野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    動物の話題

    10: 2017/04/26(水) 22:32:12.90 ID:39wxnfMn0

    a0960_008040

    昔から言われてるよね
    だから道端で三毛猫見かけるとドキッとして
    つい肛門付近を凝視してしまう

    【【マジで?】 三毛猫のオスが生まれる確率は1/30000で3000万円で売れるって本当?】の続きを読む

    1:  2017/04/28(金) 11:07:22.12 ID:CAP_USER9
    クマ被害で捕獲用ワナ設置
    http://www3.nhk.or.jp/lnews/gifu/3085932591.html

    a0800_000334高山市の住宅地で、住民3人がクマに襲われけがをしたことを受けて、市は27日、近くの山林に捕獲用のワナを設置しました。

    ワナが設置されたのは、25日、男女3人がクマに襲われてけがをした高山市石浦町の人里近くの山林です。人を襲ったクマはその場で銃で駆除されましたが、子グマを見たという情報もあることから、27日は猟友会の会員と市の職員あわせて4人が設置しました。

    ワナは直径約60センチ、長さが1メートル50センチのドラム缶で、地面に横に置いて、中にハチミツをかけたリンゴを仕掛けてあります。クマが入って中の板を踏み込むと入り口の鉄板が落ちて閉じ込める仕組みです。また、近くにはセンサーで反応する監視カメラを取り付けました。

    飛騨猟友会高山支部の田中正至さんは「1キロ以内にクマがいれば、においに引き寄せられてくると思います」と話していました。

    市は大型連休にかけて、観光客に被害がないよう、警察と連携しパトロールを行うとともにクマを引き寄せる生ゴミを屋外に放置しないよう呼びかけています。

    04/27 18:55

    【【岐阜・高山】クマ被害で捕獲用ワナ設置 餌はりんごと蜂蜜 「1キロ以内にクマがいれば、においに引き寄せられてくると思います」】の続きを読む

    1: (?∀?(⊃*⊂) ★ 2017/04/26(水) 15:55:02.96 ID:CAP_USER9
    イラクのキルクク県で野生のイノシシが「ダーイシュ(IS,イスラム国)」の陣地を襲い、武装戦闘員3人を八つ裂きにする事件が起きた。イラクの情報ポータル「Iraqi News」が地元住民の証言を引用して報じた。

    事件が起きたのはアル・ラシャド地区。
    何度もイノシシに畑を荒らされ、業を煮やしていた「ダーイシュ」の武装戦闘員らは反逆に出て、イノシシを捕まえようとした結果、襲われた模様。

    現時点で武装戦闘員らの殲滅についての公式情報は出されていない。

    https://jp.sputniknews.com/middle_east/201704253575480/

    【【イノシシ怖えー】IS戦闘員、野生のイノシシに襲われ八つ裂きにされる】の続きを読む

    3: 2017/04/22(土) 18:44:27.39 ID:2m3U9uAK0
    痛覚といっても人間ほど高等なものじゃないだろうが、あるかもな。

    a1180_013233

    【魚って絶対に痛覚あるよな・・ (´・ω・`)】の続きを読む

    1: あずささん ★ 2017/04/25(火) 17:15:09.37 ID:CAP_USER9
    経済のグローバル化が進み、人とものの国際的移動が活発化するなか、侵略的外来生物による生物多様性に対する脅威は、日を追うごとに深刻になっているとされます。我が国も明治維新の開国を皮切りに、外来生物の種数と個体群が急増し、身近な自然のほとんどがいつの間にか外来生物に置き換わった状態が広がっています。

    外来生物による生態系侵略の進行は、生物多様性を構成する生物・生態系の地域固有性を破壊し、地球規模の生物多様性均一化を招くことなり、最終的に生態系機能の劣化につながるのではないかと懸念されています。

    環境省外来生物法

    環境省は、国として外来生物を管理するために、2005年に「特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律」、通称、外来生物法を施行しました。

    この法律では、「国外から持ち込まれる外来生物」に対して、国がリスク評価を行い、生態系あるいは人間社会に対して有害と判定された外来生物を「特定外来生物」に指定して、輸入・飼育・販売・移送および野外への放逐を禁止します。

    また、すでに定着を果たしている特定外来生物については、国および自治体が駆除する責任を負うと定められています。

    現在(2017年4月)までに、132種類の外来生物が特定外来生物に指定されており、オオクチバスやマングース、アライグマなど一部の特定外来生物については国の事業として防除が進められています。 

    (全文はソース元でご覧ください)

    ソース/THE PAGE
    https://thepage.jp/detail/20170424-00000011-wordleaf?utm_expid=90592221-74.n0eFzRcKTSudq9ws3SXSYQ.0&utm_referrer=https%3A%2F%2Fthepage.jp%2F

    【【社会】身近な自然がいつの間にか外来種に置き変わる 日本の外来生物対策最前線】の続きを読む

    1: rain ★ 2017/04/22(土) 18:50:37.24 ID:CAP_USER9
     北海道旭川市の個人宅で飼われていた猫が繁殖して増えすぎ、飼い主が手に負えなくなったとして、市動物愛護センター「あにまある」が今月、52匹を保護し、新たな飼い主を探している。同センターは責任ある飼育管理や早めの相談を呼びかけている。

     飼われていたのは市内西部の一軒家で、今月上旬、この家を訪ねた市民から、「多頭飼育で大変な状態になっている」と同センターに情報提供があった。もともと数匹の猫を飼っていたが、最近短期間のうちに60匹まで増えたという。職員と飼い主が話し合い、センターが14日に52匹を引き取った。
    飼い主は一部の猫しか不妊手術をしておらず、「増えすぎて管理できなくなった」と話したという。

