野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    動物の話題

    1: ばーど ★ 2020/08/07(金) 20:09:33.08 ID:ruAx/SH09
    <そのハチは、食事中の不運な男性の口の中に飛び込んできた>

    家族と休暇中だった52歳の男性が、カリバチに舌を刺された後、自分の舌で窒息して死亡した。
    男性は 8月4日、フランス東部、アルプスの山々を水面に映すアヌシー湖のそばで亡くなったと、地元紙ドヒニー・リブレは報じた。

    カリバチは、食事中だった男性の口に飛び込み、舌を刺したという。
    舌はすぐに膨張を始め、男性は呼吸ができなくなって意識を失い、心臓が停止した。救急車が到着し、蘇生を試みたが無駄だった。

    舌と咽頭を刺されると危険
    男性は、フランス北西部のブルターニュ地方から家族でバカンスに来ており、4日は滞在の最後の日だった。

    ハナバチ、スズメバチ、カリバチなどのハチに刺されても、めったに命には関わらない。ハチの種類によっては激痛があるだけだ。
    専門家によれば、平均的な成人はハチに1000回刺されても耐えられるという。だが、舌と咽頭を刺された場合は命に関わる。
    これらの部分を刺されると、粘膜部分が急速に膨張し、気道を塞いで窒息させることがある。
    ハチの針にアレルギーがある少数の人は特に危険だ。刺されて10分で死に至ることもある。
    それでも、ハチに刺されて死ぬのは例外的だ。アメリカで犠牲になるのは年平均60名ほどだという。

    (詳しくはソース元で)
    https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2020/08/post-94125.php 

    dahlia-3856176_640

    【【仏】ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死…専門家「成人はハチに1000回刺されても耐えられるが 舌と咽頭は命に関わる」】の続きを読む

    1: ブギー ★ 2020/08/04(火) 00:50:52.75 ID:BICD5PYE9
    【8月3日 AFP】スリランカの刑務所で、薬物と携帯電話用のSIMカードをひそかに持ち込もうとして捕獲されたネコが「脱獄」した。同国メディアが3日、報じた。

     警察当局によると、このネコは1日、厳重な警備が敷かれるウェリカダ刑務所(Welikada Prison)で、同所の諜報担当者によって正体を見破られた。

     この担当者によると、ネコの首にはヘロイン約2グラム、SIMカード2枚、メモリーチップ1枚入りの小さなポリ袋が結び付けられていたという。

     だが現地紙アルナ(Aruna)によると、このネコは2日、「拘束」下に置かれていた監房から脱走。

     この件について矯正当局からのコメントはまだ得られていない。

     ウェリカダ刑務所ではここ数週間、薬物を入れた包み、携帯電話、携帯電話の充電器が塀越しに投げ込まれる事例の増加が報告されていた。

    (詳しくはソース元で)
    https://www.afpbb.com/articles/-/3297252?act=all
    cats-eyes-2671903_640

    【【国際】ネコの麻薬「運び屋」、刑務所で捕獲されるも「脱獄」 スリランカ】の続きを読む

    1: ブギー ★ 2020/07/24(金) 18:05:11.73 ID:J5Iwtfzw9
    雨が上がりのときに蚊がドッと増えると感じたことはありませんか?実際に雨上がりは蚊が一斉に活動しだすそうです。蚊は雨のときにどこに潜んでいて、雨が上がるとどこから湧いてくるのでしょうか。

    蚊は雨や風に弱い
    「蚊は雨に弱いため、雨の日は軒下や葉っぱの裏など雨をしのげる場所で雨宿りをしています」というのは、アース製薬研究部生物研究課の有吉立課長です。小さな蚊にとって雨粒は大敵です。蚊は風も苦手で、風が強い日は吹き飛ばされないように軒下や葉っぱの裏に避難しているそうです。

    雨上がりを待っていっせいに活動
    雨が上がると蚊が増えるのはなぜでしょうか。「雨で休息していたり、物陰に潜んでいた蚊が、雨が上がると活動できるようになります。そうすると雨の日は吸血を我慢していた蚊が、いっせいに人を刺しにくるため、蚊が増えたように見えるのかもしれません」(有吉課長)ちなみに、蚊の主食は花の蜜などです。人を刺すメスの蚊もふだんは花などから栄養をとっているのですが、産卵のためにタンパク質が必要で、人や動物の血を必要としているのです。

