野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    東アジアニュース

    1: 名無しさん@涙目です。(栃木県) [US] 2018/01/17(水) 09:54:03.79 ID:3XCArtl40
    河野太郎氏、慰安婦新方針に拒否伝達 韓国は五輪への安倍首相訪韓要請

     河野太郎外相は16日午前(日本時間17日未明)、カナダのバンクーバーで韓国の康京和外相と会談した。
    康氏は2015年末の日韓合意では慰安婦問題は解決できないとする韓国政府の新方針を説明。河野氏は「韓国側が日本にさらなる措置を求めるのは全く受け入れられない」と述べ、新たな協議を拒否すると同時に、合意の着実な履行を求めた。

     韓国政府による9日の新方針発表後、両国閣僚が会談するのは初めて。日本外務省によると、会談は一対一で通訳を付けず、朝食を交えて実施した。

     会談で康氏は、2月9日開幕の韓国・平昌冬季五輪に合わせた安倍晋三首相の訪韓を改めて要請した。河野氏は国会日程を踏まえて検討すると述べるにとどめた。

     両外相は北朝鮮の核・ミサイル問題に関し、北朝鮮への圧力を強化する重要性を確認。韓国と北朝鮮が進める南北対話を含め、北朝鮮対応で日韓米が引き続き緊密に連携することで一致した。日本が議長国を務める日中韓首脳会談の早期開催に向けた協力も申し合わせた。

    (詳しくはソース元でご確認ください)
    http://www.sankei.com/world/news/180117/wor1801170006-n1.html
    no title

    【【外交】 河野外相「断る。」 韓国「えっ?いや、日本はさらなる謝罪を…」 河野外相「断る。約束を守れ。」 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(新疆ウイグル自治区) [ニダ] 2018/01/04(木) 11:10:15.35 ID:3Hje1Y0s0
    韓国外交部長官「合意破棄含めすべて可能」


    韓国外交部長官が2015年の韓日慰安婦合意に対して破棄などを含めたすべてのオプションが可能だと述べた。
    また、康長官は慰安婦合意の問題点について「当事者である被害者、またその方々を支援してきた団体との疎通が足りなかったことが最も大きな欠陥だった」と指摘した。

    一方、康長官は今後、韓国政府の立場を確立するにあたり、被害者や家族、支援団体との集中的な疎通が必要であることを指摘しながら「(被害者らに)会うものの、おばあさんの多くは非公開を望んでいる」とし「後で誰に会ったかは発表できるが、面談のスケジュールなどは公開しない方針」と明らかにした。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180104-00000016-cnippou-kr

    【【キタ━(゚∀゚)━!】 韓国政府、慰安婦合意破棄方針を公式に発表 】の続きを読む

    1: LingLing ★ 2017/12/22(金) 23:19:06.32 ID:CAP_USER
    ■クリスマスツリーの故郷は済州?!

    年末になると町の各地で煌めく装飾が施されたクリスマスツリーが見られる。よく目にする人工クリスマスツリーは針のように細くて濃いグリーンの葉をびっしりと有する円錐形の木だ。

    このようなクリスマスツリーの実際のモデルは、驚くべきことに我が国の漢拏山が故郷である「クサンナム※」だ。(※チョウセンシラベ,朝鮮白檜。以下、「チョウセンシラベ」とします。)
    no title


    実際、チョウセンシラベは世界的にクリスマスツリーとして最も多く使われる木だ。親戚といえるジョンナム(※Abies holophylla)と比較して背が低く、葉が所狭しと育って観賞用に適している。チョウセンシラベは1920年、英国の植物学者ヘンリー・ウィルソンによって伝えられた。ウィルソンは、漢拏山で採集したチョウセンシラベの標本を分析して、既に知られているものとは全く異なる「新型」であることを突き止めた。それで、チョウセンシラベの名前は英語で、「Korean fir(韓国モミの木)」と、学名は「Abies koreana E.H.Wilson」だ。

    no title

    ▲チョウセンシラベの葉はソナム(※アカマツ)に比べて平たくて短い。葉の先端に溝が入っているのが特徴だ。 - Abies koreana。

    ウィルソンの発表以降、米国はチョウセンシラベを改良して、数十種の新品種を作り出して特許まで登録した。米国は改良したチョウセンシラベを世界に販売した。以降、チョウセンシラベはクリスマスツリーとして広く使われるようになった。

