野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    動物の話題

    1: ◆mZB81pkM/el0 (庭) [MK] 2019/01/02(水) 19:08:55.37 ID:rco9H7JA0
    ペットショップの「ペットボックス」を県内2カ所で運営するオム・ファム(北谷町、中村毅社長)は4月以降、ペットの販売をやめ、ペットフードや関連商品の販売に特化する。動物愛護管理センターで殺処分を待つ犬や猫を新たな飼い主が迎え入れ、育てる文化を沖縄に根付かせたいとの思いから、中村社長が決断した。

    オム・ファムは現在、那覇市と北谷町の「ペットボックス」で犬と猫を販売している。両店の敷地内入居する別会社のペットショップは生体販売は続けるが、北谷店で2010年度以降に予定している全面改装後は、販売をやめる方針だ。

    オム・ファムは「不幸な犬や猫を産まない社会をつくる」を企業理念に掲げる。これまでも飼い主に対する啓発イベントや、犬や猫の新たな飼い主を探す譲渡会を開催してきた。センターから犬猫を引き取って飼育する保護団体への寄付も率先してきた。

    販売の際は、飼い主の適性を確認するほか、子犬を繁殖させてペットショップに卸すブリーダーにも面接を課すなど、「健全販売に務めてきた自負がある。

    (続きはソース元でご確認ください)
    https://ryukyushimpo.jp/news/entry-856194.html
    no title

    【ペットショップ「犬猫の販売止めます。新たに飼いたければ愛護センターから迎え入れて」 】の続きを読む

    1: 水星虫 ★ 2018/12/23(日) 16:09:12.13 ID:CAP_USER9
    諏訪湖でカワアイサを追い払い

    http://www3.nhk.or.jp/lnews/nagano/20181223/1010007001.html


    諏訪湖の名物ワカサギを守るため地元の漁協が、冬になると渡ってくる水鳥のカワアイサを船で追い払う取り組みを行いました。

    諏訪湖では冬になると渡り鳥のカワアイサが飛来してワカサギを食べてしまうため、今月から漁協や自治体が交代で船を出して連日、鳥を追い払っています。23日は30隻余りの漁船が出て水鳥の群れが水面に近づいてこないか湖を監視しました。そして、群れが水面におりると船で近づいて鳥を追い払いました。

    諏訪湖のワカサギは、おととし、大量に死んで生息数が大幅に減りましたが、地元の漁協が、放流する卵の量を増やすなどした結果、ことしは、大量死の前の状態に回復したとみられています。

    水鳥を追い払う方法として、ドローンを活用する実験を県がことしから始めていますが、漁協によりますと、船を出して追い払う代わりになるにはまだ時間がかかるということです。

    諏訪湖漁協の武居薫組合長は「ワカサギを守るために、追い払うしかありません。今後も注意しながら見ていきたい」と話していました。

    漁協などによる水鳥の追い払いは、冷え込みが厳しくなって湖全体に氷が張るまで続けられます。

    (詳しくはソース元でご確認ください)
    fish_wakasagi

    【【自然】諏訪湖の公魚を食べる鳥をドローンで追っ払う実験をしました。そして今、以前通りに船で突進して追っ払っています 】の続きを読む

    1: みつを ★ 2018/12/22(土) 07:09:37.63 ID:CAP_USER9
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181222/k10011756731000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_004

    冬至に合わせ カピバラがゆず湯 栃木

    22日は1年で昼が最も短くなる冬至です。これに合わせて栃木県那須町の動物園では21日、人気者のカピバラがゆず湯に入る催しが行われました。

    那須町の動物園「那須どうぶつ王国」では、南アメリカ原産で寒さが苦手なカピバラに、寒い冬を乗り切ってもらおうと、毎年、冬至に合わせてゆず湯をプレゼントしています。

    21日は専用の湯船に園内の地下からくみ上げられた温泉が満たされ、およそ100個のゆずの実が浮かべられました。

    また、好物のリンゴやカボチャも入れられ、カピバラたちが次々と湯の中に入っていきました。

    カピバラは気持ちよさそうに湯につかったり、時折リンゴやカボチャを食べたりして、訪れた人たちは、ほのぼのとしたカピバラたちの姿を写真に撮っていました。

    小学4年生の女の子は「ゆずをカピバラの頭の上に載せることができて楽しかったです。あまり見られないカピバラの姿がかわいかったです」と話していました。

    カピバラのゆず湯の入浴は24日まで行われるということです。

    no title

    【【風物詩】冬至に合わせ カピバラがゆず湯 「那須どうぶつ王国」 】の続きを読む

    1: ◆mZB81pkM/el0 (庭) [BR] 2018/12/20(木) 12:48:52.80 ID:dwYL/mSZ0 
    【名護】名護市在住で元教員の安座間安史さん(64)がこのほど、沖縄本島北部の森林に生息するフトミミズ類の新種3種を発見し、日本土壌動物学会誌「EDAPHOLOGIA(エダホロギア)」に記載報告した。
    記載は11月30日付。県内に生息するミミズの新種記載は2000年に安座間さんらが報告したヤンバルフトミミズやアカシマフトミミズ以来、18年ぶり。
    県内ではこれまでに35種の陸生ミミズが記載されており、新たに3種が追加された。

