野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    食の話題

    1:  2017/02/17(金) 10:44:52.25 O
    洗い物も増えるし

    【家で袋麺作って食べるとき、最初はラーメン丼に移しててもそのうち作った鍋のまま食べたりするよな?】の続きを読む

    1: 2017/02/11(土) 10:16:33.34 ID:dJvePZKm0 BE:837857943-PLT(16930) ポイント特典
    次のトップ10に当てはまる食習慣があれば、注意が必要だ。

    ◆早死にしやすい現代人の食事 TOP10

    1位 一人ご飯はラーメン、牛丼

    2位 菓子パンが好きだ

    3位 午後3時頃にスタバで息抜きする

    4位 基本的に早食いである

    5位 牛乳やチーズでタンパク源を補う

    6位 自炊のとき、サラダ油を使用

    7位 コンビニ食でダイエットを試みる

    8位 ゼロカロリー飲料を飲む

    9位 野菜ジュースを飲む

    10位 冷たい缶コーヒーが好きだ

    【新宿溝口クリニック院長 溝口 徹氏】

    http://www.excite.co.jp/News/woman_clm/20170211/Joshispa_20170211_00622701.html

    【【食習慣】“栄養失調”で早死にしてしまう食事TOP10】の続きを読む

    1: 2017/02/11(土) 17:38:02.61 ID:CAP_USER9
    宮古島 寒さで魚が仮死状態に

    http://www.nhk.or.jp/lnews/okinawa/5093839391.html?t=1486801898000

    11日の沖縄地方は、各地で最低気温が平年を下回り、この冬一番の寒さとなりました。
    宮古島では、寒さに弱い熱帯性の魚が仮死状態となって浮き上がり海岸に打ち寄せられました。

    11日の宮古島市は、この冬一番の寒さとなり、午前1時半ごろに最低気温が平年より4度近く低い12度3分を観測しました。島の北側にある島尻海岸では、フエフキダイなど、寒さに弱い熱帯性の魚が仮死状態で浮き上がり、北風にあおられて海岸に打ち寄せられました。

    宮古島地方では、寒さと大潮の引き潮が重なった時に、こうした現象が見られるということで、海岸には、仮死状態の小魚を拾い集めに来た人たちの姿が見られました。袋いっぱいに小魚を拾った男性は「から揚げにして今晩のおかずにします」と話していました。

    11日の沖縄地方は、各地で、最低気温が平年を下回り、国頭村奥で7度8分、那覇空港で11度1分、石垣市登野城で12度8分と、ほとんどの地域でこの冬一番の冷え込みとなりました。気象台によりますと、12日も寒い1日になる見込みだということです。

    02月11日 16時16分

    【【沖縄】寒さに弱い熱帯性の魚が仮死状態となって浮き上がり海岸に打ち寄せられる・宮古島】の続きを読む

    1:2017/02/09(木) 00:04:07.12 ID:CAP_USER9
     北海道などでの旬が過ぎた冬から春にかけて漁期となる紀伊半島東部・熊野灘のサンマが、今季は不漁が続いている。熊野灘のサンマは北海道沖からの南下に伴い適度に脂が落ち、うま味が増すとされ、特産の丸干しや、すしに使われるが、三重県沖ではこれまでの水揚げはゼロ。和歌山県沖でもほぼ取れていない。

     水温が上がっている日本近海をサンマが避けているためとみられ、両県の漁業関係者は焦りを募らせている。

     三重の熊野漁協(熊野市)などによると、昨季に211トンが揚がった同漁協を含め、今季は8日現在で全く水揚げがない。

    https://this.kiji.is/201977137648633335

    【【漁業】熊野灘のサンマ不漁 三重県沖は水揚げゼロ】の続きを読む

    1: 017/02/05(日) 20:45:59.10 ID:CAP_USER9
     
     ◇花粉症があるとOASの症状が出る割合が高い

     花粉症の原因物質(アレルゲン)と似た物質は果物や野菜の中にも含まれていて、花粉症の患者が特定の果物や野菜などを食べると、口や唇、喉などにかゆみやピリピリ感を生じることがあります。こうしたアレルギー症状をOASと呼びます。花粉のアレルゲンと似た構造を持つアレルゲンが含まれると報告されている食べ物は多く、代表的なものにリンゴ・モモ・キウイ(ハンノキ、シラカバなどの花粉)、スイカやメロン(カモガヤ、ブタクサなどの花粉)などがあります。

