野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    動物の話題

    1: みつを ★ 2019/07/12(金) 01:03:30.01 ID:rG5+UWwF9
    https://www.cnn.co.jp/usa/35139784.html

    野良猫に狂犬病の陽性反応、米ディズニー・ワールドのパーク含む一帯に警戒警報
    2019.07.11 Thu posted at 12:30 JST


    (CNN) 米フロリダ州オレンジ郡の衛生局は9日、ディズニー・ワールド・リゾートのテーマパーク近くで見つかった野良猫から、狂犬病の陽性反応が出たと発表した。一帯に警戒警報を出し、野良猫や野生生物に接触しないよう呼びかけている。

    衛生局によると、狂犬病の陽性反応が出た野良猫は、ディズニー・ワールド・リゾート内のテーマパーク、エプコット東側の道路付近で発見された。

    当局は、エプコットを含む現場から半径3.2キロの一帯に警戒警報を出した。期限は60日。この圏内にはほかにもハリウッド・スタジオなど複数のリゾートがある。

    「今回の警報の対象に含まれない地域でも、誤った安心感を持つことがあってはならない」と当局は警告している。
    米疾病対策センター(CDC)によると、狂犬病は命にかかわる疾患だが、予防法は存在する。ウイルスは唾液を通じて感染し、初期症状はインフルエンザと似ている。

    今回警報が出た地域では、猫以外の動物も狂犬病に感染している恐れがあり、当局はアライグマ、コウモリ、キツネ、スカンク、カワウソ、ボブキャット、コヨーテを含め、全ての野生生物との接触を避けるよう呼びかけている。
    (以下ソース元で)


    a0960_008151
    【【動物】野良猫に狂犬病の陽性反応、米ディズニー・ワールドのパーク含む一帯に警戒警報 フロリダ 】の続きを読む

    1: アルゼンチンバックブリーカー(佐賀県) [ニダ] 2019/07/04(木) 13:46:52.93 ID:TKAam2NC0 
    サンワサプライ、金属製外皮で猫が噛んでも断線しにくいLANケーブル - PC Watch
    no title


     サンワサプライ株式会社は、動物の噛みつきなどによる損傷を防ぐCAT6A対応のLANケーブル
    「500-LAN6AMT」シリーズを発売した。長さは0.5/1/2/3mの4種類で、価格は順に580円、680円、880円、980円。

     500-LAN6AMTシリーズは、ケーブルの外皮に金属製素材を採用したLANケーブル。動物が噛み
    ついたり、人が踏んだりしてもケーブルが損傷しづらいという。コネクタ部にはツメ折れ防止カバーも
    備える。ケーブル径は約3.8mm。
    https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1194169.html

    【猫が噛んでも断線しにくいLANケーブル 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(奈良県) [ニダ] 2019/06/18(火) 18:48:16.03 ID:7RjIUzP80 
    https://www.afpbb.com/articles/-/3230553
    巧みに人を操る「子犬の目」の進化、オオカミにはできない表情 研究

    犬が人間を自分の意思に従わせるために「子犬のような目」を使うのを、どうやって身に付けたか考えたことがあるだろうか。

     17日の米科学アカデミー紀要に掲載された最新の研究論文によると、飼い犬は人間に似た眉の筋肉を進化させており、それによって人の心をとろけさせるあの悲しげな顔の表情を作れることが明らかになったという。

    (略)
     今回の研究の別のパートでは、犬と見知らぬ人間との2分間の交流の様子を録画し、眉頭を上げる、目の周りの特定の筋肉がどれくらい使われているかを詳細に記録した。さらにオオカミでも同じ実験を行った。

     その結果、飼い犬の場合は目の周囲に二つの筋肉が必ず存在し、十分に形成されているが、オオカミではそうではないことが判明した。また、人をじっと見詰めている間に眉を激しく動かすのも犬だけであることが分かった。

    (以下ソース元で)
    a0800_001171

    【犬、人間に媚びるために顔の筋肉が進化した?】の続きを読む

    1: ばーど ★ 2019/02/16(土) 13:16:32.00 ID:BokaGPNP9
    「計画的に道具を使う能力があるという初めての決定的な証拠」
    https://www.youtube.com/watch?v=kK_FEXb3awo



