野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    東アジアニュース

    1: 2017/05/23(火) 18:29:59.13
    「ヘイトスピーチ」という言葉がしばしば聞かれるようになったのは、ここ4-5年のことだ。この言葉がよく使われるようになった背景の1つには、日本国内に存在する韓国・北朝鮮や在日コリアンに対する反感の感情がある。
    中国メディア・環球網は22日、「日本人はどうして韓国人を罵るのか」とする記事を掲載した。

     記事は韓国の学者が「日本人が近ごろ『嫌韓』感情を行動に転化させつつある理由には、日韓両国の歴史問題がある。
    これにより両国間で互いに信頼せず、非難しあう人が増えつつあるのだ。また、日本経済が長期的に停滞していることも影響している。
    このほか、両国政府が世論を放任していることにも一定の関係があるのだ」との見方を示したことを伝えた。

    (続きはソース元でご覧ください)
     
    日本人はどうして韓国人に罵声を浴びせかけるのか=中国メディア
    http://news.searchina.net/id/1636269?page=1
    20150718-08

    【【え?】韓国人「日本人はどうして僕たちに罵声を浴びせるの?」】の続きを読む

    1:  2017/05/23(火) 10:42:42.80 ID:CAP_USER
    http://www.asahi.com/articles/ASK5Q6GK5K5QUHBI02L.html

     韓国最大の財閥サムスングループから巨額の賄賂を受け取った収賄などの罪で起訴された前大統領の朴槿恵(パククネ)被告(65)の初公判が23日午前、ソウル中央地裁で開かれた。朴被告がソウル拘置所を出て、国民の前に姿を現すのは3月31日に逮捕されて以来53日ぶり。

     朴被告は23日午前9時10分ごろ、護送車のマイクロバスで地裁に到着。手錠をかけられ、うつむいた表情で報道陣に無言で庁舎に入った。やつれた表情で、濃紺の私服に収監者の番号が入った丸いバッジをつけていた。法廷で裁判長に職業を問われると「無職です」と答えた。

     韓国で大統領経験者が被告として法廷に入るのは、「光州事件」などに関して起訴された全斗煥(チョンドゥファン)元大統領と盧泰愚(ノテウ)元大統領の1996年以来。地裁は韓国メディアに冒頭部分の撮影を許可した。法廷内の撮影は裁判長の裁量で許可でき、国民の関心や事案の重大性を考慮したとみられる。

    【朴槿恵前韓国大統領が初公判 やつれた表情で「無職です」】の続きを読む

    1: 2017/05/22(月) 10:06:03.48 ID:CAP_USER
    2017年5月18日、韓国特許庁が「韓国を輝かせた発明」について行った調査結果を公表した。韓国・ソウル経済新聞が伝えた。

    特許庁の専門家グループは2?17日、発明の日(5月19日)を前に、フェイスブック上で「韓国を輝かせた発明」について、事前に選定した25の発明の中から1人当たり3つを選ぶ方法で投票を行い、570人が参加した。

    その結果、朝鮮王朝第4代・世宗(セジョン)大王が1443年にハングル表記を体系化した「訓民正音」が全投票の32.8%を獲得し1位の座を射止めた。
    2位は、壬辰倭乱(文禄・慶長の役)における日本水軍との戦いで活躍したとされる「亀甲船」、
    3位には「金属活字」が入った。

    4位は韓国の伝統的な床暖房の仕組み「オンドル」、
    5位は砂糖・ミルク・コーヒーが1本のスティック状パックに入った「コーヒーミックス」、
    6位は韓国で「イタリアタオル」と呼ばれるあかすり用のタオルと、韓国人の暮らしに深く根付いたものが並ぶ。
    7位以下は、キムチ専用の「キムチ冷蔵庫」、数字入力用の10キーでハングル入力が可能な「天地人ハングルキーボード」、新羅時代に建造され東洋最古の天文台遺跡とされる慶州(キョンジュ)の「瞻星台(チョムソンデ)」、滑車の原理を利用し重量物を持ち上げる時に利用する「挙重機(コジュンキ)」の順だった。

    この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「ハングルは世界最高の文字」「世宗大王が特許を取っていたら大金持ちだね」「確かに、私が今こうやってコメントを書いているのも世宗大王がハングルを作ってくれたからだ」など、ハングルを作ったとされる世宗大王に敬意を示す声が多く寄せられた。

