野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    食の話題

    1: 名無しさん@涙目です。(東京都) [ZA] 2019/01/27(日) 20:35:06.44 ID:pRv4J4sw0
    例えば今年の改定案で見ると、真っ先に上がっていたのは、これまで項目として立っていた「グレープフルーツ」が「他の柑きつ類」に統合されるという案だ。理由として挙げられているのは「消費支出に占める構成比が継続的に低くなっているため」。
     確かに近年、スーパーや青果店の店頭を見ても、グレープフルーツの存在感は薄い。国内で販売されるグレープフルーツは多くがフロリダや南アフリカ産だとされるが、特に産地や名ブランドをPRするわけでもなく、積極的なプロモーションをかけている事業者や団体も思い当たらない。
     実際、消費支出の推移を見てみると、2008年には全国平均で589円だったのが、2017年には231円しかグレープフルーツに支出されていない。

    (詳しくはソース元でご確認ください)
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190127-00000015-pseven-life&p=1
    a0002_003789

    【【悲報】グレープフルーツ離れ 】の続きを読む

    1: 動物園 ★ 2019/01/27(日) 17:47:27.98 ID:Mm3Zb17S9


    揚げ物をとることで死亡リスクが高まるとの調査結果が明らかになった

    (CNN) 揚げた鶏肉や魚を定期的に食べる人は、がんを除いた死亡リスクが高まるとの調査結果が明らかになった。閉経後の女性を対象とした調査が米国で行われた。

    医学誌BMJで発表された調査結果によれば、1日あたり1個以上のフライドチキンを食べる女性は全く揚げ物を食べない女性と比較すると死亡リスクが13%高かったという。

    揚げた魚や貝を毎日食べる女性の場合、死亡リスクが7%高まるという。

    報告書の執筆者によれば、揚げ物は世界で広く食べられているものの、長期的な健康に対する影響はほとんどわかっていないという。同執筆者によれば、こうした揚げ物と死亡率との関係に注目した調査は米国では初めてだという。

    2017年の研究では、フライドポテトを毎週2回以上食べる人は食べない人よりも早期に死亡するリスクが2倍になるとの可能性が示唆されていた。

    (詳しくはソース元でご確認ください)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190127-35131773-cnn-int
    a0006_002348

    【【米研究】フライドチキンを1日1個、死亡リスク13%増加 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(東日本) [CA] 2019/01/25(金) 07:42:39.83 ID:aUQGyogF0
    「一人焼肉」に長蛇の列!
    現在、ブームの兆しを見せているのは「一人焼肉」専門店です。

    2018年8月に東京・新橋に1号店をオープンした、おひとりさま専用焼肉店「焼肉ライク」では、オープン後、行列が絶えず、新宿や渋谷のほか、郊外にも出店を予定しています。日経トレンディ「2019年業界別ヒット予測」では「ソロ焼肉」という言葉が取り上げられており、話題となっています。

    これまでも「一人焼肉」というのは、いわゆる「一人〇〇」の代表的な例でした。しかし、以前と違い、ブースが区切られたり、周りも「おひとりさま」であったりすることで、一人焼肉のハードルが下がり、需要が伸びているようです。

    https://limo.media/articles/-/9352
    no title

    【焼肉屋に1人で行ける?「一人焼肉」に長蛇の列! 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(玉音放送) [KR] 2018/12/30(日) 08:25:39.52 ID:TJj5iz6a0 
    単身高齢者宅におせちを ボランティアら鹿沼の恒例行事

    http://www.tokyo-np.co.jp/article/tochigi/list/201812/CK2018123002000132.html
    osechiryouri_osyougatsu

    【元日からおせちとかいうクソまずい物食うとか罰ゲームか? 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(玉音放送 typeR) [US] 2018/12/30(日) 22:17:40.43 ID:Ch7sF/tn0

    平成最後の年越しそば!「緑のたぬき」食べ比べ

    「平成最後の大晦日になりました。」この「平成最後の~」というワードは新語・流行語大賞ではトップ30にも入らなかったけど、使い勝手の良さもあって最近各メディアで使われている。

    それにしてもこの言葉は2018年5月から使われ始めて2019年5月以降はほとんど使われなくなることが確定しているめずらしい流行語だ。ということで便乗して「平成最後の年越しそば」をレポートしてみたいと思う。

    https://dime.jp/genre/641128/
    food_cup_soba

    【緑のたぬきで年越し→残った汁に三つ葉と柚子と餅を入れてお雑煮に早変わり (´・ω・`) 】の続きを読む

    1: しじみ ★ 2018/10/29(月) 13:31:47.05 ID:CAP_USER
    ■実は高タンパクなコオロギ

    米国では、高タンパクの家畜飼料や加工食品の原料として、食用に適した昆虫が注目されている。昆虫、特にコオロギは環境面でも魅力が大きい。キロ当たりの含有量で比べた場合、コオロギのタンパク質と微量栄養素は牛肉を上回る。また、高密度かつ暗い飼育環境でもよく育つため、狭い面積で大量に養殖できる上、処分する排せつ物も比較的少なくて済む。

