野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    商品・製品の話題

    1: アルゼンチンバックブリーカー(佐賀県) [ニダ] 2019/07/04(木) 13:46:52.93 ID:TKAam2NC0 
    サンワサプライ、金属製外皮で猫が噛んでも断線しにくいLANケーブル - PC Watch
    no title


     サンワサプライ株式会社は、動物の噛みつきなどによる損傷を防ぐCAT6A対応のLANケーブル
    「500-LAN6AMT」シリーズを発売した。長さは0.5/1/2/3mの4種類で、価格は順に580円、680円、880円、980円。

     500-LAN6AMTシリーズは、ケーブルの外皮に金属製素材を採用したLANケーブル。動物が噛み
    ついたり、人が踏んだりしてもケーブルが損傷しづらいという。コネクタ部にはツメ折れ防止カバーも
    備える。ケーブル径は約3.8mm。
    https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1194169.html

    【猫が噛んでも断線しにくいLANケーブル 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(茸) [US] 2019/01/10(木) 13:59:19.58 ID:hnJmRe3m0 
    2019年1月、10月以降3ヶ月ぶりに半導体モジュール製造会社であるエッセンコア(Essencore)は、
    自社ブランドKLEVVで新しいRGBゲーミング製品をリリースしました。
    KLEVVに追加されるエッセンコアの専門ゲーミングモジュールの製品名は、CRAS X RGB DDR4です。
    新製品KLEVVCRAS X RGBメモリーは、美しい色合いのRGBライティング効果と最新ゲーム性能、安定性および互換性を結合した製品です。
    (詳しくはソース元でご確認ください)
    no title

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000040720.html

    【ゲーミングメモリ 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(大阪府) [US] 2018/10/17(水) 16:38:52.62 ID:j8fMaij10
    ドコモが4Gケータイとして世界最薄・最軽量をうたう「カードケータイ」を発表しました。価格は実質1万円(税込)で、11月下旬発売予定。

    「カードケータイは」、薄さ5.3mm・重さ47gという、携帯電話としては異次元のコンパクトさが特徴。実機に触ってみると、厚みはそこそこあるものの、縦横の大きさは名刺とほぼ同じで、ポケットやカードケース、手帳などにもすっと収まります。

    ディスプレイはE-Inkで、2.8インチの600 x 480解像度。タッチ入力に対応するものの、E-Inkのため応答速度は液晶などに大きく劣ります。フロントライトは非搭載のため、暗闇では光源が別途必要です。

    機能的にも妥協はありません。高音質な通話が楽しめる「VoLTE」に対応するほか、「SMS」や「Wi-Fiテザリング」、「WEBブラウジング」にも対応。また、フリック入力にも対応し、SMSやWEBブラウジング中にもサクッと文字入力できます。連続通話時間は2時間です。

    特筆すべきはその価格でしょうか。税込実質1万円で、フィーチャーフォンと同じ料金プランが利用可能。メインスマホとは別の、サブケータイとしての需要は大きそうです。

    (続きはソース元でご確認ください)
    no title


    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15457020/

    【【携帯】名刺サイズ「カードケータイ」をドコモが発表、画面は電子ペーパーを採用 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(空) [US] 2018/08/18(土) 08:14:44.18 ID:G3ZQXdzQ0
    増やせば増やすほど音質向上! iFi audioの電源エンハンサー「iPurifier AC」を複数使った効果を試す

    https://www.phileweb.com/sp/review/article/201808/17/3131.html

    昨年iFi audioから登場したアクティブ電源ノイズキャンセラー「iPurifier AC」。コンセントや電源タップの空き口に差し込むだけの手軽な使用感ながら音質にもたらす効果は絶大で、発売より大きな注目を集めている。
    今回は、その手頃な価格設定から簡単に行うことができる複数での導入についての効果を検証。岩井 喬氏に解説いただいた。


    iFi audioのアクティブ電源ノイズキャンセラー「iPurifier AC」(¥16,000/税別)。今回は、導入する数によって音質にどのような変化が見られるか検証した。no title



    i(詳しくはソース元でご確認ください)
    no title

    【【音質】電源プラグに挿すだけ!超ハイコストパフォーマンス簡単導入!増やせば増やすほど音質向上!】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(庭) [GB] 2018/03/24(土) 19:26:31.58 ID:rplIEdXj0
    アップルの廉価版スマートフォン『iPhone SE』の後継機種『iPhone SE2』が今年の6月に開催されるWWDCで発表されると噂されていたが、その噂よりも早く発表、そして発売されそうな見通しだ。