    チョウセンシラベが自生する森は世界で我が国だけだ。 国内チョウセンシラベの面積は1200ha程度と分かっていて、そのうちの67%程度が済州島の漢拏山に分布している。国立山林科学院暖帯亜熱帯山林研究所の調査結果によると、現在自生している漢拏山のチョウセンシラベの面積は803.56haだ。1haが縦横100mの面積だから莫大な規模だ。

    ところが、このようなチョウセンシラベの森を詳しく見ると、30%以上の木は枯死した木々だ。ここに若木も殆どない状況だ。2011年、世界自然保全連盟(IUCN)はチョウセンシラベを絶滅危惧種に指定した。

    (詳しくはソース元でご確認ください)

    ソース 東亜サイエンス(韓国語)
    http://dongascience.donga.com/news.php?idx=20866

    【【知ってた】 クリスマスツリーの故郷は済州?!世界的に最も多く使われる木は、韓国自生種「チョウセンシラベ」 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(千葉県) [ZA] 2017/12/12(火) 00:19:42.39 
    AIIB 対中融資 開業以来初、大気汚染対策事業
     中国主導の国際金融機関、アジアインフラ投資銀行(AIIB)は11日、中国の大気汚染対策として、北京の一般家庭に天然ガス利用を促す事業に2億5000万ドル(約284億円)を融資すると発表した。AIIBによる初の中国向け融資となる。
     AIIBをめぐっては、2016年1月の開業当初から「融資先の選定に最大出資国である中国の意向が反映されるのでは」との懸念が上がっていた。既に融資が決定された案件もパキスタンやバングラデ
    シュなど習近平国家主席が提唱する現代版シルクロード経済圏構想「一帯一路」の沿線国が中心となっている。
    https://mainichi.jp/articles/20171212/k00/00m/020/113000c
    150319-3-001

    【【だよね】AIIBが早速中国に巨額投資 中国の中国による中国のための投資銀行 】の続きを読む

    1: ダーさん@がんばらない ★ 2017/12/03(日) 02:02:45.61 ID:CAP_USER
    「今よりカフェインさらに強く、強力な「バッカス」が出てくる」

    no title

    聯合ニュース

    バッカスやウォンビディ、グロンサンなど滋養強壮変質剤のカフェイン含有量の制限が廃止を控えており、さらに強く強力な製品が発売されるものと見られる。

    30日、食品医薬品安全処など関連機関によると、滋養強壮変質剤のカフェイン含有量の制限が施行から53年ぶりに廃止される。

    食薬処は、現在成人が1回の服用時30mg以下である医薬品滋養強壮剤のカフェイン含有量を廃止する、医薬品安全管理規則を改正している。

    前食薬処は、昨年12月に滋養強壮変質剤のカフェイン含有量の制限廃止を含めた、「医薬品等の安全に関する規則」改正案を立法予告している。

    no title

    聯合ニュース

    これにより、消費者が疲労回復などのために購入して飲む、バッカスやウォンビディなど滋養強壮変質剤のカフェイン含有量が多様化する見通しだ。

    現在、代表的滋養強壮変質剤であるバッカスDの場合、カフェイン含有量は30mgである。他の製品もほとんど似たようなカフェイン含有量で発売されている。

    食薬処は、カフェインの最大一日摂取量の勧告量が400mgにもかかわらず、滋養強壮変質剤の基準を30mg以下に制限することは現実と合わないと判断した。

    また、滋養強壮剤のカフェイン含有量の制限を廃止しても、国民健康管理に大きな支障はないと見ている。

    (詳しくはソース元でご確認ください)
    http://img.insight.co.kr/static/2017/11/30/700/47x7z1t3dpzddvvq88i4.jpg
    聯合ニュース



    【【韓国】滋養強壮剤のカフェイン含有量の制限を廃止、さらに強力な「バッカス」が出る】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。[US] 2017/12/01(金) 00:25:29.24 ID:P2vMbam40

    ■韓国式ジョンイジョプキは文化資産…世界化乗り出す
    ・上古時代から続く 「コッカル」 民族の魂込められていて
    ・中国はユネスコ登録終えて、日は 「オリガミ」でグローバル化…韓国も固有名声取り戻さなければ

    ※ジョンイジョプキ(Jongie Jupgi)=折り紙のこと。

    <ノ・ヨンヘ紙文化財団理事長>
    「テコンドーが日本空手を退けて世界的にテコンドー(Taekwondo)と呼ばれるように、ジョンイジョプキが日本のオリガミの代わりとなるのが最終目標です。」

