野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    食の話題

    1: 名無しさん@涙目です。(庭) [SE] 2017/12/23(土) 10:29:37.68 ID:tWx/Wmql0
    チキンは食べたいけど骨があるからめんどくさい。そんな消費者のために骨なしチキンなるものも売られているが、どうやって骨を取り除いているのだろうか。
    タイのとある工場での鶏肉の骨の除去作業が話題になっている。

    従業員は座り込み、カゴの中に入れられた大量の鶏肉を手に取り口に入れて骨に噛みついて引っ張り出していた。除去された鶏肉は別のカゴに入れられ骨は床に廃棄される。

    映像も公開されておりそれを見てみると、手前に男性と女性が鶏肉に噛みつき骨を取ろうとしているのがわかる。しかしこの鶏肉は調理されていないもの。この従業員の体調も気がかりであるが、これを食べる消費者は気にしないのだろうか? まさかこれが日本に出回るということは無さそうであるが……。

    日本の大手メーカーは機械で骨を取り除いているので良いが、タイから安い鶏肉を輸入している場合は
    このように従業員がベロベロと舐め回した鶏肉の可能性もある。

    この映像は12月19日にFacebookなどのSNSに投稿され急激に拡散した。
    (詳しくはソース元でご確認ください)
    http://gogotsu.com/archives/35660
    no title

    【【食品】骨なしチキンの作り方が衝撃! 口で噛みついて取り除いていた 】の続きを読む

    1: 動物園φ ★ 2017/12/12(火) 12:33:02.57 ID:CAP_USER
    快眠や記憶力高める効果も! キムチの知られざる健康パワー
    2017/12/11 08:00

    【ごごナマ 知っトク!らいふ】(NHK総合)2017年12月5日放送

    「キムチの健康パワー大特集」

    朝鮮半島を代表する漬物で、日本の食卓でもおなじみの「キムチ」。美味しいだけでなく、栄養たっぷりだとご存知だろうか。

    食物繊維やビタミン、乳酸菌が豊富な上、ストレスの緩和や快眠が期待できる成分も含まれる。番組では、知られざる健康効果や簡単にできるレシピまで、キムチの魅力にとことん迫った。

    腸内環境を改善し、免疫力高める

    キムチの栄養素について解説したのは、医師の小林暁子氏だ。

    まずは「GABA」。アミノ酸の一種で、体内に入ると脳の興奮状態を抑え、リラックスを促し、眠りの質を高めるほか、血圧を下げたり、記憶力が上がったりという効果も。集中したい時に摂(と)るとよい成分なので、受験勉強の夜食にキムチを使った一品がオススメだ。

    GABAはキムチをはじめとした発酵させて作る漬物のほか、小魚、発芽玄米、チョコレート、トマトなどに含まれている。

    次に「植物性乳酸菌」だ。熱や酸に強く生きたまま腸に届きやすいので、料理に適している。善玉菌を活性化させ、免疫力向上につながる。白菜に含まれる食物繊維も相まって、腸内環境改善が期待できる。

    そして、発酵の過程で生まれた豊富なビタミンB群や、トウガラシのカプサイシンが、疲労回復や血行促進に効果を発揮する。代謝が促され、今の寒い季節にはピッタリの食材なのだ。 以下略

    no title


    https://www.j-cast.com/healthcare/2017/12/11315972.html?p=all

    【【NHK】快眠や記憶力高める効果も! キムチの知られざる健康パワー】の続きを読む

    1: 水星虫 ★ 2017/12/23(土) 07:45:58.64 ID:CAP_USER9
    「はげ盛り」メニューお披露目
    http://www3.nhk.or.jp/lnews/maebashi/20171222/1060000751.html

    片品村を訪れるスキー客に楽しんでもらおうと、23日から村内の各飲食店で大盛りの料理を出す恒例のイベントが始まるのを前に21日、参加するそれぞれの店がことしのメニューを披露しました。

    片品村では、村を訪れるスキー客に楽しんでもらおうと、毎年この時期、各飲食店で、地元の方言で「すごい大盛り」の意味のことばを短縮した「はげ盛り」の料理を出すイベントを行っています。
    21日は、7回目となることしのメニューが披露され、村内の飲食店や温泉施設など12の店が参加しました。中には、重さが1キロを超えるソースカツ丼や、麺が7玉も入ったカレーうどんなどもあり、試食した地元の人などはおいしそうに味わっていました。