    予想されている発表~発売時期は3月下旬の3月27日頃~4月上旬が有力で、予想価格は4万3000円程だという。

    『iPhone SE2』はFOXCONNではなくインドで独自に組み立てられているようだ。アップルがインドに
    製造工場を作ってまで製造している理由はインドがIT製品に関税を課しているため、現地で生産したほうが価格競争に勝てるためとなる。

    アップルは3月27日にシカゴでイベントを予定しており、そこで『iPhone SE2』を発売するのではないかと言われている。

    『iPhone SE2』だが、大きさや見た目は『iPhone SE』と差はないが、CPUがA10になり、RAMも2GB、ストレージは32GBと128GBとなる。背面は『iPhone 8』や『iPhone X』と同様のガラスパネル仕様になる。ガラスパネル仕様にした理由としてはワイヤレス充電に対応したのが理由かもしれない。

    上記画像はリークと思われる『iPhone SE2』のガワの写真。


    (詳しくはソース元でご確認ください)
    http://gogotsu.com/archives/38157
    no title

    【【IT】『iPhone SE2』は3月27日と早期にも発表か? 予想価格は約4万3000円 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(茸) [CN] 2018/02/21(水) 14:36:22.90 ID:OCW/cQia0 
    4K動画、どれくらい入るかな。

    年々大型化するストレージですが、とうとうここまで行き着いてしまいました。Samsung(サムスン)が
    新たに量産開始を発表したのは、業界最大級となる30.72テラバイトの2.5インチSSD(ソリッド・ステート・ドライブ)「PM1643」です。

    エンタープライズ用として開発されたこのPM1643は、1TBのNAND(フラッシュメモリ)を32モジュール搭載。それぞれのモジュールには16層で製造された512Gb(ギガビット)のV-NANDチップが搭載されています。これにより、これまで最大級だったSSD(しかも3.5インチモデル)の約2倍の容量を実現しているそうです。

    Samsungによれば、PM1643には5700本の5GBのフルHD動画を保存できるとしています。
    また、シーケンシャル読み込み・書き込み速度は2100MB/s・1700MB/sにも達します。

    (詳しくはソース元でご確認ください)
    https://www.gizmodo.jp/2018/02/samsung-30tb-ssd.html
    a0006_001157

    【【ストレージ】「30TB」のSSDが量産開始、HDD完全にオワタ 】の続きを読む

    1: ノチラ ★ 2018/02/15(木) 05:00:48.11 ID:CAP_USER
    a0008_001867日本マイクロソフトは2018年1月23日、記者説明会を開催した。その中で、2020年に延長サポートの終了を迎えるWindows 7とOffice 2010について、企業ユーザー向けの乗り換え支援策について説明を行った。

    延長サポートとは?
     OSやアプリケーションのサポートとは、主に不具合の解消や、発売後に発見されたセキュリティー上の脆弱性の修正などを指す。マイクロソフトの製品にはメインストリームサポート期間がまず適用され、それが終わると延長サポート期間に入り、それも終了するとサポートは行われなくなる。サポートがなくなると、不具合の解消や脆弱性の修正などが行われなくなるので、コンピューターウイルスなどに対して脆弱になり、使用し続けるのが危険になる。つまり、そのOSやアプリケーションが実質的な寿命を迎えることになる。

     Windows 7などOSには、ライフサイクルのスタート(発売日)からそれぞれ最低5年間のメインストリームサポートと延長サポートが設定されていて、約10年間は使い続けられる。Windows 7は2009年10月発売で、10年以上経過した2020年1月14日が延長サポート終了日になる。Office 2010製品(Excel 2010やWord 2010など末尾に2010が付くマイクロソフトオフィスのソフト)は2010年7月がライフサイクルのスタートで、10年以上経過した2020年10月13日に延長サポートが終了する。

    2014年にWindows XPが延長サポート期限を迎えるとき、こうしたサポートの終了や終了による危険性の説明などが広く周知されておらず、テレビのニュースで取り上げられるほどの混乱を招いた。企業では新しいOSやオフィスアプリケーションの導入にあたって、社内で使っているアプリケーションが動作するかどうかなどの検証期間や、導入の予算化に時間がかかる。日本マイクロソフトはWindows XPのサポート期限が終了することを事前にアナウンスしていたが、そうした時間や予算を確保できない企業があったことも批判の原因だ。

