野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    怖いニュース

    1:  2017/05/26(金) 15:13:36.54 ID:CAP_USER9
    http://www.asahi.com/articles/ASK5V470SK5VONFB00H.html

     三重県の熊野灘で26日、幻の巨大ザメと呼ばれる「メガマウス」が漁船の網にかかった。同県南伊勢町の漁港で保護され、水族館への引き取りが検討されている。

     尾鷲港の南約20キロの沖で26日午前0時ごろ、漁船が巻き網を水深約100メートルから引き揚げたところ、網にかかっているのが見つかった。南伊勢町の奈屋浦港まで運び、鳥羽水族館(三重県鳥羽市)のスタッフがメガマウスと確認した。

     体長は約5メートル。口の大きさは1メートルほどという。漁船の関係者は「貴重な魚なので、研究に生かしてもらいたい」と話した。

    (詳しくはソース元でご覧ください)
    【【Σ(||゚Д゚)】メガマウス、再び 三重沖で網に、漁港で保護】の続きを読む

    1: 2017/05/22(月) 15:28:13.97 ID:Mt43+N0M0 BE:822935798-PLT(12345) ポイント特典
    先日落し物をしました。
    警察から連絡があり受け取りに行ったらこれを渡されました。
    個人情報を出さない為に公衆電話でかけましたが出てもらえず、結局携帯で連絡した所「どんな人か会いたかった」と言われ怖かったです。
    この制度悪用する人がいると思うのですが、警察の対応は正しいでしょうか?
    職業とか聞かれたので主婦と答え既婚であることを主張しましたが、なんだかんだとどの辺に住んでるとか聞かれて怖かったです😭😭😭
    no title

    https://

    【【怖い話】警察「落し物を拾った人にお礼の電話をしろ。しなかった場合落とし主の電話番号を拾い主に伝える」】の続きを読む

    1: ] 2017/05/22(月) 11:33:56.93
     福岡都市圏の沿岸で今月、猛毒を持つヒョウモンダコが12日に福岡市西区の能古島で見つかったのに続き、17日には糸島市の芥屋漁港でも発見された。例年に比べ多いというわけではないが、かまれると呼吸困難や心肺停止に陥る危険性があり、県水産海洋技術センターは「見つけても絶対に触らないで」と注意を呼び掛けている。


     ヒョウモンダコは体長約10センチで、茶色いヒョウ柄のまだら模様が特徴。
    興奮すると全身に青いリング状の模様が浮かび上がる。唾液には青酸カリの850倍以上の毒性で、フグと同じ猛毒「テトロドトキシン」を含む。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170522-00010004-nishinpc-soci

    【【触るな危険】猛毒タコに注意呼び掛け 青酸カリの850倍以上の毒性 福岡で続いて発見】の続きを読む

    1:  2017/05/22(月) 16:08:05.28 
    高齢者に多い帯状 疱疹ほうしん の患者が2015年以降、兵庫県内で増えていることがわかった。国の集計はないが、専門家は全国的な増加を懸念している。
    同じウイルスの感染による水ぼうそう患者が減少したことが、帯状疱疹が増えた一因との推測もある。


     同県皮膚科医会が、1987年から県内30弱の定点医療機関で調査を実施。サーベイランス担当委員長の倉本賢医師によると、2015年の患者は1定点1か月あたり12・56人だった。
    前年比1・41人増で、過去最大の伸び。16年も12・30人と多かった。

     一方、同じウイルスが原因で、子供に多い水ぼうそうは、14年10月に乳幼児への定期予防接種が始まって以降、患者が減少していた。

     水ぼうそうが減ると、帯状疱疹が増える傾向については、国立感染症研究所が厚生労働省の審議会小委員会に提出した資料でも指摘されている。
    感染症には、免疫を持つ人がウイルスにさらされ、さらに免疫が強くなる「追加免疫効果」がある。
    水ぼうそう患者が少なくなることでウイルスにさらされる機会が減り、追加免疫効果が得られなかった中高年に帯状疱疹が増えたとも考えられる。

     東京慈恵会医科大客員教授の本田まりこ医師は「米国には、水ぼうそうワクチンの接種率が上がり、帯状疱疹が増えたとの報告がある。日本でも患者が増える可能性がある」と懸念する。

     厚労省は昨年、50歳以上に対する帯状疱疹のワクチン接種を承認。定期接種化も検討中だ。患者の増加を防ぐため、本田医師は「中高年への予防接種を推進すべきだ」と話している。