    安座間さんによると、ミミズの研究者は少なく、図鑑が発行されているものの県内からはヤンバルフトミミズとアカシマフトミミズしか掲載されていないという。
    「今後も研究を進めて、沖縄のミミズ図鑑をつくりたい」と笑顔を見せた。

    報告した3種はミドリフトミミズ(Amynthas glaucus)、ムネマルミミズ(Amynthas surculatus)、ヒョウタンミミズ(Amynthas cucurbitae)。
    それぞれの特徴から安座間さんが名付けた。
    ムネマルミミズとヒョウタンミミズは体長7センチ前後の小型種で、ノグチゲラが高密度で生息する国頭村の森林でのみ確認され、北部地域の固有種である可能性が高いという。
    ミドリフトミミズは緑色で、体長30センチにもなる大型種。

    (続きはソース元でご確認ください)
    https://ryukyushimpo.jp/news/entry-851247.html
    no title

    【3種類の新種ミミズみつかる 】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2018/12/08(土) 08:39:55.73 ID:CAP_USER9
    生態系に悪影響を及ぼす特定外来生物で然別湖の“悪役”だったウチダザリガニが、おいしいラーメンやおかきに変身した。
    鹿追町の「然別湖生物多様性保全協議会」(会長・吉田弘志町長)が開発した粉末状ザリガニパウダーを使ったアレンジ料理の試食会が6日、町内で開かれ、参加者から「エビやカニのように豊かな風味」と好評を得た。

    ウチダザリガニは1960年代に摩周湖(釧路管内弟子屈町)に持ち込まれ、然別湖では90年ごろから確認されるようになった。希少な水草群落が生育域を減らし、固有種ミヤベイワナ(オショロコマの亜種)の産卵床が荒らされる懸念があるという。

    (続きはソース元でご確認ください)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181207-00010000-kachimai-hok


    no title

    no title

    パウダー状にしたウチダザリガニの粉末をスープに使ったラーメン。「おいしく駆除できる」と好評を得た

    【【グリル】「厄介者」をおいしく駆除! 北海道・鹿追町でザリガニラーメン試食 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(空) [IT] 2018/11/30(金) 13:01:03.40 ID:XvzqWaNr0
    野生のキツネ「餌やり」原因で皮膚病発症か 危惧されていた病気感染が現実に
    11/30(金) 10:06配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181130-00000002-khks-soci

    no title


    疥癬を発症したとみられる野生キツネ。毛のつやが失われ、しっぽも痩せ細っている=28日
     宮城県大和町吉田の県道で8~9月、「通行人から餌を与えられている」との目撃例が相次いだキツネが、激しいかゆみを伴う皮膚病の疥癬(かいせん)を発症したとみられることが分かった。危惧されていた病気への感染が現実になり、地元関係者は野生動物への餌やりの弊害を強く訴える。

    【写真】最初に目撃された頃の野生キツネ。毛並みや尾に目立った異常は見られない

     感染の可能性を指摘するのは、宮城北部森林管理署の森林パトロール員を務める大和町の会社員千葉文彰さん。巡視中の28日正午ごろ、以前の目撃場所とほぼ同じ路上でキツネ1匹を発見した。かゆみからなのか、しきりにコンクリートののり面に顔をこすり付けたり、しっぽをかじったりしていたという。

     10月中旬以来、約1カ月ぶりに出合ったが「毛並みが悪くなり、皮膚もまだら状になっていた」と千葉さん。餌やりの現場を8月下旬に目撃してから「人の与えた食べ物に慣れれば、野生動物が本来持っている雑菌などへの抵抗力が弱まり、感染症にかかりやすくなる」と懸念していた。

     千葉さんのブログや報道で野生キツネへの餌やりが問題化した9月中旬以降、現場では町が「野生動物にエサを与えないでください!」と呼び掛ける看板を設置。キツネに与えられた餌を自主的に回収する人もいたというが、病気は止められなかった。

     千葉さんは「キツネのあまりの変容ぶりにショックを受けた。こうした事態を二度と起こさないため、野生動物への餌やりは絶対にやめてほしい」と言う。

    【野生の動物にエサをあげてはいけない理由】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(秋田県) [CN] 2018/11/25(日) 16:52:17.78 ID:3oqvgjJv0 
    パソコンを邪魔する猫は邪魔だけれど、やっぱり可愛いんだよね…
    https://www.buzzfeed.com/jp/takumiharimaya/cat-with-pc
    a1530_000075