    (中略)

    日帝強占期時代を経て、韓国のジョンイジョプキがほとんど消えてしまった。このような現実を残念に思った彼女はジョンイジョプキ保有国の名声を取り戻すことにした。

    1989年ノ理事長が発足した韓国ジョンイジョプキ協会が出発点だ。彼女は「1987年、日本出張中にデパートでジョンイジョプキ展示会と体験教室に参加している家族を見てショックを受けた」とし、「帰国後、ジョンイジョプキ文化の勉強を開始して、韓国ジョンイジョプキを復活させると誓った」と述べた。

    現在、日本のジョンイジョプキである「オリガミ」は、色紙製品名として世界に広く知られている。ノ理事長は、「日本はジョンイジョプキ宗主国ではないのに、一足先にグローバル化に成功した」と述べた。彼女は「紙は、紀元後(AD)105年、後漢の蔡倫が樹皮・麻布・竹・魚網などを利用して発明したと伝えられる」とし、「ジョンイジョプキも同様に、中国 - 韓国 - 日本の順に伝播した」と説明した。

    その後、韓・中・日のジョンイジョプキはそれぞれの道を行った。中国の「紙切り(※剪紙)」は、ユネスコの世界無形文化遺産に登録されて、日本は独自の伝統と文化を比較的うまく継承して、世界化に成功した。

    (詳しくはソース元でご確認ください)
    http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=009&aid=0004058292

    a0002_001386

    【韓国式折り紙、世界化に乗り出す…「折り紙は中国 - 韓国 - 日本の順に伝播した」 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(秋田県) [ニダ] 2017/11/24(金) 12:54:42.07 ID:uvQuCGeo0
    23日、新浪に北海道旅行で感じたという日本人の恐ろしいところについて紹介する記事が掲載された。写真は洞爺湖。

    2017年11月23日、新浪に北海道旅行で感じたという日本人の恐ろしいところについて紹介する記事が掲載された。

    (中略) 

    日本人の融通の利かなさは有名だが、それは桃源郷のような北海道でも同じだったという。小さな町の飲食店で食事をした際、閉店の時間になった途端、店主が時間表を指さして閉店の時間だから店じまいすると言ってきたという。それで、日本人は1分の猶予も与えず、2倍の値段を払っても融通を利かせることをしないと主張し、これは客が帰らなければ店じまいしない中国とは全く異なっているとした。

    記事は最後に、とにかくルールを守る日本人は「本当に恐ろしい」とし、洞爺湖のような小さな田舎町で、明らかに1台の車も来てないのに、歩行者は「まるで敵を迎え撃つかのように厳粛な表情」で信号を守っていたと伝えた。

    (全文はソース元でご覧ください)
    https://gunosy.com/articles/RvmR0
    a0990_000799

    【【中国人】日本で飯を食ってて終了時間になるときっちり店を閉める日本人は恐ろしい 】の続きを読む

    1: Boo ★ 2017/11/21(火) 21:05:44.06 ID:CAP_USER
    2014年4月16日に韓国南西部の珍島沖で沈没し、今年3月、引き揚げられた大型フェリー、セウォル号の船内捜索を行っている船体調査委員会は20日、来年3月までにセウォル号の船体を縦に長く立て、いまだ見つかっていない5人の行方不明者の捜索と船体調査を行うと発表しました。

    まだ捜索が行われていない機関室は、狭い空間の中に多様な設備が入っていて、捜索者の安全性を考えると、船体を縦に長く立てる必要があるということです。

    また、沈没原因を究明するためにも、現在横になっているセウォル号の左舷を詳しく調べる作業が必要だということです。

    そのための予算を政府に要請している状態で、予算が確保されれば、ことし12月から準備作業に入り、来年3月までに捜索・調査を終わらせ、来年5月に最終報告書を政府に提出するとしています。

    一方、まだ、遺体が見つかっていない行方不明者5人の葬儀が18日から3日間行われました。
    遺体が見つからないため、捜索時に発見された遺品を骨つぼに安置しました。

    これで、これまでに葬儀が行われた299人を含め、合わせて304人の犠牲者全員の葬儀がすべて終わりました。

    (詳しくはソース元でご確認ください)
    http://world.kbs.co.kr/japanese/news/news_Dm_detail.htm?No=65861