    その一方で、「ハングル以外はなくても困らないものばかり」とするコメントや、「韓国最高の発明品はろうそく集会でしょ!」との声も。また「日本最高の発明品には、高速鉄道、ICカード、フラッシュメモリー、自動改札機などいろいろある。それに、コーヒーミックスの元になったインスタントコーヒーは日本の発明品だ」と、日本について言及する声もあった。

    (詳しくはソース元でご覧ください)

    2017年5月22日(月) 8時30分
    http://www.recordchina.co.jp/b176981-s0-c30.html

    【【韓国特許庁】国民が選ぶ「韓国を輝かせた発明品」ランキング 1位はやっぱり・・w】の続きを読む

    1:2017/05/21(日) 19:41:27.42 ID:CAP_USER
    no title

    ▲共に民主党ムン・ヒサン議員/聯合ニュース

    ムン・ジェイン大統領の特使として日本を訪問した共に民主党ムン・ヒサン議員は21日、「日本側も慰安婦合意履行を促す雰囲気ではなかった」と明らかにした。

    ムン議員はこの日、ソウル新聞との電話通話で「日本側が合意履行を強力に主張しようとするなら『もし慰安婦合意を履行しなければ私たちは前に進めない』と言わなければならないが、そのようには言わなかった」としてこのように話した。

    彼は「私たちも日本側に(慰安婦合意を)再交渉せよ、破棄しろとは話してはいない」とし、「ただし『国民の大部分が(慰安婦合意を)受け入れないと考えているのが現実』といった」と伝えた。

    引き続き「慰安婦問題はこれから韓日関係にとって障害物にならないだろう」とし、「すぐに首脳どうしが会って新たな合意を多くしていくだろう」と強調した。

    ムン議員は「大統領府でも(訪日成果の)報告を受けてとても鼓舞的な雰囲気」として「ムン大統領が各国に派遣した特使を一カ所に集めて報告する席を作ることが分かっている」と付け加えた。

    韓日シャトル外交復元と関連しては「私たちが話を切り出す前に(日本側が)先に話した」とし、「完ぺきに復元されるだろう」と見通した。

    (詳しくはソース元でご覧ください)

    ソース:ソウル新聞(韓国語) ムン・ヒサン「日も慰安婦合意履行要求の雰囲気ではない」
    http://www.seoul.co.kr/news/newsView.php?id=20170522008006

    【【日韓関係】 ムン・ヒサン特使「日本も慰安婦合意の履行を要求する雰囲気ではなかった」】の続きを読む

    1: 2017/05/21(日) 13:49:54.10 ID:CAP_USER
    2017年5月17日、韓国・SBSによると、韓国の慶尚南道統営市は昨年から、電気を引くことが難しい道路にソーラー街路灯を設置してきた。しかし、ソーラー街路灯の蓄電池を盗む人が続出し、事業自体が中止になってしまったという。

    統営市にある海岸沿いの道路にはソーラー街路灯が設置されているが、その多くが何者かによって蓄電池が抜かれている。夜は暗く静かになるため危険だが、電気を引くことが難しためソーラー街路灯が設置された。

    しかし、窃盗被害のためにその役割を果たせずにいるという。盗まれた蓄電池は夜間に釣りをする際の照明に使われているとみられている。

    統営市のキム・ジンホ建設行政担当は「(ソーラー街路灯を)維持、補修、管理するにはある程度の限界があるため、利用する人たちの良心を願うしかない状況」と説明した。

    統営市はソーラー街路灯の設置範囲を拡大する計画を進めていたが、相次ぐ窃盗被害のため中止を決めたという。

    この報道に、韓国のネットユーザーからは

    「後進国の国民だ。韓国には泥棒が多過ぎる」
    「韓国人は金になりそうなものは何でも盗む」
    「韓国人の良心はどこへ?」
    「中国国民の意識レベルを批判している場合ではなかった」
    「韓国人は中国が好きだから何でもまねしたがる」

    などと嘆く声が多く寄せられている。

    そのほか

    「処罰が甘いから」
    「蓄電池を入れるケースがしょぼいのでは?」
    「人の手の届かないところに蓄電池を置けば解決する」
    「納品業者の犯行に違いない。普通は蓄電池が入っている場所なんて知らない」

