野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    動物の話題

    1: rain ★ 2017/04/22(土) 18:50:37.24 ID:CAP_USER9
     北海道旭川市の個人宅で飼われていた猫が繁殖して増えすぎ、飼い主が手に負えなくなったとして、市動物愛護センター「あにまある」が今月、52匹を保護し、新たな飼い主を探している。同センターは責任ある飼育管理や早めの相談を呼びかけている。

     飼われていたのは市内西部の一軒家で、今月上旬、この家を訪ねた市民から、「多頭飼育で大変な状態になっている」と同センターに情報提供があった。もともと数匹の猫を飼っていたが、最近短期間のうちに60匹まで増えたという。職員と飼い主が話し合い、センターが14日に52匹を引き取った。
    飼い主は一部の猫しか不妊手術をしておらず、「増えすぎて管理できなくなった」と話したという。

     52匹のうち成猫は32匹で、残る20匹は1カ月未満とみられる子猫だった。いずれも健康状態に問題はなく、センターは成猫にはすでに不妊手術を実施。これまでに愛護団体や個人に計16匹が引き取られた。

     残る36匹はまだ施設におり、同センターやボランティア団体の「あにまある支援隊」がホームページなどで飼い主を求めたり譲渡会を開いたりしている。

    保護され飼い主を求めている子猫=いずれも旭川市動物愛護センターあにまある提供
    no title

    保護され飼い主を求めている雌の成猫
    no title


    http://sippolife.jp/article/2017041900001.html
    朝日新聞デジタル|2017/04/22

    【(ノ*ФωФ)ノ 猫52匹を保護、「飼い主」探しています! 個人宅で繁殖、あっという間に増えて手に負えなくなり…旭川市】の続きを読む

    1:  2017/04/19(水) 21:35:57.18 
    魚の寄生体、ルーツは深海 ウオノエ、世界に400種

     淡水や海水、汽水のさまざまな魚に寄生して生き、世界に約400種類いるとされる「ウオノエ」という生物が、深海に生息していた共通の祖先から進化した可能性が高いことが分かったと、愛媛大や総合地球環境学研究所(京都市)などのチームが19日、明らかにした。

     ウオノエは等脚類に属し、体長数センチ。幅広い生息域の魚に寄生し、血液や体液を吸って栄養を得る。寄生箇所はえらや口、腹、体表といろいろ。

     約400種類の中にはシマアジノエやニザダイノギンカなどがあるが、これまで進化の道筋はほとんど解明されていない。愛媛大の畑啓生准教授は「進化の多様性を究明するヒントになる発見」と話している。

    no title

    (詳しくはソース元でご覧ください)

    http://www.sankei.com/photo/story/news/170419/sty1704190015-n1.html

    【【苦手な方閲覧注意】世界に400種類、淡水・海水・汽水の様々な魚に寄生する「ウオノエ」 ルーツは深海】の続きを読む

    1: 2017/04/17(月) 17:22:15.65 ID:CAP_USER9
    東京湾にクジラらしき物体、目撃情報相次ぐ
    17日14時38分

    17日朝、横浜市の海づり公園の沖合いなど東京湾で、クジラらしき物体の目撃情報が相次ぎ、第三管区海上保安本部が近くを航行中の船舶に注意を呼びかけています。

    第三管区海上保安本部によりますと、17日午前8時すぎ、横浜市の根岸湾にある海づり公園の沖合いで、クジラらしき物体2頭の目撃情報があったということです。
    また、そのおよそ10分後には、千葉県の富津岬の沖合いでも、クジラらしき物体の目撃情報がありました。17日午後2時時点で、その他の目撃情報は入っていません。

    クジラらしき物体については、16日、横浜市の八景島沖でも目撃情報があり、第三管区海上保安本部は近くを航行中の船舶に注意を呼びかけています。

    TBS Newsi
    http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3030605.html

    【【来たか?】東京湾にクジラらしき物体、目撃情報相次ぐ】の続きを読む

    1: 2017/04/14(金) 23:49:39.42 ID:CAP_USER9
    朝日新聞デジタル 4/14(金) 23:44配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170414-00000127-asahi-soci
     東京都は14日、東京ビッグサイト(東京国際展示場、江東区)の敷地内で、毒グモのセアカゴケグモが見つかったと発表した。東展示棟の外にある植栽で同日夕に警備員が発見し、同日中に運営会社が施設周辺の側溝や植栽を消毒した。被害は出ておらず、15日はイベントを予定通り開催するという。

     セアカゴケグモは特定外来生物に指定されており、メスが毒を持つ。かまれると、頭痛や筋肉痛などの症状が出る。
    a0002_000142

    【【社会】東京ビッグサイトでセアカゴケグモ見つかる 被害はなし】の続きを読む

    1: 2017/04/04(火) 12:19:43.70 ID:CAP_USER
    自然界でサケの卵がふ化する春先、渡島管内さけ・ます増殖事業協会(函館)などが、養殖したサケの稚魚を、管内の河川や港で放流する事業を行っている。
    ただ、これに伴って稚魚を狙うカモメが大挙して河口に押し寄せており、同協会の頭を悩ませている。

    同協会と水産総合研究センター北海道区水産研究所(札幌)の八雲さけます事業所では、遊楽部川(八雲)や知内川、茂辺地川(北斗)など管内24カ所の河川、港で毎年計1億1250万匹の稚魚を放流している。4年後に戻ってくる比率は1~1・5%で、昨年は110万匹だった。海に出て大きな魚に食べられることの他、もう一つ、河口でのカモメによる捕食も稚魚にとって危険な存在となっている。