     今回の調査で、OASの症状の有無についても聞いたところ、「果物を食べたときに口や唇、喉にかゆみやピリピリ感・イガイガ感」を感じていた子どもは全体の13.5%でしたが、花粉症の子どもに限ると20.6%で、約1.5倍高いことが分かりました。花粉症の子どもに症状が出たときに食べていた果物を尋ねると(複数回答可)、「リンゴ・モモ・キウイ」50.0%▽「メロン・スイカ」38.9%▽「その他の果物」35.8%--でした。

     ◇乳幼児期から花粉を回避し、発症を予防することが大切

     子どものアレルギーに詳しい大阪府済生会中津病院小児科免疫・アレルギーセンターの末広豊医師によれば、最近は小児花粉症患者の増加や低年齢化が目立つそうです。そのうえで「子どもの症状は鼻水や連続するくしゃみが出るというより、ぼーっとしているなど他人からは分かりづらいという特徴がある。周囲の大人が注意してあげることが大切だ」と指摘しています。花粉症はアレルゲンの暴露量がある一定ラインを超えると発症すると考えられているため、乳児期から花粉を回避したり、屋内への花粉の侵入を防いだりして、発症を予防することが大切だといいます。

     また、末広医師はOASに関し、「花粉症の人で果物を食べたときに口や唇にかゆみやピリピリ感があったら、すぐに摂取をやめ、かかりつけ医に相談してほしい」と呼びかけています。症状は多くの場合、しばらくすると治まりますが、長く続く場合や息苦しくなるなど呼吸器の症状が出た場合は、迅速に受診する必要があるといいます。さらに「OASを起こす果物のアレルゲンは熱に弱く、加熱してジャムなどにすれば食べられることもあるので、医師に相談を」とアドバイスしています。

    (以下サイト元でご覧ください)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170205-00000015-mai-soci



    【【OAS】花粉症の子は果物アレルギーにも注意】の続きを読む

    1: ゆず湯 ★ 2017/02/04(土) 10:20:32.94 ID:CAP_USER9
    a0001_015519以前から意見が割れていた、唐揚げにレモンをかけるかどうか問題。
    本誌・女性セブンが男女400人にアンケートを実施したところ、「かける派」(75.2%)で約7割以上と、「かけない派」(24.8%)を大きく上回ったが、から揚げ作りのプロたちの意見はちょっと違う。

    から揚げ専門店発祥の地・大分県宇佐市で、50年の歴史がある『来々軒』。
    2代目の福田安洋さんは、かけない派。

    「宇佐のから揚げは、何もつけないでそのまま食べるスタイル。
    にんにくじょうゆのタレなどで下味をつけているから、その味と風味を楽しんでほしいな、と思います。
    レモンをかけると柑橘系の香りで、もとの味が邪魔されてしまうんです」

    また、から揚げの聖地・大分県中津市の人気店で、一度に1kgをテイクアウトするお客さんもいるという『総本家もり山』。
    創業者の森山韶二さんも「うちも何もつけずに出します」と話す。

    「もちろん、レモンをかけたいかたは、かけていただいてもいいのですが、お客さんはそのままの方がおいしいとおっしゃいます。
    秘伝のタレで味つけしているから、レモンはいらないんです」

    (以下サイト元でご覧ください)

    http://www.news-postseven.com/archives/20170204_490237.html

    【【討論】“唐揚げの本場”大分では「唐揚げにレモンかけない派」が多数】の続きを読む

    このページのトップヘ