    「計画的に道具を使う能力があるという初めての決定的な証拠」と研究者

    カラスの一種であるカレドニアガラスが、3工程もの計画を立て、道具を使って餌を手に入れる能力をもつことが、新たな研究で判明した。これまで動物には未来を想像し、計画を立てて行動する知能は備わっていないとされてきた。

    「チェスをする人間のようです」と、研究を指揮したニュージーランド、オークランド大学のアレックス・テイラー氏は話す。研究成果は、2019年2月7日付けの学術誌「Current Biology」に発表された。

    カレドニアガラスは、オーストラリアの東の島々に生息するカラス科の鳥で、道具を作ることで知られている。小枝を加工して槍や釣り針を作り、それを使って獲物の幼虫をとる。ほかに、石を使って餌をとる研究例もある。筒に水を入れ、餌を浮かべておく。ただし、カラスのくちばしは餌に届かない。するとカラスは容器に石を落とし、くちばしが届くまで水位を上げて餌をとるのだ。

    とはいえ、カラスが頭の中で、行動を事前にどこまで計画しているかは不明だった。テイラー氏も「決定的な証拠を示すのは非常に難しい」と説明する。「動物がどう考えているかまでは、私たちにはわからないのですから」

    何を考えているのかをカラスに聞くことはできない。カラスの行動から何が起きているのか推測するのは簡単でも、それを証明するには緻密に試験する必要があった。
    .
    ■カラスにパズルを解かせる

    (以下ソース元で)
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190216-00010000-nknatiogeo-sctch
    https://lpt.c.yimg.jp/amd/20190216-00010000-nknatiogeo-000-view.jpg

    【【鳥】カラスの知能「鳥頭」は間違い…数手先を読み、計画的に道具を使う 最新研究で判明 】の続きを読む

    1: ニライカナイφ ★ 2019/05/31(金) 19:21:29.17 ID:DjC1FNw09
    私たちの多くは明らかに普通の猫愛好家をたくさん知っているだけでなく、猫を飼うと精神病を発症しないことを示唆しています。科学者たちは猫の飼い主が私たちの健康に多くの点で有益であることを発見しました。

    最も重要なことに、研究者らは猫を患っている人の間で心臓発作およびすべての心血管疾患(脳卒中を含む)による死亡リスクの減少を観察した。
    「家庭用ペットとしての猫の飼育は、危険度の高い個人の心血管疾患の危険性を減らすための新たな戦略になる可能性があります」と同研究の著者らは述べています。

    子猫を抱っこするだけでも不安の症状を緩和することができます。Melanie Greenberg博士が臨床心理学者であり、The Stress-Proof Brainの作者であるとNBC Newsに説明したように、あなたの猫をかわいがる行為はオキシトシン、結合ホルモン、または「抱きしめる化学物質」を放出するとのこと。

    ※原文はソースでご覧下さい。
    https://www.southernliving.com/news/health-benefits-of-cats
    no title

    【【朗報】猫を飼うと健康に良いことが科学的に証明される 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(東京都) [ニダ] 2019/05/24(金) 21:29:42.07 ID:b3Vs0Y3w0 
    (略)
    情報提供者は、東京都内を中心に活動する動物愛護団体の会員だ。江戸川区の住民から、その団体に相談があったという。
    相談者は近隣住民と協力して、飼い主のいない野良猫たちを「地域猫」として世話している。その猫たちの一部に皮膚の異常が確認されており、ある女性が与えている餌が原因ではないかと疑われた。
    その女性は、手作りした餌をいつも持参していた。餌といっても、キャットフードではない。デミグラスソースをかけたハンバーグ(玉ねぎは不使用)、塩を大量に振りかけた焼き魚など、味付けの濃いものばかりだ。食事の残り物か、猫のために余分に作ったものなのだろう。
    女性が餌を与えていた猫のうちの1匹は、首の周辺を中心に毛が抜け落ち、皮膚がただれていた。食生活が原因で皮膚に異常が発生し、かゆい箇所を爪で掻き毟ったことで、さらに状態が悪化したようだ。そのことを女性に伝えたが、「でも、猫ちゃんは私の持ってきたものを喜んで食べてるでしょ」と聞く耳を持たなかったという。皮膚の状態が日を追うごとに悪化してきたため、情報提供者はその猫を捕獲して治療することを決意した。
    (略)
    動物病院に猫を連れていくと、膿がひどい箇所を中心に手術をすることになった。退院後は、飲み薬と塗り薬で治療した。
    no title