    と指摘する声、「管理者以外の人が触れたら感電するように設計しよう」と提案する声もみられた。

    (全文はソース元でご覧ください)

    Record china 配信日時:2017年5月20日
    http://www.recordchina.co.jp/b178456-s0-c30.html
    img_index_01

    【【泥棒が多過ぎる!】韓国の道路にソーラー街路灯を設置できない理由に、韓国ネット「韓国人の良心はどこへ?」】の続きを読む

    1: 2017/05/20(土) 18:26:16.19 
    江蘇省南京市内の興隆大街(大通り)歩道に、新たに視覚視覚障害者用の点字ブロックが設置された。
    だが、この点字ブロック、たった10メートルほどの距離に、いくつもの曲がり角が設けられている。
    この道路はこのほど大々的な補修を終えたばかり。

     江蘇公共新聞によると、約10メートルの歩道に「己」が3つ繋がったように点字ブロックが配置されている。
    地元住民やネットユーザーからは「歩道の設計者は視覚障碍者のことを全く考慮していない」
    「ブロックの配置をやり直すべきだ」といった意見が次々と挙がっている。

    「己」字カーブ続く点字ブロック、計画性のない設置に批判=南京
    http://news.livedoor.com/article/detail/13087768/
    no title

    【中国の点字ブロックをご覧ください】の続きを読む

    1: 2017/05/20(土) 10:46:19.26 ID:CAP_USER
    ソース元、産経新聞2017.5.17 12:00
    http://www.iza.ne.jp/kiji/politics/news/170517/plt17051712000008-n1.html

    韓国大統領に「共に民主党」の文在寅氏が選ばれ、米軍関係者が電話の向こうで嘆いた。

    「文大統領は、最新鋭のTHAAD(サード=高高度防衛ミサイル)システムをいらないというつもりだろうか? 彼は正気だと思うか?」

    文氏はTHAADについて大統領選挙キャンペーン前から、「次の政権(文在寅政権)で再協議すべきだ」と威勢良く主張。

    4月に入り「北朝鮮が6回目の核実験を強行し、核による挑発を続け高度化するのなら、THAAD配備は避けられなくなる」と、次第に歯切れが悪くなっていった。

    10日の大統領就任式では「米国に加え、配備に反発する中国とも真摯に話し合っていく」と、就任早々無責任な言葉を口にした。

    中国は自国の軍事動向が広範囲にのぞかれてしまうTHAADの配備に猛烈に反発し、事実上の対韓経済制裁に踏み切っている。在韓米軍防護の要でもあるTHAADを何としても存続させたい米国と中国の双方の顔を立てるなど不可能だ。

    米国が軍事同盟国だとの自覚に欠ける文氏の正体が、早くも鼻につき始めた。

    筆者は米軍関係者に答えた。
    ダウンロード

    【【半島情勢】韓国大統領がTHAADシステム拒否するなら… 「日本移転」しかない??】の続きを読む

    1: 2017/05/20(土) 16:46:37.36 
    中国メディアの今日頭条はこのほど、日本人の生食文化について紹介しつつ、
    「日本人が好んで食べる生モノを中国人は食べることができるだろうか」と問いかける記事を掲載した。

     日本の食文化の1つの特色として、記事は「生」と「鮮」という漢字で表現した。
    つまり、鮮度が良いものを生で食べる文化だということだ。
    中国では刺身や生卵など、日本で広く食されている生モノを食べる習慣がないうえ、野菜も生で食べる習慣はほとんどない。
    果物以外は炒める、煮込む、蒸すなどして火を通すことが一般的だ。
    それゆえに、中国人から見ると日本料理は食材の栄養を効率よく摂取できるかもしれないが、
    「食べ慣れていないゆえに生理的に抵抗を感じる」という人が多くいるのだ。

     刺身についていえば、中国人にとってサーモンの味は好まれるようで、一部のスーパーでは販売されており高価だが購入して食べる人もいる。
    しかし生理的に受けつけない大多数の中国人にとっては、味よりも口に入れた時の口当たりや臭いがダメという感想もあり、
    やはり感覚的に生魚はゲテモノの意識があるようだ。