      【 帯状疱疹 】  過去に水ぼうそうにかかった人の神経節に潜むウイルスが、加齢や疲労などで免疫力が低下した時に再活性化し発症する。
    通常はかゆみや痛みの後に発疹が出る。中高年に多く、80歳までに3人に1人が経験すると推定されている。

    帯状疱疹、増える恐れ…定点調査の兵庫で急増
    https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20170522-OYTET50030/

    【【注意】帯状疱疹にかかる人が急増中! 水ぼうそうの感染数が減ったことが原因か?】の続きを読む

    1:  2017/05/21(日) 17:11:56.62 
    http://www.news-postseven.com/archives/20170521_557255.html
    集中力高まると中高生に蔓延のスマートドラッグ、怖い副作用

    都心のとある進学塾で国語講師を務めるA氏(35才)は先日、教室内で異様な光景を目の当たりにしたという。

    「中学3年生向けの授業の休み時間のことです。1人の男子生徒が見慣れない容器から錠剤をのんでいたので、声をかけたんです。風邪ひいてるのか? と。そうしたら、“いや、これ『スマートドラッグ』っていって、頭がよくなる薬なんです。

    親からのむよう言われていて”と平然と答えるわけです。驚きましたね」

     A氏が目撃した「スマートドラッグ」とは一体なにか。医療問題に詳しいジャーナリストが語る。

    「もともとは1990年代後半にアメリカの大学生の間で流行したものなんです。ADHD(注意欠陥・多動性障害)やナルコレプシー(過眠病)などの患者に処方される薬を勉強用に使い出した学生がいましてね。

    脳の中枢神経に作用して、“集中力を1箇所に集める”という効能に彼らは着目したわけです。

    その過程で、脳神経系の薬の中で勉強効率の向上に使えそうなものが『スマートドラッグ』と呼ばれて拡散していった。

    一時はハーバード大学の学生の2割がスマートドラッグを使用しているというアンケート結果が出たほどで、これが今、日本に輸入されて劇的に広がっているんです」

    (続きはソース元でご覧ください)


    20110131_1937060
    【【本当に?】 頭がよくなる薬「スマートドラッグ」が中高生の間で大流行】の続きを読む

    1: 2017/05/20(土) 20:03:11.97 
    4月27日Facebookに錯覚を現象を起こす恐ろしい女性の写真が公開された。

    マレーシアに住む男性は4月27日に出勤するために地下鉄に乗った。地下鉄の壁際に立ち携帯電話を弄っていたところ、何か見られているような不気味な感じがしたという。

    周りを確認してみると、横に座っている女性が腕で顔を隠したまま、片方の目でじっとこちらを見て笑っているのだ。男性は「寒気がして、女性がなんで私を見て笑っているのか知りたかった」と当時を説明。

    しかし、男性は女性を詳細を確認したとろ、違和感に包まれた。実際には目だと思っていたのは、彼女の口だったのだ。女性は頭を後ろにガクンともたれかけて、目は髪の毛で完全に隠れてしまい、口を開けたまま熟睡していたのだ。

    写真が公開されるとネットユーザーからも「私も最初は目玉かと思った」「不気味な女性と思ったがねてるだけか」という反応を寄せた。

    このFacebookの投稿には1万7000人のコメント、7万人以上の「いいね!」で大拡散されている。

    男性は思い込みで“目”に見えてしまったが、先入観が無いと普通に“口”に見えてしまうだろう。

    (詳しくはソース元でご覧ください)

    http://gogotsu.com/archives/29275
    no title

    no title

    no title

    【【日常の中の恐怖】出勤途中の男性を襲ったミステリー 女性が微笑みながらこっちを見ている? 】の続きを読む

    1:  2017/05/20(土) 08:07:50.14
    5月10日、インドネシアのセラム島のビーチに正体不明の巨大生物の死骸が打ち上げられ地元民を騒然とさせた。

    この巨大生物を最初に発見した人は、現地住民のアズルール・ツアナコタ(Asrul Tuanakota)。
    夜にこの巨大生物を見かけたが、なんかの勘違いだと思ったが、その後なんかおかしいと思い辺りを調べたという。

    巨大生物の死骸からは強く悪臭が漂っており、日が明るくなると巨大生物の姿が島の住民や観光客にまで知れ渡り大騒動に。
    みんなは近くへ近づき記念撮影する人まで。