    以降、この猫は情報提供者が引き取り、自宅で飼育している。
    (略)
    やがて皮膚の状態は改善し、毛が抜け落ちていた箇所はほぼ再生した。
    no title

    江戸川区では、地域猫の管理を行うボランティア団体への支援事業を展開している。


    記事全文とそのほかの画像一覧 https://tanteifile.com/archives/14387

    【【虐待】猫に味の濃い食事ばかり与え続けたら皮膚病に→女「猫ちゃんは喜んで食べた、私は悪くない!」 】の続きを読む

    4: 名無しさん@涙目です。(大阪府) [IT] 2019/05/18(土) 17:01:19.52 ID:Qh3sRaZm0
    ネコ「よし!」
    ダウンロード (1)

    【風呂に入ってると、ネコが「入れてくれ」とせがむので入れてやると風呂を一回りして出ていく】の続きを読む

    1: アッキーの猫 ★ 2019/05/03(金) 10:24:56.96 ID:FpQatEVB9
    「犬は人につき、猫は家につく」という言い習わしがある。これは、犬は飼い主(人)を愛するが、猫は飼い主ではなく家に愛着を持っている、という意味で、猫は人間をそんなに好きなわけではないという考えが、まことしやかに信じられて来た。しかしこの常識が覆される研究結果が発表された。

    食べ物、おもちゃ、におい、人間、どれを選ぶ?
    実験を行ったのはクリスティン・ビターレ・シュリーブ氏率いるオレゴン州立大学の研究チーム。

    研究チームは、猫が実際は人間とさまざまな関わり方を楽しむにもかかわらず、「社交的でもなければしつけしやすいわけでもない」という正しくない通説が通っていると指摘。猫がしつけしにくいとされているのは、しつけの際に何を動機付けとして使うべきかを私たち人間が知らずにしつけしようとしているためと考えた。

    そこで、猫はどんな刺激を一番喜ぶのかを見極めるため、インディペンデントによると55匹の猫(飼い猫23匹と、動物保護施設の保護猫22匹)を対象に、4種類の刺激物(食べ物、おもちゃ、におい、人間との交流)の中から猫が最も好むものを調べた。その結果、猫は人間との交流を一番好むことが分かったという。研究結果は学術誌Behavioural Processesに掲載された。

    続きはWebで
    https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2019/04/post-12058_1.php
    a0960_004672

    【猫「ホントは、マタタビよりもゴハンよりも人間が好き」】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(秋田県) [US] 2019/04/28(日) 20:18:00.72 ID:7iYimHyd0
    女の子「まきび」と猫の「ごろー」が主人公 漫画で描く「真備の復興」
    https://mainichi.jp/articles/20190428/k00/00m/040/144000c
    a0960_001405

    【玄関を開けると、ネコがビビって、「シャー!」てするけど、主人だと気づいて「ごめんよ」って場を去る 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(dion軍) [CN] 2019/04/06(土) 11:10:25.13 ID:BOEDp/hh0
    【ロンドン時事】猫は自分の名前をちゃんと聞き分けている-。日本の研究者のこんな内容の論文が4日付の英科学誌サイエンティフィック・リポーツに掲載され、大きな反響を呼んでいる。名前を呼ばれても返事をしないことが多いのは、単に猫の気分の問題だったようだ。

     論文は上智大の齋藤慈子准教授らの研究チームが執筆した。論文や上智大の発表によると、准教授らは猫が自分の名前と一般名詞などを聞き分けているかを調査。自分の飼い主だけでなく、見知らぬ人の音声でも、自分の名前を呼ばれたときには猫は耳や顔を動かすなどして聞き分けていることを示したという。

     一般家庭の猫だけでなく、猫カフェの猫も調査し、同様の結果が得られた。ただ、猫カフェの猫は自分の名前と他の同居する猫の名前を区別できていなかった。

     論文は「自分の名前が、餌や遊びのような『ご褒美』、動物病院やお風呂などの『罰』と結び付いている可能性を示唆している」と分析した。

     調査結果を受けて、日本と同様に猫好きの多い英国のメディアは一斉に報道。交流サイトでも「猫の飼い主なら知っていることにようやく科学が追い付いた」などの声が上がっている。

    (以下ソース元で)
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2019040600153&g=int
    a0960_008524

    【【論文】 猫は自分の名前がわかる 返事がないことが多いのは猫の気分 】の続きを読む

    このページのトップヘ