野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    怖いニュース

    1: 名無しさん@涙目です。(徳島県) [CN] 2017/11/03(金) 17:49:52.54 
    【座間アパート9遺体事件】いまだ退去者はゼロ 入居者からは「住み続けたい」の声

    当然、事件のあったアパートは入居者の退去や資産価値の下落など想定される影響の大きさは計り知れず、ネット上ではオーナーに同情する声も多い。
    ただ、実は事件発覚から3日が経過した今も、入居者の退去は発生していないという意外な事実が浮かび上がってきた。

    「事件後、退去の連絡は一切入っていません。逆に入居者さんから『出ていかないといけないんですか?』『住み続けていいんだよね?』という言葉を聞いて、びっくりすると同時に勇気づけられました」

    (詳しくはソース元でご確認ください)
    http://news.livedoor.com/article/detail/13838044/

    【【事故物件】アパート住人「安いし住み続けたい」 】の続きを読む

    1: ニライカナイφ ★ 2017/10/26(木) 07:49:42.41 ID:CAP_USER9
    ◆ 広島大と静岡大、岩盤含水モデル構築 海水、年23億トン減少

    広島大学大学院理学研究科の畠山航平大学院生や片山郁夫教授らは、海洋プレート(岩盤)が海水を多く取り込み、世界の海水が減少傾向にあることを示す新しいモデルを提唱した。従来モデルに比べ、新モデルでは海水の年間減少量が23億トンと倍増。

    6億年後に海がなくなる可能性を示した。
    地球内部に運び込まれる水の量が分かれば、地球で海が存在できる理由や存続できる期間などについて知見が得られるという。

    研究グループは、マントルが水を取り込んだ際に作られる岩石「蛇紋岩」の水の通りやすさを検討。
    海洋プレートの含水モデルを構築し、地球内部に運び込まれる海水の総量を調べた。

    計算の結果、海洋プレートによって地球内部に運ばれる海水は年間25億トンとなり、火山などにより地球内部から排出される水の排出量2億トンを大きく上回った。

    プレートの水の取り込みはこれまで最上部にある「海洋地殻」だけだと考えられていた。
    近年の調査では海溝付近にある断層に沿って海洋マントルまで水が浸透していると指摘されている。

    静岡大学との共同研究。
    成果は24日、英電子版科学誌サイエンティフィック・リポーツに掲載された。

    no title

    https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00447908?twinews=20171025



    【【驚愕】海水、年23億トン減少…6億年後に海がなくなる可能性も 】の続きを読む

    1: 名無しさん 2017/10/22(日) 15:56:15.81 
    南極海を覆う氷に「巨大な穴」が出現 研究者らが原因の究明にあたる。

    南極海を覆う分厚い氷に巨大な穴が出現し、科学者たちを驚かせている。
    穴の大きさは米国のメイン州の広さに匹敵し、そのサイズは約8万平方メートルに達している。
    昨年の同じ時期にも、これよりやや小さめの穴が出現しており、科学者らはこの原因を突き止めようとしている。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13778352/
    no title

    no title

    【【驚愕】南極に北海道がすっぽり入る超巨大な穴が出現 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(東京都) [DE] 2017/10/16(月) 16:39:50.83
     Wi-Fiの暗号化に使われるWPA2プロトコルに脆弱性があり、攻撃を受ける可能性があることが明らかとなった。
    12月4日~7日にイギリス・ロンドンで開かれるセキュリティイベント「black hat Europe 2017」で、
    博士研究員のMathy Vanhoef氏が、この件に関する詳細を解説する。

     これによれば、WPA2セキュリティプロトコルにキー管理に関するいくつかの脆弱性があり、キーの再インストールを利用して攻撃できるという。
    プロトコルレベルの問題のため、標準に基づいて実装されたものに関して、すべて影響を受ける可能性があるという。

     また、パーソナルWPA2でもエンタープライズWPA2でも影響を受けるとしており、
    チームがテストしたすべてのクライアント、およびアクセスポイントで攻撃が有効だったという。



    (詳しくはソース元でご確認ください)

    Wi-Fiを暗号化するWPA2に脆弱性発見 ~対応のあらゆる機器が影響
    http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1086255.html
    kaden_wifi_router