    【【(;゚Д゚)】韓国 セウォル号 縦に立てて調査へ】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(秋田県) [ニダ] 2017/11/21(火) 13:05:49.92 ID:bBdeQYZw0
     外国を訪れる際、現地の言葉で「すみません」に相当する言葉をまず知ろうとする日本人は多いのではないだろうか。日本人は日常的に「すみません」と謝る言葉をよく使うが、中国人からするとあまりに大げさすぎるように感じられるようだ。中国メディアの今日頭条は15日、「中国人と日本人を比較した場合、どちらがより謙虚か」と問う記事を掲載した。

     記事は、中国には5000年にわたる歴史があり、その歴史のなかで生まれた礼節を身につけた中国人は「謙虚な君子を自負して来た」とする一方、中国人が日本人と接すると「日本人の謙虚さはレベルが違う」と感じるようになるとした。

     中国人が日本人の謙虚さに驚くのは一体どのような点なのだろうか。たとえば自分が在籍する会社を紹介する場合、中国人であれば「我々の会社は社員の数が非常に多く、毎年売上高を伸ばしていて、政府との関係も緊密である」などと、自社の宣伝をすることは必須であると紹介。さもないと相手から小さな会社とあしらわれてしまうからだ。

     しかし日本人であれば「私どもの会社は30年続いておりますが、競争相手と比べるとまだ至らない点が多く、さらなる努力を必要としております」などと述べ、謙虚な姿勢で紹介し、自慢をしたり、実績を過度に強調したりすることはないとした。

     (続きはソース元でご覧ください)
    http://news.searchina.net/id/1648315?page=1

    【【驚愕】中国いつの間にか5000年の歴史に 】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★ 2017/10/21(土) 05:41:09.83 ID:CAP_USER
    ソウルの大手スーパーマーケットのカスタマーズセンターで従業員として勤務するパクさん(42)は、数日前ある中年顧客のために屈辱を味わった。

    同顧客は「払い戻しにやって来た」と言って、シャンプーやリンスなどが入った秋夕(中秋節、今年は10月4日)の詰め合わせセットを突き出してきた。当スーパーで販売した商品ではなかった。

    同顧客は「領収証は捨てた。とにかく払い戻してほしい」と言い張り、騒ぎ立てた。結局スーパーの上役が出て来て商品券を差し出したことで、ようやく騒動は収まった。

    秋夕連休が終わって以降、スーパーの従業員たちは「騒ぎ立てる顧客」のために頭を抱えている。他人にもらったギフトセットをスーパーに持ってきて、交換や払い戻しを要求するケースが増えているためだ。

    一部の顧客は「祭祀(さいし)の際に供え物として使用したが、おいしくなかった」と言って、食べかけのブドウを箱に詰めてきて払い戻しを迫ったり、「ギフトセットの中身が気に入らない」として開封済みのギフトセットの交換を要求したりした。

    秋夕連休の真っただ中の10月7日、あるネット上のコミュニティーには「名節(旧正月や秋夕)の際にスーパーマーケットで目にした新しい光景」と題する書き込みが掲載されていた。

    同ネチズン(インターネットユーザー)は「ある大手スーパーのカスタマーズセンターに1時間ほど立ち寄った際に目にした」とした上で、

    「スパムのギフトセット(ハムの詰め合わせ)の箱は捨て、中身だけを黒いビニール袋に入れて持ってきて、交換するよう要求する人、飲みかけの紅参茶(人参茶の高級品)濃縮液セットを持参して、商品券との交換を迫る人、果物がおいしくなかったから糖度測定機を持ってきて測定するよう要求する人たちでごった返していた」と書き込んだ。

    流通会社では「領収証を持参の上、使用していない商品をある一定期間内にそのまま持ち込んだケースに限り、交換や払い戻しが可能」と内部規定を定めている。

    しかし、手の付けられない顧客をなだめるために渋々交換に応じたり、少額の商品券を差し出したりするケースがある。

    あるスーパーの関係者は「きっぱりとした態度で対応したところ、顧客がネット上に同社の悪口を書き込んだ。顧客が奪われて売り上げが下がれば、損するのはわれわれだ」と苦笑した。

    (詳しくはソース元でご確認ください)
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/10/20/2017102001678.html

    【【クレーム本家】「おいしくなかった」…秋夕向けギフトの払い戻しを迫る人たち 「騒ぎ立てる顧客」のために頭を抱えるスーパーの従業員】の続きを読む

    このページのトップヘ