    このイベントは、23日から来年3月31日まで行われ、期間中、3つのメニューを注文すると、日帰り温泉に無料で入れるスタンプラリーのほか、一番おいしかったメニューを決める人気投票なども行われます。

    このイベントは今回が最後だということで、参加する店の男性は「毎回盛り上がるイベントだったので残念ですが、これからも別の形でまちを盛り上げていきたい」と話していました。

    イベントを主催するかたしなの食・盛上委員会の西本康人委員長は、「過去最高の大盛りになっているので、ぜひ楽しんで欲しい」と話していました。

    (詳しくはソース元でご確認ください)

    【過去最高の盛り具合! 最後の「はげ盛り」 重さ1キロを超えるソースカツ丼や麺が7玉も入ったカレーうどんなども】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(茨城県) [US] 2017/12/20(水) 18:44:51.45 ID:4ZDtqbXu0
    最新理論で判明 高血圧の真犯人は塩分でなく脂肪だった
    https://news.nifty.com/article/item/neta/12180-636100/
    salt

    【【健康】高血圧、塩分関係なかった】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(秋田県) [ニダ] 2017/12/18(月) 09:19:11.86 ID:q1hPrWmF0
    何年も何十年も行列が絶えない人気飲食店があれば、あっという間に閉店してしまう店もある。その差はいったい何なのか? 飲食店の出店開業支援サイト「飲食店.COM」を運営する株式会社シンクロ・フードが以前、同サイトの造作譲渡情報より閉店した飲食店の業態と営業年数の調査を行なったところ、閉店しやすい業態はアジア料理、ラーメン、中華、そば・うどんであることがわかった。

     閉店した飲食店の件数を業態と営業年数ごとに集計したところ、アジア料理、ラーメン、中華、そば・うどんについては、7割以上の店舗が営業3年以内で閉店しており、4割以上の店舗については営業1年以内に閉店していることがわかった。中でもラーメンは「出店したい業態」としても必ずトップ5に入る人気業態である一方、閉店する件数も多くなっており、生き残りが厳しい業態でもあることがわかった。なお、「出店したい業態」と「閉店が多い業態」の両方でトップなのが居酒屋・ダイニングバーだが、営業年数が3年を超える店舗が4割以上となっており、これと比較してもラーメン店は短命の傾向にあると言えるだろう。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171218-00010003-dime-bus_all
    a0006_001707

    【ラーメン屋潰れるサイクルってはやくね?】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(秋田県) [ニダ] 2017/12/13(水) 20:11:50.09 ID:FsxLku1r0
    吉野家は12月14日10時より、全国の「吉野家」店舗にて「豚スタミナ丼」の販売を開始する(一部店舗を除く)。同商品は、2017年5月まで期間限定で販売していた人気メニュー。販売期間終了後も復活を願う声が多く寄せられ、この度ブラッシュアップして再登場することが決定した。

    同店定番の「豚丼」をベースに、ニオイを抑えたおろしにんにくと胡麻油風味の特製タレを和えた、文字通りスタミナ満点の逸品。玉子のまろやかさが加わり、がっつりとした食べ応えが楽しめる。

    価格はそれぞれ、並盛/450円、アタマの大盛/550円、大盛/620円、特盛/750円となっている。

    http://news.livedoor.com/article/detail/14024307/
    a0002_000868

    【東京の吉野家はカウンターしか無く殺気を感じた 】の続きを読む

    1: ネロネロ ★ 2017/12/06(水) 17:20:58.27 ID:CAP_USER9
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171206/k10011248621000.html
    12月6日 17時02分

    農林水産省は、インターネットなどで健康によいと紹介されている「ビワの種」について、天然の有害物質が含まれ、多量に摂取すると健康を害するおそれがあるとして、粉末にするなどして食べないよう注意を呼びかけています。
    農林水産省によりますと、果物のビワの種に含まれている「アミグダリン」という物資について、インターネットなどで「ビタミンの一種で健康によい」とか「がんに効果がある」などと紹介されたり、ビワの種を使った料理のレシピが掲載されたりしているということです。

    しかし、農林水産省は、「アミグダリン」は青酸を含む天然の有害物質で、健康によいという科学的な根拠は無く、多量に摂取した場合、頭痛やめまいなどの中毒症状を起こすおそれがあるとしています。

