野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    動物の話題

    1: ] 2017/05/22(月) 11:33:56.93
     福岡都市圏の沿岸で今月、猛毒を持つヒョウモンダコが12日に福岡市西区の能古島で見つかったのに続き、17日には糸島市の芥屋漁港でも発見された。例年に比べ多いというわけではないが、かまれると呼吸困難や心肺停止に陥る危険性があり、県水産海洋技術センターは「見つけても絶対に触らないで」と注意を呼び掛けている。


     ヒョウモンダコは体長約10センチで、茶色いヒョウ柄のまだら模様が特徴。
    興奮すると全身に青いリング状の模様が浮かび上がる。唾液には青酸カリの850倍以上の毒性で、フグと同じ猛毒「テトロドトキシン」を含む。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170522-00010004-nishinpc-soci

    【【触るな危険】猛毒タコに注意呼び掛け 青酸カリの850倍以上の毒性 福岡で続いて発見】の続きを読む

    1: 2017/05/20(土) 19:13:13.43 ID:mOW3VSrF0● BE:194767121-PLT(13001) ポイント特典
    西都市・妻南小(西村誠一校長、509人)で18日、プールにいるヤゴの「救出作戦」があった。
    2年生84人がプールの底を網ですくい、ヤゴやオタマジャクシといった水辺の生物を観察した。

    http://www.the-miyanichi.co.jp/chiiki/category_10/_25972.html
    a0800_001254

    【子供の頃、ヤゴとかケラとか捕まえてた思い出  (´▽`)】の続きを読む

    1:2017/05/20(土) 21:55:19.20 ID:CAP_USER
    強い繁殖力から琵琶湖の生態系を脅かす外来魚のブラックバスの成魚を一部水域で駆除したところ、ブラックバスの稚魚が急増したことが、滋賀県水産試験場の調査で分かった。他の魚だけでなく、ブラックバスの稚魚まで食べてしまう成魚という“天敵”の減少が稚魚の繁殖を招いているとみられる。県はこれまで成魚を中心に駆除を進めてきたが、繁殖を防ぐには稚魚ごと駆除する必要があるとして対策を研究している。

    同試験場は、琵琶湖の外来魚駆除のモデル水域としている内湖の曽根沼(同県彦根市)で、平成20年から大規模な駆除作戦を実施した。電気ショッカーボートという装置で水中に電流を流して一時的に魚をしびれさせ、捕獲する仕組みで、モデル水域内では成魚の生息数が減少。1時間あたりの捕獲数は23年度に6・75匹だったのが、25年度には3・06匹とほぼ半減。27年度には0・52匹とほとんどいなくなった。

    ところが、同時期に小型定置網で捕獲される稚魚の数は急増。1日あたりの捕獲数でみると、23年度に1・39匹だったのに対し、25年度には26・72匹と約19倍になった。

    原因について調べるため、別の飼育池でブラックバスが好む琵琶湖固有種のホンモロコなどを入れず、ブラックバスの成魚と稚魚を入れて飼育実験したところ、成魚が稚魚を食べていたことが判明。成魚が減ることによって稚魚が増える“皮肉な現象”が起きている可能性があることが分かった。

    ブラックバスはその強い生命力からホンモロコなどの在来種を好んで捕食する。県は生態系を守るため、モデル水域以外でも電気ショッカーボートなどを使って駆除を行っているが、電気ショックは成魚に一定の効果のあるものの、体の小さい稚魚には効きにくい。また並行して進める網での捕獲では、稚魚が網の目をすり抜けてしまうことが多く、決定打になっていないのが実情だ。

    県は今春から対策の研究を本格化しており、湖内にブラックバスのための産卵場をつくり、産み付けられた卵を取り除いてしまうことで稚魚になる前に駆除する試みも検討している。

    県の担当者は「リバウンド現象が起きた」と指摘した上で、「放置していては外来魚は増える一方で、在来魚を守るために駆除は不可欠。稚魚ごと駆除できる方法を模索している」と話している。

    (詳しくはソース元でご覧ください)

    no title

    http://www.sankei.com/west/news/180520/wst1805200001-n1.html

    【【外来魚】琵琶湖のブラックバス(成魚)を駆除した結果、ブラックバス(稚魚)が急増 】の続きを読む

    1:  2017/05/18(木) 21:05:03.92 ID:CAP_USER9
    出勤のため飼い猫を自宅に置き去りにしたくない──。
    仕事中も愛猫がそばにいてくれたら──。