    (詳しくはソース元でご覧ください)

    日本人って勇気あるなぁ・・・中国人が食べない「あれ」を口にするなんて=中国報道
    http://news.searchina.net/id/1636103?page=1
    a0790_000538

    【【食文化】中国人「日本人はよくアレを食えるね...頭おかしいんじゃないの?」】の続きを読む

    1:  2017/05/20(土) 14:52:40.11 ID:CAP_USER
    http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=177614&ph=0

    2017年5月18日、韓国・KBSは、韓国政府が2008年に宣言した「韓国料理のグローバル化」の現状を伝えた。

    来年開催される平昌(ピョンチャン)冬季五輪を控え、韓国外食業界では外国人観光客を迎える準備が加速している。記事が伝えた「韓国料理の講義」に集まったのは、韓国料理店の社長たちだ。講義のテーマは手軽に楽しめる「モダン韓国料理10選」。この講義で教壇に立った韓食財団理事長は、丸鶏に餅米などを詰めて煮た韓国の伝統料理サムゲタンを外国人向けにアレンジした新たな料理「ロールサムゲタン」を紹介した。あらかじめ骨を除いた鶏肉で餅米をくるくると巻いたもので、手で骨を取り除く必要がない。

    市井の店でも、外国人客向けにすべて立食スタイルに変更したり、外国人に人気のカルビ料理のソースの種類を増やしたりと、さまざまな試みが進んでいる。

    しかし記事は、08年に政府主導で始まった韓国料理グローバル化事業で「韓国料理を世界に知らしめることには成功したが、実績が伴っていない」と指摘する。同事業では、餅を甘辛く煮込んだ「トッポッキ」のほかキムチ、マッコリ、ビビンパが世界に売り出すべき代表品目に指定され、これまで1600億ウォン(約160億円)の予算が投入された。しかしキムチの輸出量は直近3年間で22%減少、また今年までに海外の韓国食堂を4万店にするとした目標達成には程遠く、「韓国料理を世界五大料理に育成する」との政府の目標は達成が難しいようだ。

    (続きはソース元でご覧ください)


    s_006e
    【【また始まったw】韓国料理を2017年までに世界五大料理に!平昌五輪を控え韓国政府が大金投じた事業の成果は?】の続きを読む

    1:  2017/05/19(金) 22:47:46.90 ID:CAP_USER
     2018年平昌冬季五輪で氷上競技が行われる韓国北東部の江陵。日本海を望む美しい海岸で知られる観光地で、近年、おしゃれなカフェが集まる「コーヒーの町」としても注目されている。

     地元関係者は五輪を機に韓国を訪れる外国人観光客も呼び込みたい考えだ。

     ソウルから車で約3時間。見渡す限り広がる青い海と白い砂浜に沿うように、道路が約500メートルにわたって緩やかな弧を描く。「安木コーヒーストリート」と呼ばれる通りには、海を見下ろしながらコーヒーを楽しめる2、3階建てのカフェがずらりと並んでいる。

     「週末には多くの観光客で席が満杯になる」と地元大手「コーヒーカッパー」のムン・ヒョンミ店長。五輪を来年に控え、町では来訪者の増加に期待が高まる。

     ムン店長によると、海を見ようと多くの人が立ち寄ることから、00年ごろから徐々にカフェが営業を始めた。

     地元もコーヒーを使った町おこしに乗り出し、09年から「コーヒーフェスティバル」を毎年開催。「カフェの町」として知られるようになり、カフェ目当ての客も増えていった。

     屋上のテラスから海を見渡せる人気店「キクロスコーヒー」にソウルから友人2人と訪れたホテル従業員、キム・ヘジュさんは「(写真共有アプリの)インスタグラムで話題になっていたので来た。心が癒やされた」と満足そうに話す。

    (詳しくはソース元でご覧ください)

    http://www.sankeibiz.jp/macro/news/170516/mcb1705160500014-n1.htm

    no title

    眼下に白い砂浜と青い海が広がる「キクロスコーヒー」の屋上=4月、韓国・江陵(共同)

    【【寒そう】海辺の町にコーヒーの香り 平昌五輪で外国人観光客誘致 韓国】の続きを読む

    このページのトップヘ