野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    食の話題

    1: 名無しさん@涙目です。 2017/08/22(火) 15:52:04.05
    韓国の「殺虫剤卵」問題収まらず、世界的な禁止農薬DDTまで検出

    2017年8月21日、韓国の養鶏場の卵から殺虫剤成分が検出された問題で、韓国政府が全国の養鶏場について調査した結果、世界的に使用が禁止された農薬「ジクロロジフェニルトリクロロエタン(DDT)」が一部施設で検出されたことが明らかになった。
    韓国経済新聞などが伝えた。

    韓国の畜産当局によると、今月15~17日に行われた国立農産物品質管理院の養鶏場全数調査で、慶尚北道(キョンサンブクド)地域のエコ認定農場2カ所の卵からDDT成分が検出された。
    DDTは人体に吸収されたると、がんや感覚異常、まひ、けいれんなどを引き起こす可能性がある猛毒性の物質。安価で速やかに害虫を駆除できることから第2次世界大戦以降、世界的に広く普及したが、1960年代にDDT散布が生態系を破壊するという事実が明らかになり、米国では1972年、韓国では79年から使用が禁止されている。

    韓国政府は18日、全数調査結果の発表の過程で「DDT検出の事実」を公表せず、むしろ該当する養鶏場に適合判定を下して鶏卵市場での流通を許可していたことも明らかになった。農産物品質管理院の関係者は「DDT検出量が残留許容基準値(1キロ当たり0.1ミリグラム)以内だったため、安全性に問題がないとみて適合判定を下した」と釈明している。

    一方で、韓国政府はこれまで、フィプロニルなど他の殺虫剤成分は残留基準値以下であっても不適合判定を下して農場名などを公開していたたため、DDTでの対応は「つじつまが合わない」との指摘が出ている。

    この報道に、韓国のネットユーザーからは

    「卵が農薬の塊だったなんて…」
    「これを何十年も国民が食べてきたという事実が衝撃的」
    「使用自体30年以上も禁止してきた農薬なのに?なんで基準値がゼロじゃないの?」

    などショックを隠せないといったコメントが多く、政府や国に対し

    「これが国なのか?」
    「農林畜産食品部と食品医薬品安全処など関係のある公務員は責任を取ってくれ」
    「エコ認証を下したやつには法的処罰を!」

    と非難や処罰を求める声が相次いでいる。

    (詳しくはソース元でご確認ください)
    http://www.recordchina.co.jp/b188094-s0-c30.html

    【【危険食品】韓国の鶏卵から農薬DDTを検出 政府が隠蔽し流通 30年前から世界的に禁止のはずが…】の続きを読む

    1: らむちゃん ★ 2017/08/19(土) 19:22:45.72 ID:CAP_USER9
    産経ニュース、2017.8.19 19:00更新
    http://www.sankei.com/premium/news/170819/prm1708190024-n1.html

     「高級料理」の代表格の一つ、焼肉。記念日や何かを頑張ったご褒美に食べるという人も多いのではないだろうか。だが、スーパーの安い肉を食べても全然平気なのに、奮発して高い肉を食べたときに限って下痢をする、ということは意外とよくある話。「教えて!goo」にも「焼き肉を食べると下痢をする?」という質問が投稿されているが、食中毒でもないのに、なぜ下痢になってしまうのだろうか?

    ■下痢を起こす2つの理由

     この疑問を解決すべく、青山内科クリニック院長で消化器内科医の青山伸郎先生にお話を聞いてみた。そもそも、下痢になるときには体内でどのような現象が起きているのだろうか?

    「便の水分含有量は約60%が正常ですが、下痢便は水分含有量が増加した場合を指し、結果として排便回数が増加します。下痢便になるのは、腸のぜんどう運動亢進、または、腸の消化吸収機能の低下が原因です」(青山先生)

     腸のぜんどう運動とは、腸の収縮運動により、便を体外に排出させようとする動きのこと。よく便秘の人は「ぜんどう運動を活性化しましょう」といわれるが、これが通常より活発になると(亢進)、下痢になる。では、それが一体焼肉とどう関係するのだろうか。
    (詳しくはソース元でご確認ください) 【【医師が解説】 焼肉を食べると下痢になる2つの理由とは】の続きを読む

    1: ばーど ★ 2017/08/17(木) 17:03:15.48 ID:CAP_USER9
    濃厚な甘みに、ふんわり磯の香り――。北海道でウニ漁が最盛期を迎えている。おすしや海鮮丼のネタとしても人気が高く、日本人の消費量は世界一だ。

