野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    動物の話題

    1: 2017/07/24(月) 17:22:03.29 
    中国のある動物園では、動物たちの暑さ対策に力が入っています。
     パンダがじっと座っているのは専用のプール。水温は冷たく保たれています。クーラーも完備されていて、心なしかパンダもくつろいでいるようです。

     平均気温が30度と、中国・青島でもこのところ暑い日が続いています。
    このため、この動物園では飼育員が動物たちのために氷を置いたり脱水症状を防ぐために塩を混ぜたエサをやったりと、様々な工夫をしているということです。動物たちの体調管理に気を遣う厳しい暑さが今後も続きます。

    中国の動物園で暑さ対策、パンダに専用プール
    https://news.nifty.com/article/world/worldall/12198-97494/
    no title

    no title

    【【中の人禁止】プールでくつろぐパンダが完全におっさんw】の続きを読む

    1: (?∀?(⊃*⊂) ★ 2017/07/18(火) 11:35:17.52 ID:CAP_USER9
    九州北部豪雨で損壊した福岡県朝倉市の民家のがれきの中に閉じ込められた飼い犬が8日後に救出された。衰弱していたが、今は回復しつつある。

    救われたのは小型犬ポメラニアンの雄で名前はグンソウ。飼い主で同市山田の柿農家、菊池勝昭さん(56)は「グンソウは私たちの家族。見つかってうれしかった。早く元気になってほしい」と祈っている。

    豪雨が襲った5日、山間部の奈良ケ谷川沿いに建つ菊池さん宅には、またたく間に膝上ほどの水が流れ込んできた。菊池さんは孫2人を含む家族5人や、別の住民らとともに避難。その夜はふもとにある大分道の山田サービスエリア内の建物に身を寄せ、やっと一息ついた。ただ、そこにグンソウはいなかった。連れ出す余裕はなかった。「無事でいてくれ」と念じた。

     数日後、自宅へ続く道路の流木や土砂の撤去が進んだ。ようやく自宅に戻ると、変わり果てた風景があった。柿を植えた川岸は大きく削られ、裏山の土砂崩れで自宅横の蔵は倒壊し、自宅内にも大量の流木などが入り込んでいた。被害の大きさに、「避難があと30分遅かったら、危なかった」と体が震えた。

     グンソウは交通事故に遭って右足をあまり動かせなかった。「グンソウのことは半分諦めてしまった」。そんな思いで、がれきの撤去作業を続けていた13日、がれきの隙間(すきま)に衰弱したグンソウの姿を菊池さんが発見した。触ると、体が温かかった。生き抜いていた。がれきが折り重なり、奇跡的に空間ができていた。

    ただ飲まず食わずで過ごした影響で衰弱は激しく、腹部の皮膚はただれていた。菊池さんはグンソウを抱きかかえて水を飲ませた。「命があって良かった」

    グンソウは今、坂田犬猫病院(同市甘木)に入院し、点滴や抗生物質の投与など治療を続けている。
    同病院の坂田雷太院長(48)は「最初は危ないと思ったが、今は回復傾向にある。何とか助けたい」と話している。

    (詳しくはソース元でご確認ください)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170718-00000011-mai-soci

    豪雨で損壊した民家のがれきの中から8日後に救出されたグンソウと、治療にあたる坂田院長
    no title


    グンソウが見つかった菊池さんの自宅。自宅後方から土砂などが流れ込んだ
    no title

    【【つД`)・゚・。・゚ヨカッタ】九州豪雨、飼い犬8日後に救出 がれきが折り重なり奇跡的に空間 福岡・朝倉】の続きを読む

    1:  2017/07/20(木) 21:39:11.44 
    名古屋市南区でハトに餌をやり、名古屋市から行政指導を受けていた男が、餌やりを注意した男性を
    蹴るなどして大けがをさせた傷害の疑いで、20日、逮捕されました。

     逮捕されたのは南区三吉町2丁目の無職村永義雄容疑者(61)です。

     警察によりますと村永容疑者は、7月11日、南区の公園でハトに餌をやっていたところ、近くに住む76歳の無職の男性に注意されたことに腹を立て、足で蹴るなどの暴行を加えろっ骨骨折などの大けがをさせた疑いが持たれています。

     調べに対し、村永容疑者は「ハトに餌をまいているのを注意され腹がたった」と容疑を認めているということです。

     村永容疑者は、以前からハトに餌をやり続け近隣住民らとトラブルになっていて、去年3月、名古屋市の職員が村永容疑者のアパートを訪れ公園での迷惑行為を禁止する名古屋市の条例に基づき行政指導を行っていました。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170720-00003494-cbcv-soci