    【【オワタ】Wi-Fiを暗号化するWPA2に脆弱性発見。無線LANのあらゆる機器が影響 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(東京都) [EU] 2017/10/13(金) 15:47:21.81

    Tシャツ問題被害者「命の危険感じた」 消えぬ憤り

    リンク先に写真あり
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171013-00021160-kana-l14

    「命の危険を感じた」。昨年、茅ケ崎海岸での大会に参加し、配布されたTシャツをもらった藤沢市に住む会社経営の男性(45)は数日間、肌が焼けるような痛みに苦しんだ。

     競技が始まる前にTシャツを素肌の上に着たが、異変に気付いたのはレースを終えた後。「やけに肌がぬるぬるするなと思っていたら、異常にかゆくておかしいな」と感じたという。

     着用していたのは2時間ほど。直射日光を浴びると「熱くて火だるまのようだった」と振り返る。3日間ほどは横になれず、仕事も休まざるを得なかった。

     大会主催者はTシャツの配布は中止したものの、最終日の翌日も大会を続行した。「重傷者が多数いたにもかかわらず、事態を軽く考えた。結果、被害者救済や原因究明は遅れた」。男性の気は晴れないままだ。

     「まさかTシャツを着て大やけどを負うなんて、考えもしなかった」。茅ケ崎市の女性会社員(46)も被害に遭った一人。市内の病院には数十人が同じ症状で診察を受けていた。
    翌日、別の病院で「化学熱傷によるやけど」と診断され、1カ月間ほど入浴できなかったという。

     被害を引き起こしたとみられる薬剤の販売元などと合同の相談窓口を設けている大会主催者は「大変申し訳なく反省している」と改めて陳謝する。 今年も今月14、15日に茅ケ崎海岸で大会を開催、Tシャツの配布も予定しているが「業者にテストしてもらい、主催者も実際に着てみて安全を確認した」と話した。

    (続きはソース元でご覧ください)

    【【恐怖】配られたTシャツを着たら大やけど。命の危険を感じた。 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(五霞町) [ニダ] 2017/10/06(金) 21:39:08.32 

    6日午後4時ごろ、熊本県五木村の川辺川にある九折瀬洞で福岡県糸島市の九州大学1年、藤井照夫さん(19)が川に流された。
    付近の水中で見つかり病院に搬送されたが、その後死亡が確認された。

    地元消防などによると、同じ大学の探検部の学生5人と共に現地を訪れ、洞窟探検をしていたという。
    一緒にいた学生から「途中で見失った」と119番があった。

    http://www.sankei.com/west/news/171006/wst1710060079-n1.html

    【【途中で見失った】洞窟探検の大学生、川に流される 熊本 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(茨城県) [US] 2017/10/08(日) 06:41:19.40 

    平成21年に日本人研究者が「新種」として世界で初めて報告した真菌(カビ)「カンジダ・アウリス」(通称・日本カビ)が、欧米やアジアで真菌感染症として初めてのパンデミック(世界的流行)を引き起こしていることが分かった。抵抗力の弱い入院患者が死亡する事例も報告され、警戒が必要だ。

    日本カビは、帝京大大学院医学研究科の槇村浩一教授が17年に70歳の女性患者の耳漏(耳だれ)から発見した。このとき見つかったカビは病原性が低く、抗菌薬に対する耐性も示さなかった。
    ところがその後、韓国やインド、パキスタン、英国、米国、南アフリカなど海外でも同じカビが発見され、23(2011)年には韓国で患者が敗血症で死亡する事例が報告された。

    米国でも今年122例(昨年7例)の感染が報告され死者も多く出ており、英国でも8月までに200例以上の感染が確認された。日本から広がったのではなく、もともと各国に同種のカビがあったとみられる。

    懸念されるのが、治療薬が効かない耐性化だ。米国では9割以上の株が、最優先で選択される治療薬への耐性を獲得。半分の株は2種類以上の抗菌薬に耐性を持っていた。全抗菌薬が効かない株も4%あったという。韓国やインドでも耐性化が確認されている。

