野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    動物の話題

    1: 名無し募集中。。。 2018/07/10(火) 22:58:26.92 0
    蜘蛛や蜂や蚊やゴキブリなんかが1㍍サイズになったら怖いよな?

    【虫が1㍍くらいの大きさになったら怖いよな? w 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(栃木県) [EU] 2018/07/02(月) 09:37:44.59 ID:gfxbjWDL0
    犬の散歩や学生活用 小学生守る防犯の目

     新潟女児殺害事件からまもなく2カ月。登下校時の小学生をどう守るかが問われるなか、防犯活動に新しい動きが広がっている。犬の散歩を兼ねて見守る取り組みや、高校・大学生らの若い力を活用する試みだ。あの手この手で小学生の安全を守る活動の今を追っ
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO3235816028062018000000/
    a1180_013251

    【真夏の日中に犬を散歩させてる奴 犬が可愛そうだからマジでやめてあげて】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(東京都) [SE] 2018/05/03(木) 01:14:21.08 ID:69NgU/AX0 
    東京都内の駅で、カラスが発券機でカードを使って切符を購入しようする動画がツイッターに投稿され、大変な話題となっています。
    話題となっている動画は、東京都内の駅構内の発券機で、カラスが利用客の女性のカード(Suica)を奪い、切符を買おうとしているというものです。

    カラスは発券機の画面上に立ち、音声に戸惑っているのか周囲を見渡している様子がわかります。
    その後、隣でカードに残高をチャージしていた女性を確認し、機械から出てきたチャージ済みのカードをくちばしでくわえて奪っています。
    カラスはカードを奪った後、発券機に戻り切符を購入しようとしますが、カードの入れ方がわからないのか発券機の前で立ちすくんでしまいます。
    カラスは切符購入を諦めたのか、くわえていたカードを一旦、発券機前に置き再度カードをくちばしでくわえた場面で動画は終了。
    カードを奪われた女性の「駅員さん呼ぼうか?」などという音声が入っていましたが、その後、カラスからカードを返してもらえたのかなどについては不明。

    (詳しくはソース元でご確認ください)

    https://breaking-news.jp/2018/05/02/039816
    https://i.imgur.com/5IhLPjE.gif
    a1180_007559

    【カラスの頭の良さは異常 (`・ω・´) 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(dion軍) [CN] 2018/04/27(金) 05:47:00.89 ID:HcEua7l10 
    上から落ちてきた動物が女性の頭を直撃し、首の骨を折る大けがだ。

     建物へ向かって歩く女性たち。次の瞬間、白い物体が女性の頭を直撃。意識を失い、倒れ込んだ。

     空から落ちてきたのは犬。空から犬が落ちてきたのだ。目撃者によると、犬の体重は20キロ以上。建物の2階から落ちたとみられ、相当な衝撃があったというが。女性がクッション代わりとなったのか犬は無事だったという。一方の女性は首の骨を折る重傷だ。警察は飼い主を捜すとともに、事件の可能性も含め捜査を進めている。

    (詳しくはソース元でご確認ください)
    http://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000125993.html
    a0001_000167

    【【海外】空から犬が降ってきて女性に直撃、首の骨を折る大けが 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(東京都) [US] 2018/04/24(火) 16:01:22.91 ID:G/tXPE9N0 
    人間だって、キャットハウスに住みたい-ネコ用の6倍サイズの「人間用ペットハウス」
    https://internetcom.jp/204690/cat-house-for-human
    a0960_004665

    【猫の座布団とか買っても絶対座らない、猫の家とかはダンボールで作るとなぜかよく入る 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(庭) [JP] 2018/04/23(月) 14:43:24.91 ID:T6sbwbsy0
    10年以上前に絶滅したはずのサメが魚市場で普通に売られているのが目撃された。
    絶滅したはずのそのサメはインドのムンバイの市場で取引されていたと報告。

    写真のサメがその絶滅したはずのサメで、ガンジス川に住んでいる「ガンジスメジロザメ(Ganges river shark)」という海水と淡水に生息する非常に珍しいサメ。このサメは非常に気性が荒いことで有名で、目が非常に小さいのが特徴。

    ただガンジスメジロザメが最後に目撃されたのは2006年が最後だということ。その後は目撃もされず絶滅したと思われたが、市場で遺体で発見された。

    世界自然保護連盟(IUCN)によるとガンジスメジロザメは絶滅寸前の状態で、「深刻な絶滅危惧種」に分類されている。そんなガンジスメジロザメが生きたまま捕獲されたのは珍しく、生態や特徴については研究されていない。