    【ハトに餌やっちゃダメなの? (´・ω・`)】の続きを読む

    1:  2017/07/01(土) 07:27:20.66 ID:CAP_USER9
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170630-00000070-asahi-soci

    兵庫県と愛知県で相次いで発見されたヒアリは、体長2・5~6ミリで、透明感のある赤茶色。触角の先端がこん棒のように太く、腹と胸の間に二つの「こぶ」があるのが特徴だ。ただ、似たような種類も多く、一般の人が見分けるのは難しい。

    原産地は南米中部。貨物船などにまぎれて移動し、米国や豪州、中国、台湾などにすでに定着している。

    国立環境研究所生態リスク評価・対策研究室の五箇公一室長によると、ヒアリの女王アリは巣(コロニー)の中で1日千個以上の卵を産む。孵化(ふか)して成虫に育つまで約1カ月。アリの多くの種類は一つの巣に女王アリが1匹いるだけだが、ヒアリの場合は複数匹がほとんど。100匹確認されたコロニーもあるといい、繁殖力が強い。5月26日に兵庫県尼崎市で、コンテナ内部からヒアリが国内で初めて確認された際には、成虫に加えて幼虫や卵も見つかっている。

    一つの巣には働きアリが1万~数十万匹いる。寿命は女王アリが6~7年ほど、働きアリが1~2カ月ほどだ。

    ヒアリは「引っ越しが得意なアリ」でもある。エサを求めて1年に数百メートル移動し、川を渡るという報告もある。数年かけて高さ数十センチにも及ぶドーム状のアリ塚を作る。集団で爬虫(はちゅう)類や小型の哺乳類を攻撃し、捕食する。一度定着すると根絶は難しく、生態系への影響も心配だ。

    九州大の村上貴弘准教授(行動生態学)は「ヒアリは繁殖力が強く、在来の昆虫などへの影響も大きい。分布域を確認し、とにかく封じ込めることが大切だ」と話す。

    もし、毒針で刺された場合は、20~30分の安静が必要だ。刺されると、やけどのような激しい痛みを感じ、腫れや発疹、動悸(どうき)やめまいなどの症状が生じる。症状が悪化すれば、すぐ病院で受診する。アレルギー反応のアナフィラキシーショックで意識を失い、死亡する例もある。

    (詳しくはソース元でご確認ください)


    ヒアリの特徴
    no title

    【【危険生物】「ヒアリ」の特徴。1日千個産卵の繁殖力。引っ越しが得意で川も渡る 。】の続きを読む

    1:  2017/06/30(金) 10:39:58.09 
    中国産と同種とみられていた日本産サザエ、実は“新種”だった-学名「トゥルボ・サザエ」発表受け兵庫・西宮市貝類館で標本展示

     日本産サザエの学名が先月、「Turbo sazae」(トゥルボ・サザエ)と命名されたことを受け、兵庫県西宮市貝類館(同市西宮浜)が、発表論文に掲載された日本産サザエなど3点のサザエの標本を展示している。

     岡山大大学院環境生命科学研究科の福田宏准教授の調査で、中国産サザエと同じ種とみられていた日本産サザエが学術的に“新種”であることが判明。日豪の学会が発行する軟体動物学雑誌(電子版)に学名が掲載された。

     同大の発表によると、18世紀後半に英国の学者が中国産サザエを「Turbo cornutus」(トゥルボ・コーニュトゥス)と命名。19世紀に別の英国の学者が日本産サザエも同じ学名で呼んだことで、学者の間で“誤解”が広がったという。

    http://www.sankei.com/west/news/170630/wst1706300023-n1.html

    【【速報】サザエの正式名称、「トゥルボ・サザエ」に決まる】の続きを読む

    1: 2017/06/30(金) 16:00:06.84 0
    肉があってもマグロに猫まっしぐらだわ
    cat_fish_run

    【(ΦωΦ) 猫ってなんで魚が好きなの?普通に野生で生きてたら出会わないだろうに <゜)#)))< 】の続きを読む

    1: 2017/06/27(火) 08:26:16.51 ID:CAP_USER9
    秋田クマ襲撃、入山自粛応じずタケノコ採り続く
    読売新聞:2017年06月27日 08時04分
    http://www.yomiuri.co.jp/national/20170627-OYT1T50000.html

     秋田県仙北市田沢湖玉川で5月にクマに襲われたとみられる女性が死亡した事故を受け、市が現場周辺への入山自粛を呼び掛けたにもかかわらず、今月20日までにタケノコ採りに延べ約3200人が入山したことが26日、市のまとめでわかった。