    そんな猫好きの理想の働き方を叶えてくれる会社がある。
    ウェブサイト制作などを行う東京・新宿区のIT企業ファーレイ(FERRAY)では、飼い猫と通勤し、一日中職場で一緒に過ごせる「猫同伴通勤」制度を導入している。

    社員14人中、約半数が猫を連れて出勤。9匹の猫が書類棚や作業デスクの上など、オフィス中を自由に歩き回る。パソコンに向かい仕事を始める飼い主を尻目に、モニターの前でのんびり昼寝をする猫の姿も。「仕事で行き詰まったときに、猫がすぐそばで寝ている。

    猫に顔をうずめたり、とても癒やされる」と社員の伊藤えり(Eri Ito)さん(35)は愛猫をなでる。
    「普段は留守番中も、気になって早く帰らなくてはいけない。目が届くところに置いておけるのはすごく安心」

    会社からは、餌が1日2回支給される。
    餌の時間が近づくと、猫たちが担当社員のデスク周辺に集まり、催促を始める。
    思わず社員からも笑顔がこぼれる。

    きっかけは、2000年会社設立の当初、一人の社員から猫を連れてきたいと相談されたことだった。
    それまでは猫を飼っていなかった代表取締役の福田英伸(Hidenobu Fukuda)さんも、もともと動物好きだったため快諾。

    自身も今では、保護猫を3匹引き取り、一緒に通勤している。
    さらに、2011年からは恵まれない猫を助けたいという思いから、保護猫などを引き受けた社員を対象に、餌代として月5000円の「猫手当」を支給している。

    現在では、新卒も中途採用も、応募者は「100パーセント猫好き」だと福田さん。
    「小さい会社なので、優秀な社員を猫がきっかけで引きつけることができたら」ともう一つの狙いを明かす。

    実際、3年前に中途入社した伊藤さんも交流サイト(SNS)で同社の存在を知った。
    「猫カフェみたいな会社と書いていて、これは行かなくてはと思った」と振り返る。

    しかし、猫によって起こるトラブルもしばしば。
    猫が作業中のパソコンの電源を踏んでシャットダウンしてしまったり、走り回ってケーブルを引き抜いてしまうこともあるという。
    それでも「集中したいときに猫が邪魔することはあるが、それも愛嬌。特に問題に発展することはない」と福田さん。

    (全文はソース元でご覧ください)

    動画:https://youtu.be/NirHsEeGqA4



    http://www.afpbb.com/articles/-/3128522

    【【動画あり】オフィスに「猫同伴通勤」 一日中職場で一緒に過ごせる制度を導入 ニャンとも癒されるIT会社】の続きを読む

    1: 2017/05/16(火) 11:07:34.65 
    日本におけるペットの歴史が、大きな転換点を迎えているのをご存じだろうか。犬と猫の飼育数が、歴史的な逆転を迎えようとしているのだ。

    なぜ猫が人気なのか。そこには、飼い主側である人間のさまざまな身勝手が見え隠れしている。

    ペットフード協会の年次推計によれば、2014年10月時点の猫の国内飼育数は996万匹と過去3年間で3.7%増えた。
    犬がこの間13%減って1035万匹となったのとは対照的だ。

    一世帯当たりの飼育数が犬1.25匹、猫1.79匹である点からもうかがえるように、猫は複数飼いが主流である事情も押し上げ
    要因となっている。今年10月時点での調査結果は来年1月に発表予定だが、このペースで行けば逆転した公算が大きい。

    猫の一生70万円、犬は119万円

    http://toyokeizai.net/articles/-/93027?amp_event=related_1
    no title

    【【ペット】なぜ飼い犬が減り、飼い猫が増えているのか? (´・ω・`)  】の続きを読む

    1:2017/05/11(木) 17:08:07.66 ID:CAP_USER9
    5月10日(水)午後9時00分頃、兵庫県美方郡新温泉町芦屋宇津野橋付近の路上において、熊のような大型動物が目撃されました。
    外出の際は、ご注意いただき、目撃した場合は、すぐに110番通報して下さい。

    http://hyogo-bouhan.net/criminalCase/detail.do;jsessionid=A26A3E1723F8A5FB1E5CE78E20EDF2E7?topicId=23574&top=true
    a0002_002919

    【【UMA】クマのような大型動物が目撃される 兵庫県・新温泉町 】の続きを読む

    1:  2017/05/10(水) 19:00:38.77 ID:CAP_USER9
    アパート火災の原因は…飼い犬がガスコンロ操作か
    (2017/05/10 18:40)