    また専門家は「生きているガンジスメジロザメを見た人はほとんどいない。
    長い時間姿を消していたガンジスメジロザメが市場で販売されたという事実は残念だ」と述べた。

    ガンジスメジロザメが絶滅した理由は乱獲や生息地破壊のためだという。

    (詳しくはソース元でご確認ください)
    http://gogotsu.com/archives/39287
    no title

    【【生物】10年以上前に絶滅したはずのサメが市場で普通に売られる 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(東日本) [CA] 2018/04/14(土) 14:47:19.80 ID:OVXDSNBn0

    犬を飼っていない人に比べ、飼っている人では、循環器疾患(狭心症、心筋梗塞、脳卒中など)による死亡と、総死亡(あらゆる原因による死亡)のリスクが低いことが、スウェーデンの中高年の国民を対象に行われた研究で示されました。犬との暮らしは、特に1人暮らしの人に大きな利益をもたらすようです。

    ■総死亡のリスクが20%低下

    これまでにも、飼い犬は、飼い主が社会から孤立することを防ぎ、散歩などで運動への意欲を高めることによって、飼い主の循環器疾患のリスクを低下させる可能性があることが示されていました。

    (詳しくはソース元でご確認ください)
    https://news.goo.ne.jp/article/nikkeistyle/life/nikkeistyle-DGXMZO2822014016032018000000.html
    pet_dog_sit

    【愛犬との暮らしは寿命を延ばす 】の続きを読む

    1: fusianasan 2018/03/26(月) 09:16:05.07 0
    ひどい話だよな
    no title

    【猫を抱っこしたままできるスポーツってサッカーしかなくね? (;^ω^) 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(catv?) [IT] 2018/03/22(木) 08:08:46.41 ID:uGPujE4u0
    アルマジロの巣穴から金塊=「ゴールドラッシュ」に沸く-ブラジル
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2018032100495&g=int

    ブラジル北東部バイア州でこのほど、狩りをしていた住民がアルマジロの巣穴から金塊を見つけ、一帯が「ゴールドラッシュ」に沸いている。

     金は804グラムで、11万2000レアル(約360万円)相当。2週間前、州北東部にある人口3万8000人のサンタルス郊外で住民が狩りの最中に穴から掘り起こした。
    このニュースが広まるやいなや、各地から「ガリンペイロ」と呼ばれる砂金掘りが集結。瞬く間に500人ものテント村ができあがったという。

     ただ、政府の許可がない採掘や売買は違法で、ガリンペイロは無法者の代名詞。
    降って湧いた騒動に住民は困惑しているようで、地元紙は「よそ者が入ってきて問題を起こすのではないか」(スーパーの女性店員)、
    「金は人の欲望を刺激し、一獲千金を狙うやからを引きつける」(衣料店の男性店員)といった不安の声を伝えている。
    (詳しくはソース元でご確認ください)


    gold_kinkai_nobebou
    【アルマジロの巣穴から金塊 ブラジル】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(愛知県) [JP] 2018/03/22(木) 21:20:48.63 ID:lsM6pdxq0
    http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/18/032000125/

    ◆脳に入る寄生虫が温暖化で北上、ナメクジに注意 決して生では食べず、生野菜はよく洗い、水筒のふたは閉めること

    オーストラリア人のサム・バラード氏は19歳のとき、パーティで友人たちにけしかけられてナメクジを食べた。数日のうちに、彼は珍しいタイプの髄膜炎にかかり、それから1年以上昏睡状態が続いた。

    意識が戻った後も首から下の麻痺は治っていない。医師によると、バラード氏の病気の元凶はナメクジに寄生する広東住血線虫だという。

    広東住血線虫の感染者はバラード氏の他にもいる。
    なかには氏と同じように、周りにけしかけられた結果として罹患した例もある。

    これまでに少なくとも3件の感染例で、少年や青年がナメクジやカタツムリを食べていたことがわかっている。さらに注目すべきは、この寄生虫が今、世界のこれまで確認されていなかった地域にも広がっていることだ。
    (詳しくはソース元でご確認ください) 【脳に入る寄生虫が温暖化で北上、ナメクジに注意 】の続きを読む

    このページのトップヘ