    槇村教授は「日本では明らかな耐性化は認められていないが、海外で強毒耐性化した真菌が、健康な人の体にすみ着いて日本に持ち込まれる可能性は高い」と話している。(道丸摩耶)

    http://www.sankei.com/life/news/171008/lif1710080007-n1.html
    no title

    【【恐怖】日本カビが世界中でパンデミック 強毒耐性化し死亡者多数 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(東日本) [DE] 2017/10/03(火) 09:43:36.45 
    反社会的な人格となる心の病気の一種とされているサイコパス。

    犯罪心理学者のロバート・D・ヘアによるサイコパスの特徴を見て見よう。

    これは怖い・・・。

    ■良心が異常に欠如している
    ■他者に冷淡で共感しない
    ■慢性的に平然と嘘をつく
    ■行動に対する責任が全く取れない
    ■罪悪感が皆無
    ■自尊心が過大で自己中心的
    ■口が達者で表面は魅力的

    http://virates.com/society/55363871
    a0002_001230

    【【身近にいるかも…】  サイコパスの定義が怖ええええっ! 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。 2017/09/29(金) 19:18:58.61
    不審者情報(9月29日・姫路)

    9月28日(木)午後6時45分頃、姫路市南駅前町所在の店舗内で、不審者が目撃されました。
    成人女性が店舗トイレ内において、個室ドア前の床に這って、個室をのぞこうとしている男を目撃したものです。
    不審者は、30歳代位、160センチ位、中肉、茶髪、黒色長袖トレーナー、黒色長ズボン着用の男です。
    http://hyogo-bouhan.net/criminalCase/detail.do?saveState=~5J80DsOywO8RA4jCYWxqqmd7iToKbws&topicId=25575
    a0002_003288

    【【恐怖】便所の床に這う男 姫路】の続きを読む

    1: 2017/09/28(木) 10:23:22.34 ID:CAP_USER9
    iPhoneなどiOSデバイスのホーム画面を、男性の顔のアイコンが埋め尽くす、「YJSNPI(ヤジュウセンパイ)ウイルス」がSNSを通して広がっている、としてセキュリティ企業のトレンドマイクロが注意を呼びかけています。

    「YJSNPI(ヤジュウセンパイ)ウイルス」は、「iXintpwn(アイシントポウン)」とも呼ばれ、「TROJ_YJSNPI.A」として検出されています。これは、正確にはウイルスやマルウェアではなく、不正な構成プロファイルです。

    iOSの動作上の制限を解除する「Jailbreak(脱獄)」が可能になるなどと誘導されたURLにアクセスすると、「ヤジュウセンパイ」と呼ばれる男性の顔のアイコンで埋め尽くされる、というものです。

    この構成プロファイルがインストールされると、男性の顔のアイコンがホーム画面に大量に作成され、端末が応答不能になるなどの症状が発生します。

    構成プロファイルは、企業などが大量の端末の設定やアプリを一括管理するのに用いられますが、「YJSNPI(ヤジュウセンパイ)ウイルス」はこれを悪用したものです。

    作成されるアイコンは「削除不可」に設定されており、そのままではユーザーが削除することはできません。

    しかし、AppleがMac向けに提供しているiOS 構成管理アプリケーション「Apple Configurator 2」を使って不正なプロファイルを削除できます。「Apple Configurator 2」はWindows向けには存在しないため、Macを持っていない場合は端末を初期化し、バックアップから復元することで対処可能です。

    「脱獄」は非常に危険、不審なプロファイルに十分注意を!
    iPhoneなどのiOS端末は、アプリがAppleによる厳格な審査の上でApp Storeのみで公開されるなど、ユーザーがしっかり守られているのが特徴です。

    「Jailbreak(脱獄)」は、iOSの機能をユーザーが解除するものですが、セキュリティ面で非常に危険が大きく、「脱獄」した端末は故障などの際にAppleのサポートも受けることができません。

    トレンドマイクロは、「脱獄」が非常に危険であることを認識するとともに、発行元が不明な不審なプロファイルを許可しないよう、注意を呼び掛けています。当サイトとしても、興味本位で「脱獄」を試そうとしたり、SNSで拡散される不審なURLにアクセスしたりしないことを強く推奨いたします。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13673874/

    画像
    no title

    no title

    【【セキュリティ】iPhoneの画面を男性の顔のアイコンが埋め尽くす、「YJSNPI(ヤジュウセンパイ)ウイルス」が拡散中 】の続きを読む

    このページのトップヘ