    巨大生物は15メートルを超える大きさで、この巨大生物の正体を明らかにするために海洋専門家に連絡。
    専門家によると「死んで3日経過した超巨大なダイオウイカ」と推測。また「正確な種類を明らかにするために追加の調査が必要だが、
    深海には人間が知らない未知の世界があるというのは確かだ」と述べた。

    それに対して一部の専門家は「イカは無脊椎動物であるが、この巨大生物の死骸には骨が発見された。
    おそらくクジラの一種である」と反論。

    しかし見た目は巨大なイカで、新種の可能も高くまた骨は食べた餌とも推測できる。画像を見ると確かに
    太くて大きな骨のような物が確認出来る。クジラと言われればそうも見えるような……。

    現在政府は巨大生物の正体を把握するために総力を挙げており、地元の住民は美観や悪臭などの理由で
    死骸撤去を求めている。

    http://gogotsu.com/archives/29264
    no title

    no title

    no title

    http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org1254486.gif
    (詳しくはソース元でご覧ください) 【【UMA?】海岸に打ち上げられた15メートルの謎の巨大生物の死骸 専門家も混乱しイカかクジラかで論争】の続きを読む

    1:t2017/05/19(金) 08:36:41.50 ID:CAP_USER9
    英国のウェスト・ヨークシャー州リーズ市近郊の空に突然、エジプトの太陽神「ラー」の眼にそっくりの雲が現れた。この眼の写真を撮影したのは地元に住むグレハム・テルフォード氏(46)。

    眼は写真に撮影した状態でも強い印象を引き起こすほど。不思議な自然現象を目撃した人々は雲の形がエジプト神話に出てくる太陽神「ラー」の神秘的な眼にあまりに酷似しているとして、驚きを隠していない。

    撮影したテルフォード氏自身はニュースポータル「メトロ」に対して、「こんな奇跡は一度も見たことはない」と語っている。

    ネットユーザーのなかでも古代エジプトの神話に通じた人々はこれを太陽神の「ラー」ないしは死を司る「フゴル」だと決め込んだ。古代エジプトではそのどちらかの神の涙から人間が生まれたと信じられている。

    古代エジプト神話に精通した人はこれは悪い兆しではなく、むしろ逆に吉兆だと語っている。

    no title

    no title

    https://jp.sputniknews.com/life/201705183648824/

    【【画像あり】吉兆か? エジプトの太陽神「ラー」が空に出現 イギリス】の続きを読む

    1: 2017/05/12(金) 23:11:19.28 ID:CAP_USER9
    無人の工場が全焼…夜間は自動で機械が作動 近所の男性が通報/八潮
    埼玉新聞:2017年5月12日(金)
    http://www.saitama-np.co.jp/news/2017/05/13/04_.html

     12日午前2時55分ごろ、八潮市浮塚、型製造業「大進製作所」から出火、鉄骨2階建て工場が全焼した。

     草加署によると、近所の男性が黒煙が上がるのを目撃し、119番した。敷地内には工場がもう1棟、路地を挟んで別会社の菓子工場が1棟あり、菓子工場はすすが付いたという。

     工場は日中、作業員がいるが、出火時は無人だった。夜間は自動化されており、機械は作動していた。同署で出火原因を調べている。

    【【火事】無人の工場が全焼…夜間は自動で機械が作動 近所の男性が通報 埼玉県】の続きを読む

    1: 2017/05/13(土) 15:08:27.78 
    12日北海道を出港し13日午前、新潟港に到着したフェリーの親子とみられる女性の乗客2人の行方がわからなくなっていて、海上保安部は2人が泊まっていた部屋に荷物が置きっ放しになっていることなどから、航行中、海に転落したとみて捜索を行っています。

    行方がわからなくなっているのは北海道の小樽港と新潟港をむすぶ「新日本海フェリー」の「らべんだあ」の女性の乗客2人です。
    新潟海上保安部によりますと、「らべんだあ」は12日午後5時ごろ小樽港を出港し、13日午前9時ごろ新潟港に到着しましたが、乗っていた2人の女性が下船しなかったということです。
    海上保安部によりますと乗船記録から2人は50代と20代の親子とみられ、泊まっていた部屋には荷物が置きっ放しになっていて自殺をほのめかすようなメモが置かれていたということです。
    このため新潟海上保安部は航行中2人が海に転落したとみて、日本海側の各地の海上保安本部と連携し巡視船や航空機を出して捜索を行っています。
    http://www3.nhk.or.jp/lnews/niigata/1033376271.html

    【【ミステリー?】フェリーの乗客2人が姿を消す】の続きを読む

    このページのトップヘ