    国産だけでは需要を賄えず、チリや韓国、ロシアなど世界中から輸入している。国産に比べた割安さが売り物の輸入ウニは外食店やスーパーで根強い引き合いがあるが、値段は右肩上がり。

    東京・築地市場の卸値は5年間で2倍に上昇し、「安いウニ」は姿を消した。背景には気候変動によ…※続く

    配信2017/8/17 2:00
    日本経済新聞 続きは会員登録をしてお読みいただけます
    http://www.nikkei.com/article/DGXMZO19912070R10C17A8000000/?dg=1
    a1180_013190

    【【食文化】消えた「安いウニ」、背景に海外の担い手不足 チリ、韓国、ロシアなど世界中から輸入】の続きを読む

    1: 2017/08/16(水) 21:55:47.86 
    2017年8月16日 16時0分 J-CASTニュース
    http://news.livedoor.com/article/detail/13480228/

    a0006_002311今や日本は世界屈指の長寿大国だ。100歳以上の高齢者は年々増加していて、2016年には6万5692人を数えている。

    番組では、100歳を超えて元気に過ごしている100人に、普段どんな生活をしているのかアンケートを実施。食生活や睡眠、健康法など、様々な共通点が見つかった。

    朝食はパンよりご飯

    朝食べる主食は、パンが23人、ご飯が77人と、ご飯を食べる人が圧倒的に多かった。
    白澤抗加齢医学研究所の白澤卓二所長によると、パンよりもご飯の方が咀嚼(そしゃく)回数が多い。食パンを1枚食べるのに噛む回数が350回なのに対し、ご飯は茶碗一杯で600回噛んでいる。
    咀嚼回数が多いと、唾液が多く分泌される。唾液の中に含まれる「ペルオキシダーゼ」という成分は、活性酸素を減らしがんを抑制する。

    さらに、噛む力と下半身の力は比例していて、噛む力が強い人は転倒しにくい。多く咀嚼することで、丈夫な足腰を保てるのだ。
    1日に食べる卵の数は、1個が60人、2個以上が40人だったが、白澤氏は「40%が1日2個以上卵を食べている」結果に注目した。

    卵は1日2個以上食べるとコレステロール値が上がると言われていたが、2015年の厚生労働省の発表では、食べているコレステロールと血液中のコレステロールは関係ないと報告された。全く卵を食べない人と、1日5~10個の卵を5日間連続で食べた人の血液中のコレステロールを比べると、ほぼ変わらなかったという実験結果もある。

    (詳しくはソース元でご確認ください)

    【卵は1日1個までの常識は古い。やっぱりガンガン食えw】の続きを読む

    1:  2017/08/14(月) 14:55:50.71 
    夏の「おせち」が登場 生エビやハモなどの食材

    夏なのに、夏らしからぬ定番メニューが登場。夏の「おせち」が人気となっている。
    東京・台東区の百貨店では、刺し身や生エビなどの新鮮な海の幸や、ハモといった夏の食材がふんだんに詰め込まれた「夏おせち」を販売する。
    夏は、土用の丑(うし)の日以外に大きな食のイベントがなく、夏休みやお盆など、家族や親戚が集まる食卓を盛り上げたいとして、百貨店やスーパーは、「おせち」や「恵方巻き」の販売に力を入れている。
    松坂屋上野店 食品担当・山田潮人さんは、「帰省ですとか、ご家族が集まられるときに、食卓を華やかにしていただけたらなという思いで作っております」と話した。またイオンも、子ども向けメニューを増やした「夏おせち」を販売するなど、消費を盛り上げたい考え。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170808-00010004-houdoukvq-life

    【「海の幸の夏おせちが人気!」 生エビやハモなどの食材】の続きを読む

    1: 2017/08/13(日) 12:17:58.47 ID:CAP_USER9
    “精のつくもの”は時には逆効果!?猛暑こそキュウリを食べて夏バテ知らず!
    アサ芸プラス:2017年8月13日 09:58
    http://www.asagei.com/excerpt/86762
    no title


