野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    怖いニュース

    1: 2017/07/15(土) 07:12:52.14 
    夏には多くの行楽客でにぎわう長野県の諏訪湖で、謎の白い物体が大量発生しています。周辺住民から「臭くて窓が開けられない」と苦情が相次いでいます。
    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20170714-00000049-ann-soci
    a0050_000216

    【【異変】“謎の白い物体”諏訪湖に発生 臭い強烈で住民から苦情相次ぐ】の続きを読む

    1:  2017/07/13(木) 12:24:17.86 0
    豆腐一丁置いトンのとちゃうで

    南極大陸から、三重県の面積とほぼ同じ大きさの氷の塊が分離して観測史上最大級の氷山になったことがわかり、観測したイギリスの研究グループは「巨大な塊が分離したことで、南極大陸のほかの部分の氷が不安定になって、海に流出し、海面上昇につながる可能性がある」と指摘しています。
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170713/k10011056541000.html

    【【デイ・アフター・トゥモローか?】1兆トンの氷山が南極から分離】の続きを読む

    1:  2017/07/12(水) 12:42:30.36 
    去年9月、入院患者2人が異物を混入され相次いで中毒死した事件が起きた横浜市の病院が、事件の後に取りやめていた入院患者の受け入れを、ことし中にも再開するため準備を進めていることがわかりました。

    横浜市神奈川区の大口病院では、去年9月、入院患者2人が相次いで中毒死し、警察は、何者かが点滴の薬剤に異物を混入したとみて殺人事件として捜査しています。

    病院は事件が解決しておらず安全が確保できないなどとして、事件のあと入院していた患者をすべて転院させ、新たな入院患者の受け入れをとりやめていました。

    現在は、外来患者の診察だけを行っていますが、病院などによりますとことし中にも入院患者の受け入れを再開したいとしています。

    事件当時、勤めていた看護師はすべて退職したということで、病院では医師や看護師などを募集して再開に向けた準備を行っています。

    病院を管轄する横浜市によりますと、病院側は再開する理由について「地元からの要望があった」と説明しているということです。

    (詳しくはソース元でご確認ください) 
    http://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20170712/5097291.html
    a0006_000849

    【【覚えてる?】大口病院 今年中に入院再開 当時勤めていた看護師全員退職】の続きを読む

    1:2017/07/11(火) 17:40:49.32 ID:CAP_USER9
    ヒアリ対策で毒餌、68港に数十万個 環境省が設置

    http://www.sankei.com/life/news/170711/lif1707110031-n1.html

     各地で発見が相次ぐ南米原産の強毒アリ「ヒアリ」対策について、環境省や国土交通省などは11日、会議を開き、生息している中国やオーストラリアなどから定期的にコンテナ船が到着する全国の68港に、計数万~数十万個の毒入りの餌を設置することを決めた。

     これまで東京、名古屋、大阪、神戸の各港で発見され、輸入コンテナに付着する形で侵入したとみられている。環境省は毒入りの餌を7月中に各港の港湾管理者に配布する。1港当たり千個以上となる予定。

     2回目となる会議には農林水産、厚生労働、文部科学、財務の各省と総務省消防庁も出席。国交省はヒアリが生息する傾向にある港湾地域のアスファルトの割れ目を埋める方法などを検討している。文科省は各学校への注意喚起を予定。消防庁は刺された場合の対応を各消防本部に周知した。

     環境省などには「ヒアリではないか」という問い合わせが相次いでおり、各都道府県と政令指定都市に、ヒアリかどうかを見分ける簡易な方法を伝える予定。

    【【ファイアーアント】ヒアリ対策で毒餌、全国68港に数十万個設置 環境省】の続きを読む

    1: 2017/07/01(土) 22:57:07.96 
    三重・サバゲーフィールド付近で地元猟師がシカを狙って実弾発砲 警察が事情聴く騒ぎに
    猟師がサバイバルゲームフィールド付近で発砲

     7月1日11時30分ごろ、三重県いなべ市のサバイバルゲームフィールドの従業員から、いなべ警察署に通報があり、地元猟師が放った銃弾を巡ってトラブルになっていたことが分かりました。

     編集部がフィールド側を取材したところ、敷地内に第三者(猟師)が無断で侵入し、猟銃を発砲したとのこと。この発砲によるけが人などは出ておらず、今後の対応については顧問弁護士に相談をしているとのこと。