    雨が降ると蚊は繁殖しやすくなる
    蚊は雨粒を苦手とするものの、雨が降ると繁殖しやすくなるといいます。「蚊は水際や水面に産卵するので、雨が降ると庭の植木鉢の受け皿やお墓の花立などに水がたまり、蚊の繁殖場所が増えることになります」(有吉課長)蚊は湿った環境を好むため、60~80%の湿度が蚊の発生・繁殖する環境だと言います。
    (詳しくはソース元で)
    http://weathernews.jp/s/topics/202007/220175/
    drip-1331703_640

    【蚊は雨上がりに一斉に活動 蚊も雨粒が苦手で雨宿り】の続きを読む

    1: 靄々 ★ 2020/07/21(火) 11:09:58.99 ID:Mv5l5oaB9
    半透明のエビ、紀伊半島で発見 新種と判明、学術誌に

     串本海中公園センター水族館(和歌山県串本町)は、水族館前の紀州灘で採集されたエビが新種と分かったと17日発表した。海外の学術誌に掲載された。発見場所の紀伊半島にちなんで和名の頭に「キイ」とつけられた。

     採集した水族館主任学芸員の平林勲さん(29)によると、2018年5月にダイビングをしていて、水深14メートルの海底の石の裏に体長約1センチの半透明のエビがいるのを発見した。見慣れない種類だったので、エビの分類の専門家の千葉県立中央博物館の駒井智幸・動物学研究科長に識別を依頼。国内では3種類しか見つかっていない「カギテシャコエビ」属の新種と分かった。

     このエビは、これまで世界で15種類が見つかっている。カギのような脚が特徴で、今回採集されたエビは、脚のとげの数や大きさなどが他種と異なっていた。


    ※以下略、全文はソースからご覧ください。


    見つかった新種のエビ「キイカギテシャコエビ」(平林勲さん、駒井智幸さん提供)
    no title


    https://news.yahoo.co.jp/articles/39e4afde31fb51633b4c95919b1e1bb4c65423fa 
    【【和歌山】半透明のエビ、紀伊半島で発見 新種と判明、学術誌に】の続きを読む

    1: ◆mZB81pkM/el0 (茨城県) [ニダ] 2020/07/20(月) 08:24:31.12 ID:Ifz6wYIJ0
    【座間味】座間味村阿嘉区の仲村芳明さん(67)が阿嘉島の前浜で5日、オニダルマオコゼを捕獲した。
    背びれにはハブの30倍とも言われる猛毒があり、海外では刺されて死亡する例も報告されている。
    色や形が岩にそっくりで、ほとんど動かないために気が付かずに踏んでしまうケースが多いようだ。

    仲村さんは海岸を散策中に岩場に潜んでいる個体を偶然発見した。近くで海水浴を楽しんでいる家族がいたため、放置しておくと危険だと判断して捕獲した。
    「オニダルマオコゼはとても危険な魚。何事もなくて本当によかった」とほっとした様子で話した。
    一方で「きちんと処理をすれば食べられる。から揚げにするととてもおいしい」と笑顔で語った。
    (詳しくはソース元で)

    https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1158911.html
    no title

    【オニダルマオコゼにご用心 ハブの30倍の猛毒 気づかず踏んでしまうケースが多発】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2020/07/04(土) 20:12:50.11 ID:Akn7KET7M
    牛「え、ワイの肝臓食うんですか?」
    牛「え、ワイの心臓食うんですか?」
    牛「え、ワイの胃袋4つ全部食うんですか?」
    牛「え、ワイの腎臓食うんですか?」
    牛「え、ワイの小腸食うんですか?」
    牛「え、ワイの大腸食うんですか?」
    牛「え、ワイの直腸食うんですか?」
    牛「え、ワイの子宮食うんですか?」
    animal_stand_ushi_brown

    【牛「え、ワイの舌食うんですか?」】の続きを読む

    1: 富豪立て子 ★ 2020/06/13(土) 09:56:33.94 ID:5L9irlt99
    店のメダカが盗まれる事件。防犯カメラに意外な犯人が映っていました。
    事件は山口県宇部市にあるペットショップで起きました。

    アライグマは店で扱っているものではありません。
    1匹2000円以上の「高級メダカ」も扱っていた店では今月、数十万円分のメダカが盗まれる事件がありました。

    そして、防犯カメラに映っていたのがこのアライグマでした。
    レッドコメット・山本雪乃さん:「ネコ?タヌキ?最後見たらアライグマ!ってびっくりしましたね」

    被害に遭ったのは販売用のメダカ100匹以上。
    被害総額は20万円に上るといいます。

    ※リンクに動画があります
    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20200612-00000051-ann-soci
    raccoon-365366_640