    【キーボードに乗るネコは飼い主が一所懸命PC触るからヤキモチ焼いてるんだよ遊んでやりなよ 】の続きを読む

    1: しじみ ★ 2018/11/23(金) 14:06:31.51 ID:CAP_USER
    (前略)

    ◆“猫は魚好き”というわけじゃない! 無理に与えるとストレスで食欲不振に

     猫といえば魚好きというイメージが一般的だが、実はそうでもない。日本人の食生活が魚中心だったので、そのおこぼれをもらううちに、「猫=魚好き」というイメージがついたに過ぎない。

    「前述の通り、子猫時代に食べていない食材や味に対しては、好まない猫も多いんです。離乳期に魚を与えられていない猫は、魚は好きではない、というか食べたいとさえ思わないかもしれません」

     ただし、どんな場合も例外があり、食欲が旺盛な猫なら、食欲が警戒心を上回るので、子猫時代に魚を与えられていなくても食べる可能性はある。

     このように、猫は食べ物をえり好みするので、飼い主が与えるキャットフードを食べないケースも多々ある。その理由は、好きな味ではない、味に飽きた、食欲がないなど。

    「無理に食べさせようとすると、食べること自体に嫌悪感を覚えてしまう可能性も。かえってストレスによる食欲不振の原因にもなるので、無理強いは禁物です」

     食欲がない時は、食べ物を人肌程度に温めると、食べ物の香りが強くなり、嗅覚を通じて猫の食欲を刺激できる。

     また、高齢の猫や歯肉炎などがある猫の場合、ドライフードはかんだ時に痛みが出るので嫌がる傾向に。個々の猫の好みや現在の健康状態に餌が合っているか、随時確認しよう。

     その他、食べない原因は、好みの問題だけではなく、食欲が減退するような病気が潜んでいる場合も多いという。「食事の量が減っている、1日以上食べない時は、必ず獣医師に相談してください」

     毎日の食事は愛猫の健康を見極めるバロメーター。食事中の様子は、日頃からチェックしておこう。


    https://www.news-postseven.com/archives/20181120_805513.html
    a1180_001203

    【【動物】「猫=魚好き」は間違い? 日本人の食生活が原因か?】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(庭) [US] 2018/09/27(木) 11:31:38.90 ID:qOF2vpIu0
    ロシアのマグニトゴルスクにて行われたサーカスにジェニーと言う名のトラが出演し、とあることで話題をかっさらった。

    ジェニーは6歳の雌のトラでこの日はほかのトラと一緒に舞台に上がった。この日の公演内容は火の輪くぐりで、台の上から火の輪をくぐって輪先にある台に飛び移るというもの。

    客が見守る中この火の輪くぐりに挑戦しようとするも、ジェニーは火の輪くぐりにびびってしまい、客席の方に逃げて震えながら座り混んでしまった。

    結局ジェニーは体を動かそうとせず、飼育係は火の輪くぐりの公演を中止。それを見ていた客は大笑い。実はこのときジェニーは失神状態だったという。

    ジェニーは火の輪くぐりの度重なる練習によりストレスとなってしまい、火の輪くぐりがトラウマになってしまったものと推測。

    失神状態で火の輪くぐりを嫌がっているトラを無理矢理尻尾を掴む飼育係を見て、虐待だと言う意見も挙がっている。それに対して飼育係は「200キロを超えるトラを1人で移動させるのは難しい。トラが攻撃を加える前に早く移動させようとした」と釈明。

    幸いなことに現在ジェニーは精神を回復している。

    なお、ジェニーは数日後には同じサーカスの舞台にあがっている。

    ※動画あり
    http://gogotsu.com/archives/43363
    no title

    【【ロシア】サーカスのトラが火の輪くぐりにビビり客席でガタガタ震える 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(秋田県) [JP] 2018/09/15(土) 21:02:02.56 ID:RcKeOqUQ0 
    こんにちは、微表情研究家の清水建二です。前回に引き続き、私たちの身近にいる動物の表情分析についてです。

     今回のテーマはネコ。ネコってなぜだかグルメだと言われていますよね。うちで飼っている犬とネコたちを比べて観察していると、犬はたいてい何でも食べてくれますがネコたちは食べ物にそれぞれ好みがあり、値段の安いキャットフードは食べてくれません。みなさんの飼われている犬やネコも似たり寄ったりではないでしょうか。

     さて、そんな食べ物を選り好みするネコですが、彼女(彼)らはどんな表情をして食べているでしょうか?美味しそうな表情をしていますか?
    それとも真顔でしょうか? 本日はそんなグルメなネコの表情に迫りたいと思います。

    (続きはソース元でご確認ください)
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180915-00174922-hbolz-sci
    a0002_011954

    【猫は本当にグルメだから 一回でも生餌与えるとカリカリ食わなくなる 】の続きを読む

    このページのトップヘ