    茂辺地川では毎年、3月中旬から5月中旬にかけ960万匹の稚魚を放流しているが、河口でカモメの大群が待ち構え、次々と稚魚をくわえていってしまう。同協会では、稚魚を育てている近くのふ化場の池に網を張ったり、カモメが活動しない夕方に放流したりするなどの対策をとっているが、カモメに捕まる稚魚は少なくない。

    写真:茂辺地川に放流されたサケの稚魚を狙うカモメの大群
    no title


    以下ソース:北海道新聞 04/04 07:00
    http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/area/donan/1-0385879.html

    【【養殖】サケの稚魚放流を狙うカモメ大挙 渡島管内の河口 対策に苦慮 北海道】の続きを読む

    1: 2017/04/16(日) 10:36:40.21 ID:CAP_USER9
    (前略)
    ■ネコはうつ患者の気持ちを読み取って寄り添う

    こうしたネコとの「対話」にはリラックス効果があるという研究がある。
    ネコは思っている以上に人間の気持ちを読んでいるからだ。

    スイス・チューリッヒ大学動物行動学研究所のデニス・ターナー博士は、うつ症状の患者に試してみた。
    動物心理学誌「Animal Psychology」(電子版)の2015年4月27日号に発表された論文によると、博士らの研究チームは、うつ症状のある患者96人(男性49人・女性47人)の自宅を、ネコを連れて訪問した。
    もちろん、ネコが大嫌いな人は除外した。

    そして、1~2時間ネコと一緒に過ごしてもらった。
    ネコを連れて行く前とネコと過ごした後の数日後、うつ症状を調べるテストを行ない、比較した。
    このテストは、「非常に明るい気分」から「非常に暗い気分」まで14段階で評価するもの。
    その結果、大半の人のうつ症状がネコと会った数日後に改善していた。
    中には、連れて行ったネコを「飼わせてほしい」と懇願する人もいた。

    一部の患者たちがネコと交流する様子を研究者も同席して観察した。
    ターナー博士によると、ネコたちは患者の心理状態をよく読み取り、その患者のうつ症状のスコア(度合い)に合った行動をしていた。
    極度に落ち込んでいる人に対しては大人しく寄り添うだけ、比較的明るい状態の人には、脇腹をこすってスリスリするなど。
    博士は「このネコたちの中立的な態度が、魅力的なペースメーカーとなり、患者の心にいい影響を与えたと思います」と語っている。

    (全文はソース元でご覧ください)
    http://www.j-cast.com/healthcare/2017/04/15295427.html
    http://www.j-cast.com/healthcare/2017/04/15295427.html?p=2
    http://www.j-cast.com/healthcare/2017/04/15295427.html?p=3
    http://www.j-cast.com/healthcare/2017/04/15295427.html?p=4

    ※続きます

    【【ネコと会話せよ!】猫とのおしゃべりに健康効果あり うつの患者も明るく改善】の続きを読む

    1: ばーど ★ 2017/04/10(月) 17:24:24.39 ID:CAP_USER9
    200_kGG33ppL鳴門市大麻町で生まれたコウノトリのひな3羽が、すくすくと成長している。9日正午ごろには巣の中で羽を広げたり、動き回ったりする姿が見られた。
    白い羽の先端は黒くなり、くちばしの色も薄い灰色に近づいている。

    ひな3羽は「3月21日までに誕生」と推定されており、生後約20日となった。
    兵庫県立コウノトリの郷公園(豊岡市)によると、人工的に育てられたひなの生後20日前後の体重は1・1~1・5キロで、野外での自然繁殖の個体はそれよりも大きいと予想されるという。

    観察していた男性は「アヒルくらいの大きさがあるのでは」と話していた。
    コウノトリのひなは生後40日くらいまで育てば、親鳥2羽が同時に巣を離れても、カラスなどの外敵から狙われにくくなる。

    営巣中のペアからは4羽のひなが誕生したが、うち1羽については3月30日に親鳥が「間引き行動」を取ったことが分かっている。

    コウノトリの雌と並んで元気な姿を見せる3羽のひな=9日午後0時50分、鳴門市大麻
    http://www.kobe-np.co.jp/news/tajima/201703/0010025041.shtml

    コウノトリひな誕生から20日 3羽すくすく成長 徳島・鳴門市
    https://www.youtube.com/watch?v=CDPLUibQK3o



    配信 2017/4/10 10:10

    【【自然】コウノトリ ひな3羽すくすく成長 1羽は親鳥が間引き 徳島鳴門市】の続きを読む

    1:  2017/04/09(日) 19:33:52.99 ID:u8lGewDI0
    猫自身も悪い事してるって認識あるのかな

    【(ΦωΦ) 柱で爪研いでるネコを見てると、「ヤベ」って顔して逃げるよね。】の続きを読む

    1: 2017/04/07(金) 07:10:16.28
     アライグマによる農業被害が香川県内で深刻化している。2015年度の被害額は約2500万円で、初めて被害が確認された04年度は獣害の被害額全体の0.2%だったのが、1割以上を占める。住宅に住み着いて家屋に被害を及ぼすこともあって県は駆除に力を入れるが、被害は高止まりしている。
     「収穫の前にやられて困っている。とにかく駆除してほしい」。綾川町のブドウ農家、長尾弘さん(84)は頭を抱える。初めて被害を受けたのは7、8年前だ。ブドウが熟れる7月ごろ、ネットをすり抜けてビニールハウスに入られ、実を食べられた。深夜に見回りをしても、毎年150房ほどが駄目になる。綾川町でのブドウを含めた被害額は15年度、県内最多の約1600万円だった。

    https://mainichi.jp/articles/20170406/k00/00e/040/247000c

    関連申請書等等
    http://www.pref.kagawa.lg.jp/content/dir3/dir3_4/dir3_4_1/index.shtml

    【【ラスカル】アライグマの農業被害が深刻化 2500万円損失 香川県】の続きを読む

    このページのトップヘ