     猟師は、当時フィールド付近にいたシカを狙って発砲したものとみられており、発砲直後にフィールドの担当者が事情を聴こうとしたものの、名前を明かすことなく車で立ち去ってしまったといいます。
    フィールドのオーナーは「ご迷惑をおかけして大変申し訳ない」と利用客らに謝罪するとともに、困惑した様子を見せました。

     また通報を受けたいなべ警察署にも取材したところ、担当者は現場のいなべ市について「山間部のため、普段からイノシシやシカといった害獣が多いエリア」と話し、地元の自治体(=いなべ市)が害獣駆除のため、禁猟期間であっても特別に猟の許可を与えている猟師がいると明かしました。
    現在は立ち去ってしまった猟師に対して事情を聴くべく、連絡を取っているとのことで、「こうしたトラブルは非常に珍しい」と語りました。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170701-00000023-it_nlab-life

    【サバイバルゲーム場で猟師が実弾で乱入 三重】の続きを読む

    1:  2017/07/01(土) 07:27:20.66 ID:CAP_USER9
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170630-00000070-asahi-soci

    兵庫県と愛知県で相次いで発見されたヒアリは、体長2・5~6ミリで、透明感のある赤茶色。触角の先端がこん棒のように太く、腹と胸の間に二つの「こぶ」があるのが特徴だ。ただ、似たような種類も多く、一般の人が見分けるのは難しい。

    原産地は南米中部。貨物船などにまぎれて移動し、米国や豪州、中国、台湾などにすでに定着している。

    国立環境研究所生態リスク評価・対策研究室の五箇公一室長によると、ヒアリの女王アリは巣(コロニー)の中で1日千個以上の卵を産む。孵化(ふか)して成虫に育つまで約1カ月。アリの多くの種類は一つの巣に女王アリが1匹いるだけだが、ヒアリの場合は複数匹がほとんど。100匹確認されたコロニーもあるといい、繁殖力が強い。5月26日に兵庫県尼崎市で、コンテナ内部からヒアリが国内で初めて確認された際には、成虫に加えて幼虫や卵も見つかっている。

    一つの巣には働きアリが1万~数十万匹いる。寿命は女王アリが6~7年ほど、働きアリが1~2カ月ほどだ。

    ヒアリは「引っ越しが得意なアリ」でもある。エサを求めて1年に数百メートル移動し、川を渡るという報告もある。数年かけて高さ数十センチにも及ぶドーム状のアリ塚を作る。集団で爬虫(はちゅう)類や小型の哺乳類を攻撃し、捕食する。一度定着すると根絶は難しく、生態系への影響も心配だ。

    九州大の村上貴弘准教授(行動生態学)は「ヒアリは繁殖力が強く、在来の昆虫などへの影響も大きい。分布域を確認し、とにかく封じ込めることが大切だ」と話す。

    もし、毒針で刺された場合は、20~30分の安静が必要だ。刺されると、やけどのような激しい痛みを感じ、腫れや発疹、動悸(どうき)やめまいなどの症状が生じる。症状が悪化すれば、すぐ病院で受診する。アレルギー反応のアナフィラキシーショックで意識を失い、死亡する例もある。

    (詳しくはソース元でご確認ください)


    ヒアリの特徴
    no title

    【【危険生物】「ヒアリ」の特徴。1日千個産卵の繁殖力。引っ越しが得意で川も渡る 。】の続きを読む

    1: 2017/07/01(土) 18:34:40.95 ID:CAP_USER
    韓国の丁世均議長が大放言! 「平昌五輪、日本人観光客少なかったら東京五輪に1人も行かせない」「日本企業は韓国の若者を引き受けろ」…大島理森衆院議長らと会談で

    韓国国会の丁世均(チョンセギュン)議長が6月7日に来日し、8日に大島理森衆院議長らと会談した際に、2018年平昌冬季五輪への日本人観光客訪問を求め、「もし少なかったら2020年東京五輪には1人の韓国人も行かせない」と述べるなど、不規則発言を繰り返して現場を混乱させていたことが30日、複数の同席者の証言で分かった。

     それによると、韓国与党、「共に民主党」幹部でもある丁氏は会談冒頭から「昨年は今回のような招待がなかった」と日本側の対応に不満を漏らした。

     その上で韓国の経済状態がよくないことを指摘し、「日本は景気がいいのだから、査証(ビザ)を簡素化して、韓国の若者を日本企業で引き受けてほしい」と要求した。

     また、弾道ミサイル発射実験を繰り返すなど北朝鮮情勢が影響し、訪韓する日本人観光客が減っていることを「よくない」と指摘。「平昌五輪に日本人観光客がたくさん来るように努力してほしい。もし少なかったら、東京五輪には1人の韓国人も行かせない」と言い放ったという。