     テキサス州オースティンにあるアスパイヤ社は全米最大の食用コオロギ養殖場を運営していて、業績は順調に伸びている。主力製品であるコオロギをすり潰したパウダーは、焼き菓子やエネルギーバー(栄養補助食品)、スムージーなどに使われる。

     50年後に私たちの食べ物がどうなっているかはわからないが、気候変動に直面している現実を考えると、現在ある原料をより賢く活用する必要がある、と世界の食料問題を研究するラジ・パテルは語る。「21世紀は、かつて雑草や害虫としか思っていなかったものが、食べ物になる可能性があることに気づきつつあるのです」

    続きはソースで

    no title


    ナショナルジオグラフィック日本版サイト
    https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/18/102500462/

    【【食】コオロギは食料問題の救世主となるか? 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(東京都) [ニダ] 2018/12/29(土) 10:39:37.78 ID:O4edZx8m0 
    閉店した「ラーメン玄咲」跡に整形外科クリニック
    https://hre-net.com/syakai/iryou/34987/
    no title

    【飲み屋街にあるラーメン屋って大抵まずくね? (´・ω・`) 】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2018/12/25(火) 17:26:04.99 ID:CAP_USER
    クリスマスにフライドチキンを食べるという日本の習慣は、嘘から始まった。

    1970年、ケンタッキーフライドチキン(KFC)の1号店がオープン。当時の店長、大河原毅氏は売り上げに苦戦していた。

    道行く人には、赤と白の縞模様の屋根に英語の看板を掲げた店が一体何の店なのか分からなかった。お菓子屋なのか床屋なのか……。

    大河原氏は当時の様子をBusiness Insiderのポッドキャスト「Household Name」で語った。お金があまりにもなかったため、時々、店の裏に保管していた小麦粉の袋の上で寝ていたと。

    当時、日本ではクリスマスはメジャーなイベントではなかった。そもそもクリスチャンは日本の人口のわずか2%にも満たない。

    ある時、店の近くのミッション系の幼稚園から、クリスマスにフライドチキンを買ってパーティーをしたいので、サンタ役を務めてくれないかと打診された。

    同氏は快諾。サンタクロースに扮装して、フライドチキンのバーレルを抱えて教室内を踊り歩いたとHousehold Namesで語った。

    パーティーは大盛況。すぐに別の幼稚園からもフライドチキンを楽しみながらのクリスマスパーティーを依頼された。

    大河原氏はこのアイデアに乗った。店の前に立つカーネル・サンダースの人形にサンタクロースの格好をさせ、フライドチキンをアメリカの七面鳥のディナーの代わりとしてアピールした。

    このKFCの取り組みはニュースになった。大河原氏はNHKに、フライドチキンは本当に西洋のクリスマスの習慣として一般的なのかとインタビューされた。

    これが嘘をついた瞬間と大河原氏は語った。

    「チキンではなく、七面鳥を食べていることは知っていました。しかし、『はい』と答えました。嘘をついたのです」

    「今も後悔しています。しかし、多くの人が気に入っているようです」

    ちなみに、KFCを世界的に展開しているKFCコーポレーションの親会社ヤム・ブランズ(Yum Brans)は、来日中の外国人がクリスマスに伝統的な七面鳥の代わりにチキンを売ることを提案したとしている。

    (続きはソース元でご確認ください)
    https://www.businessinsider.jp/post-181888
    chicken_honetsuki

    【【食】クリスマスにフライドチキン ── 嘘から生まれた日本の習慣 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(チベット自治区) [ES] 2018/12/22(土) 12:54:17.85 ID:NtCJT6JB0
    たらこ出荷ピーク、お歳暮用 ご飯のお供に、日本酒の肴に
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181221-00010000-fukui-l18
    a0001_012098

    【お歳暮で送られてくるハムってどう処理してる? 】の続きを読む

    1: みつを ★ 2018/12/07(金) 19:46:51.84 ID:CAP_USER9
    https://www.bbc.com/japanese/video-46479135

    世界中で増える食物アレルギー 科学者たちの見解
    2018/12/07 2時間前

    英国の医師らによると、世界中でこれまでよりずっと、子供たちの食物アレルギー発症率が上がっているという。

    アレルギー増加がここ数十年、特に西側諸国でみられると、ロンドンのキングス・コレッジは伝える。たとえば、食物アレルギーは英国の子供の7%に影響している。オーストラリアの子供は9%が食物アレルギーの影響を受けている。

    なぜ発症率が上がっているのか? 科学者たちは、はっきりとはわからないが、いくつかの理由が考えられると話す。
    a1400_000510

    【【健康】世界中で増える食物アレルギー 科学者たちの見解】の続きを読む

    このページのトップヘ