     前年のほぼ同期に比べて約200人しか減っておらず、市は
    「タケノコ採りを商売にしている人が多いことなどが減っていない原因」と分析している。

     死亡事故を受け、市は、玉川地区の林道2か所に職員を配置。
    タケノコ採りに訪れた人から入山料を集めず、入山自粛を呼び掛けた。
    だが、林道に設けたバリケードを動かすなどして入山する人が相次いだという。

     市の集計によると、タケノコ採りの人数は、事故が発生した5月27日から6月20日までの25日間で計約3200人に上った。
    林道別にみると、事故現場から数キロしか離れていない「黒石林道」は昨シーズン(5月28日~6月16日、20日間)に比べて約400人減って約1800人だった。
    現場から10キロ以上離れた「小和瀬林道」は約200人増の約1400人に上った。

     市は引き続き入山自粛を呼び掛けている。

    【【民度w】クマ襲撃、自粛応じずタケノコ採り続く 25日間で計約3200人 バリケードを動かして入山相次ぐ 秋田県】の続きを読む

    1:  2017/06/24(土) 22:05:50.45 
    リュウグウノヒメが五島に
    https://this.kiji.is/251151308502712326
    no title五島市岐宿町の海岸近くの浅瀬で、深海性の珍しい魚「リュウグウノヒメ」が見つかった。
    国内での目撃は非常にまれ。発見した同市上大津町の県生物学会員で映像作家、上田浩一さん(47)は「なぜこんな場所にいるのか謎めいている」と驚きを隠さない。

    佐世保市の九十九島水族館(海きらら)などによると、シマガツオ科のリュウグウノヒメは大きく広がる背びれやしりびれが特徴で体長40~50センチに成長。日本海沿岸や太平洋沖など各地の水深数百メートルに生息するが報告例は少なく、同館でも「今回が初確認」という。

    22日午後6時20分ごろ、水ノ浦教会付近の道路脇の海辺で夕景などを撮影していた上田さんが、水面下で弱々しく泳ぐ体長25~30センチほどのリュウグウノヒメを偶然発見。時折、背びれやしりびれを広げたりたたんだりしながら漂っていたという。
    約20分観察を続け、知人を呼んで捕獲を試みたが、最後は想像以上に元気に海中へ潜り、その後は姿を見せなかったらしい。

    上田さんは「五島の海は思わぬ出合いをもたらしてくれていいな、と改めて感じた」と笑っていた。

    【【珍魚】リュウグウノヒメが長崎五島に】の続きを読む

    1: あずささん ★ 2017/06/22(木) 07:21:14.15 ID:CAP_USER9
    good-design-eco2シカが線路内に侵入して鉄道会社が困っている──。国内鉄鋼メーカートップである新日鐵住金のグループ会社、日鐵住金建材で商品開発に携わる梶村典彦の目に、そんな新聞記事が飛び込んできた。

    普通の人なら「ふーん、そうか」と読み流す程度の記事だろう。だが、どんな些事にも関心を抱く性分の梶村は違った。「どれほど困っているのか鉄道会社にヒアリングしたい」と即行動に移した。そして、全国で年間約5000件もシカと列車の衝突事故が起きて遅延や死骸処理など大きな損失を出し、防止柵で対策してもシカの侵入を一向に防げず、むしろ被害が拡大していたことが分かった。

    これが、鉄道のシカ被害を低減する「ユクリッド」を開発することになったきっかけだった。

    「社会問題を探し出し、それを解決する商品開発が使命だった」という梶村は、すぐさま研究に着手する。全国の鉄道会社や有識者の元を行脚しリサーチしたが、シカで困っているのに鉄道に出没するシカを研究する人がいない。暗中模索のスタートだった。

    現場行脚で発見したシカが線路内に入る理由

    当時は新入社員だった、梶村の部下の見城映(あきら)。彼が学んだ大学教授は、シカに関する研究をしていた。梶村はその研究を足掛かりに、見城と二人三脚で開発に取り組んだ。「最も苦労したのは相手が動物だったこと」と梶村は振り返る。話が通じず、人がいると警戒して姿を現さないからだ。

    そこで、シカが出没すると作動するセンサー付き定点カメラで観察した。1カ月に2000~3000件ものデータを集め、見城が頭数、性別、線路に侵入してから出ていくまでの時間などで分類、数値化して分析した。(以下省略)
    ※以下の部分はソース元にてご確認ください。

    ソース/ダイヤモンドオンライン
    http://diamond.jp/articles/-/132657

    【【動物】シカと列車の衝突事故が起きる原因は「鉄分」だった!】の続きを読む

    このページのトップヘ