    アパート火災の原因が犬だった可能性が浮上し、飼い主が直撃取材に答えました。

    この火災は、9日午後、静岡県磐田市で、アパートの一室が焼けたものです。
    出火当時、この部屋に住む女性は外出中でした。火元は台所のガスコンロとみられ、床からは70センチの高さにありました。警察は、部屋にいた犬が前足でガスコンロのボタンを押して火が何かに燃え移った可能性が高いとみています。飼い主は。
     
    飼い主の女性:「出火元に心当たりが全くなかったので。結構長く押していないと火が付かないタイプだったのでちょうど押しちゃったんでしょうね」
     
    女性は普段、犬を柵の中に入れていましたが、9日は柵が壊れているところだったと話しています。

    テレ朝news
    http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000100444.html

    【【ワ、ワンダッテー!?】飼い犬がガスコンロを操作か 磐田市のアパート火災、原因が犬だった可能性が浮上】の続きを読む

    1:  2017/05/08(月) 13:48:40.90 ID:CAP_USER9
    ◆体長ギリギリやドーム型トイレは、猫好みじゃない

    日本の住宅事情では猫のトイレも狭くなりがち。
    でも猫にとっての理想のトイレは「猫の体長(頭の先からお尻までの長さ)の1.5倍以上」と服部先生は指摘します。

    さらにドーム型のトイレも猫にとってはNGだそう。
    確かに、ニオイが漏れなくて砂が飛び散らないのは人間にとっての利点ですが、猫にとっては、ニオイがこもるし自然界にはない環境なので使いにくいとか。

    また、猫自身に好みの砂を選ばせる実験をしたところ、「鉱物系の砂」、つまり屋外で用を足すときの砂に近いものを一番好んだそうです。
    猫はもともと野生の動物。野性性をないがしろにするのは人間のエゴというもの、できるかぎり猫の生態を尊重するのが猫の下僕ならぬ、良い飼い主ではないでしょうか。

    ◆首輪の鈴の音はストレス

    可愛い猫には可愛い首輪を着けたくなるもの。
    国民的な猫であるサザエさんちのタマだって鈴を付けています。

    でも大人の猫がいきなり鈴を付けられた場合ストレスになる可能性大で「狩猟動物の猫にとって“自分の存在を知らせる音”を立てながら行動するのは自然に反しています」と服部先生。
    また鈴を飲み込んでしまう事故も実際にあったそうです。

    ◆しつけよりも幸せな過ごし方を考える

    猫を飼っていれば、猫の悪戯や粗相に必ず出くわします。
    我が家の猫は、室内用の物干し竿を吊るしている紐を噛みちぎろうとしました。
    物干し竿は私のベッドの真上にあるので落下したら私は大怪我したかも、でも猫に罪はないので叱りません(本当に大怪我していたら叱ったかも)。

    そもそも猫の習性からいって、しつけが通用するわけがないのですよ。むしろ「しつけをするのは猫のほうだ」と服部先生。
    犬飼いはSキャラ、猫飼いはMキャラが向いているとも言いますが、私も隠れていたM魂が猫によって刺激された感があります。

    (全文はソース元でご覧ください)

    http://news.livedoor.com/article/detail/13032365/

    【猫が嫌がるトイレって?首輪の鈴の音はストレス?意外と知らない猫のホンネを教えるにゃ ヾ(*ΦωΦ)/】の続きを読む

    1: 2017/05/06(土) 23:20:47.31 
    東大寺、鹿せんべいが飽和状態でお供物みたいになってる…
    no title

    https://twitter.com/nnagissa/status/860383734989701121

    10,458 リツイート
    11,620 いいね
    15:40 - 2017年5月5日

    【【画像あり】東大寺にて 人間「鹿せんべい食え」 鹿「もう食えねえよ」】の続きを読む

    1: 和三盆 ★ 2017/05/06(土) 17:07:24.22 ID:CAP_USER9
     大阪湾に突き出た産業廃棄物の埋め立て処分地(堺市)に、タヌキがすみ着いた。イタチやヌートリアも確認された。

     広さは阪神甲子園球場の約70倍で2006年に造成を終了。周囲は海と工業地帯で、タヌキは陸から渡ってきたようだ。一度に10匹や親子での目撃情報も。

     敷地の9割は管理する大阪府の許可がないと入れず、犬や猫もいない。森や池が整備され、昆虫や果実などエサもある。廃棄物の島が、居心地よい楽園に。

    2017/5/5 18:04 朝日新聞
    http://www.asahi.com/articles/ASK4V76RFK4VPTIL02T.html?iref=sp_new_news_list_n

    no title

    no title

    no title

    no title

    【【ほっこり】廃棄物の島、たぬきの楽園 「天敵」なし イタチの姿も 大阪府】の続きを読む

    このページのトップヘ