     さらに歴史問題にも言及し、先の大戦で旧日本軍の兵士・軍属として終戦を迎え、いわゆる「BC級戦犯」とされた韓国人への戦後補償についても「ちゃんとやってほしい」と取り組みを求めた。

    (詳しくはソース元でご確認ください)

    http://www.sankei.com/world/news/170701/wor1707010005-n1.html
    2017.7.1 05:00 
    【【言いたい放題】「平昌五輪、日本人観光客少なかったら東京五輪に1人も行かせない」韓国丁議長、大島理森衆院議長らに言い放つ】の続きを読む

    1: trick ★ 2017/06/28(水) 15:03:12.15 ID:CAP_USER9
    新種ランサムウェア「GoldenEye」が世界各地に感染拡大、SMB v1の脆弱性「MS17-010」を突いて感染 -INTERNET Watch
    http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/1067653.html
    岩崎 宰守2017年6月28日 12:51

     「WannaCry」同様、Windows SMB v1の脆弱性「MS17-010」を突いて感染を広げる新種のランサムウェアが27日以降、ウクライナを中心に世界各地に感染を拡大していることについて、米SANS ISC(Internet Storm Center)や、Bitdefender、Kaspersky、Symantec、Avastなどのセキュリティベンダー各社が注意を喚起している。

     2016年に出現したランサムウェア「Petya」の新しい亜種となるもので、Bitdefenderでは「GoldenEye」と名付けている。Petyaは、HDDのMBR(マスターブートレコード)を暗号化し、PCを起動不能にした上で、ビットコインで300ドルの身代金要求メッセージを表示するが、今回登場したGoldenEyeは、MBRに加えてファイルの暗号化も行う。


     SymantecやKasperskyによれば、これまでのPetyaは標的型攻撃に悪用されていたが、今回のGoldenEyeは、MS17-010を悪用して、ネットワーク内PCへ感染を拡大するという。

     このほか、Word/ワードパッドの脆弱性「CVE-2017-0199」を悪用し、メールの添付ファイルを開くと感染するとの一部情報もある。さらに、Telnetに代わるWindows用のリモートアクセスユーティリティ「PsExec」や、Windowsのコマンドラインツール「WMIC」を悪用する可能性も一部では指摘されている。

     Bitdefenderによれば、チェルノブイリ原子力発電所の放射線モニタリングシステム、ウクライナの銀行、キエフの空港や地下鉄のほか、デンマーク、英国、ロシアにも感染が拡大しているという。

     Petya自体に対してはすでに復号化ツールも存在しているが、GoldenEyeにより暗号化されたMBRとファイルの復号は現時点では不可能だ。Avast Softwareによれば、GoldenEyeに感染したPCの比率は、Windows 7が78%、Windows XPが14%、Windows 10が6%、Windows 8.1が2%となっている。

    no title

    no title

    【【注意喚起】新種ランサムウェア「GoldenEye」が世界各地に感染拡大 WannaCry同様の脆弱性を利用 】の続きを読む

    1: 2017/06/22(木) 10:21:57.82 ID:CAP_USER9
    風邪薬成分に無届けで中国製混ぜ出荷
     
     和歌山市の原薬メーカー山本化学工業が、風邪薬成分に無届けで中国製成分を混ぜて出荷していたことが判明。

    共同通信 2017/6/22 10:15
    https://this.kiji.is/250429276705636355

    【【なぜ?】風邪薬成分に無届けで中国製成分を混ぜて出荷 和歌山市の山本化学工業 】の続きを読む

    1: 2017/06/25(日) 07:41:02.29 ID:CAP_USER9
    24日午後、名古屋市緑区で、男が住宅に押し入り、住人の女性を脅して現金を奪う強盗事件がありました。

    24日午後1時ごろ、緑区大高町の男性会社員(72)の住宅で、男性の妻(68)がインターホンが鳴ったため玄関を開けたところ、立っていた男に「金を出せ」などと脅されました。

    男は居間に押し入ると妻の財布から約1万1000円を奪って逃げました。
    その際、妻は転倒し、左足に軽いけがをしました。

    逃げた男は、年齢20歳くらい身長約170センチの細身で黒っぽい作業着を着ていて、白の帽子とマスクを着用していたということで、警察は強盗事件として逃げた男の行方を追っています。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170624-00000413-tokaiv-l23

    a0006_000017

    【インターホン鳴りドア開けたら強盗、男が住人から現金奪いケガさせ逃走 名古屋】の続きを読む

    このページのトップヘ