    実際にビワの種を粉末にした食品から有害物質が高い濃度で検出され、回収されたケースが今年度に4件あったということです。

    農林水産省は、ビワの種を粉末にした食品を食べないよう注意を呼びかけているほか、粉末にせず種のまま料理する場合も注意するよう呼びかけています。

    一方、熟した果肉については安全に食べることができるとしています。

    農林水産省では「回収されたビワの種の粉末食品のうち、特に濃度が高いものは、小さじ1杯程度でも健康に影響が無いとされる量を超えて青酸を摂取してしまう可能性があった。種を料理した場合も、これまでに健康被害の報告は無いが、注意してほしい」と話しています。
    WS000017

    【【農林水産省】「ビワの種」に有害物質 食べないよう注意呼びかけ 】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。 2017/12/05(火) 17:58:08.87 0
    俺めっちゃ腹が出てるんだけど腹が出てない人ってどうしてそんなに痩せていられるの
    a0001_009104

    【腹が出てない人ってすごくね? (`・ω・´) 】の続きを読む

    1: しじみ ★ 2017/12/08(金) 23:57:42.08 ID:CAP_USER
    <安価でヘルシーなイメージで人気のキャノーラ油が脳に悪影響を与えるという研究結果が出た>

    日々の料理に欠かせないキャノーラ油について、衝撃的な研究結果が発表された。
    米テンプル大学の研究グループがアルツハイマー病のマウスにキャノーラ油を与えたところ、学習能力と記憶力が低下し、体重増加を招くことが判明した。

    英科学誌「サイエンティフィック・リポーツ」電子版に12日7日に掲載された論文は、私たちにとってごく身近な食用油であるキャノーラ油が、脳にどれほどのダメージを与えかねないかについて、新事実を明らかにしている。

    「キャノーラ油は他の植物油より安価で、ヘルシーだと宣伝されているため、消費者に人気がある」と、研究グループを率いたテンプル大学ドメニコ・プラティコ教授は言う。
    「だが、キャノーラ油がヘルシーと主張する根拠は薄弱で、とりわけ脳に与える影響を調査した研究はほとんどない」。プラティコは、同大ルイス・カッツ医学部にあるアルツハイマー病センターの責任者だ。

    プラティコの研究グループは、アルツハイマー病になるよう遺伝子操作されたマウスを実験に使用。
    生後6カ月の段階(認知症は未発症)で、通常の食餌をする対照群と、キャノーラ油大さじ2杯分に相当するサプリメントを毎日摂取する実験群という2つのグループに分けた。

    学習能力が低下した
    生後1年を経過した時点で、2つのグループの間に決定的な違いが生まれた。キャノーラ油を摂取したマウスは、そうでないマウスより体重が重かったのだ。研究グループはさらに、短期記憶(今日やるべきことなど、一時的に保存するだけの情報)と作業記憶(好きなケーキのレシピなど、一時的に保持した後でさらに処理する情報)を測定し、マウスの学習能力を比較した。すると、キャノーラ油を毎日摂取したマウスは、測定した3つの分野すべてで学習能力が低下していた。

    (続きはソース元でご覧ください)
    http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/12/post-9082.php

    【【健康】キャノーラ油で認知症が悪化する──米研究 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(東日本) [ニダ] 2017/12/09(土) 08:07:51.35 ID:ElY/z+Rm0 
    野菜農家が減ってきている、野菜の危機だとTBSの玉川さんが番組のなかでおっしゃっていましたが、日頃、論理的に考えることを売りにしているわりには、野菜農家が減ったから問題とは、ちょっと短絡的すぎます。

    野菜農家が減少するには、収入の低さや、農家の高齢化、後継者の不在などさまざまな理由があるでしょうが、まず最初に押さえておかないといけないのは、野菜の消費量に変化が起こっていないかです。

    no title


    農家が減ったという結果よりも、「野菜離れ」は国民の健康にもかかわるので、そちらのほうがはるかに深刻な問題ではないでしょうか。

    朝食を食べない、野菜の少ない外食が多いとなると野菜の摂取量が減っても当然です。

    ただ若い世代だけでなく、厚生労働省が掲げている一日、一人あたりの野菜摂取目標値360グラムに達している世代はないので、日本のどの世代も野菜摂取が不足しているということでしょう。

    http://blogos.com/article/264082/

    【【食生活】 国民の野菜離れが深刻 】の続きを読む

    このページのトップヘ