     52匹のうち成猫は32匹で、残る20匹は1カ月未満とみられる子猫だった。いずれも健康状態に問題はなく、センターは成猫にはすでに不妊手術を実施。これまでに愛護団体や個人に計16匹が引き取られた。

     残る36匹はまだ施設におり、同センターやボランティア団体の「あにまある支援隊」がホームページなどで飼い主を求めたり譲渡会を開いたりしている。

    保護され飼い主を求めている子猫=いずれも旭川市動物愛護センターあにまある提供
    no title

    保護され飼い主を求めている雌の成猫
    no title


    http://sippolife.jp/article/2017041900001.html
    朝日新聞デジタル|2017/04/22

    【(ノ*ФωФ)ノ 猫52匹を保護、「飼い主」探しています! 個人宅で繁殖、あっという間に増えて手に負えなくなり…旭川市】の続きを読む

    1:  2017/04/19(水) 21:35:57.18 
    魚の寄生体、ルーツは深海 ウオノエ、世界に400種

     淡水や海水、汽水のさまざまな魚に寄生して生き、世界に約400種類いるとされる「ウオノエ」という生物が、深海に生息していた共通の祖先から進化した可能性が高いことが分かったと、愛媛大や総合地球環境学研究所(京都市)などのチームが19日、明らかにした。

     ウオノエは等脚類に属し、体長数センチ。幅広い生息域の魚に寄生し、血液や体液を吸って栄養を得る。寄生箇所はえらや口、腹、体表といろいろ。

     約400種類の中にはシマアジノエやニザダイノギンカなどがあるが、これまで進化の道筋はほとんど解明されていない。愛媛大の畑啓生准教授は「進化の多様性を究明するヒントになる発見」と話している。

    no title

    (詳しくはソース元でご覧ください)

    http://www.sankei.com/photo/story/news/170419/sty1704190015-n1.html

    【【苦手な方閲覧注意】世界に400種類、淡水・海水・汽水の様々な魚に寄生する「ウオノエ」 ルーツは深海】の続きを読む

    1: 2017/04/17(月) 17:22:15.65 ID:CAP_USER9
    東京湾にクジラらしき物体、目撃情報相次ぐ
    17日14時38分

    17日朝、横浜市の海づり公園の沖合いなど東京湾で、クジラらしき物体の目撃情報が相次ぎ、第三管区海上保安本部が近くを航行中の船舶に注意を呼びかけています。

    第三管区海上保安本部によりますと、17日午前8時すぎ、横浜市の根岸湾にある海づり公園の沖合いで、クジラらしき物体2頭の目撃情報があったということです。
    また、そのおよそ10分後には、千葉県の富津岬の沖合いでも、クジラらしき物体の目撃情報がありました。17日午後2時時点で、その他の目撃情報は入っていません。

    クジラらしき物体については、16日、横浜市の八景島沖でも目撃情報があり、第三管区海上保安本部は近くを航行中の船舶に注意を呼びかけています。

    TBS Newsi
    http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3030605.html

    【【来たか?】東京湾にクジラらしき物体、目撃情報相次ぐ】の続きを読む

    1: 2017/04/14(金) 23:49:39.42 ID:CAP_USER9
    朝日新聞デジタル 4/14(金) 23:44配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170414-00000127-asahi-soci
     東京都は14日、東京ビッグサイト(東京国際展示場、江東区)の敷地内で、毒グモのセアカゴケグモが見つかったと発表した。東展示棟の外にある植栽で同日夕に警備員が発見し、同日中に運営会社が施設周辺の側溝や植栽を消毒した。被害は出ておらず、15日はイベントを予定通り開催するという。

     セアカゴケグモは特定外来生物に指定されており、メスが毒を持つ。かまれると、頭痛や筋肉痛などの症状が出る。
    a0002_000142

    【【社会】東京ビッグサイトでセアカゴケグモ見つかる 被害はなし】の続きを読む

    1: 2017/04/04(火) 12:19:43.70 ID:CAP_USER
    自然界でサケの卵がふ化する春先、渡島管内さけ・ます増殖事業協会(函館)などが、養殖したサケの稚魚を、管内の河川や港で放流する事業を行っている。
    ただ、これに伴って稚魚を狙うカモメが大挙して河口に押し寄せており、同協会の頭を悩ませている。

    同協会と水産総合研究センター北海道区水産研究所(札幌)の八雲さけます事業所では、遊楽部川(八雲)や知内川、茂辺地川(北斗)など管内24カ所の河川、港で毎年計1億1250万匹の稚魚を放流している。4年後に戻ってくる比率は1~1・5%で、昨年は110万匹だった。海に出て大きな魚に食べられることの他、もう一つ、河口でのカモメによる捕食も稚魚にとって危険な存在となっている。

    茂辺地川では毎年、3月中旬から5月中旬にかけ960万匹の稚魚を放流しているが、河口でカモメの大群が待ち構え、次々と稚魚をくわえていってしまう。同協会では、稚魚を育てている近くのふ化場の池に網を張ったり、カモメが活動しない夕方に放流したりするなどの対策をとっているが、カモメに捕まる稚魚は少なくない。

    写真:茂辺地川に放流されたサケの稚魚を狙うカモメの大群
    no title


    以下ソース:北海道新聞 04/04 07:00
    http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/area/donan/1-0385879.html

    【【養殖】サケの稚魚放流を狙うカモメ大挙 渡島管内の河口 対策に苦慮 北海道】の続きを読む

    このページのトップヘ