもいっこうにいなくならない。その正体は、「シバンムシ」です。

    この虫、気温が高くなる梅雨の前、ちょうど今の時期から大発生します。でも、今、手を打てば、まだ間に合います。


    no title


    NHKニュース
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170526/k10010995891000.html

    ■家の中で大発生

    去年の今頃から夏にかけて私(記者)は忌まわしい「ある虫」に悩まされていました。よちよちと、食卓を横切る小さな茶色い虫。

    即座に見なかったことにして、ティッシュでつぶしましたが、これが毎日続きます。
    流しでも、リビングの床でも、畳でも、家のいろんな場所で、毎日、数匹ずつ見かけるようになったのです。

    洗面所でも見かけたときには泣きたい気持ちになりました。
    調べるとどうやら「シバンムシ」という害虫だと、わかりました。
    かむことはないのですが、時々、部屋の中をふらふらと飛び回ります。

    気味が悪く、なんとかならないかと悶々としていたところ、冬の初めごろになり、ようやく見かけなくなりました。

    ところが・・・。今月になってその虫をまた見かけるようになったのです。

    ■ネットにも

    ネット上でも、シバンムシに被害を受けたという書き込みが。
    「小麦粉見たらめっちゃシバンムシわいてたwwwwなんか丸っこいものもいるから出してみたら幼虫めっちゃいたwwww」
    「最近、こいつに悩まされておりまする。乾麺や乾燥した食品を餌にするらしい。布団にいたりするのでどう駆除したらいいものか」
    「シバンムシに乾燥パスタ食われて粉々になってたのはびびった」
    「ココア淹れて飲んだらすげープチプチすんなって吐き出したらシバンムシのそうくつになってた」

    ■その名も“死番虫” その生態は

    忌々しい「シバンムシ」に、ことしも再会。

    家には1歳と5歳の女の子がいて、食べ物と一緒に口に入ったりしないか心配で、不快な思いにも耐えきれず、今度は徹底して闘おうと決意しました。
    闘うには、まず、敵を知るところから。
    さっそく、ネットや専門書で下調べをしてから、研究機関に取材することにしました。

    (続きはソース元でご覧ください)

    【【虫苦手な方閲覧注意】 「ココア淹れて飲んだらすげープチプチする」 知らないうちに「シバンムシ(死番虫)」が繁殖】の続きを読む

    このページのトップヘ