     そこで日本マイクロソフトとしてはWindows XPのときのようなことにならないように、延長サポート終了まで約2年という早めの時期から、法人向けの相談窓口や移行支援サイトの開設し、また2018年に全国で約1000回行うというイベント・セミナーなどで周知に取り組んでいくという。

    ここからは会員の登録が必要です。
    http://tech.nikkeibp.co.jp/it/atcl/column/14/255608/013000386/

    【【パソコン】Windows 7サポート終了まで2年 ユーザーはどうする? 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(庭) [US] 2018/01/19(金) 11:37:23.02 ID:QZb0IdYD0
    充電機に大革命が起きそうだ。アメリカの無線充電技術会社オシア(Ossia)が9日~12日までラスベガスで開催された世界最大IT家電博覧会CES2018にて凄いバッテリーを披露した。

    「フォーエバーバッテリー」という名前で、CESで各賞を受賞したこの製品は独自のRF充電技術(コタ/Cota)を利用して、スマートフォンっやノートパソコンなどのバッテリーを遠隔から充電可能だという。このバッテリーはWi-Fiと同じ2.4Ghz帯域の電波を使用しており、10メートルまでなら無線充電可能。これはこれまで出てきたリモート充電技術の中で最も遠く広い距離だ。

    今後は5.8Ghz帯域の電波を使用できる技術も研究しており、より広範囲を同時に充電できるようになる。

    このフォーエバーバッテリーそのものは持ち運んで外出先で充電も可能。ほかのワイヤレスデバイスとの干渉は一切ないという。オシアはこの技術は監視カメラやスマートロック、温度調節装置、全ての機器に電源が供給できるという。

    更にCotaCloud(コタクラウド)と呼ばれるプログラムを利用して、各種機器を監視し、制御も可能。
    これは普通の電子機器をスマート機器に変えることができるのだという。

    (詳しくはソース元でご確認ください)
    http://gogotsu.com/archives/36357
    no title

    no title

    【【充電機に大革命!】 10メートル圏内を無線充電する凄いデバイス 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(catv?) [MX] 2017/12/27(水) 22:24:34.74 ID:2UWssk9v0 
    170913_iphonex_1-300x2252017年のクリスマス商戦が終盤に入っても、iPhone Xへの需要は予測を下回っていると、米ブルームバーグは12月26日に複数のアナリストを引用した。
    同日のアップル株価は下落し、アナリストは2018年第1四半期のiPhone X出荷数の予想を引き下げた。

    iPhone Xの販売価格は最も安いモデルでも999ドルする(SIMフリーモデルの場合、日本での価格は税別11万2800円)。
    これに対し「iPhone 8」は、699ドル(同7万8800円)で手に入る。

    中国の国金証券のアナリスト、張斌は投資家向けリポートで、「需要の第一波が満たされた後は高価格がネックとなり、2018年第1四半期は需要が落ちることを市場は懸念している」と書く。
    iPhone Xの出荷台数は、これまでの予想の3500万台を1000万台下方修正した。

    ブルームバーグの記事には、JLウォーレン・キャピタルの22日付けのリポートも紹介されており、2018年第1四半期のiPhone X出荷台数が3000万台から2500万台に引き下げている。
    需要低下の理由については「高過ぎる価格と、興味を引くイノベーションの欠如」の2点を挙げる。

    (詳しくはソース元でご確認ください)
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171227-00010006-newsweek-int

    【iPhoneXは期待外れなのか? 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(東京都) [ニダ] 2017/12/28(木) 16:53:32.60 ID:TxxqXc880
    PC-98の「ピポッ」音をいつでも楽しめるUSBドングルが登場、実売1,480円

    https://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/news/news/1099282.html

    PC-98シリーズの「ピポッ」音を再現できるというUSBドングルが登場、「BEEP on USB ver1.0」が家電のケンちゃんで販売中だ。



     同人サークル「Prioris」の作品で、店頭価格は税抜き1,371円(税込1,480円)。

     同店によると初回入荷分については店頭でのみ販売し、「通販は次回入荷分より開始する予定」とのこと。

    no title


    https://youtu.be/fRAzOPSRLME


    【【ピボッ!】「PC98の起動音が楽しめる!」だけのUSBドングル販売】の続きを読む

    このページのトップヘ