     日本列島、猛暑が続く今年の夏。しかも猛烈な蒸し暑さだ。体力は消耗し、食欲も落ちる。そのため夏バテが続出することになる。

    そんな今、旬の夏野菜のキュウリを食べればいいという。
    夏バテが例年以上に話題になる今年の夏。
    スタミナをつけようとウナギだ、ステーキだ、ニンニクだ、と精のつくものを求めがちになるが、フードコンサルタントの萩原千恵管理栄養士はこう話す。

    「夏バテはだるさや疲労感や自律神経の乱れ。消化機能が衰え、食欲不振になります。
    このような状態の時に“精のつくもの”は、胃腸へ過剰な刺激を与え、逆効果になることが多いんです」

     胃腸に刺激、負担をかけない食事をとれというのだが、中でもお勧めがキュウリだと萩原さんが続ける。

    「旬の野菜は当然ながら生命力が強く、栄養価が高い。そして人間にとっても、その時期に身体に必要な栄養素が詰まっているのが旬のものの特徴です。
    今は温室栽培で何でも年中出回っていますが、旬のものを取っていれば健康でいられます。
    キュウリは夏野菜の代表。夏バテを防止するパワーが詰まっていて、さらに旬の野菜はおいしく値段も安いです」

     しかしキュウリは“世界一栄養がない野菜”とギネスブックにも載っている。

    (続きはソース元でご確認ください)
    【【新常識?】“精のつくもの”は時には逆効果? 猛暑こそキュウリを食べて夏バテ知らず】の続きを読む

    1: 2017/08/15(火) 09:47:45.09 
    食券購入ガチャが大人気 500円で大当たりも 西紀SA
    https://www.kobe-np.co.jp/news/tanba/201708/0010463349.shtml
    今日のご飯は運次第-。ガチャガチャを回して出た食券でメニューが決まる「ガチャめし」が舞鶴若狭自動車道西紀サービスエリア下り線(兵庫県篠山市東木之部)に期間限定で登場し、人気爆発中だ。
    盆休みと重なった11~13日の3連休には1日最高2千人が利用するなど、家族連れや旅行客らが連日、店外まで長蛇の列をつくっている。

    1回500円。メニューは天ぷらうどんや唐揚げカレーなど20種類で、平均750円相当と「必ず得をする」のが人気の一因だ。「但馬牛づくしセット」(2100円相当)は100人に3人の確率の大当たりメニュー。提供時にはスタッフからの「おめでとうございます」という声と鐘が鳴り、店内の利用客からは拍手が起こる。
    (詳しくはソース元でご確認ください)

    【【ガチャめし】1回500円の食券ガチャが人気】の続きを読む

    1:  2017/08/02(水) 09:58:04.69 ID:CAP_USER
    最新の研究でわかった、驚くべき塩の健康効果とは?フライドポテトの塩で脂肪燃焼!?

    健康のためには塩分を控えるべきというのが定説だけど、塩にダイエット効果があることが最新の研究で明らかに。いったいどういうこと!? さっそくチェックしていこう。

    http://www.elle.co.jp/gourmet/pick/salt_17_0707?intcmp=cxrec&cx_source=cxrec#cxrecs_s

    塩気の強いおかずや加工食品で塩分を摂りすぎると血圧が上昇、心臓病や脳卒中のリスクが高まるので控えた方がいい、というのはもはや常識。過剰な塩分が身体に悪影響を及ぼす可能性があるのは事実だけれど、アメリカの医学誌「ジャーナル・オブ・クリニカル・インベスティゲーション」に掲載された2つの研究論文で、専門家も長らく誤解していたであろう塩のある健康効果が発表された。なんと、塩には脂肪を燃やす効果があるというのだ。

    今回の研究では、2つの宇宙ミッションに参加する10名のロシア人宇宙飛行士を対象に、段階的に塩分量が異なる食事を用意。その結果、最も塩分量が多い食事を食べた男性の尿の量が、水分をさほど摂取していないにもかかわらず一番多かったそう。
    塩分を摂りすぎるとのどが渇くことを実体験で知っている人も多いと思うけれど、余分な塩分を尿と一緒に排出するため、水を飲みたくなると考えられている。

    (詳しくはソース元でご確認ください)
    http://www.elle.co.jp/gourmet/pick/salt_17_0707/(Offset)/1
    ※この記事は、海外のサイトで掲載されたものの翻訳版です。データや研究結果はすべてオリジナル記事によるものです。

    【【食事】最新の研究でわかった、驚くべき塩の健康効果とは? フライドポテトの塩で脂肪燃焼!?】の続きを読む

    このページのトップヘ