    【【山口】店のメダカ100匹が盗まれる 監視カメラに映った犯人はアライグマ】の続きを読む

    1: ガーネットスター(光) [CN] 2020/06/19(金) 08:57:24.19 ID:YIdQmMu90
     鳥取県米子市や鹿児島県奄美大島などの一部地域で近年、「干拓虫」や「スケベ虫」などの通称で呼ばれる虫の被害が増えてきている。かまれると強いかゆみに襲われ、症状が1カ月以上続く人も。
    とても小さく、気付かぬうちに衣服の下に潜り込むことから被害を防止するのが難しいという。
    住民から対策を求める声も上がるが、その生態には謎が多く、自治体は対応に苦慮している

    駆除求める嘆願

     その虫の正体はハエの仲間「ヌカカ」。体長1~2ミリの小さな虫で、網戸を簡単にすり抜ける。かまれると赤くなり、人によってはかゆみや腫れが1週間以上続く。
    鹿児島県瀬戸内町の70代女性はその被害について「蚊よりかゆくて長く症状が続く。耳の中が化膿(かのう)して入院した人もいる」と語る。

     鹿児島大学国際島嶼(とうしょ)教育研究センターによると、県内の奄美大島や加計呂麻島(かけろまじま)(同町)で確認されているのはヌカカの一種でトクナガクロヌカカの亜種。
    島では、小さくて気付かぬうちに衣服の下に潜り込むことから、「スケベ虫」「エッチ虫」などと呼ばれている。
    (以下ソース元で)

    https://www.sankei.com/smp/premium/news/200619/prm2006190003-s1.html
    ダウンロード

    【猛烈なかゆみ、網戸すり抜ける「スケベ虫」による被害増加】の続きを読む

    1: グリーゼ581c(光) [KR] 2020/06/12(金) 15:11:22.92 ID:pPgR1FR60●
    ことし4月、国内の動物園で初めて誕生したアフリカの砂漠地帯などに生息する「スナネコ」の赤ちゃんが、13日から栃木県那須町の動物園で一般に公開されることになりました。

    那須町の「那須どうぶつ王国」では、去年10月から、日本の動物園では初めてアフリカの砂漠地帯などに生息する世界最小クラスのネコ「スナネコ」の飼育を始め、ことし4月、メスの赤ちゃんが生まれました。

    赤ちゃんは生まれた直後は衰弱していましたが、人工保育で世話を続けた結果、生まれた時のおよそ9倍の530グラムに育ったということです。

    動物園が赤ちゃんの映像を公式チャンネルで公開したところ、これまでに17万回再生されるなど、愛くるしい姿は早くも人気を集めています。

    動物園では13日から一般に公開することを決め、赤ちゃんは新しい環境に慣れるため、10日から展示スペースで過ごしています。

    飼育担当の櫻井大城さんは「スタッフ一同、赤ちゃんを大切に育ててきたので、元気に育ちうれしく思います。多くの人に赤ちゃんならではのかわいさを見てもらいたい」と話していました。

    動物園ではスナネコの赤ちゃんの名前を13日からホームページなどで広く募集するということです。
    (以下ソース元で)
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200612/k10012468051000.html

    no title

    no title

    no title

    no title

    【「スナネコ」の赤ちゃん、13日から一般公開 栃木 那須町】の続きを読む

    1: エッジワース・カイパーベルト天体(東京都) [CN] 2020/06/12(金) 15:20:37.54 ID:RaAlBIUQ0

    幻の巨大ザメ・メガマウス、定置網に迷い込む 千葉沖

    幻の巨大ザメと呼ばれる「メガマウス」が11日朝、千葉県館山市沖の定置網に入っているのが見つかった。 体長約6メートルのメス。地元のダイビングサービス「波左間海中公園」を経営する荒川寛幸さん(82)が連絡を受け、潜って確認した。



    荒川さんによると、見つかったのは11日午前5時ごろ。波左間の沖合約1キロに設置している定置網内で、メガマウスを漁協が発見した。 2017年5月にも近くの定置網に体長約5~6メートルのメスのメガマウスが入り、館山の沖では今回で2例目だという。

    荒川さんは「弱っている様子ではなかったから良かった」。メガマウスは定置網から海に放した。

    <画像>
    波佐間の定置網に入った幻のサメ「メガマウス」と泳ぐ荒川寛幸さん
    =2020年6月11日午前、千葉県館山市沖、荒川寛幸さん提供
    no title

    no title

    (以下ソース元で)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/f9b1b5f0b9a759319c0468597b38f801963ef690

    【超レアのメガマウス、千葉沖の定置網に!荒川寛幸さん(82)が潜って確認し海に放す】の続きを読む

    このページのトップヘ